CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«多文化雇用環境プログラム(中国・タイ・フィリピン編) | Main | 発達障害児のサポートワークショップ»
チャレンジ教育手法 自己理解・他者理解を促すワーク [2011年12月13日(Tue)]
7つのプログラムそれぞれの詳細をご紹介します。

●チャレンジ教育手法 自己理解・他者理解を促すワーク

・プログラム実施団体:NPO法人劇研 

子どもの自己理解・他者理解を深める教育手法をご紹介します。
言葉と身体をときほぐすワークショップです。

NPO法人劇研が中学生を対象として取り組んで来た活動を元に、言葉や身体に関わるワーク/ゲームを通して、思春期の若者が自己理解・他者理解を深め、自己・他者を肯定的に受け入れる素地を育むための、ワーク/ゲームを体験します。

・日時:2012年1月15日(日)10:00〜12:30

・会場:ひと・まち交流館 京都 3階第3会議室

・定員:12名

・参加費:無料(交流会費:300円)

・こんな方におすすめです
現役の中学校教諭の方、青少年育成に携わる方

・プログラム実施団体:NPO法人劇研
http://gekken.net/npo/

劇研は老若男女国籍を問わず、市民に対して、芸術文化や手法を活かした児童青少年の育成、社会教育の推進に取組んでいます。
コメントする
コメント