CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 子育て支援 はっぱのおうち | Main | Hot News!»
プロフィール

こどもユニットWakabaさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/k_unit_wakaba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/k_unit_wakaba/index2_0.xml
こどもキャンプ 2016 [2016年10月01日(Sat)]
第29回こどもキャンプは2016年8月4日〜7日に長野県立場川キャンプ場で行い、今年は小学2年生から大人まで20名が参加しました。

1日目、長野に到着してすぐチクサクコール(キャンプ始まりの儀式)で気合を入れて、
観音平登山口を出発。片道5時間、急な道を登り続けます。
しりとりをしたり、歌を歌ったり、「がんばれ!いける!」と互いに声を掛け合いながら進みます。
途中豪雨に遭い、激しい濁流の中をびしょ濡れになりながら川上りでもするかのように登山することもありましたが、子供達は無事に登り切りました。
夜、山小屋で開村式を行い、各班ごとに自己紹介や班旗の紹介をしました。
今年は「テラフォーマーとフワフワしていた五郎丸〜入社式はハワイでやります〜班」「痛々しいTDL株式会社妖怪うじゃうじゃフレグランス売行抜群班」「スタッフ班」の3班です。(毎年なぜか子供たちはとっても長い班名を付けたがるのです。)
初登山の子は登山のキツさと、山小屋の美味しいご飯やぼっとん式のトイレに驚いたのではないでしょうか。

山小屋に一泊し、2日目に冷たく美味しい湧き水を飲める乙女の水場、
IMG_0264.JPG

美しい景色を堪能できる西岳山頂や
IMG_0291.JPG

信玄さんの隠れ岩を経由して下山しました。
下山中は子供同士で杖代わりとなる枝を探してあげるなど、フォローし合う姿が印象的でした。
午後に立場川キャンプ場に到着、大急ぎでキャンプサイト設営です。
テントを張り、穴を掘ってかまどをつくり、ブルーシートでかまどの上に屋根を張り、
薪割りをして火おこしして。。。一息入れる間もなく2班それぞれ晩ごはん作り。
IMG_0479.JPG

k.jpg

晩ごはんの後は毎年恒例きもだめし!月明りさえない真っ暗な道を二人一組で歩きます。
青年と高校生がお化け役となり、みんな大いに盛り上がりました。

3日目は朝食に引き続き食事コンテスト(食コン)。
各班ごとに、事前のゲームで獲得した食材を使ってメニューを考えます。
例えば、「焼きそばとジャガイモとナスと挽肉と卵とタマネギとで何が作れるかな?」という感じです。
この材料からはオムそば、ジャガイモのスイートポテト、ナスの肉詰めなどが生まれ、「こってりしっかり洋風だったで賞」を受賞しました。
各班の作る美味しい即席創作料理を堪能した後は、川遊び。
水深はとても低いですが、鳥肌が立つほどの冷たい川です。水を掛け合ったり、ゴロンとなって川に浸ったり、頭を川に突っ込んで洗髪したり、全身びしょ濡れになりながら楽しみました。
その後は子供同士で草笛をしたり、用水路に足をつけて遊んだりとしばしまったりタイム。
そして夕方からはキャンプファイヤー!みんな顔に思う存分ペイントをして準備万端。
IMG_0576.JPG
IMG_0582.JPG
IMG_0583.JPG

今年は子供達も青年と一緒にトーチを持ち、やぐらに着火しました。
火を囲んでへとへとになるまで踊り狂い、声が枯れるほど歌います。
最後には「百人握手」で全員に一人ずつ握手をしながら感謝の気持ちを伝え合い、キャンプファイヤーが締めくくられました。
そしてママスタッフの用意してくれた豚汁うどんを食べ、明りの無い場所へ移動して全員で星空観賞。
全員ゴロンと横になり星空を眺めます。
いくつもの流れ星を見た子供たちの顔はきらきらと輝いていました。
 
