• もっと見る

«〈関西中国地域ブロック〉「中坪・竹林整備&タケノコ掘り」 | Main
ぶどうの丘 田畑の楽校2024 [2024年03月11日(Mon)]

★参加希望の方はコチラ→  申込フォーム  

「ぶどうの丘 田畑の楽校(はたけのがっこう)」は、援農ボランティア体験イベントです。

一面に美しいぶどう畑が広がる山梨県山梨市牧丘。しかし、高齢化や跡継ぎ不足で畑を続けられない農家が増えています。一度放置されてしまった畑は元に戻すことが難しく、病害虫の発生源にもなってしまいます。

1泊2日の援農ボランティアに参加して、山梨の四季折々の自然とふれあいながら、農作業に汗を流してみませんか。もちろん、初心者の方も大歓迎です!


KIMG0721.JPGPXL_20230422_031538963.jpg
KIMG2908.JPGPXL_20230520_233936892 (1).jpg

また、田畑の楽校で牧丘を訪れたことをきっかけに、リピーターになったメンバー達が年間を通じて牧丘に通い、作業を学び身につけながら、農家の方々と交流を深めるなどの「有志」活動を行っています。もちろん、どなたでも参加できます。
※「有志活動」については、田畑の楽校参加初回のレクチャー時に説明を行います。
【日 程】
A. 4月20日(土)〜 4月21日(日) ぶどう棚ビニールシート張りなど
B. 5月11日(土)〜 5月12日(日) 房作り 巻きづるとりなど 
C. 6月15日(土)〜 6月16日(日) 房作り 巻きづるとりなど
D. 6月29日(土)〜 6月30日(日) 粒抜き 巻きづるとりなど
E. 7月 6日(土)〜 7月 7日(日) 粒抜き 袋掛けなど
F. 9月14日(土)〜 9月15日(日) 袋外し 傘かけなど  
G.10月  5日(土)〜10月   6日(日) ☆収穫祭 収穫全般補助作業など
                   ※G日程はA〜F日程参加者優先といたします         
H.11月16日(土) 〜  11月17日(日) ぶどう棚ビニールシート外しなど

※作業内容は天候やぶどうの生育具合によって変更になる場合もあります

【場 所】山梨県山梨市牧丘
【定 員】各回15名程度

【締 切】各回開催日一週間前の金曜日まで
※締切日を過ぎてのお申込みはご相談下さい。

【内 容】農作業・交流会など
※どの回からでも参加できますが、A日程では年間作業の流れを学べます。
    B日程以降の作業がやりやすくなるので、初めての方にはお勧めです。

【参加費】会員・学生:3,000円 / 一般:4,000円
      ⇒食材代、入浴代、施設使用代、保険代ほか
キャンセルの場合、3日前からキャンセル料がかかります。
 3日前から:50%   当日:100% キャンセル料は、別途請求させていただきます。
※現地までの交通費はご負担下さい。
※1日目の昼食は、各自ご持参ください。
※食事の用意や片づけ、集会所の掃除などは参加者で行いますので、ご協力下さい。
※宿泊は地域の集会所を使用します。寝袋での雑魚寝(男女別)になります。
※寝袋レンタル有。数に限りがありますので事前にお申し込みください。
※保険代はこれまで別でいただいていましたが、全体でイベント保険を掛けております。

【主 催】
JUON NETWORK(https://juon.or.jp

【協 力】

【日 程】
※多少の雨でもイベントは実施します。天候や生育状態によって若干作業内容も変わります。
◎1日目(土曜日)
10:05 JR塩山駅集合 車で澤登農園へ移動      
10:30 宿泊施設へ移動 身支度 農園へ移動
11:00 田畑の楽校開校式 ぶどう農園での作業開始
12:00 昼食 自己紹介タイム ※お弁当持参      
13:00 ぶどう農園での作業
16:30 作業終了
17:30 近くの温泉へ移動 入浴
19:00 夕食 振り返り 交流
      ☆初参加の方は「ぶどうの丘 田畑の楽校」のレクチャーあり
22:00 就寝

○2日目(日曜日)
 6:00 起床 朝食準備 近くのお寺で清掃活動
 7:00 朝食
 8:00 ぶどう農園での作業
12:00 作業終了 田畑の楽校閉校式
12:30 宿泊施設の掃除 身支度 アンケート記入
13:00 適宜解散 ※JR塩山駅まで送迎開始
   
【問合せ・申込み】
認定NPO法人 JUON NETWORK
〒166-8532杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
TEL:03-5307-1102/FAX:03-5307-1091
E-mail:juon-office@univcoop.or.jp

★参加希望の方はコチラ→  申込フォーム  


───────────────────────────────

※フォームが使えない方などは、
以下の申込書に記入のうえ(選択肢は該当するものを残し)、
juon-office@univcoop.or.jp
までお送り下さい。FAX、電話などでも結構です。

■ 申 込 書 ■
「ぶどうの丘 田畑の楽校(はたけのがっこう)2023」

名前:
ふりがな:
性別:
年齢:
所属:
└※当日配布の名簿に所属を: 掲載可 ・ 掲載不可
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
田畑の楽校(はたけのがっこう)参加:初めて・2〜3回目・それ以上
JUON NETWORK:会員・非会員
交通手段:公共交通機関・自家用車・その他(         )
参加希望の日程:
■備考欄■
(事務局・スタッフにあらかじめ配慮を求めたいこと、アレルギーや、活動にかかわる持病、その他・・・):


─────────────────────
※ご記入いただいた個人情報は、名前、所属、住所の市区町村まで等は、参加者間の交流促進のため、当日配布する名簿に載せています。

※そのほかは、保険の手続きや各種ご案内の送付に限って利用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管理いたします。また、ご本人より停止等のご連絡をいただいた際には、速やかに必要な手続きをお取りいたします。

○●○●○●○●○●○●○

★これまでの活動の様子

「田畑の楽校(はたけのがっこう)日記」


○●○●○●○●○●○●○


◎「ぶどうの丘 田畑の楽校」のこれまで

「農作業をしてみたい」、「援農ボランティアに興味がある」など、そんな都市住民と、人手不足の農家を結ぶきっかけをつくりたい!2006年、巨峰の産地として有名な山梨市牧丘町で「ぶどうの丘 田畑の楽校」は始まりました。

「農」に興味がある様々な年齢・職業の人が集まり、芽かき、房づくり、粒ぬき、袋がけ、袋はずし等、ぶどうができるまでの農作業をお手伝いします。

しかし、1ヶ月に1回ほどのイベントとしてお手伝いするだけでは、なかなか作業を覚えられず、本当にぶどう畑を守る力になることができません。そこで、イベント(ぶどうの丘 田畑の楽校)以外の日も、『有志活動』として、声がけをし、牧丘に通っています。ひとりでも多くの仲間と、美しい牧丘のぶどう畑を守っていくことを続けていきます。

まずはお気軽にご参加ください!


■農家の声 澤登農園 澤登浩二■

山梨県山梨市牧丘町は、「日本一の巨峰の里」と呼ばれる、大変おいしい葡萄の生産地です。見渡す限りの葡萄畑が広がっていますが、多くの農産地と同じく近年高齢化が進み、葡萄作りを続けられない農家も増えてきています。農作業においては作物の生育状況や天候により、短時間でしなければならない作業があるため、どうしても忙しい、人手が足りないという事態になります。特に一人から二人で行っている小規模の農家においては、ボランティアによる協力は大変大きな力になります。また、農家との交流を通じて、地域の活性化も期待できると考えています。ぜひ一人でも多くの方々にこの「田畑の楽校」に参加していただき、一緒に地域の農業を盛り上げていただければと思います。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント