CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 会議報告 | Main | 資料»
プロフィール

条例の会・仙台さんの画像
条例の会・仙台
プロフィール
ブログ
 全 体 会 議 
 定期 ニュース 
会議日程と報告
最新記事
検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
Google

Web全体
このブログの中
最新コメント
https://blog.canpan.info/jyourei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jyourei/index2_0.xml
【報告】(5/13)仙台市の障害企画課長と「障害者差別禁止条例制定に向けての要望」について話し合いを行いました [2014年05月14日(Wed)]
【報告】仙台市との話合い

(5/13.火) 仙台市の障害企画課長と
「障害者差別禁止条例制定に向けての要望」を話合を行いました


IMG_2136.JPG

IMG_2138.JPG



幅広い議論で、仙台市障害者差別禁止条例づくりを!
条例の会仙台 仙台市障害企画課との懇談を行いました

2014年5月13日(火)、条例の会仙台では、仙台市障害企画課との要請懇談を行いました。条例の会仙台からは、6名の事務局メンバーが参加し市側3名が対応しました。
 要請では、条例制定にあたり、条例づくりを進める組織について、時間をかけ幅広い議論ができるような進め方を求めつつ、ルールを守るように、広く市民の参加を求めました。



■要請書「仙台市障害者差別禁止条例の策定にあたってのお願い」

==============================================
2014年5月吉日
仙台市長 奥山 恵美子殿
誰もが暮らしやすいまちづくりをすすめる仙台連絡協議会
(愛称:条例の会 仙台) 代表 杉山裕信


仙台市障害者差別禁止条例の策定にあたってのお願い


日頃より、仙台市におかれては障害のある市民の権利保障のための様々な施策を協議いただいておりますことに対し、心より感謝申し上げます。
 私たち「条例の会仙台」は、仙台市での障害者差別禁止条例(以下、条例)の制定をめざし、
2009年10月21日に障害種別を越えて様々な障害当事者の団体や個人で組織された団体です。4年間の活動の中で、「障害者差別事例集」作成をはじめとした市民の皆様への啓蒙啓発活動、当会独自の条例骨子案の策定、そして何より、仙台市に対して早期の条例策定の要望を進めて参りました。
そして、仙台市は、昨年7月に条例制定の方針を打ち出し、本年3月の障害者施策推進協議会において条例制定についての計画概案を示しました。概案によれば、平成26,27年度の2か年をかけて同会における年4回、計8回程度の議論を経て条例を立案し、制定すると計画されています。
 しかしながら、障害者差別の議論は全市民に関わることであり、より全市民的議論の過程で制定されるべきと考えます。3月に開催された推進協議会においても、より深く、時間をかけた幅広い議論の必要性が指摘されておりました。障害者差別を仙台市民全体の課題と捉え、官民一体となった条例策定が進みますよう、下記の通り要望申し上げます。



(1)障害当事者、支援者、行政、学識経験者、一般市民、教育分野、医療分野、(一般)事業者を含めた幅広い協議のために、決定権がある審議会や委員会(「(例)仙台市障害者差別禁止条例制定のための委員会」)の早期設置をして下さい。
(2)(1)の委員会の設置が難しい場合は、障害者施策推進協議会の中に、条例制定のためのワーキンググループを作り、(1)同様の幅広い委員の元、条例の制定に向けた議論を行えるようして下さい。
(3)2年の期間で制定されることが望ましいですが、場合によっては検討の期間の延長も視野に入れ、内容の検討が不十分にならないようにして下さい。
(4)仙台市付属機関等の会議の公開に関する取扱要領第3条(※)を厳守して下さい。市民が十分な情報を得るため、協議会の傍聴ができる環境作りを進めて下さい。


※市付属機関等の会議の公開に関する取扱要領第3条(平成11年3月12日総務局長決裁)
第3条/付属機関等は、会議を公開する場合には、会議を開催する日の1ヶ月前までに別記様式第1号をセンターにおいて市民等の閲覧に供するとともに、その写しを行財政改革課長に送付しなければならない。
2 前項の規定にかかわらず、緊急に会議を開催する必要がある場合等には、会議の開催決定後、直ちにセンターにおいて別記様式第1号を市民等の閲覧に供するとともに、その写しを行財政改革課長に送付しなければならない。
3 付属機関等は、公開する会議の開催について、市政だより等の方法により市民等に周知するよう努めなければならない。
以上

==============================================
【報告A】(7/29) 「仙台市に障害者差別禁止条例の制定を求める仙台市長選挙立候補者との懇話会」記録(テープおこし) [2013年08月29日(Thu)]
条例の会仙台 主催イベント


仙台市に「障害者差別禁止条例」の制定を求める
仙台市長選挙立候補者との懇話会 報告A

〜奥山恵美子氏(現 仙台市長)と角野達也氏を迎えて〜


記録(テープおこし)



■記録と当日資料
市長立候補者 奥山恵美子氏との懇話会 テープ起こし PDF盤.pdf
市長立候補者 角野達也氏との懇話会 テープ起こし PDF盤.pdf
資料A 角野達也氏の回答文.pdf
角野達也氏 資料1、資料2.pdf
角野達也氏 資料3.pdf
資料@ 条例の会仙台.pdf
その他資料 骨子案.pdf



当日の立候補者お2人の発言記録をテープおこししましたので、ご紹介いたします。
7/29(月)誰もが暮らしやすいまちづくりをすすめる仙台連絡協議会 (条例の会仙台)が主催して、仙台市長立候補者との懇話会が開かれ、障害者差別禁止条例の制定を求めて意見交換が行われ20名が参加しました。
 両候補とも、障害者への差別解消を図る条例の制定に前向きな姿勢を示しました。
障害者差別解消法が6月に成立したことが大きく影響し奥山氏のこれまでの(市長時代)抽象的回答から一歩踏み込んだ回答になっています。角野氏からは憲法を土台とした街づくりが語られ、参加者からは様々な角度での質問が出されました。



内容:仙台市に「障害者差別禁止条例」の制定を求める仙台市長選挙立候補者との懇話会
   〜奥山恵美子氏(現 仙台市長)と角野達也氏を迎えて〜
日時:2013年7月29日(月)
時間:(1)19:00〜20:00 奥山恵美子氏との懇話会
   (2)20:30〜21:20 角野達也氏との懇話会
場所:仙台市福祉プラザ(第4研修室)
主催:条例の会仙台


■お二人にお聞きしたこと
1.今後4年間で、「仙台市障害者差別禁止条例」を作る予定はありますか?
2.作るならば、どういうスケジュールで作りますか?
3.条例を作る理由は法律では、救済機関の役割が明確になっていないので、条例で救済機関を作る必要があります。「障害者差別のない仙台」を実現するためには、千葉県やさいたま市に匹敵するような救済機関を作らなければなりません。仙台市の障害者のために、しっかりした救済機関を作りますか?


お問合せ先
誰もが暮らしやすいまちづくりをすすめる仙台連絡協議会 (愛称:条例の会 仙台)
〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町1丁目6-1(CILたすけっと内 担当:杉山裕信)
〔電話〕022-248-6054 〔FAX〕022-738-9501
〔Mail〕jyoureisendai★gmail.com(★⇒@) 〔ブログ〕https://blog.canpan.info/jyourei/
【報告@】(7/29) 「仙台市に障害者差別禁止条例の制定を求める仙台市長選挙立候補者との懇話会」が河北新報で紹介されました [2013年08月01日(Thu)]
条例の会仙台 主催イベント


仙台市に「障害者差別禁止条例」の制定を求める
仙台市長選挙立候補者との懇話会 報告@

〜奥山恵美子氏(現 仙台市長)と角野達也氏を迎えて〜


河北新報で紹介されました





立候補者お2人との懇話会の様子が、河北新報で紹介されましたのでご紹介します。
※河北新報 2013年7月30(火)朝刊、8月1日(木)朝刊(参考資料)


内容:仙台市に「障害者差別禁止条例」の制定を求める仙台市長選挙立候補者との懇話会
   〜奥山恵美子氏(現 仙台市長)と角野達也氏を迎えて〜
日時:2013年7月29日(月)
時間:(1)19:00〜20:00 奥山恵美子氏との懇話会
   (2)20:30〜21:20 角野達也氏との懇話会
場所:仙台市福祉プラザ(第4研修室)
主催:条例の会仙台


■お二人にお聞きしたこと
1.今後4年間で、「仙台市障害者差別禁止条例」を作る予定はありますか?
2.作るならば、どういうスケジュールで作りますか?
3.条例を作る理由は法律では、救済機関の役割が明確になっていないので、条例で救済機関を作る必要があります。「障害者差別のない仙台」を実現するためには、千葉県やさいたま市に匹敵するような救済機関を作らなければなりません。仙台市の障害者のために、しっかりした救済機関を作りますか?


お問合せ先
誰もが暮らしやすいまちづくりをすすめる仙台連絡協議会 (愛称:条例の会 仙台)
〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町1丁目6-1(CILたすけっと内 担当:杉山裕信)
〔電話〕022-248-6054 〔FAX〕022-738-9501
〔Mail〕jyoureisendai★gmail.com(★⇒@) 〔ブログ〕https://blog.canpan.info/jyourei/
【報告】条例の会仙台は衆議院議員選挙に向けて「障害者差別禁止法制の推進に関する」公開質問状を提出しました(質問状と回答の紹介) [2012年12月03日(Mon)]
条例の会仙台の活動

条例の会仙台では衆議院議員選挙に向け
「障害者差別禁止法制の推進に関する」
公開質問状を提出しました

〜質問状内容と回答のご紹介〜



■条例の会仙台が公開質問状を提出した先 一覧

宮城
1区 郡和子氏、土井 亨氏、横田 巨l氏、角田 達也氏、林 宇紀氏
2区 今野 東氏、秋葉 賢也氏、齋藤 恭紀氏、福島一恵氏、菊地 博文氏、中野 正志氏
3区 橋本 清仁氏、西村 明宏氏、吉田 剛氏
4区 石山 敬貴氏、伊藤 信太郎氏、戸津川 永氏、村上 義昭氏
5区 安住 淳氏、大久保 三代氏、渡辺昌明氏
6区 鎌田さゆり氏、小野寺五典氏
(計23名)

上記の個人の立候補者の他に、以下の宮城県支部にも提出しました。
民主党、自民党、公明党、共産党、社民党、みんなの党、日本維新の会(計7党)

その他、宮城県に無い以下の党へは本部に提出致しました。
国民新党、新党改革、新党日本、新党大地・真民主 (計5党)




【公開質問状の内容】


2012年11月29日


<政党・個人 宛>
障害者差別禁止法制の推進に関する公開質問状への回答のお願い


拝啓
時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 私たち「条例の会仙台」は、2009年10月21日に様々な障害当事者団体で組織され、障害種別を超えて障害者差別禁止法制を求め活動を続けてきました。
 この度、私どもは衆議院議員選挙に向けて、各政党が障害者に対してどのような政策をお考えになっておられるかをお尋ねしたく、また、有権者に対して投票を決める参考資料として提供するために、別紙の通り障害者差別禁止法制に関する公開質問状を行うこととなりました。
 皆様方にはお忙しいところ誠に恐縮ですが添付しました資料も参考にして頂いた上で公開質問状にお答え頂きたくお願い申し上げる次第です。
 なお、この公開質問状につきましては、全ての政党にお願いし、その回答を一覧として取りまとめ、私たちの会員・関係者へ配布致します。また、一般の有権者にも情報を提供するためにホームページ上での公開やマスコミ配布を予定しておりますので何卒ご了承下さい。なお、ホームページでの公表、公示日までに行う必要がありますので、お忙しいこととは思いますが12月3日(月)までに公開質問状にご回答いただけますようお願い申し上げます。
敬具



<政党・個人 宛>
障害者差別禁止法制に関する公開質問状【質問用紙】


条例の会仙台

※ご回答は別紙回答用紙にご記入下さい。所定の回答欄ではスペースが足りない場合は、任意の用紙にご記入頂き回答を送り下さい。


質問1.差別禁止法制の推進について
   政府は国連の障害者権利条約の批准に向けて障がい者制度改革推進本部を設置し国内法整備を進めています。平成22年1月には障がい者制度改革推進会議(以下 推進会議)及び各部会を設置、昨年障害者基本法を改正、今年は障害者自立支援法を改正した障害者総合支援法を制定し、来年には障害者差別禁止法(仮称)制定が予定されています。差別禁止法制は推進会議や政策委員会の元に設置された差別禁止部会において平成22年11月より議論が続けられ、部会は今年9月24日に差別禁止法制についての意見をまとめました。政府はこの意見をもと来年の通常国会に法案を上程することとしています。貴党は障害者差別禁止法制の推進についてどのようなご意見をお持ちですか。


質問2.具体的な差別事例について
  以下の事例が差別に当たるかどうか貴党のお考えを理由を添えてお答え下さい。
  差別なら○、差別でないなら×をまず書いて下さい。


   事例
   (1)公共的施設・交通機関について
      車いす利用者が段差のため利用できない、宿泊や乗物の利用を断られる
   (2)情報・コミュニケーションについて
      災害時緊急情報などが視覚・聴覚・知的障害者等に配慮しない形で提供される
   (3)商品・役務・不動産について
      「親を連れて来い」など言われ、日用品を売ってくれない
   (4)教育について
      地域の学校へ行けない、授業・行事に参加させて貰えない
   (5)国家資格等について
      視覚障害者のための点字受験などが用意されていない


質問3.党の障害者施策について
   貴党の障害者福祉についての基本的な施策方針、公約、アピール点等をご自由にお書き下さい。


アンケートは以上です。ご回答ありがとうございました。



【回答のご紹介】


(※順不同にて紹介させて頂きます)

・民主党宮城県連からの回答 民主党宮城県連.pdf
・民主党 郡和子 氏からの回答 民主党 郡和子.pdf
・民主党 石山敬貴 氏からの回答 民主党 石山敬貴.pdf

・自民党 宮城県支部連合会からの回答 自民党 宮城県支部連合会.pdf
・自民党 土井とおる 氏からの回答 自民党 土井とおる.pdf

・公明党宮城県本部からの回答 公明党宮城県本部.pdf

・共産党 宮城県委員会からの回答 共産党 宮城県委員会.pdf
・共産党 角田達也 氏からの回答 共産党 角田達也.pdf
・共産党 渡辺昌明 氏からの回答 共産党 渡辺昌明.pdf
・共産党 福島かずえ 氏からの回答 共産党 福島かずえ.pdf

・社民党 くわじま崇史 氏からの回答 社民党 くわじま崇史.pdf
・社民党 辻隆一 氏からの回答 社民党 辻隆一.pdf

・国民新党本部からの回答 国民新党本部.pdf
・日本未来の党 横田まさと 氏からの回答 日本未来の党 横田まさと.pdf

(以上 計14回答 2012年12月3日現在)