CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
talking to (04/17)
shapex2.net (04/15)
KetoGenic BHB (04/15)
リンク集
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
第9回サイエンスメンタープログラム研究発表会 [2020年08月21日(Fri)]

2020年8月16日に第9回サイエンスメンタープログラム研究発表会をオンラインで開催しました。
 午前中は、東邦大学の村本哲也先生を講師として研究倫理についてご教示頂きました。
 午後の研究発表会は、2グループに分かれて発表を行いました。

 発表課題は、次のとおりです。

グループ A
1「メタンハイドレートの分析及び、環境に配慮した上で私たちの生活に本当に活用できるのか」
 洗足学園高等学校 平野 りん(メンター:法政大学 藤田 貢崇)

2「リップルマークの研究」
 海城高等学校 遠田 剛志(共同研究者:三井 隆太郎、メンター:茨城大学 山口 直文)

3「操作性と応用性に優れたポータブル赤道儀の開発」
 海城高等学校 池田 準(メンター:千葉大学 椎名 達雄)

4「柱状節理の断面の形と溶岩の粘性の関係」
 海城高等学校 高倉 幹太(メンター:山梨大学 秋葉 祐里)

5「回折格子を用いた流星の分光観測」
 宮城県古川黎明高等学校 三野 正太郎(メンター:高知工科大学 山本 真行)

グループ B
1「植物廃材を利用したバイオエネルギー」
 茨城県立並木中等教育学校 清水 亮祐(メンター:和洋女子大学 鬘谷 要)

2「Mg2+と Ca2+による刺胞射出の抑制 ポリプにおける刺胞射出抑制効果の検証」
 愛媛県立長浜高等学校 河原 羽夢(メンター:愛媛大学 高田 裕美)

3「フジノハナガイの行動と生活史の解明」
 皇學館高等学校 中野 優子(メンター:三重大学 木村 妙子)

4「錠剤を飲み込みやすくする方法〜粘性を調整する〜」
 洗足学園高等学校 川村 佳未(メンター:東京農工大学 斎藤 拓)

5「シマミミズ Eisenia fetida を用いたヘドロ堆肥化の可能性」
 清風高等学校 野田 晃司(メンター:農研機構 金田 哲)

Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 10:08 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サイエンスメンタープログラム〜研究指導の感想 [2019年11月20日(Wed)]

■メンティ 遠田 剛志


 2019年11月17日、メンターの先生からリップルマークに関する基本的なレクチャーを受けました。メンターは茨城大学広域水圏環境科学教育研究センターの山口直文先生です。筑波大学の実験施設で、先行研究や私の研究テーマに関してお話を伺い、有意義な時間を過ごせました。

 私が研究しているウェーブリップルは、波でできるベッドフォームの一種で、波の周期や水深、波高や粒径など多くの環境に影響されます。当初私は双方向の波を数学的なシミュレーションなどを使って分析しようと思っていたのですが、山口先生によると想像以上に難解で手に負えないのではないかとのアドバイスをいただきました。

 実験施設の中には、「世界で一つだけ」と山口先生が紹介なさった複雑な水流を再現する装置や、コンピューターを使って制御した波を発生させることができる水槽など多くの特別な機械があり、夢が膨らみました。

 日が暮れるまで続いたご講義の中で、特に研究テーマの設定の重要性を実感しました。高校生である私の、研究者としての強みを探しながら確かな成果を発見できるよう精進してまいります。



001.jpg


002.jpg


003.jpg


Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 09:32 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
5/26のJpGU高校生セッションの報告 [2019年06月13日(Thu)]

■2018年度メンティ 伊藤 颯矢


 2019年5月26日,千葉県の幕張メッセで行われたJpGUの高校生セッションに参加して,ポスター発表をしてきました。この研究は,先輩の代から進められていて,約5年続けられています。今回の発表における見所は,2017年のふたご座流星群に加え,新しく2018年のペルセウス座流星群,オリオン座流星群の流星を複数観測でき,各群の特徴や群の比較を考察できるようになったことです。また,この研究の原点である流星の色変化についても,波長ごとの輝度変化の観点から少しずつ明らかになってきました。

