CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
大内氏館(22)龍福寺\末世の道者 義隆と毛利隆元 @ 大内氏遺跡指定60周年記念バスツアー2019㊲ [2020年04月30日(Thu)]
前回の続き

さらに境内を進んでいきます。
EDA7BB4C-E8B9-4BB1-8DF5-6A4EE715804E.jpeg

「龍福寺」の由緒書。
193F7925-F7AE-4B0C-9CDE-72D012C4641A.jpeg

 毛利元就公の長男隆元公が、養父大内義隆公の菩提寺として、天皇の綸旨を受けて建立したお寺である、この境内地は大内館の跡地で、中世大内氏の居館があり、大内氏はここで二百余年間政務を執ったのである。
 天文十八年(一五四九) 元就公は、元春公、隆景公の二子を連れてこの大内館に参上し、大いに歓待された。境内にある資料館には、大内氏と毛利氏の関係の分かる資料も多くある。


毛利隆元(1523〜63)といえば、大内氏の人質として15歳から3年間山口に滞在しています。
その時の出来事を綴ったものに『毛利隆元山口逗留日記』というのがあります。

12月19日には義隆が烏帽子親となり、隆元の元服式が挙げられました。義隆から一字拝領し「隆元」と名乗ることが許され、大内氏に仕える武将の一人に加えられました。

(1537(天文6)年12月)十九日、御元服にて候、

滞在中は湯田温泉に行ったり、あちこち見物に連れていってもらったり、能や犬追物を見物したりしています。
氷上山二月会にも見物に行き、

(1537(天文7)年2月)十三日、氷上へ御見物、御桟敷之儀者、御屋形様より被仰付候、

祇園祭も見物しています。

(1537(天文7)年6月)七日に、立売之すミに二階を御かり候て、御見物候、

優雅な人質生活を送っていたようです。

正室も義隆の養女で大内氏の重臣 内藤興盛の娘だし・・・・・・。


天文十八年(一五四九) 元就公は、元春公、隆景公の二子を連れてこの大内館に参上」については、「大内氏館(10)宴」のところで少し書きました。


奥書に、

天文廿年冬霜月中旬
 周防国於龍福寺書之


と1551年11月に書いたとある『大内義隆記』(『群書類従 巻第三九四 合戦部二六』(検校保己一集))に、

(ここ)二多々良ノ朝臣義隆卿ハ末世ノ道者トヤ申ケン(。)文武ニ達メ双ナク(、)慈悲勝レテ無類(略)仏神ヲ尊ミ玉ヒテハ世二聞エアリ

一分(豊前)ノ国二ハ宇佐ノ造営(、)筑前ノ国二ハ箱崎(、)安芸ノ国二ハ厳島(、)往古ノコ(ゴ)トク神領ヲ帰付シ玉へハ(バ)、神子社人是ヲ悦ヒ(ビ)アヘリ(略)仏閣ノ造立二ハ氷上山ノ鐘楼堂(、)乗福寺ノ八塔(、)竜福寺一宇(、)求聞寺堂(、)護摩堂(、)是皆新造ニシテ七ヶ国ノ間二ハ百余ケ所計(ばかり)ノ造立トソ(ゾ)聞コエケル

という記述がみられます。
義隆は儒学、仏学、神道、有職学、漢詩文、和歌、連歌、能など多方面にわたる文化を究め多数の寺社を保護し、「末世の道者」と呼ばれました。

隆元は、若き日の主君であり恩師でもある大内義隆に恩義と憧憬を抱いていたのでしょうか。



玄関
玄関の背後は花頭窓になっていて、純粋に玄関だけの建築です。
もちろんここにも、大内菱が!
3C5C7A95-8D67-4EB7-BDEE-E3F6347C9F13.jpeg 28F233BD-B7E4-40B3-8107-6B51FE47A0B9.jpeg B38A74B4-D0D6-447D-8A98-5701B24239E8.jpeg 6D14AB3E-F687-4688-A463-49FBA3240D9B.jpeg



参考文献:
『山口市史 資料編 大内文化』(山口市 2010)「毛利隆元山口逗留日記」P210〜3
『大内義隆記』(『群書類従 巻第三九四 合戦部二六』(検校保己一集))
 ※国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開しています。



【次回に続く】
肥後国海中の怪(アマビエの図) [2020年04月29日(Wed)]
疫病退散パンチ アマビヱが話題になっていますが、
アマビヱの出現を伝える江戸時代後期の瓦版(1846(弘化3)年4月中旬)を京都大学附属図書館が収蔵していますぴかぴか(新しい)

京都大学附属図書館の貴重資料デジタルアーカイブ「新聞・絵」のサイトでその画像が公開されていて、資料名と所蔵先を明示しサイトにリンクするようにすれば、自由に使っていい、ということなので、「肥後国海中の怪(アマビエの図)」をアップさせていただきます揺れるハート

アマビエ.jpg

肥後国海中江毎夜光物出ル所之役人行
見るニづの如く者現ス私ハ海中ニ住アマビヱト申
者也當年より六ヶ年之間諸国豊作也併
病流行早々私シ写シ人々二見せ候得ト
申て海中へ入希り右ハ写シ役人より江戸江
申来る写也
  弘化三年四月中旬


変体かなを現代のひらがなに置き換え、句読点を入れてみました。

肥後国海中え[へ]毎夜光物出る。所の役人行(き)
見るに、づ(図)の如く者現す。「私は海中に住アマビヱと申(す)
者也。當年より六ケ年の間、諸国豊作也。併(し)
病流行。早々私し写し、人々に見せ候得」と
(し)て海中へ入けり。右は写し、役人より江戸え[へ]
(し)来る写也。
  弘化三年四月中旬

現代語訳してみました。

肥後の国の海中に毎夜光る物が出没するというので、そこの役人が行ってみると、図のようなものが姿を現した。「私は海中に住むアマビエと申す者なり。当年より6ヶ年の間、諸国で豊作が続く。併(しか)し疫病も流行する。早々に私を写し人々に見せなさい」と申して、海の中へ入っていった。アマビエを写し、役人より江戸へ伝えられた写である。
  弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)

長髪に鳥のようなくちばし、うろこに覆われた胴、うろこのある耳、3本の足?または尾びれ?、そして、チャームポイントのキラリと輝く目……そんな姿で描かれたアマビエ。
アマビエの瓦版には除災の護符としての効能は明記されていませんが、
「疫病退散」を願って・・・揺れるハート

アマビエ (2).jpg「肥後国海中の怪(アマビエの図)」改変

厚生労働省もアマビエにすがっているようですかわいい

厚労省 アマビエ.jpg
独歩記念事業 柳井市短詩型文学祭 [2020年04月28日(Tue)]
文豪 国木田独歩を記念し、短歌・詩・俳句を募集、優秀作品を選出、表彰する令和2年度独歩記念事業 柳井市短詩型文学祭が行われますぴかぴか(新しい)

DBC6C4B5-F495-4BB8-B4AD-9B73D495014A.jpeg

るんるん応募規定るんるん
【短歌部門】自由詠 2首1組
【俳句部門】自由詠 2句1組
【詩 部 門】 自由詩 800字(400字詰め原稿用紙2枚)以内
応募点数は、短歌および俳句は各一人1組、詩は一人1点。
応募作品は、楷書で丁寧に書き、特別な読み方をする字にはフリガナをふる。
 字が読めない場合は、無効。

るんるん応募資格るんるん
18歳以上(高校生は不可)で山口県内在住者。

るんるんその他るんるん
いずれの部門も創作、未発表の作品に限る。
※盗作・類似作品・二重投稿が明らかになった場合は、賞の発表後でもこれを取り消すことがある。
応募された原稿は返却しない。
応募作品の著作権は柳井市に帰属。

るんるん応募方法るんるん
部門名・郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・年齢・電話番号を明記のうえ、
短歌・俳句はメールまたはハガキ
詩はメールまたは封書
で送る。

るんるん応募締切るんるん
2020年5月29日(金) 必着(消印)

