CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人女性自立の会−あした笑顔になあれ

嬉しかったこと 楽しかったこと 感じたこと 美味しかったこと 小さな幸せから大きな幸せまで、日々の想いを綴っています。

ホームページ変更のお知らせ http://joseijiritu.life.coocan.jp/


<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
女性自立の会スタッフ
冷静な行動を (04/06) メリーポヒンズ
冷静な行動を (04/06) 女性自立の会スタッフ
庭仕事で心を整える日曜日 (04/05)
庭仕事で心を整える日曜日 (04/05) のりC ro
会報誌bW0発送しました! (04/04) 坂道
会報誌bW0発送しました! (04/03) のりCro
会報誌bW0発送しました! (04/02) 女性自立の会
会報誌bW0発送しました! (04/02) 女性自立の会スタッフ
会報誌bW0発送しました! (04/02) メリーポヒンズ
会報誌bW0発送しました! (04/02)
最新トラックバック
わたしたちの物語(寄り道) [2012年11月25日(Sun)]
ありです。

連休最終日、皆さんはいかがお過ごしですか?


風邪を引いたことで、予定が大きく変わってしまい、ばたばたの毎日を送っておりますが、もうすっかり元気です。

仕事に追われ、「わたしの物語」もなかなか前に進みませんもうやだ〜(悲しい顔)


 3日の「断れないあなたのための・・・ワークショップ」の後の、「のらランチ」の時、純さんがみんなに、純さんと私の出逢いを話しました。
 一瞬にしてタイムスリップ。そこから更に過去へ過去へと戻っていきました。

 私が家を飛び出し、羽田空港に着いて、これからのことを考えながら佇んでいると、私の横には、芸能人のIさんがいて、内心、「付き人にさせてもらえないかしら・・・な〜んて思いがよぎった」という話に、純さんが「え〜その話始めて聞いた〜〜あせあせ(飛び散る汗)」と一言。

 10年付き合っていても、「初めての話」があるって、新鮮。
 やっぱり「わたしたちの物語」を書いていこう!と思った矢先の風邪でしたモバQ


 ということで、ぼちぼち書いていきます。


 本日のブログです。


☆ 有田宏美のあした笑顔になあれ(*^_^*)v


☆ 美歌のブログ〜言の葉綴り〜


☆ すずめの涙 おいしいもの語り


それでは、皆さん充実した一日をお過ごし下さいね手(チョキ)



Posted by 女性自立の会スタッフ at 11:58 | わたしたちの物語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第一幕 わたしの物語 「幼少時代〜夢の実現に向けて」 [2012年11月08日(Thu)]
 ありです。

 昨日のブログに書きましたが、今更・・・とは思いますが、これから少しずつ、私のこと、そして「自立の会」設立の経緯を書いていきたいと思います。
 と言っても、昨日書きます!と宣言してからも、「こんなのみんな読みたいかなぁ・・・」という後ろ向きな気持ちと、折角思い立ったのだから、16年間「自立の会」を続けた私のこと、その思いを書こう(私は相談者の過去を聞いて知っていても、当たり前ですが、相談者の方は私の過去を知らない人が殆どです)。これから相談しようと思っている人にも、私と会の経緯を知るページとして見ていただくことができる(安心に繋がると嬉しい)という前向きな気持ちの中で、揺れていました。

 そこで、この「わたしたちの物語」はプライベートなことも多く含まれますので、興味の無い方はスルーして、下にリンクしてあるブログに進んでくださいませわーい(嬉しい顔)

 
 
 

 
 
ー始まりー
 私は、田舎町で働き者の母と厳格な父、兄2人と弟(私とは双子です)の4人兄弟の中で育ちました。
 家族仲は決して良いとは言えませんでした。兄弟仲も悪かったですし、幼い頃から家族の愛情も感じることができず、私はずっと孤独を感じていました。

 
 大きな家に、いつも私一人。
「ただいま〜と言っても誰もいない」 
 小学生の頃、いつもそう言って、家に帰っていました。

 そんな私にも、将来の「夢」ができました。
「大人になったら、保母さんになりたい、そして、子供たちと沢山遊んであげたい」


 でも父は、「そんな資格を取っても意味がない」と一言で片付けて、その夢を許してはくれませんでした。
 そこで、働きながら保育士の国家試験を受けて、合格したと信じて(この時はまだ、合格通知はもらっていませんでしたモバQが、大胆にも受かっていると信じて)職業安定所に行くと、
 職業安定所の人:「この辺には、保育士の求人はあまりでませんよ」(やっぱり・・・)
 私:「どこに行けばありますか?」
 職業安定所の人:「東京とか神奈川とかならあるんじゃないかなぁ」
 
 両親と暮らすことに息苦しさを感じていた私は、誰にも告げず、家を出ました。
 東京に向かう空の上で初めて、「大変なことをしてしまった・・・飛行機」と思いましたが、もう家に帰ろうとは思いませんでした。

 こうして私は、東京で暮らすようになりました。27年前のことです。
 あの頃はまだ、不安より希望の方が大きかったように思います。
 若さですわーい(嬉しい顔)。(続)




本日のブログです。

☆ 有田宏美のあした笑顔になあれ(*^_^*)v


☆ 美歌のブログ〜言の葉綴り〜


☆ すずめの涙 おいしいもの語り


それでは、皆さん、今日も元気に参りましょう手(チョキ)





 
Posted by 女性自立の会スタッフ at 10:43 | わたしたちの物語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
わたしたちの物語 [2012年11月07日(Wed)]
ありです。
爽やかですね〜。お元気ですかるんるん

昨日、友人と話していた時のこと。
「相談に来る人にとって、カウンセラーってどんな人なのかわからないと不安だよね」
「でも、こんなバックグラウンドがある人、こんな人生を歩いてきた人だわかれば、安心かも」
という言葉を頂きました。

なるほど晴れ
それも、「安心して相談できる場所作り」の1つかも。


ということで、「わたしたちの物語」(←10周年記念の冊子のタイトル)というカテゴリーを加えて、自立の会設立までの歩みも含めて、少しずつ、少しずつ、時々、書ける範囲であせあせ(飛び散る汗)書いていこうと思います。
まずは、「わたしの物語」あたりから。


◆本日のブログです◆

☆ 有田宏美のあした笑顔になあれ(*^_^*)v


☆ 美歌のブログ〜言の葉綴り〜


☆ すずめの涙 おいしいもの語り


それでは今日も、いいことありますように揺れるハート

Posted by 女性自立の会スタッフ at 11:24 | わたしたちの物語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
プロフィール

女性自立の会さんの画像
https://blog.canpan.info/joseijiritu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/joseijiritu/index2_0.xml