• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
第40回やまぐち朗読Cafe 〜朗読と蓄音器ジャズの夕べ〜@第1部 蓄音器ジャズ [2022年09月30日(Fri)]
9月27日(火)、ジャズ スポット ポルシェで開催された「第40回やまぐち朗読Cafe 〜朗読と蓄音器ジャズの夕べ〜」に参加しましたぴかぴか(新しい)

IMG_5660.JPG

進行は中原中也記念館の中原豊館長です。 参加者は、スタッフ2名・見学者1名を入れて13名。

C06AEEC2-C909-40EE-960E-A70232DA6D95.jpeg


第1部 蓄音器ジャズ

今回は男性ヴォーカル特集です。
コロムビアとデッカのレコードです。

0117290C-52FF-47B0-AE41-9C86A51B796E.jpeg


1.Bing Crosby(ビング・クロスビー)
演奏:Lennie Hayton and His Orchestra(レニー・ヘイトン楽団)
レーベル:Columbia
発売:日本コロムビア

1933年にロサンゼルスで録音され、Brunswick(ブランズウィック)からリリースされています。

IMG_5640 (2).JPG


@「Home on the Range(峠の我が家)」

IMG_E5643.JPG

編曲:David W. Guion(デビッド・ギオン)

アメリカ合衆国の民謡で、1947年にカンザス州の州歌に制定されました。
「range」は「範囲・領域」という意味で、原題の「range」は「峠」というより「平原」のような広い場所をイメージしているようです。


A「The Last Roud-up(最後の巻狩)」

IMG_E5644.JPG

作:Billy Hill(ビリー・ヒル)



2.Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)
演奏:Orchestra Directed by Sy Oliver(サイ・オリヴァー)
レーベル:DECCA  
レコード番号:DE-41
制作:テイチク

バンドリーダーのSy Oliver(サイ・オリヴァー)は、トランペット奏者です。

IMG_5641.JPG


B「I Get Ideas(When We Are Dancin')」

IMG_E5645.JPG

作曲:Julio Cesar Sanders(フリオ・サンデルス) 1927年
英語の作詞:Dorcas Cochran(ドーカス・コクラン) 1951年
リリース:1951年

元歌はタンゴの「Adiós muchachos(アディオス・ムチャーチョス)(邦題:さらば友よ)」です。


C「A Kiss to Build a Dream On(夢を描くキッス)」

IMG_E5646.JPG

Bert Kalmar(バート・カルマー)、Harry Ruby(ハリー・ルビー)、Oscar Hammerstein II(オスカー・ハマースタインII世)が作曲した曲。


【次回に続く】
第39回やまぐち朗読Cafe 〜朗読と蓄音器ジャズの夕べ〜A第2部 自由朗読 [2022年09月29日(Thu)]
【前回の続き】

第2部 自由朗読

1.山口
坂口安吾「桜の森の満開の下」 抜粋+中原中也記念館特別企画展「坂口安吾と中原中也――風と空と」パンフレット(P.25 「桜の森の満開の下」要約)より

(略)
 彼の目は霞んでゐました。彼はより大きく目を見開くことを試みましたが、それによつて視覚が戻つてきたやうに感じることができませんでした。なぜなら、彼のしめ殺したのはさつきと変らず矢張り女で、同じ女の屍体がそこに在るばかりだからでありました。
 彼の呼吸はとまりました。彼の力も、彼の思念も、すべてが同時にとまりました。女の屍体の上には、すでに幾つかの桜の花びらが落ちてきました。彼は女をゆさぶりました。呼びました。抱きました。徒労でした。彼はワッと泣きふしました。たぶん彼がこの山に住みついてから、この日まで、泣いたことはなかつたでせう。そして彼が自然に我にかへつたとき、彼の背には白い花びらがつもつてゐました。
 そこは桜の森のちやうどまんなかのあたりでした。四方の涯は花にかくれて奥が見えませんでした。日頃のやうな怖れや不安は消えてゐました。花の涯から吹きよせる冷めたい風もありません。たゞひつそりと、そしてひそひそと、花びらが散りつゞけているばかりでした。彼は始めて桜の森の満開の下に坐つてゐました。いつまでもそこに坐つてゐることができます。彼はもう帰るところがないのですから。
 桜の森の満開の下の秘密は誰にも今も分りません。あるいは「孤独」といふものであつたかも知れません。なぜなら、男はもはや孤独を怖れる必要がなかつたのです。彼自らが孤独自体でありました。
 彼は始めて四方を見廻しました。頭上に花がありました。その下にひつそりと無限の虚空がみちてゐました。ひそひそと花が降ります。それだけのことです。外には何の秘密もないのでした。
 ほど経て彼はたゞ一つのなまあたゝかな何物かを感じました。そしてそれが彼自身の胸の悲しみであることに気がつきました。花と虚空の冴えた冷めたさにつゝまれて、ほのあたたかいふくらみが、すこしづゝ分りかけてくるのでした。
 彼は女の顔の上の花びらをとつてやらうとしました。彼の手が女の顔にとゞかうとした時に、何か変つたことが起つたように思はれました。すると、彼の手の下には降りつもつた花びらばかりで、女の姿は掻き消えてたゞ幾つかの花びらになつてゐました。そして、その花びらを掻き分けようとした彼の手も彼の身体も延した時にはもはや消えてゐました。あとに花びらと、冷めたい虚空がはりつめてゐるばかりでした。



T・Hさんのように上手に要約できないので、今、中原中也記念館で開催中の「坂口安吾と中原中也――風と空と」のパンフレットにあった文章を本文を朗読する前に読ませていただきました。
今回のパンフレット、コロナ禍で万が一特別展が中止になって展示を鑑賞することができなくても、読み物として楽しめるように配慮して作られたそうです。ぜひ、ご一読ください。

『坂口安吾と中原中也―風と空と』
(中原中也記念館/編集・発行 2022.7.28)
6CBBE866-7E92-411F-AF3F-2555D905C8AC.jpeg



2.N・Mさん
宮沢賢治「あすこの田はねえ」
(『震災学』Vol.14 第5章 震災と文学 「言葉のありか、心のありか、震災9年、10年へ。」で和合亮一さんが紹介)

『震災学』Vol.14
(東北学院/発行 荒蝦夷/発売 2020.3)
AEDE0972-955A-404A-9CBB-5F894DC4FFD5.jpeg


一〇八二  〔あすこの田はねえ〕
   一九二七、七、一〇、

あすこの田はねえ
あの種類では窒素があんまり多過ぎるから
もうきっぱりと灌水(みづ)を切ってね
三番除草はしないんだ
  ……一しんに畔を走って来て
    青田のなかに汗拭くその子……
燐酸がまだ残ってゐない?
みんな使った?
それではもしもこの天候が
これから五日続いたら
あの枝垂れ葉をねえ
斯ういふ風な枝垂れ葉をねえ
むしってとってしまふんだ
  ……せはしくうなづき汗拭くその子
    冬講習に来たときは
    一年はたらいたあととは云へ
    まだかゞやかな苹果のわらひをもってゐた
    いまはもう日と汗に焼け
    幾夜の不眠にやつれてゐる……
それからいゝかい
今月末にあの稲が
君の胸より延びたらねえ
ちゃうどシャッツの上のぼたんを定規にしてねえ
葉尖を刈ってしまふんだ
  ……汗だけでない
    泪も拭いてゐるんだな……
君が自分でかんがへた
あの田もすっかり見て来たよ
陸羽一三二号のはうね
あれはずゐぶん上手に行った
肥えも少しもむらがないし
いかにも強く育ってゐる
硫安だってきみが自分で播いたらう
みんながいろいろ云ふだらうが
あっちは少しも心配ない
反当三石二斗なら
もうきまったと云っていゝ
しっかりやるんだよ
これからの本当の勉強はねえ
テニスをしながら商売の先生から
義理で教はることでないんだ
きみのやうにさ
吹雪やわづかの仕事のひまで
泣きながら
からだに刻んで行く勉強が
まもなくぐんぐん強い芽を噴いて
どこまでのびるかわからない
それがこれからのあたらしい学問のはじまりなんだ
ではさやうなら
  ……雲からも風からも
    透明な力が
    そのこどもに
    うつれ……

 
   (『春と修羅 第三集』より)



3.原明子さん
坂口安吾「ピエロ伝道者」

 空にある星を一つ欲しいと思いませんか? 思わない? そんなら、君と話をしない。
 屋根の上で、竹竿を振り廻す男がいる。みんなゲラゲラ笑ってそれを眺めている。子供達まで、あいつは気違いだね、などと言う。僕も思う。これは笑わない奴の方が、よっぽどどうかしている、と。そして我々は、痛快に彼と竹竿を、笑殺しようではないか!
 しかし君の心は言いはしないか? 竹竿を振り廻しても所詮はとどかないのだから、だから僕は振り廻す愚をしないのだ、と。もしそうとすれば、それはあきらめているだけの話だ。君は決して星が欲しくないわけではない。しかし僕は、そういう反省を君に要求しようと思わない。又、「大人」になって、人に笑われずに人を笑うことが、君をそんなに偉くするだろうか? なぞとききはしない。その質問は君を不愉快にし、又もし君が、考え深い感傷家なら、自分の身の上を思いやって悲しみを深めるに違いないから。
 僕は礼儀を守ろう! 僕等の聖典に曰く、およそイエス・ノオをたずぬべからず、そは本能の犯す最大の悪徳なればなり、と。又曰く、およそイエス・ノオをたずぬべからず。犬は吠ゆ、これ悲しむべし、人は吠えず、吠ゆべきか、吠えざるべきかに迷い、迷いて吠えず、故に甚しく人なり、と。
 竹竿を振り廻す男よ、君はただ常に笑われてい給え。決して見物に向って、「君達の心にきいてみろ!」と叫んではならない。「笑い」のねうちを安く見積り給うな。笑い声は、音響としては騒々しいものであるけれど、人生の流れの上では、ただ静粛な跫音である時がある。竹竿を振り廻す男よ、君の噴飯すべき行動の中に、泪や感慨の裏打ちを暗示してはならない。そして、それをしないために、君の芸術は、一段と高尚な、そして静かなものになる。

 日本のナンセンス文学は、行詰っていると人々はいう。途方もない話だ。日本のナンセンス文学は、まだナンセンスにさえならない。井伏氏や中村氏の先駆者としての立派な足跡は認めなければならない。そして彼等はよき天分をもつ芸術家である。しかし正しい見方からすれば、あれはナンセンスではない。ことに中村氏は、笑いの裏側に、常に心臓を感じさせようとする。そして或時は奇術師のように、笑いと涙の混沌をこねだそうとする。ナンセンスは「意味センス、無しノン」と考えらるべきであるのに、今、日本のモダン語「ナンセンス」は「悲しき笑い」として通用しようとしている。此の如き解釈を持つモダン人種のために、「悲しき笑い」は美くしき奇術であるかも知れない。そして中村氏のナンセンスは彼等を悲しますかも知れない。しかし、人を悲しますために笑いを担ぎ出すのは、むしろ芸術を下品にする。笑いは涙の裏打ちによって静かなものにはならない。むしろその笑いは、騒がしいものになる。チャップリンは、二巻物の時代だけでも立派な芸術家であったのだ。
 いつであったかセルバンテスのドン・キホーテは最も悲しい文学であると、アメリカの誰かが賞讃していたのを記憶している。アメリカらしい悪趣味な讃辞であると言わなければならない。成程、空想癖のある人間ならば、ドン・キホーテの乱痴気騒ぎを他人ごとでは読みすごせない。我々は、物静かな跫音に深く心を吸われる。それでいい。なぜ「笑い」が「笑い」のまま芸術として通用できぬのであろうか? 笑いはそんなにも騒々しいものであろうか? 涙はそんなにも物静かなものであろうか?

 すべて「一途」がほとばしるとき、人間は「歌う」ものである。その人その人の容器に順って、悲しさを歌い、苦しさを歌い、悦びを歌い、笑いを歌い、無意味を歌う。それが一番芸術に必要なのだ。これ程素直な、これ程素朴な、これ程無邪気なものはない。この時芸術は最も高尚なものになる。素直さは奇術の反対である。そして、この素直さから、その人柄にしたがって、涙の裏打をした笑いがほとばしるなら、それはそれで一番正しい。そして中村氏は、かなり本質的に、「悲しき笑い」の持ち主ではある。しかし中村氏は、往々にして無理な奇術を弄している。それはいけない。

 日本では、本質的なファースとして、古来存在していたものは、寄席だけのようである。勝れた心構えの人によって用いられたなら、落語も立派な芸術になる筈である。昔は知らない。少くとも今の寄席は、遺憾ながら話にもならない。僕の知る限りで、「莫迦々々しさ」を「歌」った人は、数年前に死んだ林屋正蔵。今の人では、古今亭今輔。それだけ。

 日本のナンセンス文学は、涙を飛躍しなければならない。「莫迦々々しさ」を歌い初めてもいい時期だ。勇敢に屋根へ這い登れ! 竹竿を振り廻し給え。観衆の涙に媚び給うな。彼等から、それは芸術でない、ファースであると嘲笑されることを欣快とし給え。しかしひねくれた道化者になり給うな。寄席芸人の卑屈さを学び給うな。わずかな衒学をふりかざして、「笑う君達を省みよ」と言い給うな。見給え。竹竿を振り廻す莫迦が、「汝等を見よ!」と叫んだとすれば、おかしいではないか。それは君自身をあさましくするだけである。すべからく「大人」になろうとする心を忘れ給え。
 忘れな草の花を御存じ? あれは心を持たない。しかし或日、恋になやむ一人の麗人を慰めたことを御存じ?
 蛙飛び込む水の音を御存じ?


IMG_E5376.JPG



4.F・Kさん
小池真理子「抱きしめ、抱きしめられたい」
「月夜の森の梟」36(朝日新聞土曜別刷り「be」2021年3月6日掲載)

『月夜の森の梟』
(小池真理子/著 朝日新聞出版 2021.11)
月夜の森の梟.jpg



5、T・Hさん
山川方夫「夏の葬列」

(略)
「なんの病気で死んだの? この人」
 うきうきした、むしろ軽薄な口調で彼はたずねた。
「この小母さんねえ、気違いだったんだよ」
 ませた目をした男の子が答えた。
「一昨日(おととい)ねえ、川にとびこんで自殺しちゃったのさ」
「へえ。失恋でもしたの?」
「バカだなあ小父さん」運動靴の子供たちは、口々にさもおかしそうに笑った。「だってさ、この小母さん、もうお婆(ばあ)さんだったんだよ」
「お婆さん? どうして。あの写真だったら、せいぜい三十くらいじゃないか」
「ああ、あの写真か。……あれねえ、うんと昔のしかなかったんだってよ」
 洟はなをたらした子があとをいった。
「だってさ、あの小母さん、なにしろ戦争でね、一人きりの女の子がこの畑で機銃で撃たれて死んじゃってね、それからずっと気が違っちゃってたんだもんさ」

 葬列は、松の木の立つ丘へとのぼりはじめていた。遠くなったその葬列との距離を縮めようというのか、子供たちは芋畑の中におどりこむと、歓声をあげながら駈(か)けはじめた。
 立ちどまったまま、彼は写真をのせた柩(ひつぎ)がかるく左右に揺れ、彼女の母の葬列が丘を上って行くのを見ていた。一つの夏といっしょに、その柩の抱きしめている沈黙。彼は、いまはその二つになった沈黙、二つの死が、もはや自分のなかで永遠につづくだろうこと、永遠につづくほかはないことがわかっていた。彼は、葬列のあとは追わなかった。追う必要がなかった。この二つの死は、結局、おれのなかに埋葬されるほかはないのだ。
 ――でも、なんという皮肉だろう、と彼は口の中でいった。あれから、おれはこの傷にさわりたくない一心で海岸のこの町を避けつづけてきたというのに。そうして今日、せっかく十数年後のこの町、現在のあの芋畑をながめて、はっきりと敗戦の夏のあの記憶を自分の現在から追放し、過去の中に封印してしまって、自分の身をかるくするためにだけおれはこの町に下りてみたというのに。……まったく、なんという偶然の皮肉だろう。
 やがて、彼はゆっくりと駅の方角に足を向けた。風がさわぎ、芋の葉の匂(におい)がする。よく晴れた空が青く、太陽はあいかわらず眩(まぶ)しかった。海の音が耳にもどってくる。汽車が、単調な車輪の響きを立て、線路を走って行く。彼は、ふと、いまとはちがう時間、たぶん未来のなかの別な夏に、自分はまた今とおなじ風景をながめ、今とおなじ音を聞くのだろうという気がした。そして時をへだて、おれはきっと自分の中の夏のいくつかの瞬間を、一つの痛みとしてよみがえらすのだろう……。
 思いながら、彼はアーケードの下の道を歩いていた。もはや逃げ場所はないのだという意識が、彼の足どりをひどく確実なものにしていた。



『日本近代短篇小説選 昭和篇3』 (岩波文庫)
(紅野敏郎・紅野謙介・千葉俊二・宗像和重・山田俊治/編 岩波書店 2012.9)
4AEDBF03-646B-46C4-A5CD-27158424C7FD.jpeg

T・Hさんは、本文を朗読される前に、いつも読まれない部分の要約を話されるのですが、それが、すごくいいんです。物語のドアがギイと開かれ、朗読が始まる時には、物語の世界にどっぷりと引き込まれています揺れるハート



6、S・Tさん
小池昌代「抱擁」
(『図書』2020年8月号より)

『図書』2020年8月号(岩波書店 2020.8)
CA692BB6-D040-4173-9CF7-016A09B0463C.jpeg



7、M・Aさん
2022年8月14日付中国新聞「天風録」



8、K・Kさん
芥川龍之介「沼」

 おれは沼のほとりを歩いてゐる。
 昼か、夜(よる)か、それもおれにはわからない。唯、どこかで蒼鷺(あをさぎ)の啼く声がしたと思つたら、蔦葛(つたかづら)に掩(おほ)はれた木々の梢(こずゑ)に、薄明りの仄(ほの)めく空が見えた。
 沼にはおれの丈(たけ)よりも高い芦(あし)が、ひつそりと水面をとざしてゐる。水も動かない。藻(も)も動かない。水の底に棲(す)んでゐる魚も――魚がこの沼に棲んでゐるであらうか。
 昼か、夜か、それもおれにはわからない。おれはこの五六日、この沼のほとりばかり歩いてゐた。寒い朝日の光と一しよに、水の(にほひ)や芦(あし)の奄ミがおれの体を包んだ事もある。と思ふと又枝蛙(えだかはづ)の声が、蔦葛(つたかづら)に蔽(おほ)はれた木々の梢から、一つ一つかすかな星を呼びさました覚えもあつた。
 おれは沼のほとりを歩いてゐる。
 沼にはおれの丈(たけ)よりも高い芦が、ひつそりと水面をとざしてゐる。おれは遠い昔から、その芦の茂つた向うに、不思議な世界のある事を知つてゐた。いや、今でもおれの耳には、Invitation au Voyage の曲が、絶え絶えに其処(そこ)から漂(ただよ)つて来る。さう云へば水の奄竏ーの奄送つて来はしないであらうか。
 昼か、夜か、それもおれにはわからない。おれはこの五六日、その不思議な世界に憧(あこが)れて、蔦葛(つたかづら)に掩はれた木々の間(あひだ)を、夢現(ゆめうつつ)のやうに歩いてゐた。が、此処(ここ)に待つてゐても、唯芦と水とばかりがひつそりと拡がつてゐる以上、おれは進んで沼の中へ、あの「スマトラの忘れな艸(ぐさ)の花」を探しに行(ゆ)かなければならぬ。見れば幸(さいはひ)、芦の中から半(なか)ば沼へさし出てゐる、年経(としへ)た柳が一株ある。あすこから沼へ飛びこみさへすれば、造作(ざうさ)なく水の底にある世界へ行(ゆ)かれるのに違ひない。
 おれはとうとうその柳の上から、思ひ切つて沼へ身を投げた。
 おれの丈(たけ)より高い芦が、その拍子(ひやうし)に何かしやべり立てた。水が呟(つぶや)く。藻(も)が身ぶるひをする。あの蔦葛(つたかづら)に掩(おほ)はれた、枝蛙(えだかはづ)の鳴くあたりの木々さへ、一時はさも心配さうに吐息(といき)を洩(も)らし合つたらしい。おれは石のやうに水底(みなそこ)へ沈みながら、数限りもない青い焔が、目まぐるしくおれの身のまはりに飛びちがふやうな心もちがした。
 昼か、夜か、それもおれにはわからない。
 おれの死骸は沼の底の滑(なめら)かな泥に横(よこたは)つてゐる。死骸の周囲にはどこを見ても、まつ青(さを)な水があるばかりであつた。この水の下にこそ不思議な世界があると思つたのは、やはりおれの迷(まよ)ひだつたのであらうか。事によると Invitation au Voyage の曲も、この沼の精が悪戯(いたづら)に、おれの耳を欺(だま)してゐたのかも知れない。が、さう思つてゐる内に、何やら細い茎が一すぢ、おれの死骸の口の中から、すらすらと長く伸び始めた。さうしてそれが頭の上の水面へやつと届いたと思ふと、忽ち白い睡蓮(すゐれん)の花が、丈の高い芦に囲まれた、藻の奄フする沼の中に、的皪(てきれき)と鮮(あざやか)な莟(つぼみ)を破つた。
 これがおれの憧(あこがれ)てゐた、不思議な世界だつたのだな。――おれの死骸はかう思ひながら、その玉のやうな睡蓮(すゐれん)の花を何時(いつ)までもぢつと仰ぎ見てゐた。
  (大正九年三月)



『文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション 第一期第一巻「夢 夏目漱石・芥川龍之介ほか 」』
(夏目漱石・内田百閨E中勘助・芥川龍之介・谷崎潤一郎・佐藤春夫・志賀直哉・夢野久作・北杜夫・小泉八雲/著 東雅夫/編 山科理絵/絵 汐文社 2016.11)
ADA83AFC-5D2B-4ADE-B037-45C150F2BAAF.jpeg



9、W・Kさん
自作「わが暴走」



10、M・Tさん
中原中也「更くる夜」

 更くる夜
   内海誓一郎に

毎晩々々、夜が更(ふ)けると、近所の湯屋の
  水汲む音がきこえます。
流された残り湯が湯気となつて立ち、
  昔ながらの真つ黒い武蔵野の夜です。
おつとり霧も立罩(たちこ)めて
  その上に月が明るみます、
と、犬の遠吠がします。

その頃です、僕が囲炉裏(ゐろり)の前で、
  あえかな夢をみますのは。
随分……今では損はれてはゐるものの
  今でもやさしい心があつて、
こんな晩ではそれが徐(しづ)かに呟きだすのを、
  感謝にみちて聴(き)いるのです、
感謝にみちて聴(き)いるのです。




11、S・Mさん
西本喜美子「セルフポートレート」
(『ひとりじゃなかよ』より)

『ひとりじゃなかよ』
(西本喜美子/作 飛鳥新社 2016.7)
D09697CA-31D7-4210-BB8A-BCA075E847DE.jpeg



12、中原豊さん
坂口安吾「ふるさとに寄する讃歌」より

(略)
 私は耳を澄ました。私は忍びやかに通りすぎた。私は窓を仰いだ。長くして、私はただ笑つた。私は海へ行つた。人気ない銀色の砂浜から、私は海中へ躍り込んだ。爽快に沖へ出た。掌は白く輝いて散乱した。海の深さがしづもつてゐた。突然私は死を思ひ出してゐた。私は怖れた。私の身体は、心よりも尚はやく狼狽しはぢめてゐた。私の手に水が当らなくなつてゐた。手足は感覚を失つた。私の吐く潮が、鋭い音をたてた。私は自分が今吹き出していい欲望にかられてゐることを、滑稽な程悲痛に、意識した。私は陸(オカ)へ這ひ上つた。私は浜にねた。私は深い睡りにおちた。
 その夜、病院へ泊つた。私は姉に会ふことを、さらに甚しく欲しなかつた。なぜなら、実感のない会話を交へねばならなかつたから。そして私は省るに、語るべき真実の一片すら持たぬやうであつた。心に浮ぶものは、すべて強調と強制のつくりものにみえた。私は偶然思ひ出してゐた。彼女に再び逢ふ機会はあるまい、と。それは、意味もなく、あまり唐突なほど、そして私が決して私自身に思ひ込ませることが出来ないほど、やるせない悲しみに私を襲ふのであつた。私は、かやうな遊戯に、この上もなく退屈してゐた。しばらくして、もはや無心に雲を見てゐた。
 姉も亦、姉自身の嘘を苦にやんでゐた。姉は見舞客の嘘に悩んで、彼等の先手を打つやうに、姉自身嘘ばかりむしろ騒がしく吐きちらした。それは白い蚊帳だつた。電燈を消して、二人は夜半すぎるまで、出まかせに身の不幸を欺き合つた。一人が真実に触れやうとするとき、一人はあわただしく話題を変へた。同情し合ふフリをした。嘘の感情に泪ながした。くたびれて、睡つた。
 朝、姉の起きぬうちに、床をぬけて海へ行つた。

 港に六千噸(トン)の貨物船がはいつた。耳寄りなニュースに、港の隆盛を町の人々が噂した。私は裏町に、油くさい庖厨(ほうちゅう)の香を嗅いだ、また裏町に、開け放された格子窓から、脂粉の匂に噎んでゐた。湯垢の香に私はしみた。そして太陽を仰いだ。しきりに帰心の陰が揺れた。
 東京の空がみえた。置き忘れてきた私の影が、東京の雑踏に揉まれ、蹂(ふ)みしだかれ、粉砕されて喘へいでゐた。限りないその傷に、無言の影がふくれ顔をした。私は其処へ戻らうと思つた。無言の影に言葉を与へ、無数の傷に血を与へやうと思つた。虚偽の泪を流す暇はもう私には与へられない。全てが切実に切迫してゐた。私は生き生きと悲しもう。私は塋墳(えいふん)へ帰らなければならない。と。
 バクダンがバクダン自身を粉砕した。傍に男が、爽快な空に向つて煙草の火をつけた。

 私達はホテルの楼上に訣別の食卓をかこんだ。街の灯が次第にふへた。私は劇しくイライラしてゐた。姉は私の気勢に呑まれて沈黙した。私達は停車場へ行つた。私達は退屈してゐた。汽車がうごいた。私は興奮した、夢中に帽子を振つた。
 別れのみ、にがかつた。



『ふるさとに寄する讃歌』 (角川文庫)
(角川書店 1971.10)
8CFA9B56-158D-4465-8CB4-4B7766F194E0.jpeg

IMG_E5378.JPG
第39回やまぐち朗読Cafe 〜朗読と蓄音器ジャズの夕べ〜@第1部 蓄音器ジャズ [2022年09月28日(Wed)]
8月30日(火)、ジャズ スポット ポルシェで開催された「第39回やまぐち朗読Cafe 〜朗読と蓄音器ジャズの夕べ〜」に参加しましたぴかぴか(新しい)

IMG_E5362.JPG

進行は中原中也記念館の中原豊館長です。 参加者は、スタッフ2名を入れて11名。

IMG_E5363.JPG 


第1部 蓄音器ジャズ

今回はあまりメジャーでないビッグバンド特集です。

1.Harry James & His Orchestra(ハリー・ジェイムス・オーケストラ)
 「I Need You Now」

IMG_E5366.JPG IMG_E5369.JPG

バンドリーダーのHarry James(ハリー・ジェイムス)(1916〜1983)は、トランペット奏者で、ベニー・グッドマンの伝記映画『ベニイ・グッドマン物語』などに俳優として本人役で出演しています。



2.Hal Kemp and His Orchestra(ハル・ケンプ・オーケストラ)
  「Lucky」

IMG_E5364.JPG IMG_E5375.JPG

「Tango」とあるようにタンゴのリズムです。



3.Ralph Flanagan and His Orchestra(ラルフ・フラナガン楽団) 
  「Dexie Jump」(ディキシー・ジャンプ)

IMG_E5367.JPG IMG_E5372.JPG

バンドリーダーのRalph Flanagan(ラルフ・フラナガン)は、ピアノ奏者です。



4.Les Elgart and His Orchestra(レス・エルガート・オーケストラ)
  「Mister Sandman」(ミスター・サンドマン)

作曲:Pat Ballard

IMG_E5373.JPG

バンドリーダーのLes Elgart(レス・エルガート)(Lester Elliott Elgart) (1917〜1995)は、トランペット奏者です。

「Mister Sandman」は、The Chordettes(ザ・コーデッツ)という女性4人のボーカル・グルーによって1954年に大ヒットします。
また、日本でも1985年に公開され大ヒットした映画「Back to the Future(バック・トゥ・ザ・フューチャー)」で、主人公マーティ・マクフライがデロリアンで過去(1955年)へタイム・スリップし、Hill Valley(ヒルバレー)の街に入ったところで、The Four Aces(フォー・エイセス)という男性4人のボーカル・グループの歌う「Mister Sandman」が流れます。


【次回に続く】
ヨシタケシンスケ展かもしれない @ ひろしま美術館 [2022年09月27日(Tue)]
9月23日(金・祝)〜11月20日(日)、ひろしま美術館で、「ヨシタケシンスケ展かもしれない」が開催されていますぴかぴか(新しい)

49D25470-F927-49D6-BDD6-0C62A1A080D6.jpeg

「かもしれない」で広がる世界
ヨシタケシンスケ
初の大規模展覧会開催!
絵本作家としてのデビュー作『りんごかもしれない』(2013年)以降、子どもから大人まで大ブームを巻き起こしているヨシタケシンスケ。
頭のなかに広がる果てしない妄想やアイデア、クスッと笑える人のクセやしぐさ、世界の真理をつくようなものの見方を細いペン先で描き続け、多くの人々をひきつけています。
ヨシタケさんは絵本を出版する以前から、イラストレーター、造形作家として活躍してきました。
初の大規模個展となる本展では、作家の発想の源である小さなスケッチや絵本原画、本展のためにヨシタケさんが考案した立体物や愛蔵のコレクションなど約400点以上を展示し、作家の「頭のなか」をのぞいてみます。
発想の豊かさに支えられたヨシタケさんの「かもしれない」展示空間を、ぜひご体感ください。


るんるん会期るんるん 2022年9月23日(金・祝)〜11月20日(日)  会期中無休
 ※全日程において先着順の整理券配布による入館制限を実施
  (入館時間帯の希望および予約は受け付けていない)
   https://yoshitake-ten.exhibit.jp/pdf/hiroshima_seiriken.pdf
るんるん開館時間るんるん 9:00〜17:00(入館は 16:30 まで)
るんるん会場るんるん ひろしま美術館
     広島市中区基町3-2 中央公園内
るんるん観覧料るんるん 一般 1,300円(1,100円) 大学・高校生 1,000円(800円) 小・中学生 500円(300円)
 ※( ) 内は団体(20人以上)の料金
 ※未就学児童は無料
 ※本展の入館券でコレクション展示も観覧可。コレクション展示のみの入館券は販売していない。
 ※障がい者手帳を持参の方は、本人と同伴者1人が無料
 ※65歳以上は、1,100円。当日受付に年齢確認の出来るものを提示
るんるん主催るんるん 公益財団法人ひろしま美術館、朝日新聞社、白泉社、広島ホームテレビ、中国新聞社
るんるん協力るんるん アリス館、PHP研究所、ブロンズ新社、ポプラ社
子どもと本の講座 広松由希子さん講演会「めくるよろこび 広くて深い絵本の世界」 @ はつかいち市民図書館 [2022年09月26日(Mon)]
10月16日(日)、はつかいち市民図書館で、広松由希子さんによる子どもと本の講座「めくるよろこび 広くて深い絵本の世界」が開催されますぴかぴか(新しい)

6890375F-EE3A-4084-B44C-4229DE805A35.jpeg

国内外の絵本に精通した絵本の作家・翻訳家・評論家の広松由希子さんを講師に迎え、自身の読書経験や絵本制作の舞台裏、絵本をどのように選び、見るか、など広くて深い絵本の世界を語っていただきます。

