• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
大西暢夫 × 山福朱実トーク「優れた道具は自然のものから 2023冬」 @ 一生もんshop緑々 [2022年12月31日(Sat)]
2023年1月21日(土)、一生もんshop緑々(あおあお)で、大西暢夫(写真家、映画監督、作家)さんと山福朱実(版画家、絵本作家)さんのトーク「優れた道具は自然のものから 2023冬」が開催されますぴかぴか(新しい)

96413830-01C5-432F-8623-DFE883A8853E.jpeg

このたび急遽決定した新春イベントのご案内です!
2021秋に続く、第2弾❣️
大西暢夫(写真家、映画監督、作家)さんと山福朱実(版画家、絵本作家)さんのトークあります
和蝋燭、藍染、養蚕、墨、砥石など…かつて暮らしに欠かせなかった道具の数々はどのように生まれ、使われてきたのか。
自然に寄り添い、手間ひま、時間をかけて生み出す職人たちの知恵や工夫、それぞれが循環し合い支えあっている現場の今とこれから…
大西さんが、訪ね歩き取材を重ねる手仕事の現場での最新の様子を写真と共にお話ししていただきます。
今こそ大切なことが満載なおふたりのトーク、お見逃しなく〜
ご予約お待ちしています!


るんるん日時るんるん 2023年1月21日(土)18:30〜(18:15開場)
るんるん場所るんるん 一生もんshop緑々
  〒802-0002 北九州市小倉北区京町4-4-17-1F
  電話 & fax to 093-533-0533
るんるん参加費るんるん 2200円(別途1ドリンクオーダー)
るんるん申込るんるん 緑々まで、名前・連絡先・人数を知らせる
  電話 093-533-0533(営業時間内)
  mail to info@ao-ao.net
  SNSメッセージ(コメント不可)
  *返信をもってお申込み完了


かわいい大西暢夫(Onishi Nobuo)プロフィールかわいい
以下Wikipediaより抜粋
おおにし のぶお、1968年生。写真家・映画監督。
東京綜合写真専門学校卒業後、本橋成一に師事。チェルノブイリ原発事故の被災地ベラルーシで放射能汚染地区に暮らし続ける人々の撮影にスチールカメラマンとして同行する。90年代から岐阜県揖斐郡徳山村を、主に日本各地のダムに水没する村を撮影している。1998年よりフリーカメラマンとなる。
2010年東京より岐阜県揖斐郡池田町に拠点を移す。
ダムに沈む村、職人、精神科病棟、障がい者など、主に社会的なテーマや辺境の地を取材、撮影し写真や映像で記録し続け、海外や国内各所で企画される映画上映会、写真展、講演会に赴き記録を、発信し続けている。
最新作は、『和ろうそくは、つなぐ』(2022年 アリス館)。
〈受賞歴〉
ドキュメンタリー映画『 水になった村』で第16回 EARTH VISION 地球環境映像祭最優秀賞
写真絵本『おばあちゃんは木になった』( ポプラ社)で第8回 日本絵本賞
『ぶた にく』(幻冬舎)で第58回 産経児童出版文化賞大賞
第59回 小学館児童出版文化賞
著書『ホハレ峠 ダムに沈んだ徳山村百年の軌跡』( 彩流社)で第36回農業ジャーナリスト賞
令和元年度  岐阜県芸術文化顕彰受賞 功績:障がいのある作家の支援活動


かわいい山福朱実(Yamafku Akemi)プロフィールかわいい
@kinomikoubou
イラストレーター、版画家、絵本作家。
北九州市若松区の小さな印刷屋に生まれる。
1986年頃よりイラストレーターとなり、現在は木版画を中心に活動。
絵本に『ヤマネコ毛布』(復刊ドットコム)、『ぐるうんぐるん』(農文協)、『砂漠の町とサフラン酒』(小川未明/架空社)、『きたかぜとたいよう』(蜂飼耳/文 岩崎書店)など、物語の挿絵に『水はみどろの宮』(石牟礼道子/文 福音館書店)などがある。
2017年に関東から北九州へUターン。生家である山福印刷の工場をアトリエ『樹の実工房』とし、装丁・挿画、個展やグループ展への参加、ギタリスト・末森樹氏とデュオでのライブ活動も行っている。
第43回やまぐち朗読Cafe 〜朗読と蓄音器ジャズの夕べ〜 A 第2部 自由朗読 [2022年12月30日(Fri)]
前回の続き

第2部 自由朗読

1、原明子さん
高村光太郎「冬が来た」(詩集『道程』より)

  冬が来た

きつぱりと冬が来た
八つ手の白い花も消え
公孫樹(いてふ)の木も箒(ほうき)になった

きりきりともみ込むような冬が来た
人にいやがられる冬
草木に背そむかれ、虫類に逃げられる冬が来た

冬よ
僕に来い、僕に来い
僕は冬の力、冬は僕の餌食(ゑじき)だ

しみ透れ、つきぬけ
火事を出せ、雪で埋めろ
刃物のやうな冬が来た


IMG_E6904.JPG IMG_E6905.JPG IMG_E6906.JPG



2、山口智子
更科源蔵「蒼鷺」(第二詩集『凍原の歌』より)
「七戸の自由民」『北海道・草原(くさはら)の歴史』(佐藤忠良/装画・カット 新潮社 1975)より)

『凍原の歌』は、戦争中の1943年10月にフタバ書院成光館から出ました。1934年、文圃堂から出た中原中也の第一詩集『山羊の歌』と同じく、装幀は高村光太郎です。
さすがに実物は見たことがない、と言うと、 中原中也記念館の中原豊先生が持っていらっしゃるそうで、機会があったら見せてくださるとのこと🥳 ラッキーわーい(嬉しい顔)揺れるハート

IMG_E6902.JPG 凍原の歌.jpg

IMG_E6901.JPG IMG_E6910.JPG

ところで、詩に

耳毛かすかに震へ

胸毛を震はす絶望の季節か

とありますが、ここにある「耳毛」は側頭から後頭部に長く伸びる黒い「冠羽」、「胸毛」は首下部から胸の下に長く伸びる白い「飾り羽」のことと思われます。

なお、『北海道・草原の歴史』に、

これを読むと蒼鷺は留鳥のように書いているが、実は渡り鳥である。

とありますが、確かにアオサギは北海道では夏鳥ですが、山口県では留鳥です。

IMG_E6718.JPG IMG_E6720.JPG
(2022.12.10 山口県立美術館で撮影)

さて、「蒼鷺」には曲が付けられています。
一つは、伊福部昭作曲でソプラノのための歌曲(伴奏はピアノ、オーボエ、コントラバス)、もう一つは、長谷部匡俊作曲の合唱曲(混声四部)です。

後者では、

蝦夷榛に冬の陽があたる

出だしの「蝦夷榛」を「エゾハンノキ」ではなく「エゾハル」と唱い、また、

凍れる川の(そこ)流れの音か

の部分が、

凍れる川の底流(ていりゅう)の音か

と変えられていてちょっと残念ちっ(怒った顔)



3、M・Tさん
北原白秋「クリスマスの晩」

  クリスマスの晩

雪の教会、クリスマス
なんときれいなあのあかり
   なかでおいのりきこえます
   今夜オルガン弾いてます。

雪の教会、クリスマス
ここは街角、ふきさらし
   僕はこごえて佇[た]つてます
   なにかしんしんしてきます。

雪の教会、クリスマス
星も出ました、あの屋根に
   はいつてみよか、どうしよか
   僕は無いんだ 母さんが。

雪の教会、クリスマス
あゝら、誰だか出てきます
   マリヤさまではないかしら
   かわいい赤さん抱いてます。

         
『子供之友』(婦人之友社)1933(昭和8)年に掲載された深澤紅子の「クリスマスの晩」の画に添えられた詩です。
雪の積もった街。赤い帽子をかぶった少年が、柵の外から教会を見ています。明りのともった教会。教会の扉の向こうに黒いシルエットの聖母マリア像が見える……そんな絵です。


8月11日(木・祝)、秋吉台国際芸術村のラルゴで「チャイコフスキー「四季」に寄せて 十二の詩の朗読」が開催されました。その際「12月 クリスマス」で朗読されたそうです。チョイスされたのは中原豊 中原中也記念館館長です。



4、M・Aさん
小川たまか「自分と向き合い掘り出した言葉」
伊藤詩織『裸で泳ぐ』(岩波書店 2022.10)書評
(『赤旗』文化面 2022年12月18日掲載)
https://blog.goo.ne.jp/uo4/e/c0a60ae734721c4d7d7c4d24be5f4232

92708C0A-4205-42E2-823F-62BE44F1C8CD.jpeg



5、H・Mさん
自作ショートストーリー「砂糖菓子」



6、N・Mさん 
「一匹の馬」
『原民喜のガリバー旅行記』(晶文社 1977.12)より)

  一匹の馬

 五年前のことである
 私は八月六日と七日の二日、土の上に横たわり空をながめながら寝た、六日は河の堤のクボ地で、七日は東照宮の石垣の横で――、はじめの晩は、とにかく疲れないようにとおもって絶対安静の気持でいた、夜あけになると冷え冷えして空が明るくなってくるのに、かすかなのぞみがあるような気もした、しかし二日目の晩は、土の上にじかに横たわっているとさすがにもう足腰が痛くてやりきれなかった。いつまでこのような状態がつづくのかわからないだけに憂ウツであった、だが周囲の悲惨な人々にくらべると、私はまだ幸福な方かもしれなかった、私はほとんど傷も受けなかったし、ピンと立って歩くことができたのだ
 八日の朝があけると私は東練兵場を横切って広島駅をめざして歩いて行った、朝日がキラキラ輝いていた、見渡すかぎり、何とも異様なながめであった
 駅の地点にたどりつくと、焼けた建物の脇で、水兵の一隊がシヤベルを振り回して、破片のとりかたずけをしていた、非常に敏ショウで発ラツたる動作なのだ、ザザザザと破片をすくう音が私の耳にのこった、そこから少し離れた路上にテーブルが一つぽつんと置いてある、それが広島駅の事務所らしかった、私はその受付に行って汽車がいま開通しているものかどうか尋ねてみた
 それから私は東照宮の方へ引かえしたのだが、ふと練兵場の柳の木のあたりに、一匹の馬がぼんやりたたずんでいる姿が目にうつった、これはクラもなにもしていない裸馬だった、見たところ、馬は別に負傷もしていないようだが、実にショウ然として首を低く下にさげている、何ごとかを驚き嘆いているような不思議な姿なのだ
 私は東照宮の境内に引かえすと石垣の横の日陰に横臥していた、昼ごろ罹災証明がもらえることになったので、私はまた焼津の方へ向う道路を歩いて行った、道ばたの焼残った樹木の幹を背に、東警察署の巡査が一人、小さな机をかまえていた
 罹災証明がもらえて戻ってくると今度はまもなく三原市から救援のトラックがやって来た
 私は大きなニギリ飯を二つてのひらに受けとって、石垣の日陰にもどった、ひもじかったので何気なく私は食べはじめた、しかしふとお前はいまここで平気で飯を食べておられるのか、という意識がなぜか切なく私の頭の片隅にひらめいた、と、それがいけなかった、たちまち私は「オウト」を感じてノドの奥がぎくりと揺らいできた


D8D67E38-DD75-41A2-9197-64E5B70A8A8D.jpeg

米文学者 柴田元幸さんの翻訳の『ガリバー旅行記』(ジョナサン・スウィフト/原作 朝日新聞出版 2022.10)が書籍化されたことから、大好きな「馬」つながりで、原民喜訳の本著を図書館で借りてきて朗読されたそうです。

ガリバー旅行記.jpg

原民喜訳『ガリバー旅行記』は、青空文庫で全文を読むことができます。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000912/files/4673_9768.html
「一匹の馬」だけも読むことができます。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000293/files/4780_6649.html

AC918D3F-CA6B-4C07-8459-B6424113153F.jpeg

随筆「一匹の馬」は、書き出しに「五年前」とあることから、1950(昭和25)年に書かれたと推測できますが、初出未詳の作品で、民喜没後14年に出版された『原民喜全集』(全二巻)(芳賀書店 1965(昭和40).8)に収録されました。

『ガリバー旅行記』は、主婦之友社より『少年少女名作家庭文庫』の一冊として1951(昭和26)年6月に出版されました。死の3ヶ月後のことで、民喜は出版された本を手にすることはありませんでした。
遺された遺書の一つに、

ガリバーの本が出たら 別記の人々に送って頂きたいので お願ひ致します

とあります。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000293/files/4788_7030.html

広島市立図書館のWEB広島文学資料室「原民喜の世界」の画像ギャラリー「手書きで味わう原民喜の世界」で、民喜の自筆原稿で『ガリバー旅行記』を読むことができます。
https://www.library.city.hiroshima.jp/haratamiki/07gallery/gallery01.html#01



7、K・Kさん
『種田山頭火 うしろすがたのしぐれてゆくか』(種田山頭火/句 石寒太/文 石井昭/影絵 新日本教育図書 1999.4)より

あの雲がおとした雨にぬれてゐる

山あれば山を観る
雨の日は雨を聴く
春夏秋冬      
あしたもよろし
ゆふべもよろし


越えてゆく 山また山は 冬の山

うしろすがたのしぐれてゆくか

種田山頭火 うしろすがたしぐれてゆくか.jpg



8、S・Rさん
「月とうさぎ」
(朝日新聞「天声人語」令和4年12月14日)

 新しい手帳やカレンダーが店に並び、年末の到来を告げている。残り2週間余りで、さて、どうやって仕事を片付け、部屋のほこりを払い、新年の支度をしようか。暦とにらめっこが続く。
 カレンダーの語源にはお月さまが関係していると『暦と占い』(永田久著)に教わった。古代の人は、細い月が昇るのを1カ月の始まりとした…
(略)

来年7歳のウサギになるというSさんはスケジュール管理を2年前からスマホでされているそうですexclamation×2



9、T・Hさん
室生犀星「あにいもうと」

T・Hさんの室生犀星「あにいもうと」の朗読は今回が3回目、最終回でした。

『日本近代短篇小説選 昭和篇1』(岩波文庫)
(紅野敏郎・紅野謙介・千葉俊二・宗像和重・山田俊治/編 岩波書店 2012.8)
8BFA0935-50DA-4A39-B07F-018A4EFB9E22.jpeg



10、O・Yさん
中原中也「雪が降つてゐる……」 (未刊行誌篇より)

  雪が降つてゐる…
    
雪が降つてゐる、
  とほくを。
雪が降つてゐる、
  とほくを。
捨てられた羊かなんぞのように
  とほくを、
雪が降つてゐる、
  とほくを。
たかい空から、
  とほくを、
とほくを
  とほくを、
お寺の屋根にも、
  それから、
お寺の森にも、
  それから、
たえまもなしに。
  空から、
雪が降つてゐる
  それから、
兵営にゆく道にも、
  それから、
日が暮れかゝる、
  それから、
喇叭がきこえる。
  それから、
雪が降つてゐる、
  なほも。
     (一九二九・二・一八)




11、F・Kさん
新川和江「わたしを束ねないで」

『わたしを束ねないで』(新川和江/詩 童話屋 1997.9)
わたしを束ねないで.jpg



12、中原豊さん
和田健「初冬」「父病む」

山口ひとものがたりセミナー「雑誌『詩園』の軌跡 ー 中原中也・種田山頭火とやまぐちの若き詩人たち ー 」の第1回目「雑誌『詩園』とその時代」で講師を務められ、この作品を紹介されたそうです。

CA291BD7-F2A8-4BCF-BE38-ADBF2FF83917.jpeg

IMG_E6908.JPG IMG_E6909.JPG
サビエル高校留学生によるギャラリートーク「私の国のお正月」 @ 山陽小野田市立中央図書館 [2022年12月29日(Thu)]
2023年1月14日(土)、山陽小野田市立中央図書館で、サビエル高校留学生によるギャラリートーク「私の国のお正月」が開催されますぴかぴか(新しい)

036F5057-C982-45A0-9E98-FD88AD336110.jpeg

サビエル高校の留学生さんによるギャラリートークを開催します。
トークテーマは「私の国のお正月」です。
インドネシア、スリランカ、タイ、マレーシア、モンゴル、ラオスのお正月についての楽しいトークにぜひご参加ください!
留学生さんが作成した出身国の紹介も展示しています!


るんるん日 時るんるん 2023年1月14日(土)15:00〜
るんるん会 場るんるん 山陽小野田市立中央図書館 1F 展示ホール
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申 込るんるん 不要
るんるん主催・問合るんるん 山陽小野田市立中央図書館
   電話 0836-83-2870
   fax to 0836-83-3564
   mail to cyuo-library●city.sanyo-onoda.lg.jp
   (●は@に置き換えてください)
堀内誠一原画展『オズの魔法使い』 @ 教文館ナルニア国 [2022年12月28日(Wed)]
12月27日(火)〜2023年1月22日(日)、教文館ナルニア国で、堀内誠一 生誕90周年記念 『オズの魔法使い』(偕成社)新装版刊行記念 年越し原画展 堀内誠一『オズの魔法使い』 が開催されていますぴかぴか(新しい)

055B3B50-359F-402F-B7B4-D7BDF06C94D3.jpeg

2022年に生誕90周年を迎えた堀内誠一が70年代に描いた幻の作品 『オズの魔法使い』がこのたび、偕成社より新装版として再刊されました。映画にもなったアメリカの国民的ファンタジーが生き生きとよみがえる鮮やかな原画をお楽しみください。

るんるん期間るんるん  2022年12月27日(火)〜2023年1月22日(日)
 ※1月1日は全館休業
るんるん時間るんるん 10:00〜19:00 ※最終日19:00まで
 ※年末年始の営業時間 12月31日(土)・1月3日(火)10:00〜18:00、1月2日(月)10:00〜17:00
 ※店内、ナルニアホールでイベント開催のため原画展をご覧いただけない時間があり。詳しくはお尋ねください。
るんるん場所るんるん 教文館 9F ナルニアホール
      中央区銀座4-5-1
るんるん料金るんるん 無料
るんるん問合るんるん 電話とメールにて
  売場直通電話 03-3563-0730
  fax to 03-3561-7350
  mail to narnia@kyobunkwan.co.jp
るんるん主催るんるん 教文館ナルニア国
るんるん協力るんるん 堀内事務所/アートキッチン/偕成社


かわいい会期中『オズの魔法使い』『音楽の肖像』『ここに住みたい』に堀内誠一さんご愛用のスタンプを押した書籍を販売かわいい
  ※数量限定のため、売り切れの際はご容赦ください。


かわいい期間限定! 堀内誠一グッズ販売かわいい
会期中、ポストカード、グリーティングカード、缶バッチ、シール、クリアファイル、マスキングテープ、レターセットなど、ナルニア国店内で堀内誠一グッズを各種販売。
また、文化財の複製を手がける京都・便利堂による《音楽の肖像》コロタイプ複製画も特別販売! 
いずれも展覧会期間中限定となりますので、ぜひこの機会にお求めください。  
  ※詳細はホームページをご覧ください。


『オズの魔法使い』
(ライマン・フランク・ボーム/原作 岸田衿子/文 堀内誠一/絵 偕成社)
★岸田衿子のはずむような文章と堀内誠一のカラフルなイラストで、ファンタジーの古典をあざやかに絵本化した愛蔵版。

9BB9E20F-D1BD-4F6F-86FE-C48B5BBFFA09.jpeg


かわいい新装版『オズの魔法使い』刊行記念トークイベントかわいい

堀内花子(堀内誠一長女)× 林綾野(堀内誠一展キュレーター)× 広松健児(新装版『オズの魔法使い』担当編集者)鼎談

るんるん日時 2023年1月11日(水)18:00〜19:30 ※受付は17:40より
るんるん会場 ナルニア国店内
 ※当日は会場設営のため17:00にて閉店
るんるん定員 40名(定員が埋まり次第終了)
るんるん参加費 1500円  
 ※現金のみ。当日受付で支払
 ※『オズの魔法使い』を当日ご購入の方は1000円
るんるん申込方法 教文館ナルニア国に直接電話で申込
  書籍購入を希望の方は、電話で申込時にスタッフに知らせる
  電話 03-3563-0730(10:00〜19:00) 
月いちキネマ 1月から3月上映予定 @ 防府市立防府図書館 [2022年12月27日(Tue)]
防府市立防府図書館「月いちキネマ」で、2023年1月19日(木)に「氷点」、2月17日(金)に「恋におちたシェイクスピア」、3月23日(木)に「レナードの朝」が上映されますぴかぴか(新しい)

月一キネマ.PNG

防府市立防府図書館では、毎月1回懐かしい映画や話題の映画を上映しています。
映画上映途中に図書館職員が、映画の原作本や関連図書の紹介も行います。あわせてお楽しみください。


るんるん場 所るんるん 防府市立防府図書館 研修室
るんるん上映作品るんるん

1月 「氷点」
 るんるん日時 2023年1月19日(木)10:00〜(開場9:45)
 るんるん上映時間 97分
 るんるん原作 三浦綾子 
 るんるん監督 山本薩夫 
 るんるん出演 若尾文子ほか
 るんるん公開 1966年
辻口病院長夫人の夏枝が逢い引きしている間に、3歳の娘が誘拐され無残にも殺害された。辻口は妻への復讐心から、犯人の娘・陽子を養子に迎える。やがて、辻口の行いに気づいた夏枝は…。

2月 「恋におちたシェイクスピア」
 るんるん日時 2023年2月17日(金)10:00〜(開場9:45)
 るんるん上映時間 124分
 るんるん監督 ジョン・マッデン  
 るんるん出演 グウィネス・パルトロウほか
 るんるん公開 1998年
ローズ座で新作コメディを執筆していたシェイクスピアは、カーテン座で豪族令嬢ヴァイオラと出会い、一目で恋に落ち…

3月 「レナードの朝」
 るんるん日時 2023年3月23日(木)10:00〜(開場9:45)
 るんるん上映時間 120分
 るんるん原作 オリバー・サックス 
 るんるん監督 ペニー・マーシャル 
 るんるん出演 ロバート・デ・ニーロほか 
 るんるん公開 1991年
20世紀初頭に大流行した脳炎の後遺症で、体の不自由が奪われてしまった患者が新薬の投与で目覚める。しかしそこには恐ろしい副作用が…。

るんるん定 員るんるん 約15人 (申込不要・先着順)
  ※満席の場合は、 ご入室をお断りさせていただきます。 あらかじめご了承ください。
  ※マスク着用にご協力をお願いします。
  ※氏名の記入をお願いします。
るんるん鑑賞料るんるん 無料
るんるん問 合るんるん 三哲文庫 防府市立防府図書館
  〒747-0035 防府市栄町1-5-1 笑顔満開通り ルルサス防府3階
  電話 0835-22-0780 fax to 0835-22-9916
講談師 神田京子「講談あれこれ〜お楽しみ〜」 @ 吉敷地区社協講演会 in 玄済寺 [2022年12月26日(Mon)]
2023年1月22日(日)、玄済寺で、講談師の神田京子さんをお迎えし、吉敷地区社協講演会「講談あれこれ〜お楽しみ〜」が開催されますぴかぴか(新しい)

96E861B1-22F6-4418-84DE-C2D18E602C04.jpeg 0A6B63FD-DCB1-436B-A887-1A1901146A1E.jpeg

長引くコロナ禍での生活。なかなか収束の見通しも立ちません。
そのような中でも、明るく元気になれるような、また、前向きに生きがいを持って生きられるような気持ちになりたいと思い、この度、山口市を拠点にご活躍の講談師 神田京子さんをお迎えすることになりました。
皆さまに楽しんで笑顔になっていただければ幸せます。


るんるん日 時るんるん 2023年1月22日(日)10:00〜12:00
るんるん場 所るんるん 玄済寺
       山口市吉敷佐畑4丁目10-20
るんるん講 師るんるん 神田京子(講談師)
るんるん演 目るんるん 講談あれこれ〜お楽しみ〜
るんるん対 象るんるん 吉敷在住の方(要事前申込)
るんるん定 員るんるん 先着70名
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申込受付期間るんるん 2023年1月10日(火)〜1月17日(火)8:30〜17:15(平日のみ)
  ※1回の申し込みにつき2名まで
るんるん申込・問合先るんるん 電話 083-922-3344(吉敷地区社会福祉協議会)
るんるん主 催るんるん 吉敷地区社会福祉協議会


かわいい神田京子さんプロフィールかわいい
岐阜県美濃市出身。
日本大学芸術学部放送学科卒業。
在学中の1999年7月、二代目神田山陽に入門。
山陽他界後は神田陽子に師事。
2014年日本講談協会・公益社団法人落語芸術協会にて真打昇進。
連続講談「清水次郎長伝」、「明治白浪女天一坊」、「安政三組盃」の他、「怪談噺」、「赤穂義士伝」などスタンダードな講談会を重ねる一方で、「講談+α」の公演(ジャズ音楽と「三文オペラ」、クラシック音楽と「カルメン」「蝶々夫人」、長唄と「勧進帳」、マイムと「レ・ミゼラブル」、俗曲・津軽三味線・打ち物と「番町皿屋敷」等)も各地で展開!講談の可能性を広げ続けている。
令和三年度(第76回)文化庁芸術祭賞優秀賞受賞。
令和三年度岐阜県芸術文化奨励受賞。
テレビ・ラジオ出演多数。近年出演番組…NHK-Eテレ「クラシックTV」、NHK–FM「オペラ寄席すぱげっ亭」等、東海ラジオ「よみがえる話芸 節談説教(ふしだんせっきょう)」ナレーション案内役<2012年度文化庁芸術祭ラジオ部門大賞受賞、第39回放送文化基金賞本賞受賞>等。文化庁短編映画「敬語おもしろ相談室」案内役。長良川鉄道広報大使。
夫は詩人 桑原滝弥。一児の母。2020年2月より山口へ移住。山口にて地域プロジェクトを開始。東京・山口と拠点を持つ。現在、テレビ山口 tys「mix」、KRY山口放送「お昼はZETTAIラジTIME」レギュラー出演中。
http://www.kandakyoko.com
第43回やまぐち朗読Cafe 〜朗読と蓄音器ジャズの夕べ〜 @ 第1部 蓄音器ジャズ [2022年12月25日(Sun)]
12月22日(木)、ジャズ スポット ポルシェで開催された「第43回やまぐち朗読Cafe 〜朗読と蓄音器ジャズの夕べ〜」に参加しましたぴかぴか(新しい)

IMG_E6882.JPG

進行は中原中也記念館の中原豊館長です。 参加者は、スタッフ2名入れて12名。

IMG_E6883.JPG


第1部 蓄音器ジャズ

クリスマスといえば、やまぐち朗読Cafeでは、Bing Crosby(ビング・クロスビー)特集ですクリスマス
DECCA Record です。

IMG_E6884.JPG


(1)The Emperor Waltz(皇帝円舞曲)

IMG_E6892.JPG

パラマウント映画『皇帝円舞曲』(The Emperor Waltz)(ビリー・ワイルダー監督、ビング・クロスビーとジョーン・フォンテイン主演、1948年のミュージカル映画)からで、音楽監督を務めたヴィクター・ヤング(Victor Young)の Victor Young & His Orchestra が演奏しています。
ヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauss)の曲にジョニー・バーク(Johnny Burke)が作詞しました。


ここで、蓄音器のストッパーの調子が悪いため、ポータブル蓄音器と交替です。

IMG_E6886.JPG

手軽に持ち運んでいつでもどこでも音楽を聴きたいというニーズが高まりポータブル蓄音器が登場したということですが、このトランク型のポータブル蓄音器すごく重いそうです。
蓋の裏にはレコードを格納できるレコードホルダーが付いています。

IMG_E6885.JPG

ポータブル蓄音器は、音は背後の開口部から出て、蓋に反響させる仕組みになっています。

IMG_E6899.JPG

蓋が反射板の役割を果たすので、演奏中は蓋は閉じられません。

IMG_E6898.JPG

ぜんまいを巻くハンドルは手前にあり、小さいので、回すのが大変だそうです。

IMG_6891.JPG

サウンドボックスの扱いは同じ。

IMG_E6889.JPG 

レコードに刻まれた溝から、針が振動を拾い上げ、サウンドボックスで音を再生し、アームを通って箱の中に内蔵されたホーンを通り、と、ここまでは、今までの卓上型蓄音器と同じ仕組みです。

IMG_6890.JPG



(2)I Kiss Your Hand, Madame(奥様お手をどうぞ)

IMG_E6893.JPG

同じく、パラマウント映画『皇帝円舞曲』(The Emperor Waltz)からで、音楽監督を務めたヴィクター・ヤング(Victor Young)の Victor Young & His Orchestra が演奏しています。
ラルフ・アーウィン(Ralph Erwin)、フリッツ・ ロッター(Fritz Rotter) 、サム・M・ルイス(Sam M. Lewis)、ジョー・ヤング(Joe Young)の曲です。

原曲は、1928年にフリッツ・ ロッターが作詞、ラルフ・アーウィンが作曲したドイツ製のタンゴ 「Ich küsse Ihre Hand, Madame」です。映画のためにサム・M・ルイスとジョー・ヤングが英語詩をつけました。



(3)Now Is the Hour(Maori Farewell Song)

IMG_E6895.JPG

邦題は「今し別れの時」です。
マエワ・カイハウ(Maewa Kaihau)、クレメント・スコット(Clement Scott)、ドロシー・スチュワート(Dorothy Stewart)によって書かれ、ケン・ダービー合唱団(Ken Darby Choir)がコーラスをつとめています。
ニュージーランドの原住民のマオリ族の別れの歌(Maori Farewell Song)とあります。
Wikipedia に

「Now Is the Hour」は 20世紀初頭のポピュラー ソングです。 伝統的なマオリの歌と誤って説明されることがよくありますが、その作成者は通常、クレメント・スコット (音楽)、マエワ・カイハウ 、ドロシー・スチュワート (編曲と歌詞) など、複数の人物の功績によるものです。

とあります。



(4)White Christmas(ホワイト・クリスマス)

IMG_E6897.JPG

アーヴィング・バーリン(Irving Berlin)作詞・作曲。
伴奏はジョン・スコット・トロッター楽団(John Scott Trotter and His Orchestra)、コーラスはケン・ダービー・シンガーズ(Ken Darby Singers)です。




クリスマスクリスマスということで、ママさんから小さなチョコレートケーキのプレゼントがありましたプレゼント
我が家のクリスマスケーキはこちらバースデー 強めのバタークリームです。

IMG_E6912.JPG


次回に続く
大内義弘と室町幕府 @ 山口ヒストリア講演会7 [2022年12月24日(Sat)]
2023年2月4日(土)、山口県教育会館で、山口ヒストリア講演会7『大内義弘と室町幕府』が開催されますぴかぴか(新しい)

B830B94F-CC61-4383-9A8E-E210D5A31A45.jpeg

将軍足利義満を支え活躍しながらも、最後は義満に戦いを挑んだ大内義弘。その義弘と室町幕府との関係をテーマに金沢大学教授平瀬直樹氏による講演会を開催します。

るんるん日 時るんるん 2023年2月4日(土)14:00〜16:00  (開場 13:30)
るんるん場 所るんるん 山口県教育会館 ホール (山口市大手町2-18)
るんるん講 師るんるん 平瀬直樹(金沢大学教授)
るんるん対 象るんるん 250人(要事前申込・先着順)
るんるん講 師るんるん 平瀬直樹(金沢大学教授)
るんるん受講料るんるん 無料
るんるん申込方法るんるん メールまたはファックスで、(1)郵便番号、(2)住所、(3)氏名、(4)電話番号を明記の上、1月13日(金曜日)までに下記へ申込。受付後に送付した聴講券を当日会場に持参。
るんるん申込先るんるん 山口市交流創造部文化交流課 歴史文化のまちづくり推進室(分室)
    〒754-8511 山口市小郡下郷609番地1
    電話 083-973-2438
    mail to 083-973-2439
    mail to s-hensan@city.yamaguchi.lg.jp
るんるん手話通訳るんるん 要事前申込
るんるん要約筆記るんるん 申込不要
るんるん備 考るんるん 駐車スペースが限られておりますので、公共交通機関などの御利用をお願いします。
るんるん主 催るんるん 山口市 
ザンビアで暮らしてみた件 @ 小郡図書館友の会鉢の子 多文化にふれる図書館講座 [2022年12月23日(Fri)]
2023年1月22日(日)、山口市立小郡図書館で、多文化にふれる図書館講座「ザンビアで暮らしてみた件」が開催されますぴかぴか(新しい)  

210CF60C-9ECE-4F85-8D00-469F80C99D0F.jpeg 

日本からはるか遠いアフリカの国、ザンビアの文化や人々の暮らしを知ってみませんか?

るんるん日 時るんるん 2023年1月22日(日)10:30〜12:00
るんるん場 所るんるん 山口市立小郡図書館 2階 会議室
るんるん講 師るんるん 柿沼瑞穂(やまぐちグローバルネット 代表)
るんるん対 象るんるん 小学校高学年〜大人
るんるん定 員るんるん 20名程度(先着順)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申込先るんるん 山口市立小郡図書館 電話 083-973-0098 または カウンター
るんるん問 合るんるん 電話 083-973-0098(山口市立小郡図書館)
      phone to 090-7978-1132(小郡図書館友の会鉢の子 中原)
るんるん主 催るんるん 小郡図書館友の会鉢の子
るんるん共 催るんるん 山口市立小郡図書館
きえるサンタをつくろう! @ 山陽小野田市立中央図書館「ちっちゃなかがくのおはなし会 クリスマススペシャル!」 [2022年12月22日(Thu)]
12月24日(土)、山陽小野田市立中央図書館で、「ちっちゃなかがくのおはなし会 クリスマススペシャル!」が開催されますぴかぴか(新しい)

181DAFEF-A71A-4C52-AA06-F7F5A40979B5.jpeg

図書館でいっしょに身近なふしぎをみつけよう!
『ちっちゃなかがくのおはなし会 クリスマススペシャル!』を開催いたします。
12月のテーマは「きえるサンタをつくろう!」です。
今回はクリスマスプレゼントも用意していますので、ぜひご参加お待ちしております!


るんるん日 時るんるん 2022年12月24日(土)10:00〜
るんるん会 場るんるん 山陽小野田市立中央図書館 2階 視聴覚ホール
るんるん対 象るんるん 3歳〜小学校低学年の子どもとその保護者
るんるん定 員るんるん 30名程度(保護者を含む)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん主催・問合・申込るんるん 山陽小野田市立中央図書館
   電話 0836-83-2870
   fax to 0836-83-3564
   mail to cyuo-library●city.sanyo-onoda.lg.jp
   (●は@に置き換えてください)
絵本ワールドinこまつしま [2022年12月21日(Wed)]
12月24日(土)、25日(日)、小松島市サウンドハウスホール周辺で、「絵本ワールドinこまつしま」が開催されますぴかぴか(新しい)

絵本ワールド小松島.PNG 絵本ワールド小松島 裏.PNG

6人(羽尻利門さん、弓削田健介さん、なばたとしたかさん、CANさん、有田奈央さん、真珠まりこさん)の人気絵本作家さんのトークショーやワークショップ等のお楽しみイベントが盛りだくさん!
メイン会場には1万冊の絵本がずらりと並びます。ぜひたくさんの本に触れてお気に入りの一冊を見つけてみてください。
他にも、キッチンカーやはしご消防車も登場します。
ご家族でも楽しめる内容となっておりますのでお子様も連れてぜひご参加ください。


るんるん日 時るんるん 2022年12月24日(土)、25日(日)10:00〜16:00
るんるん会 場るんるん 小松島市サウンドハウスホール周辺
       小松島市小松島町字新港9-10
るんるん入場料るんるん 無料

るんるんイベントるんるん

かわいい24日 小松島市立図書館3F 小松島市立図書館30周年記念イベント

『神社のえほん』原画展
神社って、何のためにあるの?鳥居って?手水を取るって?拝礼の作法は?どうして神輿をかつぐの?巫女は何をする人?神社にあるものは、一つ一つ意味がある。日本の伝統文化を知る絵本。

12:00〜 羽尻利門
 おはなしと絵本づくりに込める想い


かわいい24日 サウンドハウスホール

10:00〜 オープニングセレモニー

10:30〜 弓削田健介
 いのちの夢のコンサート

13:00〜 なばたとしたか
 「こびとづかん」トークショー

14:30〜 くすのきしげのり
 子どもも大人も絵本の世界を楽しみましょう


かわいい25日 サウンドハウスホール

10:30〜
 CANさんとLaQハカセの恐竜コラボショー

13:00〜 有田奈央
 パンでんしゃとちょっと怖い(こわい)絵本

14:30〜 真珠まりこ
 もったいないばあさんのおはなし会


かわいい24・25日両日 サウンドハウスホール

LaQフェスティバル
大人気LaQの体験コーナー!ハカセレッドもやってくる!
LaQで立体モデルを作ろう! ハカセのおまけモデル製作は必見!
作り方通りに作れた作品はプレゼント!(お子様のみ)
※保護者同伴でご参加ください。無くなり次第終了


のびのび読み
赤ちゃん絵本をお試し読み放題できるスペースをご用意。
親子でくつろぎながら、思う存分絵本に触れられます。
「こども」と「本」の出会いを応援する体験の部屋で、とっておきの一冊と出会いませんか。

可愛い(カワイイ)本づくりワークショップ
手のひらサイズのミニブックが誰でも簡単に作れます!

交通新聞社鉄道クイズコーナー
鉄道クイズ挑戦者を募集!参加してくれたお子さんにもれなくオリジナルグッズをプレゼント♪
楽しいクイズで、でんしゃはかせをめざそう!

つくろう!みんなのパンでんしゃ
自分だけの「パンでんしゃ」を作って、大な紙にペタペタ貼ろう!
みんなが作った「パンでんしゃ」で、大きな絵を完成させるワークショップ

絵本フォトスポット
『もったいないばあさん』『おべんとうバス』

真珠まりこ先生の大人気『もったいないばあさん』『おべんとうバス』の絵本フォトスポットを会場内に設置しています。
絵本ワールドinこまつしまへのご参加の記念に、ぜひご一緒に映える写真を撮影してくださいね。


好きなコビトを描いてもらえる!
なばたとしたかさんサイン会

開催時間 ●10:30〜12:00 ●14:30〜16:00
定員 各回25名ずつ
両日10時より整理券を配布
会場にかくれているコビトたちをさがして、プレゼントをもらおう!

出演作家サイン会
会場 サウンドハウスホール
弓削田健介、羽尻利門、くすのきしげのり、CAN、有田奈央、真珠まりこ
絵本作家さんが多数来場され、そ
れぞれの作家さんのブースを展示しております。ご出演のお時間以外にも、遊びに来てくれるかも!?出演の時間以外にも、遊びに来てくれるかも!



るんるん問 合るんるん 「絵本ワールドinとくしま実行委員会」事務局(徳島新聞社事業部)
   電話088-655-7331 平日9:30〜17:30 ※土・日・祝日は除く
るんるん主 催パスワード 小松島市、絵本ワールドinとくしま実行委員会


かわいい羽尻利門かわいい
1980年、兵庫生まれ、京都育ち。現在、阿南市在住。立命館大学国際関係学部卒。代表作に、『夏がきた』(あすなろ書房)、『やめろ、スカタン!』(くすのきしげのり/作 小学館)、『ごめんなさい』(サトシン/作 ポプラ社)など多数。日本児童出版美術家連盟会員。

かわいい弓削田健介かわいい
合唱作曲家・子どもミュージカル作家。 主に小中学生が歌う合唱曲を作曲。2020年より音楽の教科書に楽曲が掲載(小学校4年生・教育芸術社)。 キャンピングカーを拠点に合唱曲が歌われている日本全国の小中学校、海外日本人学校などで2000回を超えるスクールコンサートを行い、澄んだ歌声が特徴のピアノ&ギター弾き語りミュージシャンとしても活動。 旅から得た気づき、出会いと感動を元に作曲するスタイルで、4冊の楽譜集と絵本を出版。 NHK全国放送(おはよう日本)、国際ニュースNHKワールド、朝日系列テレメンタリー、TOYOTAコレカラプロジェクトなど、多数のテレビ出演をきっかけに、メディア登場時は「放浪の合唱作曲家」と呼ばれる。 福岡県出身。

かわいいなばたとしたかかわいい
1977年、石川県生まれ。イラストレーター。2006年に初の絵本『こびとづかん』を発表し、話題となる。主な作品に『みんなのこびと』、『こびと桃がたり』、『こびと大百科』、『こびと観察入門1』、『新種発見! こびと大研究』、『こびと大図鑑』、「日本のこびと大全」シリーズがある。また、その他の創作絵本に『いーとんの大冒険』、『犬闘士イヌタウロス』がある。現在、金沢に在住。本の制作を中心に、映像、キャラクター 制作と幅広く活動している。

かわいいくすのきしげのりかわいい
1961年徳島県生まれ、鳴門市在住。児童文学作家。小学校教諭、鳴門市立図書館副館長などを経て、現在は児童文学を中心とする創作活動と講演活動を続けている。全国青少年読書感想文コンクール課題図書『おこだでませんように』『メガネをかけたら』(ともに小学館)、教科書掲載作品『ともだちやもんな、ぼくら』(えほんの杜)『ええところ』(学研)等をはじめ、『おかあしゃん。はぁい。』(佼成出版)『Lifeライフ』(瑞雲舎)など140タイトルを超える作品は、日本および海外において広く読まれている。

かわいいCANかわいい
恐竜画家・絵本作家でありカフェオーナー。恐竜研究家を目指し信州大学理学部を卒業したが諦め、方向転換して2017年にカフェ『創作空間caféアトリエ』を開業。現在は恐竜オタクの知識を活かしてユニークな恐竜の絵を描いている。勝浦町「町ふるさと恐竜大使」創設 第1号として恐竜をPRしている。恐竜絵本『6600万年前・・・・・・ぼくは恐竜だったのかもしれない』発売中!

かわいい有田奈央かわいい
1979年福岡県生まれ。『おっぱいちゃん』で絵本作家デビュー。文を担当した作品に『おならひめ』『パンでんしゃ』『すき』『おいで・・・』『帰り道』『じごくバス』など。『山のちょうじょうの木のてっぺん』(最上一平/作 有田奈央/絵 新日本出版社)で第66回青少年読書感想文全国コンクール課題図書低学年の部に選ばれる。

かわいい真珠まりこかわいい
神戸生まれ。大阪とニューヨークのデザイン学校で、絵本制作を学ぶ。 はじめての絵本『A Pumpkin Story』は、1998年アメリカで出版された (GreeneBark Press,USA)。2004年出版の絵本『もったいないばあさん』(講談社)でけんぶち絵本の里大賞、ようちえん絵本大賞を受賞。
もったいないばあさんはキャラクターが人気となり、毎日新聞、朝日小学生新聞などでも連載され、2020年アニメとなって6カ国語で公開されている。他の作品に『おべんとうバス』『なないろどうわ』など。
図書館ボランティア養成講座 @ 防府市立防府図書館 [2022年12月20日(Tue)]
2023年2月2日(木)・9日(木)・16日(木)・23日(木・祝)、 防府市立防府図書館で、「図書館ボランティア養成講座」が開催されますぴかぴか(新しい)

8D210692-2331-4E4C-9610-40B660F33029.jpeg

防府図書館では、令和4年度も「図書館ボランティア養成講座」を開講します。
図書館ボランティアとして活動するときに必要な基礎的知識や技術について学んでみませんか?すでに図書館ボランティアとして活動している方はもちろん、これから始めたいと思っている方も、お気軽にご参加ください。


るんるん日 時るんるん 2023年2月2日(木)・9日(木)・16日(木)・23日(木・祝)13:30〜15:00
るんるん場 所るんるん 防府図書館 研修室
るんるん定 員るんるん 各日15名 (先着順)
るんるん参加費るんるん 無料

るんるん内容るんるん
@2月2日(木) 
「乳幼児と楽しむ絵本とわらべうた part2」
林由紀子(光市立図書館業務係長)

A2月9日(木)
「知識の本の魅力を知ろう〜子どもに本を手渡すために part11〜」
河合律子(元福岡県立図書館副館長・近畿大学通信教育部非常勤講師)

B2月16日(木)
「面白くて為になる、図書館ボランティアの為の『図書館法』の基礎知識」
森川信夫(元防府市立防府図書館館長・山口県立大学他非常勤講師)

C2月23日(木・祝)
「学校図書館をめぐる動向−この10年を振り返る」
梅本恵(就実大学非常勤講師)

るんるん受付開始るんるん 2022年1月5日(木)9:30〜(定員になり次第終了)
るんるん申込方法るんるん 来館、FAXにて
 ※FAXの場合は、住所・氏名(ふりがな)・電話番号・参加希望日を明記
 ※参加可能かどうか電話で連絡
るんるん問合るんるん 三哲文庫 防府市立防府図書館
    〒747-0035 防府市栄町一丁目5番1号 笑顔満開通り ルルサス防府3階
    電話 0835-22-0780 
    fax to 0835-22-9916
絵と言葉と音のバトル 黒田征太カ x 柴田元幸 @ テラノダイドコ(法福寺) [2022年12月19日(Mon)]
2023年2月4日(土)、下関市幸町の法福寺で、ペインティングと朗読と音楽のセッション@テラノダイドコ(法福寺)「絵と言葉と音のバトル 黒田征太カ x 柴田元幸」が開催されますぴかぴか(新しい)

320229491_554119682896796_6826088952217025775_n.jpg

絵も言葉もコドモも、みんな自由でカッテ。

るんるん日 時るんるん 2023年2月4日(土)17:00〜18:30
るんるん場 所るんるん 法福寺
       下関市幸町8-10
るんるん出 演るんるん 黒田征太カ(イラストレーター)、柴田元幸(翻訳家)、若き音楽達
るんるん定 員るんるん 50名(要申込・先着順)
るんるん参加費るんるん 大人1000円 小中学生500円
るんるん申込・問合先るんるん 児童書専門店 こどもの広場  電話 083-232-7956
おしょうがつ会 @ 萩市立萩図書館 [2022年12月18日(Sun)]
2023年1月7日(土)、萩図書館で、「おしょうがつ会」が開催されますぴかぴか(新しい)

C91F0F59-32D6-4A5D-B954-DED12DC6E611.jpeg

るんるん日時るんるん 2023年1月7日(土)14:00〜15:00
るんるん場所るんるん 萩市立萩図書館 2F
      萩市大字江向552-2
      電話 0838-25-6355
るんるん内容るんるん 絵本の読み聞かせ、かるたとり、お正月遊び
るんるん対象るんるん 小学生以下
るんるん定員るんるん 20名(要事前申込・先着順)
      ※小さなお子様は保護者同伴
るんるん主催るんるん 萩市立萩図書館/NPO萩みんなの図書館
柴田元幸氏講演会「ソール・ライターとアメリカ文学」 @ ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター [2022年12月17日(Sat)]
2023年1月18日(水)〜3月5日(日)、福岡市美術館で、天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と呼ばれた伝説の写真家、ソール・ライターの展覧会「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」が開催されますぴかぴか(新しい)
2月5日(日)、柴田元幸氏講演会「ソール・ライターとアメリカ文学」が開催されますぴかぴか(新しい)

D434C6C5-24D7-4579-87FB-D30AACD99D6B.jpeg


かわいいニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター
https://www.tvq.co.jp/event/saul_leiter_fukuoka/

るんるん場 所るんるん 福岡市美術館(福岡市中央区大濠公園1-6)
るんるん日 時るんるん 2023年1月18日(水)〜3月5日(日)9:30〜17:30(入館は17:00まで)
るんるん入場料るんるん 一般1500円、中高生1200円、4歳〜小学生700円 ※3歳以下無料
るんるん問 合るんるん 電話 092-732-1688『永遠のソール・ライター展』事務局(平日10:00〜17:00)


かわいい柴田元幸氏講演会「ソール・ライターとアメリカ文学」

るんるん日 時るんるん 2023年2月5日(日)15:00〜16:30
るんるん場 所るんるん 福岡市美術館 1F ミュージアムホール
るんるん講 師るんるん 柴田元幸(翻訳家)
るんるん参加費るんるん 無料(展覧会チケットの提示)
るんるん定 員るんるん 180人(事前申込制)
るんるん申込先るんるん saul.leiter_lecture@tvq.co.jp
るんるん申込法るんるん 1.参加希望者(1名様まで) 2.郵便番号・住所 3.電話番号を記入の上「ソール・ライター展講演会係」宛にEメールで申込
るんるん申込締切るんるん 2023年1月13日(金)
 申込者多数の場合は抽選
 当選者にはEメールで通知
 未就学児の入場不可
桂文我のおやこ寄席スペシャル えほん・落語・まつり @ 国立文楽劇場 [2022年12月16日(Fri)]
2023年2月11日(土・祝)、国立文楽劇場で、「桂文我の「おやこ寄席」スペシャル えほん・落語・まつり」が開催されますぴかぴか(新しい)

4E468A29-86E5-496F-8B62-C49DD4B914E7.jpeg


るんるん日 時るんるん 2023年2月11日(土・祝)11:00〜 (10:30 開場 )
るんるん場 所るんるん 国立文楽劇場
      〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1丁目12-10
るんるん出 演るんるん 桂文我(「平林」「お楽しみ」)・桂米平(「犬の目」)
るんるんゲストるんるん 長谷川義史・国松エリカ・荒戸里也子・きたあいり・増田喜昭

るんるん内 容るんるん
 ※「落語について」(〔出〕桂文我/桂米平)
 ※「絵本の魅力」(〔出〕桂文我/国松エリカ/荒戸里也子/きたあいり)
 ※「楽しい絵本作家」(〔出〕長谷川義史/増田喜昭)

るんるん前売るんるん 子ども(小学生)2000円 おとな(中学生以上)3000円 (全席指定)
るんるん当日るんるん 子ども(小学生)3000円 おとな(中学生以上)4000円
るんるん前売券発売所るんるん チケットぴあ Pコード:516−496
   https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2241332&rlsCd=001&lotRlsCd=
るんるん問 合るんるん 桂文我事務局 090-1414-9883
長谷川義史さん絵本ライブ @ 明石市「図書館フェスタ2023」 [2022年12月15日(Thu)]
2023年1月28日(土)、複合型交流拠点ウィズあかし(アスピア明石北館8階 フリースペース)で、「長谷川義史さん絵本ライブ」が開催されますぴかぴか(新しい)

6F696337-375D-4E09-805E-651BC545E999.jpeg 644B1C5F-A13A-46A4-BFE3-6C0A660DBC6C.jpeg

あかし市民図書館は、2023年1月27日に開館から6年目を迎えます。
これに合わせて、アスピア明石やあかし市民図書館などで様々なイベントを実施する「図書館フェスタ2023」を開催します。

