• もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2023年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
talking to (04/17)
shapex2.net (04/15)
KetoGenic BHB (04/15)
リンク集
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
データ集録ワークショップ「東京スカイツリー(R)で気圧をはかろう」を開催しました! [2023年10月19日(Thu)]

 2023年10月15日(日)、中高生を対象としてデータ集録ワークショップ「東京スカイツリー(R)で気圧をはかろう」を千葉工業大学東京スカイツリータウン(R)キャンパスで開催いたしました。

 講師は、はしもとじょーじ先生(岡山大学学術研究院環境生命自然科学学域教授)と千秋博紀先生(千葉工業大学惑星探査研究センター主席研究員)です。スタッフとして、サイエンスメンタープログラムを修了したOB・CGの廣木さん、右田さん、久保田さん、岩佐さんが協力してくださいました。

会長挨拶.jpg
開会挨拶 日本科学協会 会長 橋正征

IMG_2812.jpg
講師 はしもとじょーじ先生

 
 午前中は、ラズベリーパイにIoTCAP(センサ)を付け、測定のためのバッテリーをつなげる工作をしました。動作確認のため測定をして、机の上と下の気圧差からスカイツリーの気圧を予測しました。

工作の様子.jpg

IMG_2804.jpg

 
 お昼休みは、千葉工業大学惑星探査研究センターの展示室を見学させていただき、千秋先生が「はやぶさ2」の実物大模型の説明をしてくださいました。

IMG_2766.jpg
千葉工業大学惑星探査研究センター展示室にて千秋先生の説明

 
 午後は、いよいよ東京スカイツリーの天望デッキへ!
 エレベーターにラズパイを持ち込んで、2人一組で気圧の変化を記録しました。

IMG_2784.jpg
エレベーターで気圧測定中

 天望デッキは地上350mにあり、雨模様のため、景色は雲に覆われて真っ白で雲の中曇り
散歩しているようでした。

スカイツリー上.jpg

IMG_2793.jpg

 教室に戻って、測定した気圧からエレベーターの上昇速度を計算しました。ラズパイで集録した気圧のデータはPCでグラフにして、お土産として参加者に持ち帰っていただきました。
 最後に会長橋からの講評で、ワークショップは終了しました。

 アンケートでは、ほぼ全員「楽しかった」との回答をいただきました!!
(感想抜粋)
ひらめき普段触れないラズパイで工作・勉強できて楽しかった。
ひらめき気圧のグラフを書くのが面白かった。
ひらめき聞くだけではなく、体験できたのが楽しかった。
ひらめき講義や資料が分かりやすかった。
ひらめき講師やスタッフに丁寧に指導してもらうことができた。
ひらめき同じグループの人と沢山話せて楽しかった。

 
集合写真.jpg

 参加者の皆さん、はしもと先生、千秋先生、千葉工業大学の下山さん、サイエンスメンタープログラムOB・OGの皆さん、付き添いのご家族の方、1日ありがとうございました。
 本事業は、独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」です。

晴れ中高生の科学研究を応援する、サイエンスメンタープログラムにご興味のある方はこちら
→ https://www.jss.or.jp/fukyu/mentor/
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 17:00 | サイエンスコミュニケーション | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)