CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
talking to (04/17)
shapex2.net (04/15)
KetoGenic BHB (04/15)
リンク集
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
先輩研究者のご紹介(大崎 晴菜さん) [2020年12月21日(Mon)]
 こんにちは。科学振興チームの豊田です。
 本日は、2019年度に「植物間相互作用が促進する植食性昆虫の餌場選択」という研究課題で笹川科学研究助成を受けられた、弘前大学大学院農学生命科学研究科農学生命科学専攻所属(助成時)の、大崎 晴菜さんから助成時の研究について、コメントを頂きました。

<大崎さんより>
 私の専門分野は生態学で、身近な植物と植物を利用する動物たちを対象に研究を行っています。2019年度に笹川科学研究助成をいただき、1年間、研究を行いました。
 植物は、同じ植物種同士で密集して生育することもあれば、ポツンと単独で生育することもあり、その生育密度は場所によって不均一になっています。このような植物の不均一な分布は、植物を餌にする昆虫の分布にも影響を与えます。例えば、カメムシの一種であるHarmostes reflexulusは、餌のキク科草本Senecio smalliiが密集して生えている場所に集中的に分布します。多くの昆虫種で同様の現象が報告されている一方、敢えて植物の生育密度が低いところに分布する昆虫も多く報告されています。なぜ昆虫種によって、植物の生育密度に対する応答が異なるのかは、未だ完全には理解されていません。

 本研究では、「@植物の生育密度の違いが、周囲の植物との競争環境の違いをもたらし、競争環境の違いが葉の化学成分の違いを生む。A葉の成分の違いにしたがって、昆虫は好きな味のする植物に集中的に分布する。」という仮説を立て、検証しました(図1)。野外調査と栽培実験を組み合わせたアプローチにより、エゾノギシギシ(タデ科)の生育密度が高い環境では、本種同士が種内競争に強く曝されることで、葉の化学成分が変化ししていました。さらに、同種との競争によって生じた葉の化学成分の変化は、エゾノギシギシを餌とするの昆虫により好まれ、集中的な分布を示すことを明らかにしました。

図1.jpg
図1 研究のアイデア

 植物の競争に応じた葉の化学成分、すなわち質の変化は、他の植物種でも一般的に報告されていることから、植物の質の効果を考慮することが、植物の分布と昆虫の分布の関係性を統一的に明らかにする重要な手がかりになると期待できます。

 この度、日本科学協会に充実したご支援をいただき、期待していた以上の成果を上げることができました。予算の使用に関する相談や、研究の進捗状況に合わせた途中変更にも親身になって柔軟に対応していただきました。また、本予算は学会参加にも使用できるという点は、地方大に所属する身として、大変ありがたかったです。おかげさまで遠方の学会にも参加が叶い、たくさんの研究者の方との貴重な議論の機会を得ることができました(図2)。

図2.jpg
図2 宮崎県にて行われた第51回種生物学シンポジウムでのポスター発表の様子。

 この一年間で得られた成果をもとに、今後もさらに精進して研究を進めて参りたいと思います。研究の機会を与えて下さいました日本科学協会の皆さまに重ねて御礼申し上げます。
<以上>

 笹川科学研究助成は1年間という短い期間の助成ではありましたが、実験を行い学会にて成果を発表するといった、研究の一連の流れを経験していただくことができたようで、嬉しく思います。本助成を研究者としての第一歩として、これからも頑張っていただきたいと思います。

 日本科学協会では過去助成者の方より、近況や研究成果についてのご報告をお待ちしております。最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 09:48 | 笹川科学研究助成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント