• もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク集
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
先輩研究者のご紹介 永田 賢司さん [2024年03月25日(Mon)]
 こんにちは。科学振興チームです。
 本日は、2021年度「脂質-転写因子複合体による植物表皮分化制御系の起源に関する研究」という研究課題で笹川科学研究助成を受けられた、東京大学大学院総合文化研究科助教永田 賢司さんからのお話をお届けします。

<永田さんより>
 2021年度笹川科学研究助成によるご支援を頂きました,東京大学大学院総合文化研究科助教の永田賢司と申します。私は,主に植物の体を取り囲む組織である表皮に着目し,その発生機構を遺伝子レベルで分子的に調べる分子発生遺伝学を専門にして研究を行っております。

 植物の表皮というとあまりピンとくる方は多くないかと思います。ヒトでいうところの皮膚を研究していると言えば,わかりやすいでしょうか。「“皮膚”の研究を,わざわざ植物でしてるのか」と,なんだか地味で面白くのない研究をしているように思われるかもしれません(実際,決して派手ではありませんが)。しかし,植物の生き様にとって“皮膚”はとても大事なのです。

 ヒトは嫌なことがあったら,大抵のことは自分の力で解決することが出来ます。例えば,外にいる時に雨が降ったならば,走って屋根のある場所に移動できるでしょう。もしくは,傘を持っていれば傘をさして雨をしのぐこともできます。しかし,植物はどんなに嫌なことがあっても,自分が根を生やしてしまった場所から逃げ去ることなどできないのです。そんな中,植物が出来ることといえばただひたすら耐えることです。ただ,植物はヒトと異なり,環境に応じて自らの体の形や性質を柔軟に変化させること(「可塑性」といいます)で,嫌なことをうまくやり過ごすことが出来る力を持っています。表皮は,植物がこの可塑性を発揮するときに,重要な役割を果たしていることが知られています。私は,このように重要な役割を持つ表皮の発生機構(How?)を遺伝子レベルで分子的に理解することによって,ヒトと違う植物の”生き様”(Why?)を理解したいと考えて,日々研究を行っています。

永田_笹川ブログ.jpg

 図 大学構内に生えていた植物。
   3月某日,その場から動くことなく,コンクリートの隙間でじっと雨を受けている。


 笹川科学研究助成では,一年間にわたって若手研究者の私に研究遂行のためのご支援を頂きました。助成期間中は日本科学協会の方からとても丁寧なサポートがあり,予算の執行等も戸惑いなく行うことが出来ました。また,我々若手には魅力ある研究計画書を執筆することも習得するべき重要なスキルの一つでありますが,財団のホームページには非常に参考になる選考総評が掲載されています。どのような視点で審査が行われ,どのような研究テーマが採択されるのかを詳細に公表しているということは,審査員の先生方が我々若手の成長を第一に考えたうえで,丁寧な審査を行っていただいていることのあらわれだと感じます。こうした面で,初めて申請する研究助成として私は皆さんに笹川科学研究助成をお勧めしたいと思います。

 最後に,改めまして研究のご支援を頂きました日本科学協会の皆様に深く感謝申し上げます。
<以上>


 日本科学協会では過去助成者の皆様より、研究成果や近況についてのご報告をお待ちしております。最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※テキスト、画像等の無断転載・無断使用、複製、改変等は禁止いたします。
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 11:50 | 笹川科学研究助成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント