CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 年度 活動計画 | Main | 事務連絡»
プロフィール

条例の会・仙台さんの画像
条例の会・仙台
プロフィール
ブログ
 全 体 会 議 
 定期 ニュース 
会議日程と報告
最新記事
検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
Google

Web全体
このブログの中
最新コメント
https://blog.canpan.info/jyourei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jyourei/index2_0.xml
東日本大震災に関する障害者の被災状況アンケート回答のお願い(条例の会仙台 主催) [2011年11月02日(Wed)]
条例の会 仙台からのお知らせ


東日本大震災に関する
障害者の被災状況アンケート回答のお願い
(条例の会仙台 主催)



拝啓
被災された皆さんにはこの度の3月11日の東日本大震災を受けられましたこと心からお見舞い申し上げます。

さて、条例の会仙台では、今回の震災で多くの障がい者も被災されて様々なところで生活し、今まで震災前には感じなかった不便なことや、他人との関わりのなかで嫌な思いをしたことなどあったはずです。宮城県や仙台市で暮らしている障がい者の中には被災している方が大勢いるはずで、そういう方たちは連絡が取れるのかどうかさえ分からない状況だと思います。

条例の会仙台では、「この時期にアンケートをとり仙台市でつくろうとしている差別禁止条例に生かしたい」などの意見が出されました。そこで今年度の条例の会仙台では、大震災についてのアンケート調査をしようということになりました。

つきましては、下記の要領でアンケート調査を行います。
皆さんのご協力お願い致します。
敬具




1.受付時間:2011年10月17日(月)〜 11月18日(金)
2.アンケート結果についての検討課題
@障がい者が被災した時に最初に当たる問題としての「安否確認」についてのニーズ調査。
A仙台市の障がい者差別禁止条例をつくる時に参考にできるような被災時などの非常時における差別事例の収集・分析。
Bアンケート結果から導き出される要望等をまとめ要望書にして、行政に提出。




▼アンケート用紙はこちら




誰もが暮らしやすいまちづくりをすすめる仙台連絡協議会
(愛称:条例の会 仙台)
連絡先:〒980‐0022
仙台市青葉区五橋二丁目12‐2 仙台市福祉プラザ8階
財団法人仙台市障害者福祉協会内
TEL 022‐266‐0294  FAX 022‐266‐0292
ブログ https://blog.canpan.info/jyourei
【参考資料】障害に基づいた、差別と思われる事例集 [2010年10月26日(Tue)]
ヒューマンネットワーク熊本
障害者差別禁止条例をつくる会 作成

障害に基づいた、差別と思われる事例集

※差別体験を書く際にも、参考にしてください。

事例集もくじ
○障害の定義   3ページ
○差別の定義   4〜5ページ
○差別かどうかの判断〈事例分析〉6ページ
○差別をなくすための条例  7ページ
○差別と思われる事例     8〜19ページ
差別体験募集中 [2010年09月14日(Tue)]
差別体験募集中

※下記の内容を記入頂き、当団体までメール・郵送・FAXのいずれかにてお寄せください。(書ける範囲で結構です)
※記入の仕方が分からない際は、お問合せ下さい。

------------------------------------------------------------
(差別体験報告用紙 記入前にお読みください)
・なぜ差別事例を集めるのか?←クリック
・書く時に皆さんにお願いしたいこと←クリック
・募集した事例の使い方について←クリック


(参考資料)
※記入の際に参考ください
・「差別事例検討の流れ」←詳細はクリック

(郵送・FAX用)


jirei.doc

←クリック


------------------------------------------------------------

差別体験報告用紙


1.嫌な思いをした体験(内容)を具体的にお聞かせください
※体験の背景や、特別な事情も書いて下さい
〔             〕


2.嫌な思いをした「生活分野」はどこですか?(複数可)

※各分野の説明は、https://blog.canpan.info/jyourei/archive/40の事例集にあるP8〜20を参考にして下さい。

□ 教育
□ 労働
□ 商品及びサービスの提供
□ 公共交通
□ 建築・道路・トイレ
□ 福祉
□ 医療
□ 情報保障
□ 不動産の利用・取得
□ 選挙及び政治参加
□ その他(       )


3.その他
※疑問点やご意見、または考えられる解決方法などありましたらご自由にお書きください。
〔             〕
以上

ご協力頂き、ありがとうございました。

------------------------------------------------------------
       《障害者差別禁止条例 仙台(条例の会仙台)事務局》

〒980-0022
仙台市青葉区五橋2丁目12-2(仙台市福祉プラザ8階)
財団法人 仙台市障害者福祉協会内
電話 022-266-0294
FAX 022-266-0292
メール jyoureisendai★gmail.com (★→@)
ブログ https://blog.canpan.info/jyourei/
------------------------------------------------------------
事例検討の流れ [2010年09月14日(Tue)]
事例検討の流れ


■STEP1.登場人物を確認

 ・誰と誰の間に起きた問題なのかを確認する。

■STEP2.何が起きたのかを確認する

 ・どんな「行為」と「結果」があったのかを確認する。
  ※どんなつもりだったのか、相手の気持ちは原則、おいておく。
 ・言葉だけの事例は、どんな行為があったのか検討する。
 ・具体的な検討ができない場合は、その言葉のみを判断する。

■STEP3.差別にあたるかどうかを確認

 ・差別かどうか→障害のない人と異なる結果があったかどうか。
 ・異なった結果の場合、どんな行為があったか、またはなかったか。

直接差別
(外形的行為)他と異なる取り扱い
(行為の結果・効果)他と異なる結果

間接差別
(外形的行為)表面的には中立的な基準や観光の適用
(行為の結果・効果)他と異なる結果

合理的気配慮の欠如
(外形的行為)機会の均等を確保するために必要な配慮をしないこと
(行為の結果・効果)他と異なる結果


差別にあたるか?差別にあたらないか?を考えてみる


■STEP4.例外にあたらないかを確認

 ・相手に過度な負担を求めるものではないか。
 ・公的なものか、私的なものか。
 ・他に選択肢はないか。 など
  
  例外にあたらない → 差別
  例外にあたる→STEP5へ

■STEP5.差別にあたらない場合は、何にあたるのか確認

 ・虐待 ・いじめ、からかい ・侮辱 ・その他 など
以上