絵本作家の長谷川義史さんによる絵本の読み聞かせやウクレレの演奏などの絵本ライブを開催します。詳細は当日までのお楽しみ。


るんるん日 時るんるん 2023年1月28日(土)10:30〜12:15(10:00から受付開始)
るんるん場 所るんるん 複合型交流拠点ウィズあかし(アスピア明石北館8階 フリースペース)
      〒673-0886 兵庫県明石市東仲ノ町6-1
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん定 員るんるん 50人程度
るんるん対象者るんるん どなたでも
るんるん申込期限るんるん 2022年12月28日(水)まで(必着)
るんるん申込方法るんるん 申込フォーム・はがき・ファクシミリ・メールに下記の@〜Dの内容を記載
  @代表者の名前(ふりがな)
  A代表者の郵便番号・住所
  B代表者の電話番号
  C参加者の名前(代表者を除き、3名まで)
  D車いすでの来場や手話通訳・要約筆記の希望がある場合はその内容
  ※応募多数時は抽選のうえ、1月中旬までに当選者へ郵送で当選通知を発送
  ※代表者を含め、1つの申し込みで4人まで応募可能
るんるん申込先るんるん 明石市政策局本のまち推進課「絵本ライブ」係
   〒673-8686 兵庫県明石市中崎1丁目5番1号
   fax to 078-918-5155
   mail to hon_event@city.akashi.lg.jp)へ。
るんるん問合先るんるん 明石市政策局本のまち推進課 電話 078-918-5209
巷でささやかれている半導体不足について考える @ 山陽小野田市立中央図書館「第44回サイエンス・カフェ [2022年12月14日(Wed)]
12月24日(土)、山陽小野田市立中央図書館で、第44回サイエンス・カフェ「巷でささやかれている半導体不足について考える」が開催されますぴかぴか(新しい)

F6B64DB3-B095-451B-8151-66308D25CBBC.jpeg

山陽小野田市立 山口東京理科大学の先生方に、それぞれの専門分野について高校生にも分かりやすくお話ししていただく講座『サイエンス・カフェ』を開催します。
44回目となる今回のテーマは『巷でささやかれている半導体不足について考える』です。

ここ数年多くの方々は、家電製品が買えない・修理できない、自動車の納期が遅いということをご経験されていると思います。
新聞紙上等で原因は「半導体不足」とされていることはご存じのとおりです。今回は、世の中で受け入れられつつある「半導体」という言葉の意味・定義について解説し、なぜ半導体不足が生じたのかということや日本が抱えている大きな問題について皆様方と議論したいと考えています。


るんるん日 時るんるん 2022年12月24日(土)13:30〜15:00
るんるん会 場るんるん 山陽小野田市立中央図書館 2F 第1会議室
るんるん講 師るんるん 金田和博(山陽小野田市立山口東京理科大学 共通教育センター 教授)
るんるん対 象るんるん 高校生以上
るんるん定 員るんるん 20名程度 (要申込み)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるんお願いるんるん マスクの着用
るんるん申込方法るんるん  カウンター・電話・FAX ・ E-mail
るんるん主催・問合・申込るんるん 山陽小野田市立中央図書館
   電話 0836-83-2870
   fax to 0836-83-3564
   mail to cyuo-library●city.sanyo-onoda.lg.jp
   (●は@に置き換えてください)


かわいい金田和博(かねだ・かずひろ)かわいい
 学位:博士(理学)
 専門分野:酸化物物性・機能薄膜形成 
【略歴】    
東京理科大学理学部 第一部応用物理学科 卒業
東京理科大学大学院理学研究科 物理学専攻修士課程 修了
東京理科大学大学院理学研究科 物理学専攻博士課程 修了
三洋電機 研究開発本部 主任研究員
山陽小野田市立山口東京理科大学 共通教育センター 教授
意外な発見 @ 山陽小野田市立中央図書館「随筆カフェ」 [2022年12月13日(Tue)]
12月17日(土) 、山陽小野田市立中央図書館で、「随筆カフェ」が開催されますぴかぴか(新しい)

7658FBC6-AB1B-4CDD-9933-6A06DC1866F4.jpeg

随筆カフェとは、
 ●随筆を書いたことがある人
 ●これから随筆を書きたいと思っている人
 ●おもしろい随筆を読みたい人
が集まって、皆で気軽におしゃべりする会です。
12月のテーマは『意外な発見』です。
みなさん、お気軽にご参加ください!!


るんるん日時るんるん 2022年12月17日(土)10:00〜
るんるん会場るんるん 山陽小野田市立中央図書館 2F 第1会議室
るんるん対象るんるん どなたでも参加可能(要申込)
  ※書いてこられる方は、できれば12フォント、1600字(400字詰め 原稿用紙4枚分)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるんお願いるんるん マスクの着用
るんるん主催・問合・申込るんるん 山陽小野田市立中央図書館
   電話 0836-83-2870
   fax to 0836-83-3564
   mail to cyuo-library●city.sanyo-onoda.lg.jp
   (●は@に置き換えてください)
児童文学作家 村中李衣さんによる「児童文学わいわい講座」 @ 山陽小野田市立中央図書館 [2022年12月12日(Mon)]
12月17日(土)、山陽小野田市立中央図書館で、児童文学作家 村中李衣さんによる「児童文学わいわい講座」が開催されますぴかぴか(新しい)

C6884056-3608-4136-BB28-17CE6E2C71C5.jpeg

児童文学作家 村中李衣先生と絵本や児童文学について楽しくわいわい語りましょう!

るんるん日 時るんるん 2022年12月17日(土)13:00〜
るんるん会 場るんるん 山陽小野田市立中央図書館 2F 視聴覚ホール
るんるん講 師るんるん 村中李衣 (児童文学作家)
るんるん定 員るんるん 30名(要申込)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるんお願いるんるん マスクの着用
るんるん主催・問合・申込るんるん 山陽小野田市立中央図書館
   電話 0836-83-2870
   fax to 0836-83-3564
   mail to cyuo-library●city.sanyo-onoda.lg.jp
   (●は@に置き換えてください)


かわいい村中李衣さんプロフィールかわいい
1958年山陽小野田市出身。ノートルダム清心女子大学教授。 0歳から100歳までのあらゆる人とあらゆる場所で、絵本の読みあいを続けている。 1984年 『かむさはむにだ』(高田三郎/絵 偕成社 1983)で第17回日本児童文学者協会新人賞、 1985年 『小さいベッド』(かみやしん/絵 偕成社 1984.7)で第32回サンケイ児童出版文化賞、 1990年 『おねいちゃん』(中村悦子/絵 理論社 1989)で第28回野間児童文芸賞、 2013年 『チャーシューの月』(佐藤真紀子/絵 小峰書店 2012.12)で第53回日本児童文学者協会賞、 2017年 「長期入院児のための絵本の読みあい」で第1回日本絵本研究賞、 2020年 『あららのはたけ』(石川えりこ/絵 偕成社 2019)で第35回坪田譲治文学賞、2022年『こくん』(石川えりこ/絵 童心社 2019)で第7回JBBY賞・バリアフリー図書部門受賞。 『かあさんのしっぽっぽ』(藤原ヒロコ/絵 BL出版 2014.3)、 山陽小野田市立中央図書館で行われている「ぬいぐるみの図書館おとまり会」にヒントを得た物語『よるのとしょかん だいぼうけん』(北村裕花/絵 BL出版 2015.12)、『マネキンさんがきた』 (武田美穂/絵 BL出版 2018.4) 、『はじめよう! ブックコミュニケーション』(村中李衣・伊木洋/著 金子書房 2019.11)、『女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい』 (村中李衣/編著 中島学/著 かもがわ出版 2021.6)、『体育がある』 (長野ヒデ子/絵 文研出版 2021.9)、『「こどもの本」の創作講座 ―おはなしの家を建てよう』(石川えりこ/絵 金子書房 2022.1)など著作多数。
| 次へ