るんるん成績発表るんるん 
2020年6月23日(火) 
発表とともに入賞者に直接通知。

るんるんるんるん
各部門1位 賞状・図書カード 8,000円分
各部門2位 賞状・図書カード 4,000円分
各部門3位 賞状・図書カード 2,000円分

るんるん応募・問合先るんるん
〒742-8714 柳井市南町一丁目10番2号 柳井市教育委員会
 生涯学習・スポーツ推進課内 中央公民館文学祭係
電話 0820-22-2111 内線331
mail to chuokominkan@city-yanai.jp

0C87D220-8B8D-451E-BAA3-78B314C6E686.jpeg柳井市町並み資料館前独歩像
おうちで 中原中也生誕祭A 「お祝いメッセージ」 [2020年04月27日(Mon)]
4月29日は詩人 中原中也誕生日です。

6941A716-9605-48AC-930D-D76B587C4319.jpeg

中原中也記念館では、「おうちで 中原中也生誕祭」中原中也へのお祝いメッセージを募集していますぴかぴか(新しい)
集まったお祝いメッセージは、WEBページで紹介されるそうです。

るんるん応募の仕方るんるん
かわいい方法  中原中也記念館HPのメッセージフォーム or ハガキで
かわいい宛先 〒753-0056 山口市湯田温泉1-11-21 中原中也記念館 お祝いメッセージ係
かわいい期限 2020年4月29日まで

1E30EF30-63C8-468C-A972-DBB48324C5D4.jpeg
おうちで 中原中也生誕祭@ #中也web朗読会 [2020年04月26日(Sun)]
4月29日は山口市湯田温泉生まれの詩人 中原中也の誕生日です。

毎年、中原中也生誕祭として、朗読好きだった中也に因んで「空の下の朗読会」などが中原中也記念館の前庭で行われていますが、
DSCN0268.JPG2014 川上未映子さん DSCN0271.JPG
2014 谷川俊太郎・賢作さん

今年は、生誕祭が新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止となり、空の下の朗読会は11月7日に延期されます。

4月29日は、インターネット上で詩の朗読などを行う「おうちで 中原中也生誕祭」が開催されますぴかぴか(新しい)

るんるん2020年4月29日(水・祝)9:00〜

るんるん投稿する人は
かわいい中也もしくは自作詩の朗読を動画に撮る。
  ※朗読する自分を撮影する必要はない。風景などでもOK。
  ※詩に曲をつけた演奏、パーフォーマンスもOK。
   音楽を伴う場合、オリジナル楽曲などを使用するなど著作権に気を付けること。
かわいいハッシュタグ「#中也web朗読会」をつけてTwitterに投稿
かわいい朗読する詩の著作権を守り、公序良俗に反しないこと。

るんるん投稿された動画は「#中也web朗読会」で見ることできます。

るんるんアーティストのパーフォーマンス動画もあるそうです。
かわいいミュージシャン・・・おおたか静流、谷川賢作+原田節、小室等+こむろゆい、深川和美、サンタラ、中川智彦、落合さとこ、白岩洵
かわいい中原中也賞受賞詩人関係・・・水沢なお、神泉薫、三角みづ紀+小林大賀、暁方ミセイ、カニエ・ナハ
かわいい美術家・・・ムットーニ
等々・・・・・・。
今年の中原中也賞受賞の水沢なおさんを始め、このラインナップすごいですね揺れるハート

90C3C335-B356-4225-9CC1-B093F27ED93B.jpeg
▲読売新聞2020年4月24日(金)

最新情報は中原中也記念館のHPをチェックしてみてください。
781AE995-B3BD-465F-BA56-57CA937E68CE.jpeg
大内氏館(21)龍福寺[義興騎馬像 @ 大内氏遺跡指定60周年記念バスツアー2019㊱ [2020年04月25日(Sat)]
【前回の続き】

さらに境内を進んでいきます。
DC0C109D-323D-44B3-8577-00F513A32DC6.jpeg

龍福寺資料館がありますぴかぴか(新しい)
F19949D6-80D2-4EB9-84D5-116C0D18841C.jpeg


「龍福寺資料館」案内板。
1D8A690D-A3C1-4AFE-9239-C728B48F6C39.jpeg

龍福寺は周防を始め西日本七ヶ国の守護であった大内義隆公の菩提寺です。
弘治三年(一五五七)御奈良天皇の綸旨を賜って大内氏館跡に建立されたお寺で、山号を瑞雲山といい、宗派は曹洞宗です。この資料館には、当寺に伝わる寺宝を中心として展示しています。


大内義興騎馬像。
8250744B-D76E-46E0-9BBC-525FF36774F7.jpeg

「大内義興公「馬上展望」像」説明板。
B0321852-E97A-4A14-AD04-4BC27369BAC4.jpeg

大内氏の始祖・琳聖太子はかつて聖徳太子に拝謁した時、周防国大内県を賜ったと伝えられる。
また、歴代当主は大陸との交易に強い関心を抱き、対明、李朝貿易を計り、富と武力を誇るにいたる。
二十四代大内弘世公の時(一三六三年)足利幕府に組みして周防・長門二国の守護職を得て、守護所を大内御堀から山口の龍福寺の場所に移し、京都風城下の原型が生まれた。
その子義弘公は、今に伝わる画軸の絵に騎馬武者としての面影を見ることが出来る。
また政弘は雪舟らへの援助等で文化武将としての評価が高い。
三十代義興公(一四九四年)は、西国一の大大名として幕府管領代となり勇名をはせた。
(略)

義弘肖像画大内義弘像は山口県立山口博物館に所蔵されていて、高画質画像ダウンロードで見ることができます。

「大内氏のトビラ」展では、大内義興像(山口県立山口博物館蔵)(大正時代写)が展示されていました。
この画は、資料館前に置いてある大内義興騎馬像と違って、若武者という感のある甲冑騎馬像です。
大内府君(義興)甲冑寿容(像)于時公三十五歳」の画です。
永正八年孟冬(もうとう)吉日」と賛にあるので、細川氏と船岡山合戦(1511(永正8)年9月)の直後の孟冬つまり10月に描かせたということが分かります。
学芸員さんが「賛に注目してください。「香積界喚起」は義弘の(今の瑠璃光寺)、「国清寺追陪豊于老禅」は盛見の(今の洞春寺)、「澄清天下」は持世の(廃寺)、「築山雖有塁土矣」は教弘の居館(菩提寺は闢雲寺)、「法泉出山口」は政弘の(廃寺)、菩提寺が記されています。「蓋夫祖考美誉、係乎子孫之英賢」と、先祖の名誉は、子孫の英賢に係わる、と続けています。 」と説明してくださいました。
ちなみに、義興の菩提寺は凌雲寺です。
築山は教弘の居館と言われましたが、もちろんそうなのですが、
政弘の私家集『拾塵和歌集』の巻第十に、

  同じ(1487(文明19)年)四月三日、亡父(教弘)大明神号の 
  宣旨を下され侍りければ、築山の廟に奉納し侍とて
勅なれば光ことなるつき山のあきらけき神ぞいともかしこき


とあるように、築山館の跡に教弘を祀った築山の廟が設けられていたようなので、もしかしたら、築山大明神のことを指しているのかもしれません。
『寛政重修諸家譜』「多々良氏系図」の「教弘」のところに

長亨(享)元年四月三日筑(築)山明神と崇む

『系図纂要』「多多良朝臣姓大内」の「教弘」のところにも

長享元年四ノ三宣築山明神

とあります。(※文明19年7月20日に長享に改元したので、「長享元年」ではなく「文明十九年」が正確)
ただ、『大内氏史研究』(御薗生翁甫/著 山口県地方史学会 1959)には、

教弘(略)築山館を大内氏衙(が)門の北続きに構築した。(略)築山ありしによって名とした。廓内に築山大明神を建て、

とあり、「築山の廟」は教弘が建てたのかもしれません。
勉強不足です。

ダラダラとなりましたが、もっと単純に、呼び名(法名?)ではないでしょうか。
例えば、義隆だったら戒名で「龍福寺殿」と呼ぶように。
『大内義隆記』(『群書類従 巻第三九四 合戦部二六』(検校保己一集))に、

