• もっと見る

日本科学協会が"今"やっていること

お役立ち情報、楽しいイベントやおもしろい出来事などを紹介しています。是非、ご覧ください。


<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

日本科学協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
talking to (04/17)
shapex2.net (04/15)
KetoGenic BHB (04/15)
リンク集
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kagakukyokai/index2_0.xml
平成22年度「体感型実験装置群による巡回展」開催館一覧 [2011年08月25日(Thu)]
平成22年度「体感型実験装置群による巡回展」開催館一覧 が公開されました。

 
  【事業名】

   「体感型実験装置群による巡回展の開催」

  【目的】

   本会で開発・製作したオリジナルで平易な体感型実験装置群による
  展示会を全国で実施し、科学の学習が驚きや感動を伴う魅力的なもの
  であることを伝え、科学・技術の普及に努める。

  【事業内容】

   本会で開発・製作した体感型実験装置群を用いて、次のとおり全国
  の科学館を対象に展示会を実施した。

   1 展示タイトル
     自然界の水「台風がやってきた!」

   2 展示内容
     全8実験アイテム(解説ボード付)13機種14装置

   (1)台風の科学1 水とは何か・大気中の水の姿
     水の分子模型、彩雲発生装置、光環発生装置
     雪浮遊実験装置、雨粒浮遊実験装置、潜熱実験キット2種

   (2)台風の科学2 台風の渦の形成・自転する地球と大気の運動
     台風実体モデル、角運動量保存則体感装置
     コリオリの力観察装置 地球の自転

   (3)台風の科学3 台風がもたらすもの
     気圧体感装置、風波発生装置

     機器詳細については、次のWebサイトを参照
     日本科学協会/体感型実験装置群による巡回展の開催/展示内容
     http://www.jss.or.jp/taisei/typhoon/naiyou.html

   3 開催場所、開催期間(含開催日数)及び来場者数
      全3館 総来場者数 31,717人

     詳細については、開催先一覧参照
  
   (イ)福岡県青少年科学館(福岡県久留米市)
       2010年4月17日〜5月16日(30日間/10,374人)

   (ロ)富山市科学博物館(富山県富山市)
       2010年7月17日〜9月5日(51日間/17,692人)

   (ハ)日立シビックセンター科学館(茨城県日立市)
       2010年12月1日〜2011年1月10日(32日間/3,651人)
   
  
   4 普及活動
     各開催館におけるマスコミ等の報道を通じて、社会一般に科学
    の理解と啓発を行った。




成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 14:48 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント