CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
talking to (04/17)
shapex2.net (04/15)
KetoGenic BHB (04/15)
リンク集
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
先輩研究者のご紹介(邱 吉さん) [2021年09月27日(Mon)]
 こんにちは。科学振興チームの豊田です。
 本日は、2020年度に「王一亭と近代日本美術界:大正・昭和前期の「興亜美術」に関する研究」という研究課題で笹川科学研究助成を受けられた、関西大学東アジア文化研究科所属の、邱 吉さんから助成時の研究や助成を受けての感想について、コメントを頂きました。

<邱さんより>
 私は子供の頃から、美術に興味を持ってきました。博士前期課程在籍時に、日本だけではなく、中国・台湾並びにヨーロッパの美術館や博物館に何度も通い、現場で美術の歩みに深い感銘を受け、総合的かつ実証的に研究するためのアプローチを探索していました。今後は、日本、中国ないしヨーロッパにおける美術交流に重点をおき、国境を超えた研究姿勢を目指し、学校教育の現場で先導的な役割を担う大学の研究者或いは博物館・美術館の学芸員になることを志望しています。
 笹川科学研究助成(以後、笹川助成)を受けた研究課題のキーパーソンである王一亭(1867-1938)は、呉昌碩・斉白石と共に中国現代書画の先駆者として知られています。当時、上海を拠点とし、日清汽船の買弁(取引媒介者)、慈善事業者、能書家として活躍した王一亭は、長い日本との関わりの中で、画家や文人に及ぶ幅広い人脈を持ち、日中美術交流の契機を捉えた「民間大使」の役割を果しました(図1)。

図1 王一亭主催の歓迎会.JPG
図1 王一亭主催の歓迎会。
出所:水野梅曉『日本仏教徒訪華要録』所収、日本仏教連合会、1928年

 図2に映る政治家、実業家、仏教徒、芸術家などから王一亭の人脈の一端をたどることができます。本研究は、近代東アジアの美術界を踏まえて、「海上画派」の中心人物の王一亭の国内外における文人交友と美術活動を取り上げます。また、日本と中国それぞれの美術市場を比較しながら、当時の日中人士の交流を検証し、中国のみならず、日本、そしてヨーロッパへの美術活動を検討し、二十世紀初期における日・中・欧の美術交流の実態を明らかにすることをも目的とします。

図2 王一亭の交友ネットワーク.jpg
図2 王一亭の交友ネットワーク。

 この度、笹川助成を採択していだたき、感謝の意を申し上げたいと思います。笹川助成は国籍を問わずに研究資金を与えてくれるもので、外国人留学生の私にとっては大変有り難いです。実は、外国人留学生の若手研究者は、研究費を得ることがとても困難であり、笹川助成は若手の研究を支援してくれるのは、多大な励ましとなります。私が笹川助成に申請する前に、日本学術振興会特別研究員(DC1)に申請し不採用でした。当時の私は悔しかったですが、自分の気持ちを整理して直ちに笹川助成の申請に没頭しました。幸いなことに、笹川助成に採択していただいたことで、研究がスムーズに行われ、本当に感謝の気持ちがいっぱいでした。その結果、研究論文(3本)や学会(3本)で助成による研究成果を公表し、この研究の有意義な展開ができました。ですから、研究助成の申請が失敗しても、立ち直して挑戦し、いつか願望が叶えると思います。笹川助成に申請を考えている方は、ぜひ挑戦してみてください。
<以上>

 世界中の美術館や博物館で研究を行い、学芸員となれるよう陰ながら応援させていただきたいと思います。
また、来年度の笹川科学研究助成の募集を10/15まで行っております。この機会にぜひ、挑戦いただければと思います。

 日本科学協会では過去助成者の方より、近況や研究成果についてのご報告をお待ちしております。最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 15:26 | 笹川科学研究助成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年度笹川科学研究助成の募集について [2021年09月24日(Fri)]
2022年度笹川科学研究助成の申請受付中です。
本年度も、よろしくお願いいたします。

2021-0826-1114_1.jpg

◆申請について
詳細については、下記の本会Webサイトをご確認ください。
・本会Webサイト
https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/

■申請期間
・申請期間 :2021年10月15日 23:59 まで

■募集部門
【学術研究部門】
 ・35歳以下の若手研究者
   大学院生(修士課程・博士課程)
   所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方など
 ・1件あたりの助成額の上限は100万円
 ・「海に関係する研究」は重点テーマとし、雇用形態は問わない