凌雲寺殿ハ   義隆ノ親ナリ
月山殿ハ    凌雲寺殿親ナリ
法寿(泉)殿ハ 月山殿親ナリ
香積殿ハ    国清寺殿兄ナリ


とあります。そんな具合に、教弘は「築山(月山)殿」と呼ぶようなので、そこからとったのでは、と思うのです。


資料館の屋根瓦は大内菱です。
02DE7583-8302-45F8-BACD-CFFE9AF3FFBD.jpeg

資料館の前に大内菱の瓦が無造作に置かれていました。
700AB128-581F-4A59-B79D-8EAD16605108.jpeg EBF63387-B908-4BF4-9DE9-ED261BFA6E2F.jpeg 64DA0398-83E5-421E-AA18-74AF797D3F78.jpeg 183F1057-2A71-4C13-A888-A3106DCC03D9.jpeg

毛利の瓦。
大内氏が建立した寺や神社でも、毛利の時代に手を入れていると必ず毛利の瓦が・・・・・・ということが多いのに、ここ龍福寺は全部大内菱で、初めてここで毛利の瓦見ました!
F52ACC9E-5483-4F5A-9622-DA8D85402A25.jpeg



参考文献:
「大内義弘像」(山口県立山口博物館蔵)
「大内義興像」(山口県立山口博物館蔵)
  ※いずれも山口県立山口博物館の高画質画像ダウンロードのサイトで公開されています。
『山口市史 資料編 大内文化』(山口市 2010)
 「大内府君甲冑寿像・讃」P72〜3
 「拾塵和歌集巻第十」P418〜22
 「多々良氏系図」P10〜5
 「多々良朝臣姓大内」P33〜54
「大内氏歴代当主と山口A 25 大内義弘」(山口ふるさと伝承総合センター)
「大内氏歴代当主と山口B 26 大内盛見」(山口ふるさと伝承総合センター)
「大内氏歴代当主と山口C 27 大内持世」(山口ふるさと伝承総合センター)
「大内氏歴代当主と山口D 28 大内教弘」(山口ふるさと伝承総合センター)
「大内氏歴代当主と山口E 29 大内政弘」(山口ふるさと伝承総合センター)
「大内氏歴代当主と山口F 30 大内義興」(山口ふるさと伝承総合センター)



次回に続く
大内氏館(20)龍福寺Z義隆辞世「討つ人も 討たるゝ人も 諸ともに 如露亦如電應作如是觀」 @ 大内氏遺跡指定60周年記念バスツアー2019㉟ [2020年04月24日(Fri)]
【前回の続き】

D6C7EE8A-9826-4997-A176-8AA4F5FAA373.jpeg

義隆辞世の歌碑ぴかぴか(新しい)
1138BFA6-650C-40BC-B1B0-E4C54A78C633.jpeg 7E132735-0A0C-4289-B3DA-72F345DE6232.jpeg 11C0905D-0460-4CFD-8AD6-401CB37AFA6E.jpeg

天文二十年(一五五一) 重臣 陶晴賢の謀叛(ぼうはん)により大内氏三十一代義隆卿は大内御殿から長門の大寧寺に逃れました。
この時大寧寺住職異雪慶殊(いせつけいしゅ)和尚(1502〜64)の弟子となり金剛教の経文を引用した
「討つ人も 討たるゝ人も 諸ともに 如露亦如電応作如是観(にょろやくにょでんおうさにょぜいかん)
の辞世をよんで自刃されました。
その意味は、敵も味方も人の命は露のようにまた稲妻のようにはかないという佛教の無常観をうたったものです。
時に四十五歳の生涯でした。


陶晴賢(1521〜55)は、大寧寺の変のとき、義隆の偏諱を受けた名前「隆房」を名乗っていました。
異雪慶殊(1502〜64)は義隆を自らの仏弟子として「瑞雲珠天(ずいうんしゅてん)」と法号を授けました。

