• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
〜センスオブワンダーツアー&えほん昼会〜「ルピナス満開の新庄村へ行こう!」 @ 第2回自然と触れあう 大人の遠足 [2024年04月10日(Wed)]
5月22日(水)、第2回自然と触れあう 大人の遠足「〜センスオブワンダーツアー&えほん昼会〜「ルピナス満開の新庄村へ行こう!」」が開催されますぴかぴか(新しい)

D46DA558-EBE0-402F-B5B3-1C2C3F18BCB3.jpeg

ルピナスが咲く、岡山県新庄村へ行ってあなたのセンス・オブ・ワンダーを取り戻しませんか?
つづきの絵本屋の「えほん昼会」とのコラボ企画。大人の遠足としてバスの日帰りツアーを行います。

レイチェル・カーソンの著書『センス・オブ・ワンダー』の写真を撮られた写真家 森本二太郎さんが住まれている新庄村へ足を運び、楽しい一日を過ごす…大人の遠足。
倉敷駅から貸し切りバスで,往復します。


るんるん日 時るんるん 2023年5月22日(水)9:00〜17:00(雨天決行)
るんるん集 合るんるん 倉敷駅北口周辺 バス乗り場
るんるん行き先るんるん 新庄村 
    写真家 森本二太郎さんのログハウス
るんるん内 容るんるん ログハウス見学・ネイチャーゲーム
    写真撮影会・えほん昼会
るんるん定 員るんるん 23名(最少催行17名)
るんるん持ち物るんるん お気に入りの絵本・お弁当・水筒
    カメラ(携帯でも可)
るんるん服 装るんるん 足元のしっかりした靴で…
るんるん参加費るんるん 9,900円(バス往復代、諸経費込)
    ※当日集金
るんるん申 込るんるん 以下のYMCAのフォームにて申込
  https://forms.gle/PkViW9nEpe6Fk2Qv8
るんるん共 催るんるん YMCAせとうち、つづきの絵本屋
    由加の森シェアリングネイチャーの会



かわいい森本 二太郎かわいい
1941年生まれ。国際キリスト教大学(ICU)卒。高校教諭を経て、フリーの写真家になる。(社)日本写真家協会会員。著書に「エデンの森かげ」など。


『センス・オブ・ワンダー』
(レイチェル・カーソン/著 上遠恵子/訳 森本二太郎/写真 新潮社 1996.7)
CF3FB604-169A-4FA5-8525-0462817972C5.jpeg
つづきの絵本屋さんでのあおきひろえさんトークイベントに参加しました(7) [2024年04月09日(Tue)]
前回の続き

最後に紹介されたのは、長谷川義史さんとの初めての夫婦絵本『シバ犬のチャイ』(あおきひろえ/文 長谷川義史/絵 BL出版 2013.4)です。

『シバ犬のチャイ』
(あおきひろえ/文 長谷川義史/絵 BL出版 2013.4)
シバ犬のチャイ.jpg

なんと、あおきさんのウクレレの弾き語りで・・・♪

3B5D7FBE-5778-41E8-9813-25F8D8ECFEB7.jpeg 

いつもは長谷川さんのウクレレの弾き語りで聴いているので、とっても新鮮でした。

EB5EA658-40E9-4B47-BE50-7B23BDD4DBE6.jpeg

長谷川家で飼っていたシバ犬が主人公です。
2019年の「長谷川家のカレンダー」では表紙を飾っています。

919AE4C2-5C9E-447F-B94D-34D1ADA67BA1.jpeg

今ツギハギ荘としてレンタルスペースとなっているもと長谷川さんご一家が暮らされていた家などそのまま出てきます。

375E1BC9-1244-4C43-A30D-2B08400205DA.jpeg


制作中の絵本について意見交換することはほとんどないんだそうです。
夫婦絵本を作るときも、必ず編集者を通し、直接、話をしないんだそうです。


最後はあおきさんの伴奏で、「なんとなく」を会場にいるみんなで大合唱♫

C470A5BC-2385-4C89-9CA1-32588CC52630.jpeg 
B46CDE7D-60ED-47F6-AF42-198004F89853.jpeg


以上で、あおきひろえさんによる『はるなつあきふゆ おいしいおてつだい』『ここにいる』『あおびょうたん』『ききみみトーマス』の読み聞かせ、『シバ犬のチャイ』の弾き語り、およびそれぞれの絵本の制作秘話は終わりました。

36D1B501-7602-48EA-8E40-E773E4977FD6.jpeg

文章では伝わりにくいニュアンスや、ここに書ききれていないエピソードもたくさん話されていますので、機会があれば、ぜひあおきさんのトークイベントをお聴きください。

ジョイネットでも、あおきさんのワークショップ2回、夫婦絵本ライブ1回したことがありますが、

ワークショップ de クリスマス「あおきひろえ「変身“マント or エプロン”作り」」
2017年12月3日(日) パルトピアやまぐち

あおきひろえワークショップ.jpg

ワークショップ親子で絵本とあ・そ・ぼ!「絵本作家あおきひろえさんとみのむしくんをつくろう」
2018年12月15日(土)  長門市立図書館

あおきひろえワークショップ2018.png

やまぐち物語・絵本ライブ「長谷川義史 with あおきひろえ クリスマス絵本ライブ」
2017年12月2日(土) 山口県教育会館ホール

長谷川義史withあおきひろえ2017表.jpg長谷川義史withあおきひろえ2017裏.jpg

あおきさん単独のトークイベントはしたことがなかったので、思い切って来てよかったです光るハート
愛媛・兵庫・広島から来られた方もいらっしゃったようですが、やっぱり山口からの私が一番遠いようでした。
 
1時間半があっという間で、とても素敵なイベントでした。
霜鳥さんのお話も絶妙で、あおきさんのお人柄をうまく引き出していましたexclamation×2

イベント終了後のサイン会では、何冊も買われた方も多く長蛇の列でしたが、その一冊一冊に丁寧なサインを描いてくださいました。
いつもはそれを捌く立場ですが、並んだ方との会話を楽しみ、待つのもちっとも苦になりませんでした。
絵本のイベントに一緒に行きませんか、って誘っていただいたりしたんですよわーい(嬉しい顔)

ゲットしたあおきさんのサイン。

BF2DF727-B6B3-4F06-BED9-7DA331212F9D.jpeg

あおきさんとのツーショットカメラ

F7FF3C5F-DE36-4C35-B74D-EB2C40FA9B89.jpeg

ちゃっかり霜鳥さんにもサインをしていただきました!

8FAC2284-3BAE-47AB-8522-81ADB42FFA6D.jpeg

おおきさん、霜鳥さん、都築さん、会場でご一緒させていただいた皆様、本当にありがとうございました。最高に楽しかったです揺れるハート

『はるなつあきふゆ おいしいおてつだい』原画展は今日4月9日(火)までつづきの絵本屋さんで開催されています。お見逃しなく。
つづきの絵本屋さんでのあおきひろえさんトークイベントに参加しました(6) [2024年04月08日(Mon)]
前回の続き

以上3作は、あおきさんの自伝的な絵本ですが、『ききみみトーマス』 (桂雀喜/原作 あおきひろえ/文・絵 あかね書房 2023.5) は、落語家 桂雀喜さんの新作落語「聞き耳トーマス」を原作に、あおきさんの絵と文章で描き下ろした絵童話です。

『ききみみトーマス』
(桂雀喜/原作 あおきひろえ/文・絵 あかね書房 2023.5)
6079F4CD-6AF0-4C8A-AE03-1E046365FF61.jpeg

CE0F2F13-81E8-4410-9159-692EC9D59020.jpeg 
9A159AD9-5D3E-4E32-B076-C852C43D2165.jpeg

実は、昨年の5月13日(土)に空色画房での原画展に行った折に、雀喜師匠にもお会いしています。
でも、原画を鑑賞し、コーヒーを飲みケーキを食べ、ゆったりとお話して時間を過ごしたので、雀喜師匠の落語も、あおきさんの読み聞かせも聞いていません。今日がお初です!

E63EEF57-B639-4C04-99B2-13335BF6532A.jpeg 
5CA02294-45A4-4A9B-A37E-3798F306FF66.jpeg 
5BBE9B63-BBA6-4EE9-861C-78D738083C5A.jpeg

もちろん本を持っているので、内容は知っていましたが、あおきさんの語り口、最高でしたexclamation
さすがに、上方落語協会が主催する繁昌亭の『落語家入門講座』に通い、かの桂文枝(当時は、三枝)師匠に「大川亭ひろ絵」という高座名をいただいただけあって、うまいexclamation×2
こういう本は、自分で黙読するのもいいけど、人に読んでもらうのが一番ですね。
でも、途中で終わったので、『つづき』が読みたい!・・・帰ってからもう一度、読んでみましょう。

雀喜師匠の落語をぜひ聴いてね、とあおきさん。


次回に続く
つづきの絵本屋さんでのあおきひろえさんトークイベントに参加しました(5) [2024年04月07日(Sun)]
前回の続き

あだ名をめぐる話を描いたのが『あおびょうたん』(あおきひろえ/作 理論社 2020.9)です。

『あおびょうたん』
(あおきひろえ/作 理論社 2020.9)
あおびょうたん.jpg

背もスラッと高く、才能があると信じて自分から長谷川さんに結婚を迫り、結婚した長谷川さんに絵一本で生きていくためにはこのまま会社勤めをしていてはダメだと、「会社、やめなさい」と言ったという、霜鳥さん流に言えば、「男前」なあおきさんですが、子どもの時は引っ込み思案のおとなしい子で、あだ名が「あおびょうたん」だとは驚きです。

絵本編集者 松田素子さんの『おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん』制作秘話は鉄板ネタなので、素子さんの講演会を聴いた方はみんな「あおきさんが、あおびょうたんexclamation&question なんでやねんexclamation」と突っこみたくなる思います。

ここでもおとうさん、いい仕事していますわーい(嬉しい顔)
主人公の「わたし」は、クラスの男子に「あおびょうたん」とあだ名をつけられ、「父」にその意味を聞くと、弱虫のことだと言いい、

92B3385F-E312-4618-AA19-5DF0B2DD0264.jpeg

そこで、「父」は、自転車と縄跳びの猛特訓をします。
あおきさんはこの絵の通り、痩せて小さくて、運動が苦手でだったそうです。でも、

52725C4C-E5A9-4981-BFE6-B0BA4C7D0ACF.jpeg

「わたし」は絵が得意で、運動会の看板の絵をクラスの中心となって描き、あだ名で呼ばれるのを自然に受け止めるようになり、転校生とも仲よくなります。

714BB44D-EC86-4EC1-AEAE-0EDF82663758.jpeg

そして、あおきさんが「人生を楽しく送る方法」を伝授くださいました。
*コンプレックスを克服する。ものごとは捉え方次第。前向きに捉える。
*得意なことを見つける。
*たったひとりのいい友達を!

力をもらった参加者一同・・・。
深い絵本なのです。


次回に続く
つづきの絵本屋さんでのあおきひろえさんトークイベントに参加しました(4) [2024年04月06日(Sat)]
前回の続き

『ここにいる』
(あおきひろえ/作 廣済堂あかつき 2020.7)
ここにいる.jpg

日曜は畑仕事に精を出す、働き者のおとうさん。

24DAB90C-08E1-4E0A-BF22-CC790BC2CE7D.jpeg

お父さんとの思い出を綴った絵本です。
ひざにのせて、万年筆で絵を描いて見せてくれたこと、絵描きになりたいと言ったら、次の日クレヨンを買ってきてくれたこと、画塾の帰りが遅くなったときのこと、18で家を出たときのこと、結婚を告げたときのこと・・・今ここにあおきさんが絵本作家としてこうしているのは、おとうさんがいたからなんだ、って分かります。

サンダル履きの長谷川義史さんに注目!いつもオシャレな長谷川さんですが、そんなこともあったのかな、と笑ってしまいます。結婚式のシーンにしようかとも思ったそうですが、余りにベタなのでやめたそうです。

私的には、叱られて隠れている画面が好きです。

8D7D58D3-2E47-4665-BC0E-DAB281287F9F.jpeg

2019年の『長谷川家のカレンダー』にも同じ絵が使われていて、おとうさんを信じている気持ちがすごくよく分かるから。

C4080388-E26B-4644-A344-8BD3CA12B775.jpeg


おじいちゃんになって、やがて入院したおとうさんに、病室でお話を読んであげたときの喜び。
実際に読んだ本は、安房直子さんの『きつねの窓』 (あおきひろえ/絵 宮川健郎/編 岩崎書店 2016.3.10)なんだそうです。

『きつねの窓』
(はじめてよむ日本の名作絵どうわ4)
(安房直子/作 あおきひろえ/絵 宮川健郎/編 岩崎書店 2016.3.10)
3EA7BFEF-7511-4412-810F-3A827A0B80D7.jpeg

最期の時は庭の花が一斉に咲き、人生をまっとうに生きたおとうさんを「おめでとう」の言葉で祝福する・・・感動しました。
霜鳥さんも、実際に、ピンポイントギャラリーの「『夫婦展、ぼぼぼぼん』長谷川義史+あおきひろえ」(2018年8月27日(月)〜9月8日(土))で展示されていたあおきさんの「たびだち」という絵を見たこと、そして絵の素晴らしさを語られていました。

そして、自分のところ(おむすび舎)の出版物でもないのに、2度も『ここにいる』原画展を開催されたそうです。


次回に続く
つづきの絵本屋さんでのあおきひろえさんトークイベントに参加しました(3) [2024年04月05日(Fri)]
前回の続き

霜鳥さんはどの展覧会でつくしのお寿司を作っている絵を観たかは言われませんでしたが、「12人の絵本作家が描くおうえんカレンダー2024」原画展だと思うのです。(ピンポイントギャラリーでは開かれてないなので、違うようです。)

「12人の絵本作家が描くおうえんカレンダー2024」
F80B78B2-E85C-47C6-8CF4-2AA17118460B.jpeg


ツクシのはかまを取ると手がアクで真っ黒になるのを、経験のない霜鳥さんは知らないんだそうです。

A8E4C1EF-347A-47DB-B43F-F1CE119E4618.jpeg

ここの女の子が卵を割るシーンに注目! 
春夏秋冬1年を過ぎたラストは・・・。ちゃんと成長が描かれています︎

C8FA6122-5EFB-4D77-A7FC-4974733C703B.jpeg

あおきさんのご出身の愛知県の方では、お月見団子はまんまるではなく、平たく丸めてその真ん中をへこませる「へそだんご」。そのくぼませたところにあんこやタレを付けて食べるそうです。

1ADDB1E8-C452-4410-BC5F-318BD026D053.jpeg

四季折々の食材、行事、そして「おいしいおてつだい」、あおきさん自身の幼い頃の体験が織り込まれています。
季節のメニューのレシピも付いています。
また、ご近所との交流もきちんと描いてあります。

裏表紙では、父さんが甘栗の皮を剥いてくれます。

B8746832-B65C-4A7D-901B-B0A9311B7D07.jpeg

そして、お父さんを描いた絵本『ここにいる』(あおきひろえ/作 廣済堂あかつき 2020.7)に通じます。


次回に続く
つづきの絵本屋さんでのあおきひろえさんトークイベントに参加しました(2) [2024年04月04日(Thu)]
前回の続き

聞き手はおむすび舎霜鳥英梨さん!

食育指導士でもある霜鳥さんのおむすび舎は、新潟県燕市にあるひとり出版社で、『食』をテーマにした絵本の出版

『ごはんのにおい』
(中川ひろたか/文 岡本よしろう/絵 おむすび舎 2017.9)
ごはんのにおい.jpg

『やさいだいすきだワニ』
(タンム・ニュウ/作・絵 中川ひろたか/訳 おむすび舎 2020.7.20)
45557D4D-0B0E-4B83-8495-B20663E53A20.jpeg

『おにぎり おにぎり』
(長野ヒデ子/作 おむすび舎 2022.5)
799BB69F-F833-4AD7-BBED-1CF2F681B883.jpeg

や、子どもと大人に向けた食育講演を開催されています。

あおきさんの『はるなつあきふゆ おいしいおてつだい』は、おむすび舎の刊行第6号です。

『はるなつあきふゆ おいしいおてつだい』
(あおきひろえ/作 おむすび舎 2024.3)
1B103449-C073-47AD-AA09-5D1B00E56443.jpeg

あおきさんの『ここにいる』(あおきひろえ/作 廣済堂あかつき 2020.7)の大ファンの霜鳥さんが、ピンポイントギャラリーであった展覧会で、表紙に採用されたつくしのちらし寿司を作るところを描いたこの絵を見て、どうしてもこれで絵本を作りたい、と思い、編集者の人と二人であおきさんに直談判に行ったそう・・・。
そして、なんと、発行される前からこの原画展の日程が決まっていたとのことで、今までとは、全く違う絵本の作り方で、あおきさんも大変だったようです。
でも、霜鳥さん、あおきさん、都築さんなどたくさんの方のご尽力で、今日こうして、原画展を見て、お話が聞ける訳です。なんて素敵なんでしょう・・・会場の参加者の想いは皆同じです。

ADF32DB4-D7B3-4D0B-96A8-7C93394743E9.jpeg


次回に続く
つづきの絵本屋さんでのあおきひろえさんトークイベントに参加しました(1) [2024年04月03日(Wed)]
3月31日、倉敷のつづきの絵本屋さんで開催された新刊絵本『はるなつあきふゆ おいしいおてつだい』(おむすび舎)発行記念「絵本作家 あおきひろえさんトークイベント」に参加しましたぴかぴか(新しい)

33D5631F-D1E8-4B07-8B55-62FB71711D95.jpeg

つづきの絵本屋さんは倉敷駅北側の住宅街の一角にある絵本屋さんです。

0B667C62-1E23-463C-93F0-6CCAD0C0D245.jpeg

迷いに迷ったので、行ったことのない方のために行き方を記します。

倉敷駅北口⇨アリオ倉敷⇨三井アウトレットパーク倉敷⇨北エントランスから出て左(西)に進む【または、西エントランスから出て右(北)へ進む】⇨さんぱつやとりごえ⇨北向かいの細い筋を入って行く

57C06D5E-BF0D-4BEF-9A5F-37AF56169CED.jpeg

この建物が見えたらそれが「つづきの絵本屋」。

152E592B-9806-4465-9A04-5BF05926A1F8.jpeg

図書館で長年司書を務めてきて、絵本専門士、JPIC読書アドバイザーでもある都築照代さんが、2016年4月にオープンした絵本と紅茶専門店です。絵本を、なるべく表紙が見えるような形で紹介するのにこだわっていらっしゃいます。

89930D67-A151-4B4B-8F74-24736712297B.jpeg

イベントの受付を済ませて、まず、『はるなつあきふゆ おいしいおてつだい』原画展を鑑賞。

入って左側の一角に原画が並べられていました。狭いスペースだけど、きちんとギャラリーが別空間として造られているのに驚きました。

F1C5B584-50EC-4FBE-AF7A-6B9744687232.jpeg 

やっぱり原画はいいですねおやゆびサイン

本屋スペースの真中に置かれたテーブルを片付けて、椅子を並べて、トークイベントの会場ができ上がりました。
たくさんの本に囲まれたトークイベント、なんて素敵なんでしょう。

始まる前に、1番前に座った男の子が「なんでやねん」シリーズの3冊を大切そうに抱えているのを見て、あおきさんが「読もうか」と声をかけられました。初めは、お母さんに押されるように不安気に絵本を手渡した男の子ですが、3冊めは、自分からあおきさんに絵本を差し出していました!ということで、『うみで なんでやねん』『おふろで なんでやねん』『ゆうえんで なんでやねん』を読んでくださるという、早く行った者だけの特典プレイベントもありました揺れるハート
その子は、3冊読んでもらって満足したのでしょう、なんとまあ、おじいちゃんと帰って行きましたわーい(嬉しい顔)

「なんでやねん」と突っ込みたくなりました(笑)


▼『おふろで なんでやねん』
(鈴木翼/文 あおきひろえ/絵 世界文化社 2017.7)
CFBEA4FA-0F03-4A0E-BABA-296C86CF4ECE.jpeg

▼『ゆうえんちで なんでやねん』
(鈴木翼/文 あおきひろえ/絵 世界文化社 2018.3)
7E0CBCB3-E828-4114-9691-B6A7D4F719F3.jpeg

▼ 『うみで なんでやねん』
(鈴木翼/文 あおきひろえ/絵 世界文化社 2022.6)
48467221-FF5A-41F4-8333-65E9EA8FA14A.jpeg


次回に続く
「柳井市ゆかりの児童文学作家 いぬいとみこ生誕100年記念イベント」に参加しました [2024年04月02日(Tue)]
2月24日(土)、アクティブやないで開催された「柳井市ゆかりの児童文学作家 いぬいとみこ生誕100年記念イベント」に参加しましたぴかぴか(新しい)

0FCFE470-B96F-47BF-A9E4-944F50B6429A.jpeg D8E75AFA-D286-482A-BD80-D33D2C6E7927.jpeg

講演が始まる前に、会場のアクティブやないの近くにあるといういぬいとみこ文学碑に行ってみました。
碑は柳井市文化福祉会館から道路を隔てた公園に建っていました。

IMG_0394.JPG 
IMG_0409.JPG

小さい碑は、

IMG_0398.JPG 

柳井戦時保育園
ほまれ園跡地
柳井高等女学校付設
昭和19年2月〜21年3月1日建立


IMG_E0403.JPG

光の消えた日
いぬいとみこ 作
長 新太   画
2001年3月19日建立



大きい碑は、

IMG_0395.JPG IMG_E0397.JPG

  戦時保育園 ほまれ園といぬいとみこ
 私たちは児童文学者として柳井に縁の深いいぬいとみこ先生の業績を記念して、1996年に市立柳井図書館に、いぬいとみこ記念文庫を設置し。このたび柳井戦時保育園 ほまれ園の記念碑をこの地に建立いたしました。
 いぬい先生は昭和19年から22年(1947)まで柳井町の天神区と山根区で、ご両親と住まわれ、ほまれ園に新米の保母さんとして勤務。食糧の乏しいなか、原爆のせん光と遥か遠くの爆音に出遭いながら、出征中の父を持つ幼い子供たちの面倒を見てこられたのです。
その時の体験を、短篇「川とノリオ」、「いさましいありのボンズ」、戦時小説「光の消えた日」の作品にされ、「川とノリオ」は小中学校の教科書に載り、先生の平和への願いが書かれています。
 「光の消えた日」には戦時下の柳井の静かな息づかいや園児たちの無邪気な行動、そして主人公の保母・今泉朋子の日常生活、クリスチャンとしての信仰体験、京都での青春時代が描かれています。
 青年期を過ごした平和な町柳井は、いぬい先生の心のふる里であるかあらこそ、柳井の地名や人物名を親しみと愛を込めて使っておられます。
 光台寺のわんわん門、土手のキリスト教会、谷林博図書館長、森重笑子柳女学徒動員生、檜垣慶典柳中の学徒動員生、山中君子保育園実習生、松宮園長、伊坂教頭、それに多くの園児たちです。
 代表作「ながいながいペンギンの話」毎日出版文化賞、「木かげの家の小人たち」、「北極のムーシカ・ミーシカ」どちらもアンデルセン賞国内賞、他にも多くの受賞あり。東京都出身、大正13年3月13日生まれ。
 2001.3.19  発起人代表 堀江 晋  副代表 谷林チサト


IMG_E0404.JPG 6FA3C9B7-21D8-43A5-8AA1-9C41A0F44E0A.jpeg

発起人会   檜垣慶典   園児  
堀江 晋   梅本節治   岡部昌平
谷林チサト  矢倉茂生   玉井 豊
小林茂美   片山 淳   植松禎子
河内山美喜代 舛本美雄   田中桂子
福本幸夫   山中達郎   斉藤紀美子
中村正樹   野村 仁   赤堀孝子
藤麻 功   田島喜代子  陶山良恵
坪野 功   明本孝文   木村暉子
森重笑子   杉原勝人   上村民子
河野新一
三浦精子
町田佳江
柳井工業化学(株)



『光の消えた日』には石碑にある「園児」が以下の名前で出てきます。

岡部昌平  ⇨ 岡辺昌平
玉井 豊  ⇨ ユタカ
植松禎子  ⇨ サダコ
斉藤紀美子 ⇨ キミコ
上村民子  ⇨ タミコ


2383916D-1CB5-4F56-A349-0BF9367A28AF.jpeg 7C35986F-7C85-4080-BF1B-4B0EF34B7240.jpeg

ー せんせい、おはよう!
と、まだ名前もおぼえていない男の子が二人、肩からぶらさげた防空カバンをゆすりながら、朋子のよこをはしりぬけていった。
 もう、保育園はすぐのところだ。
ー おはよう!
と男の子たちにうしろから声をかけて、朋子は「ふつうの娘」から、保育園の「今泉先生」に早変わりした。
  「光の消えた日」の第二節より



柳井市文化福祉会館と柳井市体育館の間に、「山口県立柳井高等女学校跡」の石碑がが建っています。ただ今は、柳井市体育館が 現在立替中のため傍に近づくことができませんでした・・・。

IMG_0411.JPG


いぬいはまさにこの地で保母として働いていたのです。
そして、碑の中にある何人かは実名で小説に登場します。小説の中に全ての人の名前が刻まれているわけではないのが残念な気がしますが、建立当時、連絡のつかなかった方も多かったのでしょう。

そんな中で、「いぬいとみこ生誕100年記念イベント」の来賓の中に森重笑子さん、岡部昌平さんがいらっしゃって感激しましたexclamation×2

森重さんからは、ひがしやの「翁あめ」をいただきました。
ありがとうございました。

FCDC6A00-4B16-4C99-A19E-73A72BE95167.jpeg

いぬいの開いていたムーシカ文庫の卒業生の小松原宏子(児童文学作家、翻訳家、家庭文庫「ロールパン文庫」主宰)さんも駆けつけていらっしゃいました。

会場のアクティブやないの辺りは、『光の消えた日』の中で朋子と園児が菜の花を摘んでいた場所だと紹介がありました。

「いぬいとみこについての紹介」の映像もステキにまとめられていて楽しめました揺れるハート

村中李衣さんの講演「未来に託すものがたり〜いぬいとみこさんからのことづて〜」では、日本女子大学大学院で安藤美紀夫に師事し児童文学を学んだ李衣さんと、日本女子大学校国文学部で1年間余り学んだいぬいとの浅からぬ縁のお話もたくさんしてくださいました。
いぬいとみこ『光の消えた日』文学碑 & いぬい文学の小道(2) @ 柳井市  [2024年04月01日(Mon)]
前回の続き

いぬいが勤務した柳井幼稚園ほまれ園跡、柳美幼稚園跡にはいぬいとみこ『光の消えた日』文学碑が建っていますぴかぴか(新しい)

それをつなぐ道は、いぬい文学の小道と呼ばれていますぴかぴか(新しい)


1柳井幼稚園
碑は光台寺(柳井幼稚園)入口付近に建っています。
碑には長新太の描く光台寺の山門の絵と次の一節が刻まれています。

左側の松林の上に、そりのついた瓦屋根のやぐらをのせた、白いしっくい塗りの山門が見えた。小さいながら古風なつくりの山門は、あたりからくっきりと切りたって見える。光台寺の古風なこの山門を見ると、朋子は・・・

ところで、柳井幼稚園は2024年3月31日に閉園するそうですもうやだ〜(悲しい顔)

IMG_E0364.JPG IMG_E0372.JPG IMG_E0365.JPG IMG_0371.JPG F6619BE8-0B5C-4913-956C-EF91ECE21744.jpeg EA881E90-6F31-4935-AC94-F7A6F6C92A6B.jpeg IMG_E0366.JPG 0367BA88-6843-49AD-A6C2-6EB9119E4AAC.jpeg光台寺楼門 IMG_E0369.JPG柳井幼稚園 



2柳井高等女学校付設の戦時保育園「ほまれ園
柳井高等女学校は、現在の柳井市文化福祉会館から柳井市体育館(バタフライアリーナ)、アクティブやないおよびその駐車場辺りにありました。
碑は現在の柳井市文化福祉会館の向かいの公園に建っています。
碑には長新太の描くキョウチクトウの絵と次の一節が刻まれています。

戦時保育園は、父親が戦争に駆り出された子どもを預かる保育園です。

だがほまれ保育園のおさない夾竹桃は、葉ざくらになった西洋桜のサクランボの木のとなりに少女のようにはにかんで立っている。このわかわかしい花をつけた木を見ていると、朋子の目に・・・

IMG_0401.JPG IMG_0400.JPG IMG_0402.JPG 
7FE255A8-BDE7-404C-8E38-799F8F8BC9A4.jpeg



3日本キリスト教団柳井教会付属の柳美幼稚園
日本キリスト教団柳井教会と柳美幼稚園は、山根の柳井簡易裁判所の北隣、山根9-1に移転しましたが、当時は土手にありました。老舗和菓子ひがしやや姫田川に面した普慶寺の近くです。
現在、跡地は市営柳井まちなか駐車場になっています。
      柳井市姫田14-38
碑は市営柳井まちなか駐車場の北隣の消防機庫の前に建っています。

IMG_E0417.JPG IMG_E0360.JPG IMG_E0359.JPG IMG_E0357.JPG IMG_E0358.JPG IMG_E0355.JPG IMG_E0415.JPG

 空襲警報に中断されずに礼拝は終わりに近づいた。」
  ちちみこみたまの おおみかみに
  ときわにかきわに みさかえあれ
 頌詠の最後のアアメンの合唱を ゆるやかにオルガンの音がつつみこむ。
 その音がやむと木藤牧師の両手が高くあがり、祝禱の声が、礼拝の終わりを告げるだろう。
 聖壇の下の信者たちの席では、モンペをつけた婦人たちも、ゲートルをつけた年配の「長老」たちも、慣わしのとおり両手を組み、目をとじた顔をひくく垂れて、老牧師の結びのことばを待っている。
 いく人かの若い娘たちにまじって、今泉朋子も目をつぶり・・・