 会場でのポスター発表では,多くの方に聴いていただけ,活発な意見交換ができたように思えます。その中で,様々なアドバイスを聞けたり,疑問だったことが解決したりして,大変有意義な時間でした。専門的な機器ではなく,一般的なデジタル一眼レフカメラで撮影していることに驚いていた方もいました。流星の研究をしていない方々にも研究の説明を聴いていただき,撮影の成功率の低さに衝撃を受けていましたが,応援のお言葉も賜わり私たちにとっても励みになりました。
 結果,この高校生セッションのポスター発表では優秀賞をいただきました。全国の地学研究が一堂に会する中でこのような評価をいただけたことは非常に光栄なことと思います。これもメンターの山本教授のご指導やサイエンスメンタープログラムのご支援があってこその結果だと受け止めています。

 今後は,流星の高度を求めたり,それを使って輝度変化を具体的な数値で示すためにも,流星の多点観測が課題となってきます。研究メンバーと協力して,今後も観測,研究の幅を広げていきたいです。


P1090153.JPG



P1090156.JPG


Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 09:40 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第6回サイエンスメンタープログラム研究発表会 [2019年03月27日(Wed)]

■2018年度メンティ 清水 杏


 2019年3月24日に東京都の多摩永山情報教育センターにて開催されました、研究発表会に参加させて頂きました。
 研究発表会に先駆け、午前中に桜美林大学リベラルアーツ学群の森厚先生に統計学についてご教示頂きました。私自身、今回が初めての統計学を学ぶ機会だったので苦戦する部分もありましたが、研究において今後生かせる知識がまた一つ増えたことに嬉しく思います。


 午後に行われた研究発表会では私を含め4名の方が発表をされました。研究内容の観点が十人十色だったので、凄いなぁと何度も圧巻させられました。自身の研究発表では、これまで行ってきた研究を様々な方の前で発表する事に緊張をしたのは勿論ですが、それ以上に質疑応答は準備が行えないので返答することが出来るのだろうかと不安が大きく、緊張をしていました。
 しかし、想定していたよりも落ち着いて返答を行う事ができ、自分が研究を行っている際に思いもつかなかった意見を多く頂いたり、今後、研究を続けるにあたり取り組んでいかなくてはならないことを指摘してくださったので本当に得るものが大きい時間となりました。


 2018年度のメンティとしての活動は今回で終了しましたが、この研究を通して沢山の方に協力をして頂いたり、発表の場を頂くことができたことに感謝をしています。特に共に研究を行った廣瀬美優さんが居たこと、日本科学協会の方々がメンティとして選んで下さり、柴田先生のご指導を受ける事が出来たことに感謝しています。
有難うございました。


P1070363.JPG


P1070365.JPG


P1070360.JPG



Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 16:06 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(6)
JSEC最終審査会参加報告 [2019年02月04日(Mon)]

■2018年度メンティ 杉原 悠太

 
 JSEC最終審査会では、様々な研究が見られた。
 私の研究は、物理天文学部門での出場であったが、残念ながら上位賞を取ることができなかった。今回は、ポスターなどの準備で発表準備ができなかったので、発表で緊張してしまい、15分しかない貴重な発表時間の中でしっかりと自分の考えが説明できなかったように思う。来年はしっかり練習してリベンジしたいと思う。
 様々な部門の先生方がいらっしゃるため、わかりやすく説明しなければならないし、専門の先生方もいらっしゃるため、深いところまで説明し、質問に回答しなければならない。柔軟な対応が必要だと思う。
 他の研究ブースでは、どの研究も、素晴らしい内容を持っており、ハキハキと説明しているところが多かったように思う。
 来年は前述したが、このような説明ができればいいと思った。貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。



P1090030.JPG



P1090026.JPG



Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 11:03 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サイエンスメンタープログラム〜12月16日の研究指導の感想 [2018年12月26日(Wed)]

■2018年度メンティ 飯田 和生


 2018年12月16日、メンターに学校まで来ていただき、新しい実験の下準備をしました。メンターは神戸大学大学院理学研究科の岡田龍一先生です。私は2017年度からサイエンスメンタープログラムを通して岡田先生に指導していただいているのですが、直接会って研究指導をしてもらえるのは初めての事で、とてもワクワクしました。

 自分の研究テーマは「セイヨウミツバチは人工甘味料を飲むのか?」で、これまで行動実験を重ねた結果、ミツバチは人工甘味料を餌として認識しないことがわかりました。しかし単に人工甘味料を飲まないと言っても、@人工甘味料の味がわからず、水だと思って飲まなかった、A人工甘味料と水の違いを見分けたうえで飲まなかった(簡単に言うと人工甘味料がおいしくなかった?)の2つの仮説が考えられます。もし人工甘味料の味を感じていれば、味覚刺激を与えた際に生体信号(体内を流れる微弱な電流)が発生し、あるいは味をわかっていなければ、生体信号は発生しないと予想できます。そこで、生体信号を計測するための準備を16日に岡田先生と一緒に行いました。

 しかし、予想はしていたものの、初めのうちはなかなか思い通りには行きませんでした。というのも、電化製品などから飛んでくる電気的なノイズの影響が大きく、微弱な生体信号がノイズに紛れてしまうのです。ちょっとした試行錯誤の後、ようやくノイズの発生源を特定でき、無事ミツバチの筋電位を計測することができました。

DSC_0019.jpg


DSC_0024.jpg


 組み立てた装置で生体信号が計測できることが明らかになったため、ひとまず安心しました。実際にこれから計測する生体信号は筋電位と違ってもっと計測する難易度が高いと思いますが、試行錯誤を繰り返し、ミツバチが人工甘味料の味をわかっているのかどうか明らかにしたいと思います。

 神戸からわざわざ指導しに来てくださった岡田先生、ありがとうございました。






Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 14:39 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サイエンスメンタープログラム〜研究奨励賞受賞 [2018年10月18日(Thu)]

 サイエンスメンタープログラム第2期生の清水彬光さん(現東京工業大学2年生/当時のメンターは首都大学東京の松山洋教授)が日本水文科学会誌に公表した論文※が、研究奨励賞を受賞しました。

■受賞者インタビュー(日本水文学会HP)
http://www.suimon.sakura.ne.jp/2018/10/2018-10.html

※ 清水彬光・上村剛史 2018. 解析雨量を用いた自然湧水の涵養域に関わる考察−新宿区立おとめ山公園を例にして−



Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 13:16 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サイエンスメンタープログラム〜メンターとの研究相談 [2018年10月18日(Thu)]

■2018年度メンティ 城間 理沙

 2018年10月12日、サイエンスメンタープログラムのメンター大井みさほ先生(東京学芸大学名誉教授)に学校に来ていただいて、研究計画の相談をしました。
 メンターさんと直接会って話すことで、今後実験をどのように進めていけばよいかがわかりました。
 メンターさんは、実験を考えるだけでまだ何も行動に移せていなかった私にとても優しく教えてくださり、研究に対する意欲がさらに沸きました。


18-09-13-14-52-35-526_photo.jpg


Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 13:02 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サイエンスメンタープログラム〜筑波大学に行ってきました [2018年09月11日(Tue)]

■2018年度メンティ 平沼 昌太郎

 9月3日、今日サイエンスメンタープログラムを通して繋いでもらったメンターである筑波大学山田一夫教授の生徒の実験のお手伝い兼見学をさせてもらった。他のメンティたちと違い自分は個人的な興味分野への知識が少し劣っているように以前から感じていたが、そのことを忘れられる程本当に充実した1日を過ごすことができたと実感した。

 まずはじめに今日は講習から始まった。電車混雑の影響で少し遅れて参加することになってしまったが難なく挑めた。spatial memory(空間記憶)、non-spatial memory(非空間記憶)のネズミの認知の実験の内容から始まり、個人的にコロンビア大でのサマープログラムを通して習ったことがここにきて生きるのかと個人的に痛感させられ、実りある1時間となった

P1090008.JPG


 その後キャンパス内の食堂でご馳走となり午後の実験(条件付け)へと向かった。基本的には院生の方が中心の作業であるはずが高校生である自分にもチャンスを与えてくれ、単純にすごく嬉しかった。今まで論文や記事を読み漁って今まで雑然としたイメージを持っていた条件付けの機会を初めて生で見て本当に感動した。パブロフの犬から始まった今までの歴史の積み重ねを目の当たりにしたような感覚であった。実際には全て機械が自動的にやってくれるため、単純な作業で条件付けは終わったもののやはり実際に行うというにはこんなにも違うのかと痛感させられるほど本当に濃密な時間を過ごしたように思える。

P1090021.JPG


 空き時間には近くの部屋で行われていた8個の通路を用いた実験を特別見学させてもらえることとなりこれもまた衝撃を受けた。この実験は時間を通しての学習を行わせるもののようであったがこれもまた面白いものだと思った。さらに今度は山田教授が横の研究室で行われていたマウスを眠らせ心臓を通してホルマリンを血液中に流し血を抜くことで脳を取り出す作業が行われており特別見学させてもらった。衝撃的な画で写真を撮るのはダメと言われたが個人的に自分の知見を広げられる機会となり嬉しかった。

