CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【情報】(10/17.土.13〜) てんかん講演会 「てんかんとともに 自分らしく生きる」のご案内‏ | Main | 【説明会】仙台市主催:「障害者差別禁止条例のあり方(中間案)の市民説明会」のご案内‏»
プロフィール

条例の会・仙台さんの画像
条例の会・仙台
プロフィール
ブログ
 全 体 会 議 
 定期 ニュース 
会議日程と報告
最新記事
検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
Google

Web全体
このブログの中
最新コメント
https://blog.canpan.info/jyourei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jyourei/index2_0.xml
【上映会・告知】(10/18.日) 映画「風は生きよという」上映会のご案内/人工呼吸器を利用しながら地域で生活している方のドキュメンタリー映画‏ [2015年10月07日(Wed)]
条例の会仙台 各位
みなさん、こんばんは
条例の会仙台の小椋です


以下、CILたすけっとからのイベント情報を送らせて頂きます。
人工呼吸器を利用しながら地域で生活している方のドキュメンタリー映画、上映会のご案内です。CILたすけっとの当事者スタッフである、高橋愛実さんもトークセッションで登壇します。また、仙台市出身の、この映画監督である、宍戸大裕さんのトークもあります。


私も観ましたが、非常に温かく、そして力強い、素敵なドキュメンタリーです。
ぜひ、ご参加下さい!


宍戸大裕 監督作品 ドキュメンタリー映画「風は生きよという」上映会 概要
■上映日 2015年10月18日(日)
■開 場 14:00〜
■会 場 仙台市福祉プラザ11 階 第一研修室
■参加費 500円(※先着 75 名、事前申込制。申込期限 10 月17 日)

※映画HPはこちら http://kazewaikiyotoiu.jp/


*監督によるトーク有り
相沢 祐一(仙台西多賀病院 MSW)
高橋 愛実(CIL たすけっと)
渡邊 和子(訪問看護ステーション 結)予定
櫻井 理 (仙台西多賀ENJOY LIFE STATION)
宍戸 大裕(監督)


映画紹介
<イントロダクション>
呼吸器から吹く風に乗り、つながりあう人と人との物語。
もしもあなたが、病気や障害のために身体を動かせなくなったとしたら、どんな人生を想像しますか?
映画が映し出したのは、ふつうの街でふつうの生活を送る人びと。
特別なことといえば、呼吸するための道具・人工呼吸器を使用していることくらい。
人工呼吸器。ひと昔前、それは巨大な鉄の箱で出来ていた。
こんなものに頼るならいっそ死んだ方がまし― そう思われるには、十分すぎる見た目だった。
いま、呼吸器はお弁当箱に様変わり。
散歩も旅行も買い物も、ひとり暮らしさえも可能にしてくれた。
呼吸器からは、休みなく空気が流れてくる。「シュー、シュ ー」と、まるで風のように。
淡々とその生活を映し出し、歩んできた人生を見つめた時、浮かんできたのは日常の尊さ。たくさんの支援が必要だからこそ、多くの人に出会え、自由に動くことができないからこそ、生きてあることに感動する。じんわりとこころを揺する、人と人とが織りなす物語。
もしもあなたに、思うように身体を動かせない、そんな日が来た時は思い出してほしいのです。
映画の中を駆け抜けていた、風の音を。
その風に包まれた人と人とが、支えあいながら生きていたことを。
2015年/日本/81分/ドキュメンタリー



■申込受付
TEL: 022-738-7385 FAX:022-738-7383
E-mail : sendainishitaga.els@gmail.com
【筋ジス協会宮城県支部、仙台西多賀 ENJOY LIFE STATION主催】

以上

条例の会仙台 事務局より
コメントする
コメント