るんるん日 時るんるん 2022年10月16日(日)10:30〜12:30
るんるん場 所るんるん 廿日市市役所 7階 会議室
るんるん講 師るんるん 広松由希子さん
るんるん定 員るんるん 一般50名(要申込・先着順)
るんるん申 込るんるん 2022年9月13日(火)9:00〜開始
るんるん申込先るんるん はつかいち市民図書館へ直接または電話 電話 0829-20-0333
       〒738-0023 広島県廿日市市下平良1-11-1
るんるん託 児るんるん 無料託児あり(1歳半〜未就学児)先着5名まで
       託児を希望する場合は、10月2日(日)までに申込


かわいい講演会終了後サイン会
  ・サインを希望される方は、広松由希子さんの著書・訳書(1人1点まで)を持参
  ・会場での本の販売はない


※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスクの着用をお願いします。
※咳や発熱など体調が悪い方は、参加をお控え下さい。
※感染状況により、延期または中止となる場合があります。最新情報はHPをご覧ください。


かわいい関連イベント
10・11月の中央展示は「日本の絵本100年100人100冊」ですぴかぴか(新しい)
国内外の絵本に精通した絵本の作家・翻訳家・評論家の広松由希子さんの著書、『日本の絵本100年100人100冊』(玉川大学出版部)に掲載の作品などを集めて展示しています。


るんるん日時 2022年9月23日(金)〜11月23日(木)
るんるん場所 はつかいち図書館内中央展示コーナー

『日本の絵本100年100人100冊』
(広松由希子/著 玉川大学出版部 2021.12)
日本の絵本 100年100人100冊.jpg


かわいい広松由希子かわいい
編集者、文庫主宰、ちひろ美術館学芸部長を経てフリーに。絵本の文、評論、翻訳、展示企画などを手がける。ボローニャ国際絵本原画展、ブラチスラバ世界絵本原画展(BIB)などの国際審査員を歴任。朝日新聞「子どもの本棚」や月刊「MOE」などで絵本記事を連載中。立教大学、武蔵野大学など兼任講師。83gocco共同主宰。JBBY副会長。
主な編著書に『日本の絵本 100年100人100冊』(玉川大学出版部)『茂田井武美術館 記憶ノカケラ』(玄光社)『瀬川康男画集 生きとし生けるもの』(講談社)、絵本の文に『おかえりたまご』(アリス館)『おめでとう』(講談社)「いまむかしえほん」シリーズ(全11冊、 岩崎書店)、翻訳に『ナイチンゲールのうた』(BL出版)『うるさく、しずかに、ひそひそと』(河出書房新社)『ヒキガエルがいく』(共訳、岩波書店)などがある。
山頭火『うしろすがたのしぐれてゆくか』朗読会 @ 山口の朗読屋さん [2022年09月25日(Sun)]
10月4日(火)、大殿地域交流センターで、山口の朗読屋さんによる山頭火『うしろすがたのしぐれてゆくか』朗読会が開催されますぴかぴか(新しい)

60459 (2).jpg 60993.jpg

るんるん日時るんるん 2022年10月4日(火)14:00〜16:00
るんるん場所るんるん 大殿地域交流センター
      山口市大殿大路120-4  電話 083-924-5592
るんるん招待講師るんるん 福田百合子先生(中原中也記念館名誉館長)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申込るんるん ラインか電話(下記)で要事前申込
るんるん主催・問合るんるん 山口の朗読屋さん(代表:林伸一)
      携帯電話 090-6415-8203
るんるん公益財団法人山口市文化振興財団助成事業


『山頭火 うしろすがたのしぐれてゆくか』 (影絵ものがたりシリーズ)
(石寒太/文 石井昭/影絵 新日本教育図書 1999.4)
種田山頭火 うしろすがたしぐれてゆくか.jpg
戦国時代の江良氏について〜毛利氏との関係を中心に〜 @ 令和4年度山口県文書館オンライン歴史講座 [2022年09月24日(Sat)]
10月1日(土)、令和4年度山口県文書館オンライン歴史講座「戦国時代の江良氏について〜毛利氏との関係を中心に〜」がライブ配信されますぴかぴか(新しい)

AAB44C5E-3227-48EC-BA49-D8CD5729BC7B.jpeg

山口県文書館では、所蔵資料を用いた 山口県の歴史に関する話全4話を、􏰀􏰁􏰂􏰃􏰂􏰄􏰅You Tubeでライブ配信します! お気軽 にご視聴ください!

るんるん日 時るんるん 2022年10月1日(土)10:00〜11:00
るんるん講 師るんるん 和田秀作(山口県文書館専門研究員)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申 込るんるん 不要
るんるんライブ配信視聴先るんるん https://youtu.be/MsRHkchPGrI
るんるん主催・問合先るんるん 山口県文書館
    山口市後河原150-1
    電話 083-924-2116
挿絵画家・佐藤真紀子さんを迎えて @ 児童文学作家 村中李衣さんによる「児童文学わいわい講座」 [2022年09月23日(Fri)]
10月1日(土)、山陽小野田市立中央図書館で、児童文学作家 村中李衣さんによる「児童文学わいわい講座 〜挿絵画家・佐藤真紀子さんを迎えて〜」が開催されますぴかぴか(新しい)

15AA49E9-F1E7-4B0E-BB55-85BF1B355882.jpeg

児童文学作家 村中李衣先生と絵本や児童文学について楽しくわいわい語りましょう!
今回は挿絵画家・佐藤真紀子さんをお迎えして開催します!


るんるん日 時るんるん 2022年10月1日(土)13:00〜
るんるん会 場るんるん 山陽小野田市立中央図書館 2F 視聴覚ホール
るんるん講 師るんるん 村中李衣(児童文学作家)
るんるん定 員るんるん 30名(要申込)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるんお願いるんるん マスクの着用
るんるん主催・問合・申込るんるん 山陽小野田市立中央図書館
   電話 0836-83-2870
   fax to 0836-83-3564
   mail to cyuo-library●city.sanyo-onoda.lg.jp
   (●は@に置き換えてください)


かわいい村中李衣さんプロフィールかわいい
1958年山陽小野田市出身。児童文学作家。ノートルダム清心女子大学教授。
0歳から100歳までのあらゆる人とあらゆる場所で、絵本の読みあいを続けている。
1984年 『かむさはむにだ』(高田三郎/絵 偕成社 1983)で第17回日本児童文学者協会新人賞、 1985年 『小さいベッド』(かみやしん/絵 偕成社 1984.7)で第32回サンケイ児童出版文化賞、 1990年 『おねいちゃん』(中村悦子/絵 理論社 1989)で第28回野間児童文芸賞、 2013年 『チャーシューの月』(佐藤真紀子/絵 小峰書店 2012.12)で第53回日本児童文学者協会賞、 2017年 「長期入院児のための絵本の読みあい」で第1回日本絵本研究賞、 2020年 『あららのはたけ』(石川えりこ/絵 偕成社 2019)で第35回坪田譲治文学賞、2022年『こくん』(石川えりこ/絵 童心社 2019)で第7回JBBY賞・バリアフリー図書部門受賞。
『かあさんのしっぽっぽ』(藤原ヒロコ/絵 BL出版 2014.3)、 山陽小野田市立中央図書館で行われている「ぬいぐるみの図書館おとまり会」にヒントを得た物語『よるのとしょかん だいぼうけん』(北村裕花/絵 BL出版 2015.12)、『マネキンさんがきた』 (武田美穂/絵 BL出版 2018.4) 、『はじめよう! ブックコミュニケーション』(村中李衣・伊木洋/著 金子書房 2019.11)、『女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい』 (村中李衣/編著 中島学/著 かもがわ出版 2021.6)、『体育がある』 (長野ヒデ子/絵 文研出版 2021.9)、『「こどもの本」の創作講座 ―おはなしの家を建てよう』(石川えりこ/絵 金子書房 2022.1)など著作多数。

かわいい佐藤真紀子さんプロフィールかわいい
1965年、東京都生まれ。挿絵画家。
挿絵を手がけた主な作品に『いえでででんしゃ』『いえでででんしゃはこしょうちゅう?』『ねこじまくん』『風の森のユイ』(以上、新日本出版社)、「バッテリー」T〜Y(教育画劇)、『りんごの木』『いちばん星、みっけ!』(ポプラ社)、『なまくら』『ぼくたちのリアル』(以上、講談社)、『糸子の体重計』『先生、感想文、かけません』(以上、童心社)、『月にトンジル』(あかね書房)など多数。
図書館創発会議 @ 山陽小野田市立中央図書館 [2022年09月22日(Thu)]
9月24日(土)、山陽小野田市立中央図書館で、図書館創発会議が開催されますぴかぴか(新しい)

B3A848F0-BF1F-42BA-9039-58B55859CDAE.png

わくわくする図書館をつくりませんか?
「創発」とは、人々が集い、その関わり合いの中から未知の新しさを生み出すこと。
図書館という「場」と「機能」を活用した、新たな企画や行事を実施していくためのものです。
対象は、図書館に興味のある高校生以上の方。
皆様のご参加を心よりお待ちしております!


るんるん日 時るんるん 2022年9月24日(土)10:00〜12:00
るんるん会 場るんるん 山陽小野田市立中央図書館 2F 第1会議室
るんるんテーマるんるん 新たな企画について 図書館フェスティバルについて
るんるん参加資格るんるん 図書館に関心のある高校生以上
るんるん定 員るんるん 20名(要申込) 
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申込方法るんるん カウンター・電話・FAX・Eメール
るんるん問合・申込先るんるん 山陽小野田市立中央図書館
   電話 0836-83-2870
   fax to 0836-83-3564
   mail to cyuo-library●city.sanyo-onoda.lg.jp
   (●は@に置き換えてください)
るんるん主 催るんるん 図書館創発会議(山陽小野田市立中央図書館内)
やさしい かがくえほん & 秋の草花であそぼう! @ 山陽小野田市立中央図書館「ちっちゃなかがくのおはなし会」 [2022年09月21日(Wed)]
9月24日(土)、山陽小野田市立中央図書館で、「ちっちゃなかがくのおはなし会」が開催されますぴかぴか(新しい)

57E03156-B987-47F0-ACAF-3351C3AFF987.jpeg

図書館でいっしょに身近なふしぎをみつけよう!

るんるん日 時るんるん 2022年9月24日(土)10:00〜
るんるん会 場るんるん 山陽小野田市立中央図書館 2階 視聴覚ホール
るんるん内 容るんるん 
  @やさしい かがくえほん の読み聞かせ
  A秋(あき)の草花(くさばな)であそぼう!
るんるん対 象るんるん 3歳〜小学校低学年の子どもとその保護者
るんるん定 員るんるん 親子で30名程度 
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん主催・問合・申込るんるん 山陽小野田市立中央図書館
   電話 0836-83-2870
   fax to 0836-83-3564
   mail to cyuo-library●city.sanyo-onoda.lg.jp
   (●は@に置き換えてください)
四国一小さな徳島県上勝町から広がるゼロ・ウェイスト @ 市民のための環境公開講座2022 [2022年09月20日(Tue)]
9月21日(水)、市民のための環境公開講座2022「四国一小さな徳島県上勝町から広がるゼロ・ウェイスト」がオンライン開催されますぴかぴか(新しい)

5B89F9E2-C083-411D-AE2D-3E3B0B7BBF6D.jpeg

徳島県上勝町は、2003年に日本の自治体としてはじめて「ゼロ・ウェイスト宣言」を発表し、住民による生ごみの堆肥化や中古品のリユース化、45分別に取り組みリサイクル率80%以上を達成しています。 2020年にはゴミステーション、ホテル、オフィスなどを併設した「上勝町ゼロ・ウェイストセンター”WHY”」を新たにオープン。「ごみ」を切り口に循環型社会の在り方やこれからの暮らしについて考えます。

「市民のための環境公開講座」は、(公財)SOMPO環境財団、損害保険ジャパン(株)、(公社)日本環境教育フォーラム(JEEF)の3者が協働で開催する、1993年に開講した歴史ある環境講座です。
市民の皆様と共にSDGsをはじめとする地球上の諸問題を理解し、それぞれの立場でサステナブルな未来に向けて具体的に行動することを目指します。
30年目を迎える本年は「認識から行動へー地球の未来を考える9つの視点」を全体テーマとし、さまざまな切り口で地球環境とわたしたちの暮らしのつながりを考えます。
2022年は無料のオンライン講座として全9回開催します。


るんるん日 時るんるん 2022年9月21日(水)18:00〜19:30
 ※申込者には、後日、期間限定で当日の録画を公開予定
  当日の視聴ができない場合、録画視聴可
るんるん講 師るんるん 大塚桃奈(株式会社BIG EYE COMPANY Chief Environmental Officer)
るんるん定 員るんるん 1,000名(定員に達し次第受付終了)
るんるん受講料るんるん 無料
るんるん参加申込るんるん 下記URLより、本講座の参加申込ボタンをクリックし、申込ページ(CISCO Webex)に移動後、画面下部の登録ボタンを押し、必要事項を入力
   https://www.sompo-ef.org/kouza/kouza2022/05-2022-09-21/
るんるん主 催るんるん 公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)、損害保険ジャパン株式会社、公益財団法人SOMPO環境財団
るんるん後 援るんるん 環境省・文部科学省・東京都・新宿区・経団連・日本環境教育学会


かわいい大塚桃奈かわいい
株式会社BIG EYE COMPANY Chief Environmental Officer(CEO)。
1997年生まれ、湘南育ち。「トビタテ!留学JAPAN」のファッション留学で渡英したことをきっかけに、服を取り巻く社会問題に課題意識を持ち、長く続く服作りとは何か見つめ直すようになる。
国際基督教大学卒業後、徳島県・上勝町へ移住し、2020年5月にオープンした「上勝町ゼロ・ウェイストセンター」に就職。現在、山あいにある人口1,500人ほどの小さな町で暮らし、ごみ問題を通じて循環型社会の実現を目指して同施設の運営に携わる。
併設するHOTEL WHYでは、宿泊を通じて上勝での暮らしを体験でき、チェックイン時にはスタディツアーを開催している。
「12人の絵本作家が描く応援カレンダー2023」原画展 [2022年09月19日(Mon)]
9月21日(水)、札幌「俊カフェ」さんより、「12人の絵本作家が描く応援カレンダー2023」原画展がスタートしますぴかぴか(新しい)

1A1D1FA0-76BC-414C-9977-116C83427273.jpeg

1月  村上康成さん
2月  酒井駒子さん
3月  鈴木邦弘さん
4月  荒井良二さん
5月  どいかやさん
6月  吉田尚令さん
7月  あおきひろえさん
8月  降矢ななさん
9月  市居みかさん
10月 堀川理万子さん
11月 出久根育さん
12月 長谷川義史さん


991F7863-D904-4507-A62D-3DCEA2C2BC00.jpeg

1)北海道 俊カフェ
るんるん会 期 2022年9月21日(水)〜10月2日(日) 定休日:火曜日
るんるん時 間 11:00〜18:00
るんるん行き方 市電南北線資生館小学校前駅より徒歩3分、地下鉄すすきの駅より徒歩8分
るんるん住 所 札幌市中央区南3条西7丁目4-1 KAKU IMAGINATION 2F
      電話 011-211-0204
※期間中イベント開催日もあるので要問合


2)福島県 inocafe2nd
るんるん会 期 2022年10月7日(金)〜13日(木) 定休日:火曜日
るんるん時 間 月・水・木11:00〜19:00 金・土11:00〜21:00 日・祝・祭日12:00〜18:00
るんるん行き方 郡山市保健所の北側、西側専用駐車場あり12番・13番
るんるん住 所 郡山市朝日3丁目5-25 村上ビル


3)大阪府 空色画房
るんるん会 期 2022年10月16日(日)〜20日(木) 期間中休みなし
るんるん時 間 12:00〜17:00
るんるん行き方 京阪北浜駅26番出口より難波橋を渡り右折100m
るんるん住 所 大阪市北区菅原町1-5
      電話 06-6365-6650


4)岡山県 つづきの絵本屋
るんるん会 期 2022年10月24日(月)〜11月1日(火) 定休日:10月26日(水)・27日(木)
るんるん時 間 10:00〜18:00
るんるん行き方 JR倉敷駅北口より徒歩8分
るんるん住 所 倉敷市川入694-7
      電話 086-476-0415


5)福岡県 龍国寺
るんるん会 期 2022年11月5日(土)〜12日(土) 期間中休みなし
るんるん時 間 10:00〜16:00
るんるん行き方 一貴山駅からタクシーで10分、徒歩40分
  (駅にタクシーはいないので、呼んでください。昭和タクシー TEL092-322-2234)
るんるん住 所 糸島市二丈波呂474
      電話 092-325-0585


6)東京都 GALLERY BIBLIO(ビブリオ)
るんるん会 期 2022年11月17日(木)〜23日(水・祝) 期間中休みなし
るんるん時 間 11:00〜19:00(最終日は17:00閉店)
るんるん行き方 JR国立駅南口から徒歩2分
るんるん住 所 国立市中1-10-38
      電話 042-511-4368

4FB234AB-F524-4F9D-9238-80F8499E6A86.jpeg

 
7)富山県 射水市大島絵本館
るんるん会 期 2022年11月26日(土)〜12月4日(日) 定休日:11月28日(月)
るんるん時 間 9:30〜17:30
るんるん行き方 高岡駅・小杉駅より系統10番赤井口バス停下車徒歩10分
るんるん住 所 射水市鳥取50
      電話 0766-52-6780
るんるん入館料 大人600円 高校生300円 小中学生100円
 

8)京都府 Books&Cafe Wonderland
るんるん会 期 2022年12月9日(金)〜18日(日) 定休日:12月12日(月)
るんるん時 間 土・日・祝10:00〜17:00 平日9:00〜18:00 
るんるん行き方 JR向日町駅前・阪急東向日駅から徒歩7分
るんるん住 所 向日市寺戸町久々相8-2
      電話 075-931-4031


かわいい村上康成かわいい
岐阜県生まれ。 絵本、イラストレーション、エッセイ、タブロー等、独自の世界を展開する自然派アーティスト。ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞、プラティスラバ絵本原画展金牌、日本絵本大賞などを受賞。主な作品に『ピンクがとんだ日』(徳間書店)、『石のきもち』(ひさかたチャイルド)、『さかなつりにいこう!』(理論社)、『まっている。』(講談社)など。初の児童文学作品『黄色い竜』(徳間書店)がある。

かわいい酒井駒子かわいい
兵庫県生まれ。絵本作家。作品に、『よるくま』(偕成社)、『ビロードのうさぎ』(ブロンズ新社)、『ロンパーちゃんとふうせん』(白泉社)など。『きつねのかみさま』(あまんきみこ/文 ポプラ社)で2004年日本絵本賞、『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)で2005年プラティスラヴァ世界絵本原画展金牌を受賞。装画なども多数手がけている。

かわいい鈴木邦弘かわいい
栃木県生まれ。イラストレーター、絵本作家、介護福祉士。長岡造形大学卒業、パレットクラブ6期修了。第4、6回MOEイラスト絵本大賞入選。福島県双葉郡を、帰還困難区域含め、約6年かけて、のべ250キロ歩き、その体験をもとに2021年絵本『いぬとふるさと』(旬報社)を作る。原発事故後の福島を描くことをライフワークとして、今も現地に通い続けている。埼玉県在住。

かわいい荒井良二かわいい
山形県生まれ。絵本制作のほかに、雑誌等のイラストレーション、広告、舞台美術、音楽などを手がけている。絵本作品に、『ユックリとジョジョニ』(ぽるぷ出版)、『あさになったのでまどをあけますよ』(偕成社)、『森の絵本』(講談社)、『明けない夜はないから』(フェリシモ出版)など多数。2010年と2012年、山形県にて「荒井良二の山形じゃあにぃ」を開催する。2005年には日本人初のアストリッド・リンドグレーン記念文学賞受賞。

かわいいどいかやかわいい
東京都生まれ。「ちいさな意思表示プロジェクト」「ペットショップにいくまえに」のチャリティーに取り組みながら、自然や生き物への愛情あふれる絵本を数多く発表している。「チリとチリリ」シリーズ(アリス館)のほか、「チップとチョコ」シリーズ(文溪堂)、『パンちゃんのおさんぽ』(BL出版)、『ハーニャの庭で』『ねこのニャンルー』(偕成社)など。千葉の小さな山の中で猫たちと暮らす。

かわいい吉田尚令かわいい 
大阪府生まれ。書籍の装画や絵本などを手がける。絵本『希望の牧場』(岩崎書店)で、IBBYオナーリスト賞を受賞。主な絵本作品に『パパのしごとはわるものです』『悪い本』(以上岩崎書店)、『星につたえて』(アリス館)、『はるとあき』(小学館)。挿絵に「雨ふる本屋」シリーズ(童心社)など多数。

かわいいあおきひろえかわいい 
愛知県生まれ。イラストレーター『パパとぼく』(絵本館)で絵本デビュー。主な作品に『うみでなんでやねん』(文・鈴木翼/世界文化社)、『シバいぬのチャイ』(絵・長谷川義史/BL出版)、『ぼんちゃんのぼんやすみ』(講談社)、『ここにいる』(廣済堂あかつき)、『あおびょうたん』(理論社)、エッセイ集『行ったり来たり寝ころんだり』(新日本出版社)など。落語好きが高じて、自宅を寄席にした『ツギハギ荘』の席亭を務める。

かわいい降矢ななかわいい
東京都生まれ。スロバキア共和国在住。主な作品に『めっきらもっきらどおんどん』『ちょろりんのすてきなセーター』『えんどうまめばあさんとそらまめじいさんのいそがしい毎日』「やまんばのむすめまゆ」シリーズ(以上福音館書店)、「おれたちともだち!」シリーズ、『ピーターとオオカミ』(以上偕成社)、『ナミチカのきのこがり』(童心社)、『どうぶつABCえほん』(のら書店)、『ヴォドニークの水の館』(BL出版)など多数。

かわいい市居みかかわいい
兵庫県生まれ。主な絵本作品に『ろうそくいっぽん』(小峰書店)、『ねこのピカリとまどのほし』(あかね書房)、「こぶたのブルトン」シリーズ(アリス館)、『ぼくだってトカゲ』(文研出版)、『さつまいもおくさん』(小学館)、『かさとながぐつ』(瑞雲舎)など多数。滋賀県の山あいの町で、夫、息子、猫のラムネと暮らす。

かわいい堀川理万子かわいい
東京都生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了。絵画作品による個展を定期的に開きながら、絵本作品を発表している。主な絵本に『海のアトリエ』(偕成社/第31回Bunkamuraドゥマゴ文学賞、第53回講談社絵本賞)、『けしごむぽん いぬがわん』(ひさかたチャイルド)、『ぼくのシチュー、ままのシチュー』(復刊ドットコム)など。趣味は、飼っているめだかの卵を顕微鏡でのぞくこと。

かわいい出久根育かわいい 
東京都生まれ。武蔵野美術大学卒業。『あめふらし』(偕成社)で、プラティスラヴァ世界絵本原画展グランプリ、『マーシャと白い鳥』(偕成社)で、日本絵本賞大賞受賞。絵本の挿絵に『おふろ』(学習研究社)、「もりのおとぶくろ」シリーズ(のら書店)、『ペンキや』(理論社)、『命の水』(西村書店)、『クリスマスのあかり』(福音館)など多数。エッセイに『チェコの十二ヶ月 おとぎの国に暮らす』(理論社)がある。チェコ・プラハ在住。

かわいい長谷川義史かわいい
大阪府生まれ。グラフィックデザイナーを経て、絵本作家に。主な作品に『いいからいいから』(絵本館)、『へいわってすてきだね』(ブロンズ新社)、『たこやきのたこさぶろう』(小学館)など、ユーモラスでおおらかな絵本が人気。『おたまさんのおかいさん』で講談社出版文化賞絵本賞、 『ぼくがラーメンたべてるとき』で日本絵本賞と小学館児童出版文化賞、『あめだま』で日本絵本賞翻訳絵本賞など多数受賞。
わたしの出会った作家と編集者たち―まどさんの『どうぶつたち―THE ANIMALS』出版の秘話とその周辺から― @ JBBY国際アンデルセン賞と世界の子どもの本講座2022 [2022年09月18日(Sun)]
10月2日(日) 、JBBY国際アンデルセン賞と世界の子どもの本講座2022「わたしの出会った作家と編集者たち―まどさんの『どうぶつたち―THE ANIMALS』出版の秘話とその周辺から―」 がハイブリッド開催されますぴかぴか(新しい)

C4D4BF17-5525-41E2-A183-FA9E26603B49.jpeg 
8965CD78-F6E3-43A0-A2F8-DBF753F18FFA.jpeg EAC88D4F-2124-4A7B-BCA8-1303D31D3F1C.jpeg
https://jbby.org/news/domes-news/post-15467

 末盛さんは、至光社やすえもりブックスの編集者として、またIBBYの国際理事として、内外の作家や編集者たちと様々な交流を続けてこられました。そこで、日本初の国際アンデルセン賞作家賞を受賞した、まど・みちおさんの『どうぶつたち−THE ANIMALS』(上皇后美智子様/訳 すえもりブックス)を日米合同出版した時のエピソードを中心に、ターシャ・テューダー、ゴフスタイン、エリック・カール他、多くの絵本作家や現地の編集者たちとの交流を通して思ったこと考えたことなどをお話しいただきます。

るんるん日 時るんるん 2022年10月2日(日)14:00〜16:00

るんるん会 場るんるん @オンライン  A対面
@ オンライン(Zoom)
・Zoomミーティングを使用
・当日は、Peatixにログインのうえ、マイチケットのなかの「イベントに参加」ボタンからご視聴
・15分前に「イベントに参加」ボタンが有効になる
・見逃し配信の予定はない

A 対面:出版クラブビル会議室(東京都千代田区神田神保町1-32)
https://shuppan-club-hall.jp/access
・20分前から受付を開始

るんるん講 師るんるん 末盛千枝子(編集者)
るんるん参加費るんるん オンライン・対面とも 1,100円
るんるん申込先るんるん https://jbbyonline028.peatix.com/view
るんるん主 催るんるん 日本国際児童図書評議会(JBBY)
るんるん「子どもゆめ基金」助成活動


かわいい末盛千枝子(すえもり・ちえこ)かわいい
東京に生まれる。慶應義塾大学卒業後、至光社に入社。ジーシープレスで初めて編集・出版を手がけた絵本『あさ−One morning』が1986年にボローニャ国際児童図書展グランプリを受賞。1988年に株式会社すえもりブックスを設立し、ターシャ・テューダーの『すばらしい季節』、ゴフスタインの『ゴールディーのお人形』などを翻訳出版。上皇后美智子様の『橋をかける―子供時代の読書の思い出』などの出版も手がけた。そのほか著書に『人生に大切なことはすべて絵本から教わった』(現代企画室)、『根っこと翼−皇后美智子さまという存在の輝き』(新潮社)、『「私」を受け容れて生きる―父と母の娘』(新潮社)など。現在は岩手県に在住。東日本大震災後には「3.11絵本プロジェクトいわて」を立ち上げ、子どもたちに絵本を届ける活動も行った。


『どうぶつたち―THE ANIMALS』
(まど・みちお/詩 美智子/選・訳 安野光雅/絵 すえもりブックス 1992.9)
2FEB4255-E549-4319-8ECF-EA09A2D75D83.jpeg

『橋をかける―子供時代の読書の思い出』
(美智子/著 すえもりブックス 1998.11)
2EB86C81-895E-4CBB-8BA1-908F4EC39FAF.jpeg

『すばらしい季節』
(ターシャ・テューダー/作 末盛千枝子/訳 すえもりブックス 2000.9)
B40A49EC-CE79-4ABF-9247-F0B60FBFCA80.jpeg

『ピアノ調律師』
(M.B.ゴフスタイン/作 末盛千枝子/訳 すえもりブックス 2005.8)
7DD93409-1CB8-4A6E-876C-B9FFAD148E55.jpeg

『ゴールディーのお人形』
(M.B.ゴフスタイン/作 末盛千枝子/訳 すえもりブックス 2003.10)
88CD444D-003D-47A3-A7A9-F913BBA8B955.jpeg

『人生に大切なことはすべて絵本から教わった』
(末盛千枝子/著 現代企画室)
0EE6E0FF-2E19-4E3F-B146-2EC1CAF82777.jpeg

『「私」を受け容れて生きる―父と母の娘―』
(末盛千枝子/著 新潮文庫)
4C2AF889-09D0-415B-AE79-3005DBE609BF.jpeg

『根っこと翼 皇后美智子さまという存在の輝き』
(末盛千枝子/著 新潮文庫)
7868354A-D69E-48AD-9FDD-436F3C6C7221.jpeg
山口ゆらめき回廊2022 @ 香山公園 [2022年09月17日(Sat)]
9月17日(土)・24日(土)、山口市の国宝瑠璃光寺五重塔のある香山公園内に1000個のキャンドルがゆらめき、幻想的な風景を演出する山口ゆらめき回廊が開催されますぴかぴか(新しい)

A408260C-B9C3-4F5F-8FE6-CBEFE4BF1EC5.jpeg 9F60A3BF-080A-4E1B-B9F7-95F42030C0B9.jpeg

ゆらめくキャンドルで秋の夜に幻想的な風景を演出します。

るんるん日 時るんるん 2022年9月17日(土)・24日(土)18:30〜21:00
    ※雨天中止。当日13:00までに開催するか決定
    ※五重塔のライトアップは日没〜22:00
るんるん場 所るんるん 山口市香山公園(山口市香山町7-1) 
るんるん駐車場るんるん 無料駐車場100台以上あり(公園前駐車場他臨時駐車場あり)
    ※お近くの方はぜひ歩いてお越しください
るんるん問 合るんるん 【総合】大路ロビー 083‐920-9220
       【当日】香山公園前観光案内所 083-934-6630
るんるん主 催るんるん 山口市観光交流課


<キャンドル点灯>
るんるん日 時 2022年9月17日(土)・24日(土)18:30〜21:00  ※雨天中止
るんるん内 容 約1000個のキャンドルで、回廊を彩ります


<満月の庭コンサート>
るんるん場 所 満月の庭 ※雨天中止
るんるん入場料 無料

るんるん日 時 2022年9月17日(土) @19:00〜19:30 A20:30〜21:00
るんるん出 演 林輝美(琉球民謡)

るんるん日 時 2021年9月24日(土) @19:00〜19:30 A20:30〜21:00
るんるん出 演 打楽器&尺八ユニット sama-sama
     [照喜名仙子(打楽器)、重藤響山(尺八)]


<ゆらめきの灯り茶会>
るんるん日 時 2022年9月17日(土)18:00〜 ※雨天中止
るんるん会 場 香山公園内 露山堂・松籟亭・枕流亭あたり(屋外)
るんるん服 数 150服 
るんるん席 料 500円(抹茶接待、和菓子)
るんるん問 合 茶道裏千家淡交会山口青年部 050-3479-7411


<ゆらめき回廊バス>
るんるん日にち 2022年9月17日(土)・24日(土)
るんるん行 程 湯田温泉バス乗場(18:00)⇒ゆらめき回廊会場(18:15〜19:45)⇒湯田温泉バス乗場(20:00)
るんるん定 員 各日35名(山口湯田温泉宿泊者限定)
    ※事前予約制(宿泊予約時〜運行当日16:00までの予約が必要)
るんるん料 金 無料
るんるん特 典 狐の足あと足湯半額券プレゼント
るんるん主催・問合 山口観光コンベンション協会 電話 083-933-0088


<ゆらめきキゃンドルボランティア募集>
定員に達しました


▼山口ゆらめき回廊2018 2018年9月16日撮影
6E2CD4A0-6F7C-4ED7-AB37-3A2C60C27DE1.jpeg CC78F5D1-6F4F-4A34-BA1B-B27020741A0B.jpeg

▼山口ゆらめき回廊2019 2019年9月16日撮影
039D2FDA-DC3A-405B-AA06-ECACA7C136FF.jpeg



かわいい林輝美(琉球民謡)かわいい 
林輝美琉球民謡研究所代表。
幼少からクラシック音楽に親しみ、20歳の時沖縄旅行を機に琉球民謡に目覚める。独学で三線を弾き始め2年後に単身沖縄移住。大城美佐子民謡研究所に入門。沖縄のテレビ、ラジオ局で沖縄芸能番組の司会アシスタントを務める傍らライブハウスや老舗料亭で本場の琉球民謡を学ぶ。
現在は指導のほか、各種イベント出演や福祉施設での演奏にも力を注いでいる。

かわいい照喜名仙子(打楽器)かわいい
民族音楽ガムランに傾倒し2004年インドネシアバリ島に個人留学。2020年までバリ・日本混合ユニット「shanti-swari」メンバーとして活動。

かわいい重藤響山(尺八)かわいい
公益社団法人日本尺八連盟 都山流尺八楽教授竹帥大師範。19歳の時に尺八と出会い日本の音楽に興味を持つ。尺八本曲・古典・新曲・現代邦楽曲を学ぶ。
とびだせ!長谷川義史展 @ 大丸ミュージアム〈京都〉 [2022年09月16日(Fri)]
9月17日(土)〜10月3日(月)、大丸ミュージアム〈京都〉[大丸京都店6階]で、「とびだせ!長谷川義史展」が開催されますぴかぴか(新しい)

0428D3F2-57F7-41BB-AF5E-B021785150A1.png D400442B-8AE5-42E4-8DB4-0E8F3DBDA08C.jpeg

くすっとしたり、ほろりとしたり――
 ダイナミックなタッチの手描きによる、表情豊かでちょっとユニークな登場人物が印象的な長谷川義史さんの絵本。
 ふるさとの大阪や家族を題材にした物語には、ユーモアとともにほろりとさせられるシーンもちりばめられています。また、長谷川さん自身が真摯に向き合う戦争や震災を題材にした作品は、身のまわりに当たり前のようにある幸せの大切さを私たちに投げかけます。
 本展では絵本の原画を中心に、イラストレーションやスケッチ、立体作品など約200点を展示。「世界中のみんなが笑っていてほしい、幸せであってほしい」という願いが込められた長谷川さんの絵本の世界をご紹介します。


るんるん会期るんるん 2022年9月17日(土)〜10月3日(月)
るんるん入場時間るんるん 10:00〜18:30(19:00閉場)
        ※初日9月17日(土)は13:00開場
        ※最終日10月3日(月)は16:30まで(17:00閉場)
るんるん会場るんるん 大丸ミュージアム〈京都〉[大丸京都店6階]
るんるん展示内容るんるん
@著作絵本を含む33作の原画ほか約200点で、創作の世界を幅広く紹介
  本展は6つのテーマで構成され、著作絵本を含む33作の原画を中心に約200点を展示
  絵本原画は筆跡や絵の具の厚み、にじみ、下絵や未採用絵などの制作過程、エッセイやコマ漫画の原画、19歳の頃の作品やグラフィックデザイナー時代に制作した作品、舞台公演のビジュアルや立体作品など、絵本以外の作品も多数展示し、長谷川さんの創作の世界を幅広く紹介

A絵本作品は長谷川さんの直筆紹介文付き!長谷川さんの思いとともに展示をめぐる
  味のある描き文字は長谷川さんの特徴の一つ。今回、本展のために長谷川さんが展覧会や章タイトルのほか、絵本作品には一言ずつ直筆の紹介文を描き、長谷川さんの作品への思いを紹介

るんるん主な出品予定作品るんるん
第1章 絵本作家へ
 『おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん』原画(BL出版 2000)※絵本デビュー作
 『おたまさんのおかいさん』原画(日之出の絵本制作実行委員会/著 解放出版社 2002.12)
 『スモウマン』原画(中川ひろたか/文 講談社 2002.12)
 『じゃがいもポテトくん』原画(小学館 2010)
第2章 家族
 『おへそのあな』原画(BL出版 2006.9.1)
 『てんごくのおとうちゃん』原画(講談社 2008.11.26)
 『おかあちゃんがつくったる』原画(講談社 2012.4.17)
 『おおおにしせんせい』原画(講談社 2019.9.19)
第3章 絵本作家のよこがお
 『おこる』原画(中川ひろたか/文 金の星社 2008.9)
 『しげちゃん』原画(室井滋/作 金の星社 2011.5)
 『とびだせ!えほん』番組用に描いた作品「京都」(2017)※京都会場限定展示
 『とびだせ!えほん』撮影中に描いたスケッチ「京都」(2015)※京都会場限定展示
 『とびだせ!えほん』像(2014)
コラム 絵本の描き方
第4章 未来の子どもたちへ
 『ぼくがラーメンたべてるとき』原画(教育画劇 2007)
 『へいわってすてきだね』原画(安里有生/詩 ブロンズ新社 2014.6)
 『ぼんやきゅう』原画(指田和/文 ポプラ社 2018.7)
第5章 幸せのあいことば
 『いいからいいから4』原画(絵本館)
 『いいからいいから5』原画(絵本館 2018.6)
 『だじゃれ日本一周』原画(2009 理論社}
 『だじゃれ世界一周』原画(2017 理論社}


るんるん入場料るんるん 一般・大学生900円(700円)、中高生700円(500円)、小学生500円(400円)、小学生未満無料(小学生以下の単独入場不可)
  ◎絵本ライブ鑑賞&サイン会付き入場券900円(定員60名に達した場合は抽選販売)
  ※( )内は前売および大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸・松坂屋アプリ会員のサファイアランク、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証をお持ちの方のご優待料金
  ※障がい者手帳(身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳)、小児慢性疾患手帳、被爆者健康手帳、特定疾患医療受給者証をご提示の方、およびその介添えのための同伴者1名様まで無料でご入場いただけます。なお、身体障がい者用スマホ手帳(ミライロID)のご提示についても同様
るんるん主催るんるん MBSテレビ、京都新聞
るんるん協力るんるん 空色画房


『おじいちゃんの おじいちゃんの おじいちゃんの おじいちゃん』(BL出版 2000.7.1)
おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん.jpg

『おたまさんのおかいさん』(日之出の絵本制作実行委員会/著 解放出版社 2002.12)
DE6DA635-E6D8-4A68-B7EE-E16E2652749B.jpeg

『スモウマン』(中川ひろたか/文 講談社 2002.12)
56770299-EA17-4D9B-BB60-E0CFFD6F0EBE.jpeg

『じゃがいもポテトくん』(小学館 2010.7)
じゃがいもポテトくん.jpg

『おへそのあな』(BL出版 2006.9.1)
おへそのあな.jpg

『てんごくのおとうちゃん』(講談社 2008.11.26)
てんごくのおとうちゃん.jpg

『おかあちゃんがつくったる』(講談社 2012.4.17)
おかあちゃんがつくったる.jpg

『おおにしせんせい』(講談社 2019.9.19)
おおにしせんせい.jpg

『おこる』(中川ひろたか/文 金の星社 2008.9)
104D6B96-663C-45CA-A174-E3FF7591C06A.jpeg

『しげちゃん』(室井滋/作 金の星社 2011.5)
しげちゃん.jpg

『へいわってすてきだね』(安里有生/詩 長谷川義史/画 ブロンズ新社 2014.6)
へいわってすてきだね.jpg

『ぼんやきゅう』(指田和/文 ポプラ社 2018.7)
1F70F649-0488-4165-BE7D-7C97DC43435C.jpeg

『いいからいいから5』(絵本館 2018.6)
いいからいいから5.jpg 
未発表詩篇を読む @ 中原中也の会 第27回大会・第21回セミナー [2022年09月15日(Thu)]
9月17日(土)〜18日(日)、中原中也の会 第27回大会・第21回セミナー「未発表詩篇を読む」が開催されますぴかぴか(新しい)

中原中也の会 第27回大会.PNG 中原中也の会 第27回大会 裏.PNG

るんるん日 時るんるん
  大  会 2022年9月17日(土)14:00〜18:00
       ※総 会 同日13:00〜13:30(会員のみ)   

  セミナー 2022年9月18日(日)10:00〜12:00

るんるん会 場るんるん ユウベルホテル松政  
       〒753-0056  山口県山口市湯田温泉3-5-8        
       電話083-922-2000 fax to083-923-2938      

るんるんタイムテーブルるんるん

かわいい総 会 9月17日(土)(会場:ユウベルホテル松政 花鳥の間)
12:50     総会受付開始
13:00〜13:30 総会(会員のみ)

かわいい第27回大会 9月17日(土)(会場:ユウベルホテル松政 コンベンションホール芙蓉)
13:30 大会受付開始
14:00 開会
  開会の挨拶 中原豊(中原中也記念館館長、中原中也の会副会長)

14:10 講演「中原中也 未発表詩篇の可能性」
  講師 佐々木幹郎(詩人、中原中也の会理事)

15:40 休憩

15:50 企画「未発表詩篇で編む、中也第三詩集」
  出演 阿毛久芳(都留文科大学名誉教授、中原中也の会会長)
     四元康祐(詩人、中原中也の会理事)
     蜂飼 耳(詩人、中原中也の会理事)
  司会 権田浩美(愛知大学他非常勤講師、中原中也の会事務局長)
  〇企画資料 開催前日までに公開予定
  
17:50 閉会の挨拶
  たかとう匡子(詩人、中原中也の会副会長)
18:00 閉会

  総合司会 加藤邦彦(駒澤大学准教授、中原中也の会理事)

かわいい第21回セミナー 9月18日(日)
(会場:ユウベルホテル松政 コンベンションホール芙蓉、中原中也記念館)
10:00 講師 池田誠(中原中也記念館 学芸担当職員)
11:00〜12:00 中原中也記念館 特別企画展「坂口安吾と中原中也――風と空と」見学
         ※要入館料

るんるんご案内るんるん
・対面開催で実施
・今回は試みとして、オンライン(Zoom)で大会の様子を配信
・社会状況によっては対面開催を取りやめ、オンラインのみでの開催に変更となる可能性があり


るんるん対 象るんるん 対面・オンライン配信ともに、会員外も参加可
るんるん参加費るんるん 無料(展示見学は要入館料)
るんるんオンライン配信の事前登録不要・視聴方法 https://chuyakan.jp/ntsarticle/2022taikai3/  に掲載

るんるん問合るんるん 中原中也の会事務局(中原中也記念館内)
    mail to nts[a]chuyakan.jp 
      ※[a]を@に変えてください。
    電話 083-932-6430 
    fax to 083-932-6431
るんるん主催るんるん 中原中也の会  
るんるん共催るんるん (公財)山口市文化振興財団



かわいい佐々木 幹郎(ささき みきろう)かわいい
詩人、中原中也の会理事。
1947年奈良に生まれ大阪で育つ。米国ミシガン州立オークランド大学客員研究員、東京藝術大学大学院音楽研究科音楽文芸非常勤講師を歴任。詩集に『蜂蜜採り』(書肆山田、高見順賞)、『明日』(思潮社、萩原朔太郎賞)、『鏡の上を走りながら』(思潮社、大岡信賞)など。評論集に『中原中也』(筑摩書房、サントリー学芸賞)、『アジア海道紀行』(みすず書房、読売文学賞)、『 東北を聴く―民謡の原点を訪ねて』、『中原中也―沈黙の音楽』(ともに岩波新書)など。『新編中原中也全集』全6巻(角川書店)責任編集委員。

かわいい阿毛 久芳(あもう ひさよし)かわいい
都留文科大学名誉教授、中原中也の会会長。
1949年、神奈川県横浜市に生れる。著書に『萩原朔太郎論序説−イデアを追う人の旅―』(1985年有精堂出版)、『風呂で読む中原中也』(1998 年世界思想社)、『都市モダニズム詩の大河U〈コレクション都市モダニズム詩誌12〉』(編著)(2010年ゆまに書房)ほか、『編年体 大正文学全集』全15巻(近代詩選定)通巻担当(2000年〜2003年ゆまに書房)や論文「《日本近代文学研究アーカイブ 萩原朔太郎》「愛憐詩篇ノート」から「浄罪詩篇」へ、再び」(2020年3月『湘南文学』第55号)等がある。

かわいい四元 康祐(よつもと やすひろ)かわいい
詩人、中原中也の会理事。
1959年生まれ。詩集に『現代ニッポン詩日記』『フリーソロ日録』、小説に『偽詩人の世にも奇妙な栄光』『前立腺歌日記』、翻訳に『ホモサピエンス詩集―四元康祐翻訳集現代詩篇』『月の光がクジラの背中を洗うとき 48か国108名の詩人によるパンデミック時代の連歌』など。最新刊は詩文集『龍に呑まれる、龍を呑む ―詩人のヨーロッパ体験』(港の人)。

かわいい蜂飼 耳(はちかい みみ)かわいい
詩人、中原中也の会理事。
1974年神奈川県生まれ。『いまにもうるおっていく陣地』で第5回中原中也賞受賞。『食うものは食われる夜』で第56回芸術選奨新人賞受賞。『顔をあらう水』で第7回鮎川信夫賞受賞。他の詩集に『現代詩文庫 蜂飼耳詩集』『顔をあらう水』。文集に『孔雀の羽の目がみてる』『秘密のおこない』『空席日誌』『おいしそうな草』など、書評集に『朝毎読』、絵本に『うきわねこ』(絵/牧野千穂)などがある。2020 年度から立教大学文学部教授。
飛び出す図書館「ブックカフェ&ブラインドブックマーケット」2022 @ 山口市立小郡図書館友の会鉢の子 [2022年09月14日(Wed)]
10月2日(日)、JR新山口駅 自由通路 駅マルシェ内で、飛び出す図書館「ブックカフェ&ブラインドブックマーケット」が開催されますぴかぴか(新しい)

ブックカフェ ブランドブックマーケット2022.PNG

ブラインドブックマーケットとは?
「自分に不要だけど、いい本だから読んで欲しい」
そんな本との出会いの場となるのがブラインドブックマーケットです。
マーケットに並ぶのはコメント付の表紙の隠された本。
訪れた人はコメントに惹かれた本を選んで持ち帰り、読書を楽しむ。
持ち込んだ人と持ち帰る人の本を大切に思う気持ちと新たな本との出会いに期待する高揚が循環性するエコ性、エンターテイメントのある本の交換会となっています。


るんるん日 時るんるん 2022年10月2日(日)10:00〜17:00
るんるん場 所るんるん 新山口駅 自由通路 駅マルシェ内 

るんるんプログラムるんるん 
かわいいブックカフェかわいい
  時 間 11:00〜12:00(出入り自由)  
  テーマ 旅・乗り物・鉄道
  内 容 お茶を飲みながら、テーマに関連する本を持ち寄り紹介し合います揺れるハート
 
かわいいブラインドブックマーケットかわいい
  時 間 10:00〜17:00
  内 容 表紙が隠された本が並ぶ中、本に付されたコメントで、持ち帰る本を選びます。新しいスタイルの本との出会いの場です揺れるハート

るんるん参加費るんるん 無料
るんるん問 合るんるん 山口市立小郡図書館友の会 鉢の子(中原) phone to 090-7978-1132
       山口市立小郡図書館 電話 083-973-0098
るんるん主 催るんるん 山口市立小郡図書館友の会 鉢の子
るんるん共 催るんるん 山口市立小郡図書館(山口市教育委員会)


かわいいブラインドブックマーケットに出品する本を募集中かわいい
  募集締切 2022年9月24日(土)
  持込先  山口市立小郡図書館 カウンター
  本と一緒にコメントもお持ちください。
   提供された本のカバーがけは主催者側で行います。

新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、内容の変更・中止となる場合があります。

一昨年の様子はこちらでどうぞ。
https://blog.canpan.info/jointnet21/archive/1094
徳地と東大寺再建 〜徳地から始まる「材木の道」〜 第2回テーマ:徳地の材木がなぜ選ばれたのか? @ 山口市立徳地図書館 [2022年09月13日(Tue)]
9月17日(土)、山口市立徳地図書館で、「徳地と東大寺再建 〜徳地から始まる「材木の道」〜 第2回テーマ:徳地の材木がなぜ選ばれたのか?」が開催されますぴかぴか(新しい)

徳地と東大寺再建2.PNG

東大寺再建の歴史は、とかく重源を主語≠ノして語られます。これでは地域の誇りある歴史としての自覚や後世に語り継ぐ意欲というものが、あまり湧いてこないように思います。
講演会では、この歴史を地域からとらえ直し、徳地が主語≠ノなるような描き直しを行います。
東大寺建立にかかわった市町村サミット(略称:東大寺サミット)(全国15市町が加盟)が令和5年1月22日(日)に徳地文化ホールで開催されます。
この講演は、まず地域で東大寺再建について学び、地域の力でサミットを盛り上げて行くために企画しました。


るんるん日 時るんるん 2022年9月17日(土)10:00〜12:00
るんるん場 所るんるん 山口市立徳地図書館 視聴覚室
るんるん講 師るんるん 吉松桂二(徳地史談会)
るんるん定 員るんるん 30名(申込不要)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん主 催るんるん 山口観光コンベンション協会徳地支部、徳地文化協会、徳地史談会、山口市立徳地図書館
人々の暮らしの詰まった『旅の絵本』展 第3期 旅のはじまり/日本の文化V「きりえT」 @ 安野光雅美術館 [2022年09月12日(Mon)]
2月7日(水)まで、安野光雅美術館で、「人々の暮らしの詰まった『旅の絵本』展 第3期 旅のはじまり/日本の文化V「きりえT」」が開催されていますぴかぴか(新しい)

るんるん日時るんるん 2022年9月9日(金)〜12月7日(水)
      毎週木曜日休館、11月3日は開館
るんるん場所るんるん 安野光雅美術館
      津和野町大字後田イ60-1 電話 0856-72-4155

るんるん内容るんるん
・第1展示室
『旅の絵本 〈中部ヨーロッパ編〉』:初公開
『ついきのうのこと』
『空想と想像の世界U』

・第2展示室
『昔咄 きりがみ舌切雀』
『安野光雅きりえ百首T』:初公開
『あかずきんちゃん』:初公開

るんるん入館料るんるん 一般800円(650円)中高生400円(250円)小学生250円(120円)
      ※()内は20名以上団体割引料金、引率者の数も含める
      ※津和野町民は無料


『旅の絵本 〈中部ヨーロッパ編〉』(福音館書店 1977)
76205B5B-2878-4F27-95C5-467F165FE42E.jpeg

『ついきのうのこと 續 昔の子どもたち』(NHK出版 2005)
ついきのうのこと 續 昔の子どもたち.jpg

『空想工房の絵本』(山川出版 2014)
空想工房の絵本.jpg

『昔咄きりがみ舌切雀』(岩崎美術社 1996)
昔咄 きりがみ舌切雀.jpg

『安野光雅きりえ百首―俵万智と読む恋の歌より』(日本放送出版協会 1997)
安野光雅きりえ百首―俵万智と読む恋の歌より.jpg
児童文学作家 村中李衣さんによる「児童文学わいわい講座」 @ 山陽小野田市立中央図書館 [2022年09月11日(Sun)]
9月17日(土)、山陽小野田市立中央図書館で、児童文学作家 村中李衣さんによる「児童文学わいわい講座」が開催されますぴかぴか(新しい)

8F1F5DA0-39D0-4389-9804-289192A56AB6.jpeg

児童文学作家 村中李衣先生と絵本や児童文学について楽しくわいわい語りましょう!

るんるん日 時るんるん 2022年9月17日(土)13:30〜
るんるん会 場るんるん 山陽小野田市立中央図書館 2F 視聴覚ホール
るんるん講 師るんるん 村中李衣 (児童文学作家)
るんるん定 員るんるん 30名(要申込)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるんお願いるんるん マスクの着用
るんるん主催・問合・申込るんるん 山陽小野田市立中央図書館
   電話 0836-83-2870
   fax to 0836-83-3564
   mail to cyuo-library●city.sanyo-onoda.lg.jp
   (●は@に置き換えてください)


かわいい村中李衣さんプロフィールかわいい
1958年山陽小野田市出身。ノートルダム清心女子大学教授。 0歳から100歳までのあらゆる人とあらゆる場所で、絵本の読みあいを続けている。 1984年 『かむさはむにだ』(高田三郎/絵 偕成社 1983)で第17回日本児童文学者協会新人賞、 1985年 『小さいベッド』(かみやしん/絵 偕成社 1984.7)で第32回サンケイ児童出版文化賞、 1990年 『おねいちゃん』(中村悦子/絵 理論社 1989)で第28回野間児童文芸賞、 2013年 『チャーシューの月』(佐藤真紀子/絵 小峰書店 2012.12)で第53回日本児童文学者協会賞、 2017年 「長期入院児のための絵本の読みあい」で第1回日本絵本研究賞、 2020年 『あららのはたけ』(石川えりこ/絵 偕成社 2019)で第35回坪田譲治文学賞、2022年『こくん』(石川えりこ/絵 童心社 2019)で第7回JBBY賞・バリアフリー図書部門受賞。 『かあさんのしっぽっぽ』(藤原ヒロコ/絵 BL出版 2014.3)、 山陽小野田市立中央図書館で行われている「ぬいぐるみの図書館おとまり会」にヒントを得た物語『よるのとしょかん だいぼうけん』(北村裕花/絵 BL出版 2015.12)、『マネキンさんがきた』 (武田美穂/絵 BL出版 2018.4) 、『はじめよう! ブックコミュニケーション』(村中李衣・伊木洋/著 金子書房 2019.11)、『女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい』 (村中李衣/編著 中島学/著 かもがわ出版 2021.6)、『体育がある』 (長野ヒデ子/絵 文研出版 2021.9)、『「こどもの本」の創作講座 ―おはなしの家を建てよう』(石川えりこ/絵 金子書房 2022.1)など著作多数。
| 次へ