P1090011.JPG


 こうして本来の条件付けを終わらせ、研究発表会(?)に向かった。全て英語で行われるということへの驚きもあったがそのレベルの高さに驚いた。流れとしてはじめに論文を共通認識とするためにその概要を担当者が話しそれからその人の研究内容に移るというものであった。論文自体は統合失調病(schizophenia)とsocial isolationそしてnmda受容体のアンタゴニストであるAH-801みたいな薬の関連性を調べるものであった。内容にはついていけた。しかし他の院生の方々は頭の回転が早く次々とその欠陥を見つけは指摘し、そして理解できなければ果敢に質問するという海外まさりの積極的な姿勢であった。衝撃を受けた半分典型的な日本人のように何も喋らない空間であることを知り、嬉しかった。自分も積極的に発言し存在感を示せたと思う。しかしやはり、自分の発言が周りに比べると少しレベルの低い低次的な雰囲気がしたのですこし悔しかったものの院生の方々のすごさを知りさすがだなと思わされ自分が成長できる幅を知るいい機会にもなった。

 こうして1日目を無事終えれたもののやはり今日以上に積極的に行動し自分の成長幅を最大化できるのでは、と痛感させられる悔しい1日にもなった。次から院生の他の方の研究もお話を聞ければと思う。そしてこのような場を与えてくれた全ての方々に対する感謝を忘れずに責任を持って行動していきたい。


Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 13:09 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(2)
第5回サイエンスメンタープログラム研究発表会を開催しました [2018年08月24日(Fri)]

 2018年8月18日、東京都港区赤坂で2017年度サイエンスメンタープログラムのメンティ12名による研究発表会を開催しました。

 当日は、全国各地からメンティの指導者や学校の先生などが集まり、口頭発表とポスター発表を実施しました。



P1080990.JPG

≪口頭発表≫



P1070241.JPG

≪ポスター発表≫



 発表後は、日本科学協会の大島美恵子会長から、同プログラムの修了証書が授与されました。

P1070297.JPG



 発表課題は、次のとおりです。

「東京都新宿区落合地域における水文地質的構造の推定」
海城高等学校1年 鈴木 泰我
(首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 教授 松山 洋)

「箱根火山を通して火山を知る」
神奈川県立神奈川総合高等学校3年 石井 辰美
(神奈川県立生命の星・地球博物館 名誉館長 斎藤 靖二)

「自然史標本としての標本の活用」
攻玉社中学高等学校1年 沼尾 侑亮
(国立科学博物館動物研究部 研究主幹 川田 伸一郎)

「アンモニア燃料電池向けの触媒開発」
愛媛大学附属高等学校2年 関 翔
(愛媛大学大学院理工学研究科 准教授 板垣 吉晃、院生 谷 恭匡)

「ニホンヒキガエル及びアズマヒキガエルの蟾酥状物質の危険性について」
東京都立戸山高等学校2年 白土 きくの
(麻布大学獣医学部 講師 松井 久実)

「回折格子を用いた流星の分光観測」
宮城県古川黎明高等学校2年 菅原 篤弥
(高知工科大学システム工学群 教授 山本 真行)

「カクレクマノミ体表粘液中のタンパク質は、Mg2+を吸着するのか」
愛媛県立長浜高等学校3年 重松 楽々
(愛媛大学理学部 准教授 高田 裕美)

「「セイヨウミツバチは人工甘味料を飲むのか?」
安田学園中学高等学校2年 飯田 和生
(神戸大学大学院理学研究科 研究員 岡田 龍一)

「栃木県葛生地域に分布する苦灰岩の特徴について」
海城高等学校1年 原 悠介
(佐野市葛生化石館 学芸員 奥村 よほ子)

「音力発電における集⾳機構最適化に関する研究〜発電都市Tokyo を目指して〜」
東海大学付属望星高等学校3年 本坊 優吾
(東京理科大学理学部 講師 中嶋 宇史、助教 橋爪 洋一郎)

「刺胞動物の刺胞射出構造の研究」
愛媛県立長浜高等学校3年 森岡 旭春
(愛媛大学理学部 准教授 高田 裕美)

「大阪湾を豊かにするための石仏鉱泉の活用法」
大阪府立長野北高等学校3年 清水 大河
(近畿大学理工学部 教授 中口 譲、院生 辻 直樹)



P1090007.JPG




Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 13:09 | サイエンスメンタープログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(1)
| 次へ