• もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク集
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
先輩研究者のご紹介 木場 安莉沙さん [2024年05月27日(Mon)]
 こんにちは。科学振興チームです。
 本日は、2021年度「日系およびその他アジア系アメリカ人をめぐる現代米国社会のディスコース」という研究課題で笹川科学研究助成を受けられた、名古屋文理大学助教の木場 安莉沙さんからのお話をお届けします。

<木場さんより>
2014年より、日本や米国ベイエリアにてエスニックマイノリティやセクシュアルマイノリティの方々にご協力頂き、インタビューを実施してきました。特に2020年以降は、いわゆる「コロナ禍」の開始とともに感染者や少数者、医療従事者といった人々に対する差別的言動が日本でも米国でも報告され、特に米国では、アジア系の人々をターゲットにした(少なくともそのように見受けられる)暴力事件や銃撃事件まで発生する事態となりました。こうした事態を受け、日本もしくは/および米国でコロナ禍を経験したエスニックマイノリティ(主にアジア系)の方々にインタビューを実施し、コロナ禍さなかで起きた変化や経験についてのナラティブ(語り)を収集し、現在文字起こしや分析を進めています。
まだ分析の途中ではありますが、インタビュー協力者が語った「変化」についてはおおよそ以下のようにまとめることができます。まず、予想に反してポジティブな変化を語る人が多く見られました。コロナ禍で新たなオンラインコミュニティが発足したり、家族や友人と連絡を取る機会がむしろ増えるなどして、これまでより人との繋がりが濃くなったと答えた人が日本にも米国にもいました。しかし、「初めて自分を(ヘイトの)ターゲットとして意識するようになった」「(アジア系が少ないような)特定地域には行かないようにするなど行動が制限された」といったように、アイデンティティや言動に変化を余儀なくされたと答えた方もやはりいました。
興味深いのは、こうしたネガティブな経験が必ずしも「変化」として語られたわけではないことです。例えば、或る日本在住の協力者は、コロナ禍で感じた自身のエスニシティや言語能力ゆえの不便、孤立感などは、コロナ禍以前より日本社会で感じていたものであると語りました。米国に在住している/長期滞在していた協力者も、以前から一部地域で感じていた反アジア系感情とコロナ禍でのアジアンヘイトを結び付けたり、2016年の大統領選からエスニックマイノリティへの憎悪を感じていたと語っています。先行研究でも、コロナ禍でのアジアンヘイトは新しく発生したものではなく、歴史的な反アジア系ディスコース(言説、談話)に根差すものであると指摘されています。このように、一見新しく見える社会現象にも、歴史的要因が関与していることを念頭に置きつつ、それがコロナ禍という文脈でどのように「再生産」されたのかを引き続き詳察していく所存です。

抜粋1.jpg

<抜粋1: Kが協力者(アジア系アメリカ人)、Aが筆者。コロナ禍で自身が感じた変化を、移民第一世である両親の経験とリンクさせている。>

抜粋2.jpg

<抜粋2: S, Mが協力者(在米日本人)。コロナ禍以前に受けた差別の経験(「ミネソタにいた時」)とコロナ禍での経験が織り交ぜて語られている。48:42のコロナ禍での経験の語りと53:42のミネソタでの経験の語りに、「行動が制限される」という共通の評価が見られる。>

最後に、初めて笹川科学研究助成にご採択頂いた時は、応募時点ではまだ非常勤講師で専任のポストに就いておりませんでした。専任教員でなければ応募自体ができなかったり、応募できても採択の可能性が極度に低い(特に人文社会系)助成金もある中で、若手研究者で非常勤の身分であった自分を採択して頂き、経済的に助かっただけでなく自分の研究にも自信がつきました。身分や研究歴、いわゆる「花形」の分野であるかどうかに関わらず、研究計画や内容で判断して頂けることは大変有難かったです。
これから申請に臨まれる方は、選考総評を熟読されること、また、可能であれば研究計画書にセカンドオピニオンを貰うことをお勧めします。特に、自分と専門分野が異なる方が読んでも説得力や実現可能性を感じられるかが重要だと思います。最後になりますが、まだ研究職を歩み始めて間もなかった自分に自信と機会を与えて頂いた日本科学協会の皆様に、厚く御礼申し上げます。

笹川科学研究助成を受けて出版された論文

Koba A. (2021) Discursive othering of Asian Americans: A preliminary reflection of a foreshadowing COVID-19’ related hate, Language, Discourse & Society, vol.9, 1(17), pp.15-32.
Koba A. (2021) “Can I be gay and Christian?”: Intersectionality of religious and sexual identity,” JSLS 2021 Conference Handbook.

<以上>


 日本科学協会では過去助成者の皆様より、研究成果や近況についてのご報告をお待ちしております。最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※テキスト、画像等の無断転載・無断使用、複製、改変等は禁止いたします。
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 09:24 | 笹川科学研究助成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント