CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 2012年01月»
NPO・ボランティア相談ステーション [2011年12月28日(Wed)]
NPOって何?、何か自分にできることを探したい、NPOで働きたい…など、NPO・ボランティアに関することなら何でもお気軽にご相談ください。あなたにぴったりの上方を探したり、一緒によりよい方法を考えます。

事前申込不要、相談無料です。
スタッフ一同お待ちしています
京都スイーツレビュー [2011年12月28日(Wed)]
知る人ぞ知る京都のお菓子が300円(ドリンク込み)で試食できます。
レビュー(感想)を書くとお土産がもらえます星

事前申込不要です。お気軽にお越しくださいね笑い

*プログラム参加者は、参加費(交流会費)に含まれています
照明デビュー [2011年12月22日(Thu)]

いきなりですが、本日、照明デビューを果たしました!
というのも、1/15に参加者の皆さんへお配りする「京都スイーツハートレビュー」パンフレットに使用する写真の撮影を、京都デジタルフォト研究会・阿部さんにご協力のもと行ったからなのです。

センターフロアの一角に小さなスタジオを設置。
撮影するものによって、照明の当て方をいろいろ工夫します。私は白熱灯のライトを背後から当てる役割をしておりました。

直接当てると、被写体が真っ白に。程よい明るさを届けるために、ライトを当てる位置や向きを何パターンも試しながらの撮影でした。

阿部さんの撮影技術と、的確なご指示のお陰により、魅力が十分伝わる撮影が実現しました!それぞれにあった魅力の引き出し方を体験し、とっても勉強になりました。
これはぜひ、早くお見せしたい!
当日、お楽しみにしておいてくださいね!


(森本すみよ)
打ち合わせ中 [2011年12月22日(Thu)]
「情熱×プロジェクト2012」では、プログラム提供団体の方と
しみセンの職員が知恵をだしあいながら、
企画を組み立てていっています。

本日の打合せは、NPOこせい舎さんと。
プログラム:発達障害児のサポートワークショップ

こせい舎さんの事務所は宇治にあります。
しみセンが入っている「ひとまち交流館京都」でも積極的に
事業やセミナーをされていますので、
参加された方もいらっしゃるかもしれませんね。

今日は代表の中野さんだけでなく、
ロールプレイングを担当する松尾君、北庄司さん(双子の会代表)も
来てくださいました。





プログラムの中身はもちろん、どのような想いでこのプログラムに臨むのか、
どのような方に参加していただきたいのか、
ひとつひとつを丁寧に共有していきます。

さて、ロールプレイングを担当する松尾君は
大学4回生の爽やかボーイウインク
このプログラムは発達障害児のボランティアに関わる大学生も対象にしているので、
参加を迷われている大学生の方は、ぜひご参加ください。

また、こせい舎代表の中野さん自身も、発達障害のお子さんを持つ
ひとりの母親です。
“専門家”や“偉い先生”が教えるセミナーに、少し物足りなさを
感じていらっしゃる保護者の方も、ぜひご参加くださいね。


(森本のり子)
APTと打合せ [2011年12月14日(Wed)]
「情熱×プロジェクト2012」では、プログラム提供団体の方と
しみセンの職員が知恵をだしあいながら、
企画を組み立てていっています。

10日の打合せは、一般財団法人京都YWCA APTの岡さんと。
プログラム:多文化雇用環境プログラム(中国・タイ・フィリピン編)



しみセンではなく、京都YWCAの事務所で、広報や今後のスケジュールについて打合せ。
クリスマス商品がたくさん並べられた物販コーナーに目を奪われつつ、打合せにイソシミマス。


APT(アプト)は京都YWCA会員の有志で活動しているグループ。
日本に住む外国人のための多言語相談・支援を続け、今年設立20周年を迎えました。
行政にも多言語による相談窓口はありますが、言葉や知識のハンディから行政の窓口に行くことに不安をもっている外国人もいます。
そんな彼らの立場に立ち、付き添いなどのきめ細やかな支援を行っているのが、APTの多言語電話相談です。


活動を20年続ける。それは本当に大変なことだと思うのです。
しかも、「時代」が色濃く反映される相談に対し、常に寄り添える専門性を確保していなければなりません。



実は昨年よりAPTのみなさんと

「多くの外国人が日本で実際に働いている。その雇用先である企業と連携したり、
私たちの活動を企業の方に活用してもらえてこそ、自分たちが目標とする社会が造られるのでは・・・」

というお話を何度かさせていただいていました。

そうして出来上がったプログラムが、「多文化雇用環境プログラム」です。
20年にわたる電話相談の事例を、企業の方向けにカスタマイズしてお伝えします

今回は特に製造業やサービス業など、実際の作業現場で外国人を雇用されている企業を主な対象とさせていただいています。

もちろん、APTは日常生活の相談にも豊富に対応してこられましたので、
外国人との関わりでお悩みの方はぜひご参加ください
笑顔


(森本のり子)

イラスト5番勝負!イラストレーター誕生! [2011年12月13日(Tue)]
7つのプログラムそれぞれの詳細をご紹介します。

●イラスト5番勝負!イラストレーター誕生!

とにかく絵を描くのが好き!
イラストレーターデビューも夢じゃない?!

活動紹介にイラストを使いたいけど、ぴったりのイラストが
みつからない…。
そんな、イラストレーターさんとNPOが出会うイベントです。

・日時:2012年1月15日(日)10:00〜12:30

・会場:ひと・まち交流館 京都 2階第1・2会議室

・定員:挑戦者約5名 
     イラストを描いて欲しいNPO約5団体
     オーディエンス約20名

・参加費:無料、交流会費:300円

・こんな方におすすめです
イラストを描くのが好き・得意な方
イラストを描いて欲しいNPOの方も

・プログラム実施団体
京都市市民活動総合センター
「伝える」プロが教える!決定的場面の切取り方 [2011年12月13日(Tue)]
7つのプログラムそれぞれの詳細をご紹介します。

●「伝える」プロが教える!決定的場面の切取り方

「伝わる」コツを「伝える」プロが伝授します!こんなチャンス、滅多にない!

デジタルカメラは持っているものの、なんだかいつも同じような写真ばかり…。
場の臨場感やインパクトが伝わる写真の撮り方のコツを、現役・報道記者が実践を交えてレクチャー。
ご自身のご利用されているデジタルカメラをご持参ください。

・日時:2012年1月15日(日)10:00〜15:30

・会場:ひと・まち交流館 京都 3階第5会議室

・定員:30名

・参加費:無料(交流会費:300円)

・講師:
京都新聞社 文化報道部 記者 日下田貴政(ひげたたかまさ)さん
http://www.kyoto-np.co.jp/

・こんな方におすすめです
写真撮影(とりわけ人物)がご趣味の方
ほめて子育て 自分育てワーク [2011年12月13日(Tue)]
7つのプログラムそれぞれの詳細をご紹介します。

●ほめて子育て 自分育てワーク

・プログラム実施団体:
NPO法人チャイルドライン京都

自分も人もほめてニッコリ!!心も体もホッコリ!!
ほめて子育て、自分育ての体験をしてみませんか?

・日時:2012年1月15日(日)10:00〜12:30または、14:00〜16:30のいずれか

・会場:ひと・まち交流館 京都 2階和室

・定員:各15名

・参加費:1,000円、交流会費:300円

・こんな方におすすめです
就学前の子どもを持つ保護者など
※保育もあります。1月13日(金)締切 詳しくはお尋ねください

・プログラム実施団体:
NPO法人チャイルドライン京都
https://blog.canpan.info/childlinekyoto/

「チャイルドライン」は、18歳までの子どもがかける、子ども専用電話。
チャイルドライン京都で子どもたちの声に耳を傾け、活動を広げてきた事業の経験に基づいて、「コミュニケーションワークショップ」等も実施しています。

若者が企業の課題解決を行う、実践型プログラムの仕組みづくりとは?! [2011年12月13日(Tue)]
7つのプログラムそれぞれの詳細をご紹介します。

若者が企業の課題解決を行う、実践型プログラムの仕組みづくりとは?!

・プログラム実施団体:
NPO法人日本アントレプレナーシップアカデミー(JAE)

若者が社会に出て正社員と同等の仕事を経験する機会をつくっているNPO法人JAE。
彼らが提供する「アントレターン」(長期実践6カ月型/トライアル3か月)に参加した学生は、「社会人基礎力」「就業意識」「挑戦思考」などに大きな変化が見られることが報告されています。

単なる「就業体験」に終わらせず、「学生の成長」を重視するNPO法人JAEならではのインターンプログラム。
代表の山中氏自らが、その仕組みづくりのポイントをお話します。

・日時:2012年1月15日(日)14:00〜16:30

・会場:ひと・まち交流館 京都 3階第4会議室

・定員:50名

・参加費:無料(交流会費:300円)

なぜ企業が何の経験も持ち合わせていない若者に責任あるプロジェクトを任せるのか?
大学生が企業の中で活躍するにはどんな仕組みが必要なのか?
実際の事例からその要素を学びます!

・こんなあなたにおススメ!
大学1、2回生
本気で「自分を変えたい!試したい!」と思っている学生
社会に出る前に、自分がどこまでできるかを試したい学生
 &
上記のような学生をサポートしている大学関係者の方
キャリアセンター及び就職課の方

・こんなことをお考えの企業にもおススメです!
より意欲のある学生をインターン生として採用したい。
社会貢献事業への取り組みを始めたいが、人材が採用できないなどの課題がある。
若手リーダーの成長や、社員の成長を促進したい。
チャレンジする社風を作りたい。

・プログラム実施団体:
NPO法人日本アントレプレナーシップアカデミー(JAE)
http://www.jae.or.jp/

JAEは、子どもから学生・社会人まで、共に学びチャレンジする、
豊富な種類の体験型教育プログラムを提供しています。

発達障害児のサポートワークショップ [2011年12月13日(Tue)]
7つのプログラムそれぞれの詳細をご紹介します。

●発達障害児のサポートワークショップ

・プログラム実施団体:NPOこせい舎 

これから発達障害をもつ子どものサポートに携わろうとしている皆さんに
ぜひ知っておいて欲しいことをお伝えします。

発達障害児の日常生活をサポートする上で、知っておくべきことや、
効果的な支援方法などを実例を見ながら学び、ロールプレイングで
支援上のポイントを体得します。


・日時:2012年1月15日(日)14:00〜16:00

・会場:ひと・まち交流館 京都 2階第1・2会議室

・定員:30名

・参加費:700円、交流会費:300円

・こんな方におすすめです
・発達障害児に接する教育関係の方
・家庭教師などで発達障害児に勉強を教えている学生の方
・ボランティア活動や地域活動で発達障害児と関わる機会のある方
・発達障害をお持ちのお子さんがいらっしゃる保護者の方

・プログラム実施団体:
NPOこせい舎 
http://kosodate93.blog13.fc2.com/

NPOこせい舎は、発達障害児者が血液型の違いのように“タイプの差”として社会に認識されるように、さまざまな活動を展開していきます。モットーは「孤立しない・させない」こと。
| 次へ