最終日はキャンプ場の片付け清掃をして、Tシャツにメッセージを書き合い、記念撮影をして立場川とはお別れです。
IMG_0751.jpg

千葉に帰ってきてからはどんぐり公園で再び踊り、歌い、そして全員で輪になりキャンプの感想を伝え合いました。最後に団結踊り(キャンプ終わりの儀式)をして解散。
8月28日には最終の全体会を行い、福岡から参加のM家も千葉まで駆けつけてくれました。
公園で思い切り体を動かし、キャンプで打ち解け合った子供達は全力ではしゃぎ、汗だくになって遊びました。
その後一品持ち寄りのごちそうを食べ、写真を見ながらキャンプの振り返り。夜には事務所に再び集合し、夏休み最後の花火を楽しみました。また別の日には、Wakabaスタッフのkさんが豪華な手料理でキャンプスタッフをもてなし、おつかれ様会を開いてくださいました。
 こどもキャンプは今年で一区切り。しばらくキャンプはお休みし、来年以降の開催は未定です。いつかまた第30回から新たなスタートを切り、この素晴らしいキャンプを新しい世代で繋いでいきたいと考えております。 (青年スタッフ ak)
こどもキャンプの進捗状況と、デイキャンの様子を報告します。 [2016年07月31日(Sun)]
キャンプに向けて、6月の第1回全体会、7月の第2回全体会と何度かの実行委員会での話し合いや下準備を進め、青年達が下見登山もしてくれました。また班会も2回行っています。
小学2年生の参加を考慮して登山口を少し楽な観音平にしたり、
行程を変更し初日に登山!としたり、今年は少し例年と違う登山になりそうです。
実行委員会では、去年と全く同じ参加者をどのように班分けするかで悩みましたが、
なんとか落ち着くところに落ち着きました。
『痛々しいTDL株式会社妖怪うじょうじょフレグランス売行抜群!!!!』班と
『テラフォーマーとフワフワしゃいん五郎丸入社式はハワイでやります』班(汗)
こどもキャンプ伝統ともいえる、なんとも長〜い意味不明な班名です(笑)

 さて、7月10日(日)事務所空き地で第2回全体会のデイキャンプを行いました。
まずはパッキングの説明、これは初参加の子はいませんがキチンと進めまして、その間に青年数名でテント洗い。どのテントも劣化が激しく、新しいテントが欲しいところです!
 お天気にも恵まれ暑い中での外での活動の始まりです。
各班ごとにかまどを作り、お料理の開始です。あ、スタッフ班はズルして事務所のキッチンで。
妖フレ班は豚キムチと卵スープ、五郎丸班はカレーうどん、スタッフ班はポテトサラダとフルーツポンチ。
securedownload3.jpg

securedownload4.jpg
各班手慣れた感じで出来上がり、皆んなで美味しく頂いたあとは、後片付けをして今度は食コンゲーム。
靴飛ばしと氷オニで、暑さもなんのそので班の団結を深めました。そのあとは、ダンスの練習。
スタッフの千鳥足ダンスを尻目に、去年は出来なかった子がちゃんとステップを踏めるようになり、照れ臭そうに喜んでる姿はなんともホッコリした気持ちになるのでした。
本番(8月4日〜7日)がいよいよ楽しみになってきたワタクシでございます!(as)
夏の思い出をありがとう。2015年第28回こどもキャンプ [2015年11月01日(Sun)]
天気は晴。清々しい日にきゃんぷ当日をむかえました。
これから、電車に乗るのね。と、少し緊張しながらの出発…
今年は、小学1年生からの参加としまして、例年の長野県の立場川キャンプ場ではなく、
千葉県君津市の「清和県民の森」、8月21日から2泊3日でのキャンプです。
小学生4人、中学生4人、指導員3人、スタッフ9人、
班名は、“中高年男性の救世主海から来たパンツ〜農機具買取ダイエット〜”(海班)と
“原寸大ガニ大統領怒りのアフガン〜今は私を抱きしめて〜”(ガニ班)と、
スタッフ班の3班構成、計20人で行ってきました。        
事前の全体会1回、デイキャンプ、各班の班会等キャンプへの準備や、ゲームをし、
仲を深めたり。では、1日目からの振り返りをします。ではでは…
1日目。朝の通勤時間に都賀駅から電車の出発。
あの大荷物での満員電車はつらかった…木更津駅からはバスに乗り、清和県民の森へ移動。
到着後、開村式。それぞれの班旗発表、
000023312163.JPG

000023312183.JPG

000023312153.JPG
シンボル発表。海班はキャップを。ガニ班はタトゥーシールをシンボルに。
そして、チクサクコール
2.png
(とは、なにか団結して、物事を行うときなどに気合いを入れる儀式)をして、
いざ遊歩道(結構な山道)へ出発。みんな大荷物を背負って大変そうでした。
7.png
最初は、急な道でした。頂上では、みんなでお弁当を食べました。
いい天気でしたが、とても暑かったです。木々でせっかくの景色もきれいに見えず残念。
みんなでわいわい食事はいいものだな〜と。いざ、キャンプ場へ。
早速、ヒルにさされそうになったりと、あぶなかっ た。
到着すぐ、雨にふられましたが、すぐにやみ、食コンゲームをして、最初の食事作りです。
000023313554.JPG
海班はピーマンの肉詰め。ガニ班は青椒肉絲、焼き肉。スタッフはパエリアを。
豪華!全部おいしかったです。夜は、温泉に入りに真っ暗な道を30分程掛けて、ロマンの森へ。
温泉では水を掛け合ったりと、女子風呂も男子風呂も大変でした。
そして、帰り道の途中はきもだめし。ライトなしで行うはずでしたが、
あまりにも暗く怖かったので、1本だけ使用。本当に怖かった…
・・・テントでおやすみ…なのですが、あまりにも暑く、みんな寝付けず…
空気の入れ替えを何度もしつつ、ようやく眠りにつきました。               

2日目。6時起床のはずが、5時頃から子どもたちは起きて、チョムチョムをしていました。
元気だ。朝のつどいから、すぐに食事づくり。
次の川遊びのために、急いで食べて片付けをしました。
海班は川へ先に出発。水着で道路や山道を歩いている姿は少し面白かったです。
000023313627.JPG

虫刺されやケガが心配でしたが、特になく良かった。日差しも強く最高の川日和。
ガニ班は少し遅れて出発。最初の道で間違えるというトラブルもありましたが、無事合流。
川はすごく深いところもあり、大の大人でも足がつかないほど深く。
崖もあり、ずっと飛び込みをしてる子や他の子を突き落したり、水の掛け合いをしたり、
滑り落ちたり、溺れかけたりと2時間弱ですが、目一杯遊びました。
000023312461.JPG

000023313645.JPG

みんな遊び疲れていたようでした。キャンプ場へ戻り、“食事コンテスト”です。
班対抗のゲームで獲得していった食材を使い、オリジナルの食事を作りました。
短い時間で何を作るか考え、話し合い、各班早速作り始めました。
海班は1つ1つが大きなもので、ガニ班は8品もつくり、
4.png
スタッフは何が来てもピザをつくるということでした。
昔のように食べられるか食べられないか微妙な料理は出てこず、
すべておいしく素敵なお料理ばかりでした。
そして、夜は“キャンプファイヤー”です。こどもたちは顔にペイントを施し、かわいい子から怖い顔の子までいました。
スタンツではガ○ャピンとムッ○が○国立競技場が出会って、ダイエットを開始して、
失敗した後、けんかが勃発すると…とまぁ、説明がむずかしい…
その場の子たちしかわからないですね。
猛獣狩りなどゲームをして、ダンスをして、歌を歌い(まわりの方々に迷惑にならないように
静かにしなければいけなく静かに…)と盛り上がり、汗でせっかくのペイントがドロドロでした…
最後に百人握手を。1人ずつ、握手をし、一言ずつ言葉を交わし、
より一層、仲を深めたのではないでしょうか。
夜食にすいとん汁をいただき、お風呂へ入り、最後の 夜は男女分かれて、テントで寝ました。
暑かった…

3日目。片付けに追われ、時間ばかり気にしての午前中です。
朝食を作り…ご飯ばかり作っているキャンプでした。お世話になった資材をきれいに洗い、
拭き、片付け。もう終わりなんだなとさみしい気持ちになります。
10時には出発しなければいけなく、広場へ移動。
000023312881.JPG

閉村式。サイン会をして、各自みんなメッセージをTシャツに書きました。
真っ白なTシャツが黒くメッセージで埋め尽くされていきました。
では、千葉へ帰ろう。ということで、バス停へ移動。1時間程、田んぼや畑の間を移動。
木更津駅で、駅弁をいただきました。バーベキュー弁当とあさり弁当でした。
強風な中、晴天の中、ほのぼのと食べるお弁当はよりおいしく感じます。
000023314075.JPG

では、電車で千葉へ。お話をしたり、寝ていたりしているうちに、千葉駅到着。
大荷物を背負い、煙い香りを漂わせた集団が千葉駅のロータリーを歩くのは、
新鮮でおもしろかったですし、そわそわしました。
3時頃どんぐり公園へ到着。人間狩りなどのゲームをした後、サイン会のつづき、
食コンの表彰式、忘れ物×ゲーム、ダンス、歌からの最後の“団結おどり”を。
今年は50回。例年の半分くらいなので、少し物足りないかな〜なんて思いました。
最後の最後に1人ずつ感想を言っていき、おしまい。

今年もまたキャンプが終わり、夏が終わりました。
年々人数の少なくなっていく中での苦肉の策?のような感じで、色々試してみたり、
たくさんの方々にご迷惑をおかけしたり、寛大なる心で のご協力をいただき、
今年も誰も大きなケガもなく、終えることができました。
私たちの行っていることやこどもたちへの接し方が正解なのかはわかりませんが、
(個人的には怒りすぎた部分もあったなと反省)子どもたちにとっておもしろかったな〜
など、少しでも想い出に残るようなことがあればそれでよいのかな。
と、軽く考えておる実行委員長、青年fでした。
今年もご参加くださり、ありがとうございました。
表面でも裏面でもご協力くださったお父様、お母様方、スタッフ、
携って下さった方々に感謝感謝でございます。では、また(^‐^)
(kf)
2015こどもキャンプ 準備活動中 [2015年07月28日(Tue)]
8月21日(金)〜23日(日)で2泊3日で君津市にある“清和県民の森”にてこどもキャンプを行います。
小学生4名、中学生4名、指導員2名、2班構成、他スタッフという参加状況です。
今年は、小学1年生以上を対象にしたり、場所を変えたり、例年と違うことが多く、
事前準備が多く必要かなと緊張している今現在。
6月28日(日)に第1回全体会を行いました。
班分けして…「原寸大ガニ大統領怒りのアフガン」と「中高年男性の救世主海から来たパンツ」
という班名に決まりました。今年もまた個性たっぷりですね。
班対抗のゲームでは、新聞乗りをし、絶対に乗れないような大きさの新聞でもあきらめずに楽しく競っていました。
1436965442797.jpg
歌やダンスもしました。初参加の子はとまどい等あったと思いますが、楽しく過ごせるようになれたらいいなと思っています。
次回全員で集まるのは、8月1日(土)にデイキャンプです。
献立を班毎で決め、楽しくごはんを作れたらいいな〜。
今年もキャンプが始まったって感じです(^-^) (実行委員長 kf)
こどもキャンプ事前活動レポート デイキャンプ [2013年07月25日(Thu)]
暑い日が続きますねー.7月14日やってきましたデイキャンプですよ.
小学生4人と高校生2人青年,大人いっぱいでやりました.

 まずはごはん作りですよ.L班,T班、スタッフ班にわかれてごはんをつくるですよ.
各班に資材を受け取り,かまどをつくって調理開始です.
L班は餃子を作ってました.女の子だけでがんばってました.
000006123148.JPG

T班はハンバーグを作っていました.肉汁で作ったソースがうまい.
000006122990.JPG

1班3人しかいないので青年も混じる形でみんなでごはんを作りました.
スタッフはパレオだかポタラだったかなんかそぼろご飯でした.うまかった.
000006124522.jpg

 ごはんを食べたらあと片付けですたい.こんな暑い日は洗い物がむしろうれしい.

片付けが済んだらみんなでうたを歌うのです.
今年ギターデビューの実長と10年近く弾いてるのにいまだにコードを覚えない役立たずの2人で演奏します.嵐と夏色を歌いました.
夏色を知らない子がいて年をとったなと悲しくなりました.

 お腹が落ち着いたら食コンゲームの開始です.
食材を求め血を血で洗う情け無用のガチンコバトルです.
1つ目のゲームはよっぱらい.ぐるぐる回ってから走るゲームです.
人によってはまったく走れなくなります.さすが子供たちはらくらく走ってました.

2つ目は関所破り.じゃんけんに勝てないといつまでも終わらないゲームです.
暑い中何往復もしました.

 最後にダンスです.子供たちはちょっとの時間ですぐに踊れるようになってました.
000006122518.JPG

そんなこんなでデイキャンプは終了です.
キャンプに向けて良い予行練習になったとかと.
あと1ヶ月とちょっと今から何をやるんだか、わからないけど、やるぞー..
(青年UH)
こどもキャンプ初参加の裏には・・。 〜4年生男子の母からのつぶやき〜 [2011年09月17日(Sat)]
暑―い、長―い夏休み。毎年「子供は毎日ウキウキ、大人は毎日クタクタ。」という生活をこの数年続けてきておりました。そんな我が家も今年は「こどもキャンプ」に参加する資格が持て、私は一人で自由な時間が4日間もある。と安易な考えで参加の後押しをし、自分自身も少々浮かれておりました。ですが、そんな都合のいい話は世の中ありません。自由な時間は瞬く間に過ぎ去り、すぐに最終日。あっという間にお迎えの時間です。
結局、何をする訳でもなく4日間を過しましたが、子供と離れたことで新鮮な気持ちで迎えられ、一回り大きくなって帰ってきた子供の成長の喜びを素直に感じることができました。
親から離れて行動するという体験は、子供が自立し成長してゆく過程においてとても貴重であると思います。しかし、今の時代ではそうそう出来るものではありません。
保護者によっては、「そのような体験へ送り出す事はいろいろな面から考えると躊躇してしまう。」という話もよく聞きます。身内以外の大人に大事なお子様を何日も預ける訳ですから、当然だと思います。しかし、こどもキャンプでは親子では味わうことのできない貴重な体験を必ずする事ができます。これは子供にとっては大きな財産になると思います。
こどもユニットWakabaのスタッフの皆様は、時には厳しく、時には温かく見守ってくれますので、安心して送り出すことができました。今年は小学生が2名しか参加しなかったようで、優しい青年のお兄さん、お姉さんを贅沢に独り占めしていたようです。
小学生のお子さんを持つ保護者の皆さま、来年の夏は是非参加を検討してみてはいかかでしょうか?
2011 こどもキャンプ 今年もいってきました [2011年09月05日(Mon)]
今回は小学生→2人,中学生→3人,高校生→3人,青年・大人→13人。計21人@プライド,A平和犬の2班とスタッフの構成でした。
 8/19(金)〜22(月)の3泊4日で長野県諏訪郡富士見町立沢、立場川キャンプ場にて、テントに詰めこまれ、あらゆるの年代の人達と短い共同生活して参りました。
では、1日目から振り返ってみたいと思います。

<1日目>朝5:30都賀駅集合という早起き集合。毎年大変です。出発のキャンプの無事を祈る儀式で“チクサクコール”を都賀駅前で出勤される方の目なんてもろともせずに、みんな叫び、ここで1つになろう!
DSC01313.JPG
出発です。行きでのバスレクではバンダナまわしやテープ切りなど手こずりながら…でも、やはり印象荷残っているのは“テンテンテケテケ”と意味不明な言葉が回った事ですね。正解は→“グーテン モルゲン”でしたー。と、盛り上っているなか、大粒の雨!!…やんでと祈っている間にキャンプ場へ着きました。
でも、雨…着いたら即開村式の予定ですが、まず雨対策の為タープを張り、テントも先に張って、
DSCF5619.JPG

DSCF5623.JPG
それから開村式です。班旗発表です。食コンゲームではスタッフが本気を出してみたりと燃えましたね。ここで、平和犬は班旗を忘れてしまいました。その後は、夕飯づくりに2日目の朝・昼食づくりです。みんな協力し合い頑張っていました。2班共にスムーズに活動できたと思います。平和→ハヤシオムライス、プライド→焼肉、スタッフ→チャーシュー丼とみんなおいしいごはんでした。
DSCF5674.JPG

DSCF5682.JPG

DSCF5692.JPG

そして、1日目の〆で“きもだめし”です。雨が小降りになったということで決行しました!あかりが無ければ自分の手さえ見えないようなあの場所できもだめし行う事態間違いだと思います。私は待っている係でしたが、怖かったです。みんなも怖かったかな??…明日も早いのでサクッと寝ました。

<2日目>さぁ!登山です。雨ですが、登れないような降りではないのでもちろん登りました。みんなかっぱを装備し、山小屋目指して出発です。
DSCF5704.JPG
…ずーっと雨でしたので、山登りはいつもより大変でした。雲の中にいるという珍しい体験ができますが、寒さと雨と汗で体は濡れ、体力を奪われ、雨で足元は悪く最悪でしたが、みんなそれぞれ頑張りました2398mの山へ登りました。みんなすごい!!山頂の景色はあいにくの天候で残念でした。
DSCF5868.JPG
子ども達にはぜひ見てもらいたかったですが、また来年!みんな待ってます!寒かったので、ほとんど休憩も取れずに山小屋へ
DSCF5762.JPG
…悪天候の為、編笠山は登れず、山小屋でみんなずっと遊んでいました。のんびり過ごすのもたまにはいいかなと感じました。夕飯もいつものアジフライにお味噌汁…゛青年小屋゛別名“遠い飲み屋”ですので、味はいつ食べても美味でした。その後もすいてることをいいことに暴れでいました。と、ゆっくり楽しく過ごした2日目でした。

<3日目>5:30起き。下山です。先に朝食です。朝からお味噌汁をおかわりをする子もいました。そして、また雨です。かっぱを着ていざ出発です。大雨のおかげで道が川のようでした。くつの中も手も…全身ビショビショでしたが、元気よく、話は絶えず仲良しこよしで下りました。
IMG_1571.JPG
みんな無事にキャンプ場に到着。
そして、食事コンテスト開幕です。ゲームで取得した食材で班員みんなで考え、色々搾り出し自作の料理をつくりました。時間も少ない中でみんなおいしい料理を作ってくれたので、残さずに完食でした。ごちそうさまです。
そして、大イベントのキャンプファイヤーです!顔をペイントし、賑やかな顔に彩られました。今回のスタンツの内容は副業で始めたアイドルが成功してしまい売れてしまったが、サッカー選手になりたかったという夢を捨てられない乙女心の複雑なほんわかした内容でした。そのあとはダンスであばれ、叫び。そして歌でもみんな騒いで騒いで騒ぎまくり。肩を組んでみんな1つになって歌いました。初めてこんなに盛り上がりました。楽しかったです。
IMG_1633.JPG
最後に百人握手。1人ずつお礼や思いなど、握手・抱き合いながら話し、涙腺がゆるんだり…明日で終わりか…と悲しい気持ちになりました。そのあとは夜食の豚汁でございます。身も心も温まって、最高です。疲れきってぐっすり眠りました。

<4日目>もう最終日…4日なんてあっという間に終わってしまいます。なんですが、そんな暇もなく、ごはんづくりです。並行してお片付けもやります。みんな協力し頑張っていました。
そして、びっくり2班とも主食を忘れてしまうという…初めて見ました、笑。それも良い思い出ですね(^^)お世話になった資材を洗い、テントをたたみ、キャンプサイトをお掃除。
IMG_1698.JPG
さぁ、閉村式!というときにまた雨…少しだけサイン会をしました。真っ白なTシャツがお互いのメッセージで黒く染められました。みんなありがとう!
DSC01327.JPG
写真も撮って…さらば!立場。また来年\(^^)/
IMG_1728.JPG

IMG_1729.JPG
帰りのバスでは駿君がビスケットまみれになったり…そして、意外と早く千葉に着いてしまいました。
サイン会の続きをして、ゲームをして、走り回って、ずっと騒いでいました。
DSC01366.JPG
薄暗くなってきたあたりで、ダンスダンスダンスでどんぐり公園で人の目なんて気にせず、のっとりあばれました。走りました。騒ぎました。そして、キャンプの〆でございます。“団結踊り”というキャンプを無事に祝うWakabaの儀式をします。今回は2011年ということで111回おどりました。疲れました。
DSC01398.JPG

そして、おいしいおにぎりをいただきました。おいしかったです。ありがとうございますm(__)m最後に、1人ずつ感想を言っていきました。楽しかったとか、来年も来るとか、目が熱くなったりとか色々な思いを吐き出したり。
とりあえず、みんな無事で帰ってこれて良かったでした。結局4日間雨雨雨雨雨雨雨雨で寒く、頂上の景色が見れなく残念でしたが…みんな来年も来てくれることを期待して、成長を楽しみにみんなでキャンプに行きたいです。また今年の夏も1つ思い出が増えましたとさ。ありがとうございました。                 (実行委員長 kf)