CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«チャレンジ教育手法 自己理解・他者理解を促すワーク | Main | 若者が企業の課題解決を行う、実践型プログラムの仕組みづくりとは?!»
発達障害児のサポートワークショップ [2011年12月13日(Tue)]
7つのプログラムそれぞれの詳細をご紹介します。

●発達障害児のサポートワークショップ

・プログラム実施団体:NPOこせい舎 

これから発達障害をもつ子どものサポートに携わろうとしている皆さんに
ぜひ知っておいて欲しいことをお伝えします。

発達障害児の日常生活をサポートする上で、知っておくべきことや、
効果的な支援方法などを実例を見ながら学び、ロールプレイングで
支援上のポイントを体得します。


・日時:2012年1月15日(日)14:00〜16:00

・会場:ひと・まち交流館 京都 2階第1・2会議室

・定員:30名

・参加費:700円、交流会費:300円

・こんな方におすすめです
・発達障害児に接する教育関係の方
・家庭教師などで発達障害児に勉強を教えている学生の方
・ボランティア活動や地域活動で発達障害児と関わる機会のある方
・発達障害をお持ちのお子さんがいらっしゃる保護者の方

・プログラム実施団体:
NPOこせい舎 
http://kosodate93.blog13.fc2.com/

NPOこせい舎は、発達障害児者が血液型の違いのように“タイプの差”として社会に認識されるように、さまざまな活動を展開していきます。モットーは「孤立しない・させない」こと。
コメントする
コメント