【実践研究部門】
 ・学校、NPO、博物館、図書館などに所属している方
 ・1件あたりの助成額の上限は50万円

■申請方法
 Webからの申請です。

◆ご周知について
下記の本会Webサイトへのリンクや、ポスターを印刷し、ご周知頂けますと幸いです。
・本会Webサイト
 https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/ 
・募集告知ポスター
 https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/data/2022poster.pdf

皆様のご申請、お待ちしております。

<問い合わせ先>
公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成係
TEL 03-6229-5365 FAX 03-6229-5369
https://www.jss.or.jp
E-mail:josei@jss.or.jp
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 13:28 | 笹川科学研究助成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
先輩研究者のご紹介(金 東cさん) [2021年09月13日(Mon)]
 こんにちは。科学振興チームの豊田です。
 本日は、2020年度に「両イオン性鎖とイオン性鎖からなるジブロックコポリマーの合成とその複合体形成および刺激応答性」という研究課題で笹川科学研究助成を受けられた、京都大学所属の、金 東cさんから助成時から最近までの研究について、コメントを頂きました。

<金さんより>
 一つの繰り返し単位にアニオンとカチオンを併せ持つベタインポリマーは、細胞を構成する資質(PC)と類似な構造であり、その生体適合性の高さより、生体・医療材料への展開が進んでいる。ベタインは官能基によってカルボキシベタイン(CB)、フォスフォベタイン(PB)、スルホベタイン(SB)で分かれる(図 1a-1c)。その中で、スルホベタインは上限臨界溶液温度(UCST)型の温度応答性を示すことが知られており、新規な温度応答性材料への応用が期待されるが、応答性の発現機構は、まだ明確にはなっていない(図 1d)。

図 1..png
(図 1)ベタインポリマーの種類: (a)カルボキシベタイン、(b)フォスフォベタイン、(c)スルホベタインと(d)スルホベタインの温度応答性

 両イオン性ポリイオンコンプレックス(PIC)ミセルは、ポリアニオンとポリカチオンのポリイオンコンプレックスをコアとし、両イオン性ベタインをコロナ(シェル)とする新規自己組織体である。一般的な両親媒性ブロックコポリマーは、疎水鎖の会合によりコアが形成され高分子ミセルとなるが、PICミセルではその駆動力が、ポリアニオンとポリカチオン間の静電引力および会合により放出されるカウンターイオンによるエントロピーの増大である。よって、ミセルとしての安定性や、添加塩に対する応答などは、両者で大きく異なると予想される。また、通常のPICミセルのシェルは、水溶性ながら非イオン性のポリエチレングリコール(PEG)である場合がほとんどである。
 本助成では、温度応答性を有するPICミセルの創成およびその転移温度の制御や応答性の発現機構について検討を行った。高温領域においてPICミセルは、単独のミセルで存在し、温度減少に従って転移温度付近からスルホベタイン鎖が収縮し始め、転移温度以下ではミセルの凝集体を構築した(図 2)。その転移温度は、高分子水溶液の濃度とスルホベタイン鎖の重合度を調節することにより制御できることが明らかになった。さらに、塩を添加してPICミセルを崩壊し、また透析により再形成することによりミセルの大きさと均一性が制御できることがわかった(図 3)。最近は、PICミセルのミセルーベシクル変換およびスルホベタイン含有全イオン性トリブロックシステムの開拓とその自己組織化について研究を進んでいる。

図 2..png
(図2)温度変化によるPICミセルの凝集体形成挙動

図 3..png
(図 3)塩添加によるPICミセルの崩壊挙動および透析による再形成挙動

 笹川科学研究助成は大学院生でも応募できる数少ない研究助成である。特に、外国人留学生や女性研究者が行う研究を優先的に採択している。申請書は、助成期間内に自分が突き止められるくらいの研究計画を立つことが大事で、様々な学術分野の基礎となる新規研究をすることが良いと思う。本助成は自由度が高く、研究の進歩状況に応じて研究計画の変更も可能である。
 最後に、研究の機会を下さった日本科学協会の皆様に深くご礼申し上げます。
<以上>

 笹川科学研究助成では、若手研究者の第一歩を応援しておりますので、日々の研究で疑問に思ったことや解決したいこと等を申請書にまとめ、是非とも挑戦していただきたいと思います。申請書に文字としてまとめることでも、新たな発見があったりもします。皆様の自由な発想による申請をお待ちしております。

 日本科学協会では過去助成者の方より、近況や研究成果についてのご報告をお待ちしております。最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 09:28 | 笹川科学研究助成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)