• もっと見る

NPO法人女性自立の会−あした笑顔になあれ

嬉しかったこと 楽しかったこと 感じたこと 美味しかったこと 小さな幸せから大きな幸せまで、日々の想いを綴っています。

ホームページ変更のお知らせ http://joseijiritu.life.coocan.jp/


<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
食わず嫌い [2023年03月05日(Sun)]
今日見上げた空は▼

20230305_095722.JPG

日曜日の今日は、午前中に予定を済ませて、午後からゆっくりそら散歩をと考えていました。でも、午後から天気は下り坂!の予報に予定変更。

日頃、寂しい思いをさせているそらさんの予定が最優先です。
お陰で、青空を見上げることができました。

多摩川河川敷は、野球少年と母親で賑わっていました野球ボール



相変わらず、オーディオブックにハマりまくっておりますあせあせ(飛び散る汗)

そんな中でも、オーディオブックでは読めない新書や、オーディオブックで読んで、これは手元に置きたい(仕事関連が多めです)と思った本を購入するようにしています。

数ヶ月前、書店を徘徊していた私の目に留まったのが、林真理子さんの「成熟スイッチ」。かなり売れているようでしたし、シニア講座も行っている身。タイトルも良かったので購入しました。

結果、私には、心に響くところは少なく…。
(林真理子さんのファンの皆さん、ごめんなさいゴメン/お願い


林さんのデビュー作「ルンルンを買ってお家に帰ろう」の時も、著者に個人的に惹かれるところがなかったので、その後、今回まで著者の本を手に取ることはありませんでした。


ところが、です。
再び、林真理子さんの本が、オーディオブックで次に読む本を選んでいた私の目に飛び込んできたのです。

「下流の宴」。サンプルを聴いてみると、これが実に面白い。
夢中で聴きました😀。

続けて「最高のオバハン」も。

更には、林真理子さんから、内館牧子さん、角田光代さん、湊かなえさんと、夢中で読んで(聴いて)います。


2倍速で聴けるオーディオブックのお陰で、読書の時間と世界がグッと広がりました。
食わず嫌いの可能性は無限大かもわーい(嬉しい顔)

昨日は、内館牧子さんの「終わった人」を聴き終えたところです。

さて、次は何を聴きましょうか音楽。ワクワクがとまりません。




明日も笑顔で(*^_^*)

あなたが元気でありますように。
笑顔でありますようにきらきら
Posted by 女性自立の会スタッフ at 14:28 | BOOK | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オーディオブックで読書 [2022年12月19日(Mon)]
このブログは、通勤時間にスマホを使って更新しています。
その通勤時間に、最近「楽しみ」を見つけてしまい、ついついブログ放置になってしまいましたふらふら

その楽しみというのが、以前、ブログでも紹介した「オーディオブック」。
新刊や、読みたい本がすぐに聴けるわけでもないオーディオブックのサブスク価格は月額1,500円。個人的には高いと感じました。
でも、だからこそ「聞かないと『損』」というわけで、貧乏性の私は、通勤時間の約3時間半をひたすら読書に費やしています。


一方、メリットもたくさんあります。
1.本を持ち歩かなくていい(移動の多い私は荷物が少なければ少ないほどありがたい)。
2.目が疲れない(最近、文字を読むのが辛いお年頃おばあさん)。
3.少し読んで、気に入らなければ気軽にチェンジできる(堂々と立ち読みができる感覚!?)。



最近、読んだ(聴いた)本▼
◆山女日記 湊かなえ  幻冬舎文庫
◆火車   宮部みゆき 新潮文庫
◆地平線を追いかけて満員電車を降りてみた 紀里谷和明 文響社
◆老いの品格 品よく、賢く、おもしろく 和田和樹 PHP新書
◆世界を変えた10冊の本 池上彰 文藝春秋

その他にもにたくさん読みました。
宮部みゆきさんの「火車」は、それこそ発売されてすぐの頃に一度読んでいるので、ストーリーはわかっているのですが、ナレーターが私の大好きな三浦友和さんだった! それだけの理由でオーディオブックを開きました。刑事役の声がピタリとはまり、聞きやすく、そして引き込まれました。

ほぼ倍速で聞ける(時短につながる)のもオーディオブックの魅力です。


そんなわけで、放置ばかりですみません。
この間もご訪問いただきました皆様に、お詫び申し上げます。



仕事も頑張っています。
遊び(私の場合は飲み食い)も楽しんでいます。

そして、
そらも元気です。▼

20221214_090723.JPG



急に寒くなりました。
皆さま、くれぐれもご自愛くださいませ。



明日も笑顔で(*^_^*)
あなたが元気でありますように。
笑顔でありますようにきらきら


先日、私の大好きな街 浜田山に暮らす友人宅にお邪魔しました。
そのことも、ブログに残しておきたいと思っていますが、その時に見上げた紅葉を▼

20221217_124831.JPG

友人と一緒に「綺麗」を感じることができました。
Posted by 女性自立の会スタッフ at 11:24 | BOOK | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
最近のお気に入り [2022年08月08日(Mon)]
今日見上げた空は▼

20220808_051721.JPG

最近のそらさんは、散歩の途中に私に目で合図を送ることを覚えました。
「ねっ、ママそろそろいいんじゃない、走ろ!走ろ!」

ε≡≡ヘ( ´Д`)ノε≡≡ヘ( ´Д`)ノ   ダッシュ猟犬

朝からフラフラですおばあさん



帰宅して、週末に友人からいただいたアップルミントで▼

20220808_070005.JPG

ハーブティーハート(トランプ)
いい香りに、心身ともに癒やされます。





昔は、通勤バッグの中に本が数冊は入っていました。

が、年齢と共に、本を持ち歩くことが負担に。
そこで、数年前から、お気に入りの作家さんの本と仕事関連の本以外は、Kindleで読むようになりました。

最初は良かったのですが、やっぱり「紙」の方が読みやすいと、次第にKindleから離れていきました。

ところで最近、いきなり老眼が進み、本を読むのが難しくなってきました。



「オーディオブックって、すごくいいよ♪」
以前、友人がそんなことを言っていたことを思い出しました。


人が読むのを「聴く」のかぁ。。。また、サブスクが増えるし…、人の声って苦手なんだよなぁ…と考えながら、サンプルを聴いてみると、不思議と自分で読むより頭に入ってくる。目も疲れないし、家に読み終えた本が並ぶこともない。

何より読む速さを調整できるので、通勤の3時間に一冊聞き終えることもあります。


読むのが遅い私には有り難い存在です。


たくさんの本に出会えるオーディオブック、お気に入りに登録です。





明日も笑顔で(*^_^*)
あなたが元気でありますように。
笑顔でありますようにきらきら


それにしても、今日も暑すぎる。
それ以上に、電車の中が寒すぎる顔3(かなしいカオ)
Posted by 女性自立の会スタッフ at 17:00 | BOOK | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
BOOK & MOVIE「星守る犬」 [2022年07月03日(Sun)]
今日見上げた空は▼

20220703_073310.JPG

いつもより、少しスタートの遅い日曜日。
それでも空が曇っていたおかげで涼しく、ゆっくり、そら散歩を楽しみました。

最近のそらは、私が起きて声をかけるまで、おとなしく待っています。
起きると大喜びの舞を披露。
そこからは、私の「散歩行こっか」という言葉を耳を澄まして待っています。



散歩を終えて、そらを2週間ぶりにお風呂へ▼

20220703_101201.JPG

最近、かなり毛が拔けるので、これでスッキリ。



そらと一緒に過ごす日曜日、穏やかな時間が流れます▼

20220703_083027.JPG

今日もコーヒーが美味い喫茶店




先週、原田マハさんの「星守る犬」を購入し、読み始めました▼

20220703_150947.JPG

この本は、2014年に村上たかしさんの原作で、双葉社より刊行された同名文庫の新装版です。

今日も続きを読もうと思いながら、その前にアマゾンプライムを見ていると、オススメに出てきたのが、ナント「星守る犬」。

偶然とは思えなくて、先に映画を観ることにしました。



久しぶりに泣きました。
切なくて苦しくて、直視できなくて何度もテレビを消したくなりましたが、愛が溢れる映画です。

秋田犬ハッピーの演技が凄すぎる涙ぽろり



「犬はいつも待っている」。

その言葉に、先代の犬たちを懐いました。

先代の犬たちも、いつも待っていました。

そして、そらも。
ずっと、私を待っています。


帰りを大喜びで出迎えてくれる存在はありがたく、愛おしい。
だからこそ限りある時間の中で、一緒に幸せを感じたい。



素敵な本と映画の休日になりました。
命あるものと暮らしているあなたに、そして、いつか暮らしたいと思っているあなたに、オススメします。



明日も笑顔で(*^_^*)
あなたが元気でありますように。
笑顔でありますようにきらきら
Posted by 女性自立の会スタッフ at 17:00 | BOOK | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
BOOK「お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれになのか」 [2022年06月23日(Thu)]
今日見上げた空は▼

20220623_050053.JPG

いつもより、1時間早いそら散歩です。
さすがに4時台だと人がいません。




昨日に続いて本の紹介を▼

20220531_143425.JPG

「お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれいなのか」黒田尚子著 日本経済新聞出版


ズバリ、タイトルに惹かれました。

お金の悩みを抱えた人の声を聴く中で、私も同じことを感じていました。
ただ、私の場合は「お金の問題を抱えている人は、なぜ部屋が散らかってしまうのか」ですがあせあせ(飛び散る汗)

本には、「お金が貯まらないのは収入の問題ではなく、行動や習慣のクセが原因である」とも書かれてありました。

全く同感です。



相談者と話していると、お金の悩みが、いつの間にか「汚部屋」相談に変わることがよくあります。

共通しているのは、
□机の上が紙で溢れている
□ビニール傘が大量にある
□カーテンレールや鴨居に、洋服がかかったままになっている

冷蔵庫の中にも、賞味期限切れが詰まっています。


残念ながら、いかにもお金が貯まりそうにない部屋の状態ですねもうやだ〜(悲しい顔)
家計が整っていないのに、部屋はきちんと整理整頓されている!とは考えにくいのです。



使った物を、居場所にしまわず、その辺にポイポイ
食材もトレイから出すこともなく、手前にポイポイ
お金も入ったそばから、ポイポイ

心あたりがあるなら、そこから改善、行動あるのみです。





明日も笑顔で(*^_^*)
あなたが元気でありますように。
笑顔でありますようにきらきら



先日の生き方美人で、みなさんを迎える花を買いました▼

20220618_111313.JPG

のりcroさんセレクト。
華やかさが光りますきらきら
Posted by 女性自立の会スタッフ at 09:12 | BOOK | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
BOOK「幸せな孤独」 [2022年06月22日(Wed)]
今日見上げた空は▼

20220622_072147.JPG

雨上がりのそら散歩。
重たい雲、そして湿度も感じます。




今日は本の紹介を▼

20220622_131050.JPG

「幸せな孤独」 前野隆司著  株式会社アスコム


相談者の中には「孤独」を恐れている人、孤独は悪いことのように感じている人が目立ちます。
だから、この本を手にしました。

そして、そんなあなたに、是非読んで欲しい一冊になりました。




本の中には「幸せな孤独」を身につけるためのレッスンが記されています。
その中の一つに、日々の暮らしの中に「幸せの青い鳥」を見つける、とあります。

それは、「小さな幸せを喜ぶ」ということ。

例えば今日の私なら、

■ 今日もそらと歩けた。
■ 散歩中に大好きな花、アバカンサスを見た▼

20220620_060322.JPG

■ 好きなメロディーが流れてきた←来生たかおの「Goodbye Day」懐かしい〜〜マイク

■ 偶然、知人に会った。

まだまだあります。
晴れた!!!とか、コーヒーが美味しいとか。

悩みを抱えていたり、不安を抱えていると気づきにくいけれど、そんな日にも、小さな幸せは、日にいくつも訪れているし、すぐ傍にあるのです。




「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」。
フランスの哲学者 アランの言葉です。

さあ、今日も笑いましょう。




明日も笑顔で(*^_^*)
あなたが元気でありますように。
笑顔でありますようにきらきら


Posted by 女性自立の会スタッフ at 17:00 | BOOK | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
BOOK 一人飲みで生きていく [2022年05月23日(Mon)]
今日の空は▼

20220523_060030.JPG

そらと一緒に見上げた空。

早朝はまだ肌寒く、それでも40分もそらと走ったり歩いたりすると、帰宅する頃には少し汗ばみます。



サッとシャワーを浴びて、そらに、心の中で「行ってきます」を言って(お留守番の時はさり気なく出て行くのがいいそうです)乗った電車は、、、「寒い」「寒すぎます」
。どうしてこんなに冷やす必要があるのだろう下矢印2・・・とブツブツ。



平常心を保つために、取り出したのは▼

20220523_121733.JPG

愛用のイヤーポッズ。


そして、先日の読書会で名前があがった稲垣えみ子さんの本▼

20220523_135459.JPG

一人飲みで生きていく 朝日出版社
ズバリ!タイトルに惹かれました。

稲垣さんの本は、何年か前に「寂しい生活」を読んだことがあります。
たしか、スラスラと読みやすく、でも!!私には到底できそうにない生活に挑戦している筆者の生活に驚いた記憶があります。

先週の読書会の折、偶然にもお二人の方が、稲垣さんの本を紹介されました。
「老人とピアノ」と「人生はどこでもドア:リヨンの14日間」

お二人の話を聞くうちに、稲垣さんの本をもう一度読んでみたいと思いました。
そして、その世界観に触れてみたいと思いました。

そこで、まずはどの本から始めましょうか!?

最初に選んだのが↑↑「一人飲みで生きていく」
私らしいでしょわーい(嬉しい顔)

一人飲みデビューに緊張した記憶はないけれど(私の場合、お酒飲みたさと美味しい料理食べたさが勝っていたからだと思います)が、幸せな時間であることは間違いない。


コロナが落ち着いて、そらがもう少し成長したら、またふらりと飲みに出かけたいものです。





明日も笑顔で(*^_^*)。
あなたが元気でありますように。
笑顔でありますようにきらきら


友人からいただいたひまわり▼

20220521_103837.JPG

花が新しい季節を運んでくれました。
Posted by 女性自立の会スタッフ at 17:00 | BOOK | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
BOOK うまいこと老いる生き方 [2022年02月03日(Thu)]
青空に感謝の朝です♪



ゆっくりとコーヒーから▼

DSC_0340.JPG

すっきりと目覚めさせてくれます。





電車の広告で知った一冊▼

DSC_0328.JPG

不安と折り合いをつけて うまいこと老いる生き方 すばる舎
中村恒子/奥田弘美【著】


相談者に読んで欲しいメッセージが溢れていました。


「人は夜になるにつれ、不安になる生き物。
あえて忙しくすることで、頭から追い出せる」。


確かに🙂。
忙しくしていると、悩みから離れることができます。



「一年生になったら、友達100人できるかなって歌わされてきたから、友達が少ないと恥ずかしいというコンプレックスを持っている人は多い」。


これこれ!
相談者の中にも、友達がいないこと、一人で行動することが「恥ずかしい」という人がいます。


実際、100人も友達がいたら大変です。
友達とはいえ、気も使うし、時間も使います。

気が合い、尊敬できて、共に成長できる人が一人いれば財産です。





私が一番惹かれた言葉は!
孤独上手になるのは難しくない。
生活の一つひとつと丁寧に向き合うだけ。




心が軽くなる一冊です。












明日も笑顔でo(*⌒―⌒*)o
あなたが元気でありますように。
笑顔でありますようにきらきら

Posted by 女性自立の会スタッフ at 15:48 | BOOK | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)
BOOK フランスの小さくて温かな暮らし 365日 [2022年02月02日(Wed)]
今日も爽やかな空が広がっています。




フランスの小さくて温かな暮らし 365日▼

DSC_0330.JPG

自由国民社 トリコロル・パリ 荻野雅代/桜井道子著




サクッと読める本はないかと探していた時に出合いました。
海外旅行に出掛けていた頃が、遠い昔のように感じるこの頃。
この本が、異国の風を届けてくれました。

365日分の写真はどれも素敵で、ページを開く度にワクワク、ウキウキしてきます。
その暮らしぶりに触れていると、不思議と心も整っていく気がしました。




何気ない暮らしを楽しむこと。
小さな幸せは身近にあること。

大切なことに気づかせてくれる日々のヒントが満載の一冊ですノート2(開)






明日も笑顔でo(*⌒―⌒*)o
あなたが元気でありますように。
笑顔でありますようにきらきら

Posted by 女性自立の会スタッフ at 17:00 | BOOK | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
BOOK 脳の毒を出す食事 [2022年02月01日(Tue)]
今日、見上げた空は▼

DSC_0334.JPG

田町の空。
今日もまぶしい空に感謝。





私の両親は、祖父母も、晩年は認知症を患っていました。
歳を重ねるごとに私自身も、いつかは認知症になり、息子の名前も顔もわからなくなるのでは…という不安が大きくなっています。



そんな私が手に取った一冊▼

DSC_0329.JPG

「脳の毒を出す食事」ダイヤモンド社 白澤卓二著



添加物や香辛料、白砂糖や塩、バター等の油、美味しく作られた物には、当たり前のように含まれています。
それらが、体に良いものではないとわかっていても、美味しい誘惑には勝てません。
お酒もついつい、適量を超えてしまいます。

そんな軟弱な私の救世主!?
毒だし効果のある食べ物を使った献立もたくさん紹介されています。



ふと、
これって、ダイエットにオススメの食材と重なるところがいっぱい。
あと、高血圧や糖尿病の予防にも。


幸い、いつの頃からか、料理はシンプルに、自然の甘さを楽しめるようにもなっていました。


体は食べた物で作られる。
健康であれば、人生はまだまだ楽しめる。

私の「食」の知識に間違いはないか、確認しながら読み進めました。





明日も笑顔でo(*⌒―⌒*)o
あなたが元気でありますように。
笑顔でありますようにきらきら



Posted by 女性自立の会スタッフ at 17:00 | BOOK | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

女性自立の会さんの画像
https://blog.canpan.info/joseijiritu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/joseijiritu/index2_0.xml