CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人女性自立の会−あした笑顔になあれ

嬉しかったこと 楽しかったこと 感じたこと 美味しかったこと 小さな幸せから大きな幸せまで、日々の想いを綴っています。

ホームページ変更のお知らせ http://joseijiritu.life.coocan.jp/


<< 2009年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
女性自立の会スタッフ
会えない時間も (08/07) メリーポヒンズ
会えない時間も (08/07) 女性自立の会スタッフ
ベランダカフェ再開 (08/06) なおなお
ベランダカフェ再開 (08/06) あり
太陽サンサンのサンデー (08/03) メリーポヒンズ
太陽サンサンのサンデー (08/02) 女性自立の会スタッフ
星に願いを (07/31) なおなお
星に願いを (07/31) 女性自立の会スタッフ
疲れた夜は (07/30) メリーポヒンズ
疲れた夜は (07/30)
最新トラックバック
第7回再生プログラム『年間収支で家計を捉える』 [2009年09月20日(Sun)]
えっちゃんです笑顔
昨日、今年7回目の再生プログラムが開かれました。
今回は初級クラス、応用クラスとの合同で行われ12名の参加となりました。
テーマは『年間収支で家計を捉える』。有田さんが作成してくださった、年間収支算出シートに月々かかる支出を年間で集計し把握していくというものです。

住宅関連費については、収入の30%以下が理想、食費は15〜20%、貯蓄は10%以上ということを聞きながら、自分の生活の収支を照られし合わせると、出費の大きいもの、今後増やしていかなければならないものなどが見えてきました。
今後の出費について考えるとてもいいきっかけとなりました。
月々の支出は、日ごろ家計簿をつけなれてきている方もいらっしゃると思いますが、一度年間収支を計算することで、先々のお子さんの学費準備や急な冠婚葬祭などの出費、電化製品の買い替えにも対応できるお金を準備できることにも繋がると思います。是非お試しください。


さて、今回は再生プログラムのテーマに入る前に、「体験者からのメッセージ」とういうことで『再生途中にも危険はいっぱい(一枚のダイレクトメールからヤミ金へ)』という内容で、相談者のお一人がご自分の体験をお話してくださいました。

I さんは、再生途中に一枚のダイレクトメールをきっかけに債務を増やす原因となってしまったのです。その要因には、お母様の介護、仕事柄必要経費などがかかる負担も多かったことなどが重なっていたのです。そこには誰もが起こりうる可能性を感じました。
ヤミ金への怖さは自分の中での想像の範囲でしかなかったのですが、I さんからのお話を伺いながら恐ろしさを強く痛感することができました。
Iさんは過去の自分の姿やその時の気持ちを冷静に捉えていらっしゃって、当時働いていた会社を退社され、現在は介護ヘルパーとして生き生きと生活している様子でした。再生の返済もあと一回というところまで来ているということです。

私はこのお話を伺いながら、本当に『人はやり直せる』という言葉を強く感じました。
そして、日頃有田さんからがいつもおっしゃっている収入の範囲で自分の身の丈にあった暮らしをすることの大切さを、I さんのお話を伺いながらとても感じることができました。 お金が足りない時には何かに頼りのではなく、常に自分が準備している貯蓄の中から用意できるよう日頃から心がけて生活していきたいと思いました。

Iさんが過去の辛いお話を、とても分かりやすく詳しくお話いただいたことで、その場にいた方にもそれぞれにいろいろな思いが残ったことと思います。
勇気をもって過去の体験をお話していただいたことにとても感謝いたします。
本当にありがとうございました。ハイビスカス
Posted by 女性自立の会スタッフ at 10:29 | 学びの時間 | この記事のURL | コメント(5) | トラックバック(1)
| 次へ
プロフィール

女性自立の会さんの画像
https://blog.canpan.info/joseijiritu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/joseijiritu/index2_0.xml