CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«チラシできました! | Main | チャレンジ教育手法 自己理解・他者理解を促すワーク»
多文化雇用環境プログラム(中国・タイ・フィリピン編) [2011年12月13日(Tue)]
7つのプログラムそれぞれの詳細をご紹介します。

●多文化雇用環境プログラム(中国・タイ・フィリピン編)

・プログラム実施団体:(財)京都YWCA APT

積極的に外国人を雇用している企業や業種も増える一方、
「職場の中の外国人」をめぐるトラブルも頻発しているのでは?
そこで、外国人を雇用する中で感じることが多い「?」(ナゼ)を解説。

日本で暮らす外国人の電話相談&支援活動の20年にわたる
経験をもとに、人材活用・リスクマネジメントの両視点から、
「日本人・外国人双方が働きやすい環境づくり」について考えます。

・日時:2012年1月15日(日)10:00〜12:30

・会場:ひと・まち交流館 京都 3階第4会議室

・定員:30名

・参加費:700円、交流会費:300円

・こんな方におすすめです 
外国人を雇用している中小企業、もしくは雇用を検討している中小企業。 
(特に、作業的な職種での雇用)

・プログラム実施団体:
財団法人 京都YWCA APT
http://kyoto.ywca.or.jp/

京都YWCA APTは多文化共生社会の実現を求めて外国籍住民
のための支援プログラムを展開しているグループです。

外国人が日本で暮らす中でぶつかる文化・制度の問題についての
電話相談や、地域の小学校で国際理解教育・人権教育などの出張
授業、外国籍の親を持つ子どもの相談・支援などを行っています。

コメントする
コメント