如露亦如電応作如是観」は、『金剛般若波羅蜜(はんにゃはらみつ)経』(『金剛経』『金剛般若経』)という経典からとられています。
基本的に釈迦(ブッダ)と須菩提(スブーティ)との会話によって構成されています。

須菩提。若有人以滿無量阿僧祇世界七寶持用布施、
若有善男子善女人發菩薩心者、
持於此經乃至四句偈等、受持讀誦爲人演説其福勝彼。
云何爲人演説。不取於相如如不動。何以故
 一切有爲法 如夢幻泡影
 如露亦如電 應作如是觀


須菩提、若し人有りて、無量阿僧祇(あそうぎ)世界に滿たすに七寶を以て布施に持用せんに、
若し善男子善女人にして、菩薩心を發する者有りて、
此の經乃至(ないし)四句偈(げ)等を持して、受持讀誦し人の爲に演説せば、其の福は彼に勝れたり。
云何(いかん)が人の為に演説するや。相を取らざれば如如に不動なり。何を以ての故に、
 一切有爲の法は 夢幻泡影(むげんほうよう)の如く
 露の如く亦電の如くなり 應に如是(にょぜ)の觀を作すべし。


如露亦如電 露の如く亦電の如し(つゆのごとくまたいなずまのごとし) 
 電(いなずま、でん)=稲妻。雷のこと。
 露のようにはかなく、電光のように一瞬の間に消え去るの意で、すべて因縁によって生じたものは実体がなく空であることをたとえた語
応作如是観 応に是の如きの観を作すべし(まさにかくのごときかんをなすべし)
 あるがままの姿に真実があるとする考え。

『宝物集』(平康頼 1179頃)に 「一切有為法、如夢幻泡影、如露亦如電、応作如是観
『往生要集』(源信 985(寛和元))に 「如金剛般若經云。一切有爲法。如夢幻泡影。如露亦如電。應作如是觀。
などと引用されています。

義隆が自刃した大寧寺は、大内家の庶家で、長門守護代だった鷲頭弘忠(わしのうずひろただ)が、石屋真梁(せきおくしんりょう)禅師を開山として迎え、1410(応永17)年に開創しました。鷲頭弘忠は1448(文安5)年に義隆の曾祖父 教弘によって攻め滅ぼされました。

1551(天文20)年、義隆を討った陶隆房は、4年後の1555(天文24)年、厳島の戦いで毛利元就に敗れて自刃しました。

勝者も敗者も、共に、露のように稲妻のように一生は短く儚い、
盛者必衰、生者必滅。
諸行無常。



参考文献:
『金剛般若波羅蜜経』(金剛経会 和訓/著 一喝社 明42.7)
  ※国立国会図書館デジタルコレクションで公開されています。



【次回に続く】
大内氏館(19)龍福寺Y供養塔 @ 大内氏遺跡指定60周年記念バスツアー2019㉞ [2020年04月23日(Thu)]
【前回の続き】

大内義隆卿主従之供養塔ぴかぴか(新しい)
8997CBD7-6285-4AA0-AD7E-543AD26D4A4F.jpeg

「従二位 大宰大弐 大内義隆卿主従之供養塔」の案内板。
61BCE1E7-0803-4C3B-9547-4511B4F76825.jpeg

平成十二年は龍福寺の開基大内義隆卿の四五十回大遠忌に当たります。
この勝縁にちなみ、大内義隆卿主従の供養塔を建立しました。正面の宝篋印塔は長門市大寧寺にある義隆卿のお墓を原寸大に複製したものです。
また、左奥の十三重の塔は義隆卿に従って戦死した冷泉隆豊(れいせいたかとよ)などの忠臣や公卿の諸精霊(しょしょうれい)の供養のために建立いたしました。


「従二位 大宰大弐 大内義隆卿主従之供養塔」石碑。
8EBCC005-A2BA-4F14-BFCC-E64CED9F9E97.jpeg 3E70FEC1-1C48-4F84-8809-688BCD305B88.jpeg

40A469C0-14C4-4300-8C3F-393DD22C22C0.jpeg

宝篋印塔。
長門市深川湯本の大寧寺にある義隆のお墓を原寸大に複製したものです。
296C5205-94F7-4FB8-A3FE-BDB4CE0C6FDF.jpeg

十三重の塔。
915451E4-2320-4E6C-974D-3BACDE2E172D.jpeg

義隆に従い戦死した冷泉隆豊などの忠臣や公卿の諸精霊の供養のために建立と刻まれています。
4460686C-716B-454F-9844-F33323F11289.jpeg

2000(平成12)年の義隆四五十回忌法要記念です。
97B49A3E-41BF-41AC-A918-DB9A333E7CA6.jpeg

ちなみに、
1575(天正3)年の二十三回忌、1585(天正13)年の三十三回忌の追善供養のほか、
1600(慶長5)年の五十回忌法要@、
1750(寛延3)年の二百回忌法要A、
1800(寛政12)年の二百五十回忌法要B、
1850(嘉永3)年の三百回忌法要C、
1899(明治32)年の三百五十回忌法要D
が行われています。

後ろには祠がありました。屋根には大内菱が揺れるハート
AC2A9005-E56C-43BB-A6C9-848412A4700F.jpeg 3E2978D2-26F0-498F-85D3-53B5E3B8811E.jpeg



参考文献:
『大内氏館跡12』(山口市教育委員会 2011)「龍福寺と寺地の沿革」P19〜26
『山口町 竜福寺』(山口県文書館蔵 寺社由来815)@
『大内義隆弐百廻りヨリ三百回忌ニ至ル諸沙汰控』(山口県文書館蔵 毛利家文庫 13祭祀11)AC
『竜福寺規樹書翰并寺社奉行御沙汰状写 大内義隆公二百五十年忌ニ付』(山口県文書館蔵 多賀社文庫 多賀社398)(寛政12年(1800)写)B
『寛政十一年諸事小々之控』(山口県文書館蔵)(寛政11年(1799))B
『山口・小郡宰判本控』C
『山口県寺院沿革史』(可児茂公/編 山口県寺院沿革史刊行会 1933(昭和8))D



【次回に続く】
大内氏館(18)龍福寺X梵鐘 @ 大内氏遺跡指定60周年記念バスツアー2019㉝ [2020年04月22日(Wed)]
【前回の続き】

龍福寺は義隆の菩提寺ということで、義隆に因んだものがいろいろあります。

その一つがしあわせの鐘ぴかぴか(新しい)
F9A9610B-0D3A-4338-9E6E-4DB2ED636034.jpeg

義隆が造らせた興隆寺の梵鐘を縮小複製したものです。
2D1F1702-8B79-4F2E-97B1-34616AD4387C.jpeg

この梵鐘は大内義隆卿が享録五年(一五三三)に九州芦屋の名工大江宣秀に作らせた国の重要文化財「興隆寺梵鐘」を縮小、複製したものです。鐘楼堂は総欅造り入母屋本瓦葺きで、現代の名建築です。平成五年春完成後は、毎日、「暁鐘」「日中鐘」「昏鐘」一日三回大内文化の音を鳴らしております。ご参詣の皆様も世界の平和、地域の安穏、ご家庭のしあわせを願って自由に撞いて下さい。

自由に撞いていいというのは、興隆寺梵鐘と同じですね。
じっくり見ると興隆寺梵鐘と全く同じには造ってはいない気がしますが、小さいので、全体が把握できて、それはそれでいいものです。
741F963D-055A-436F-BC4D-40EE38EBBD45.jpeg

特に、興隆寺では竜頭(釣鐘の頭部に付けた竜の頭の形をしたもの)の部分が高すぎてよく見えないのですが、この梵鐘ではよく分かって、嬉しかったですわーい(嬉しい顔)
1BE8A54A-9AAE-4FD4-A46A-5584956645AA.jpeg

当然ですが、銘文は違っていました。
82406585-E5FF-4F0C-B537-313B28D96AEE.jpeg

また、鐘楼ももちろん新しいものですが、瓦などに大内菱が使ってあり、大内氏ファンの気持ちをくすぐります揺れるハート
9C5A313D-37D5-4A64-8119-0F7A111300B9.jpeg F01EE0A9-2EB0-4724-A044-7B7B526C1E2E.jpeg


【次回に続く】
大内氏館(17)龍福寺W豊後石 @ 大内氏遺跡指定60周年記念バスツアー2019㉜ [2020年04月21日(Tue)]
【前回の続き】

ソテツのそばに、豊後岩というのがありますぴかぴか(新しい)
950DEB6B-3CB5-49A0-8684-EEE51CDCC101.jpeg AC8D00B3-00A9-475C-A670-0C2D40E5891B.jpeg

「豊後岩の由来」の由緒書。
E07C8710-E0D3-4AA7-9B70-F097703E7C5C.jpeg

大内氏は歴代政庁をこの地に置き、西日本に覇を誇っていたが、後に、防・長・芸・備・石・豊・筑の七か国の守護を兼ね、その富と権力は天下に並ぶべきものがなかった。
当時世の中は兵乱にあけくれていたが山口の町は平和を保っていたので、戦乱の都をさけて、この山口に来る公卿・文人が多くあり、いわゆる西の都の繁栄があった。
大内氏はこれら来訪の客をもてなすため、邸前に宏大壮麗な築庭をした。
そこには流水があり、また当時珍しい蘇鉄が植えられたりしていたが、使用した岩は全部豊後国から舟で持ってきたものであった。
しかしこれらの岩は、豊後の国をこいしがって雨の夜は「豊後に帰りたい」といって泣いていたという。
そのような立派な庭も大内氏の滅亡後は荒廃して、わずか豊後岩だけがここに残って、往時の栄えの跡をしのばせている。



豊後石といえば思い出すのが、湯田温泉にある井上公園の瓢箪池にある夜泣き石です揺れるハート
龍福寺の豊後石は大内氏館の庭園の石とありましたが、井上公園の石は築山跡の石のようです。
4473CAED-178E-4B06-AAA2-80A2EFC31716.jpeg井上公園

 この庭園は、大正六年(一九一七)に造られたもので、池は形からひょうたん池と名付けられています。
 池泉を中心として築庭されており、中心の大きな石は、室町時代中期に大内氏の別邸「築山館」造営の時に豊後の大友氏から送られたものを、築庭のとき移し、ここに移されました。遠い豊後を恋しがり、雨の夜には泣くということから「夜泣き石」といわれています。
 

EB90819E-ECF7-486F-8865-D2C83EBD919F.jpeg

『防長古城趾の研究』「第一章 大内氏館趾・築山館趾」(新防長叢書)(御薗生翁甫/著 マツノ書店 1975)に、築山館趾について

天明二十三年頃恵海僧正の代に四方竹藪なりしを伐り払い、竹藪の土を以て池を埋め、庭石は或いは砕き或いは他に運び、今は八坂神社玉垣の前に少数屹立し、その他湯田の高田園の泉石に転用した。

とあり、湯田の井上公園(以前の名称は「高田公園」)の夜泣き石のことが書いてあります。

では、八坂神社に行ってみましょう。
BDB8123E-E1E0-4C8A-8680-D627D9EF7595.jpeg八坂神社

確かに玉垣の前に豊後立石が屹立 ― 堂々とそそり立っています。
CE617513-342B-4E69-9C5B-B9237F4113BC.jpeg

この豊後立石を見ると、どんなに大内氏の庭が雄大だったかわかります。

八坂神社の豊後立石は泣かないのでしょうかexclamation&question とても気になります。


さて、築山跡は、もともとは大石を積み上げた石垣で周囲を囲っていましたかわいい
(「豊後岩の由来」由緒書や「瓢箪池」案内板の豊後石はあくまでも庭石のことですので、話が外れていっていますが、お付き合いください。)

『大内氏時代山口古図』(山口県文書館蔵 軸物史料218)を見ると、「大内御殿」の西側と南側が石垣で囲んであるのが見えます。
『行程記』(山口県文書館蔵)(明和元年(1746)頃成立?)に竪小路と北側に石垣が描かれています。
『地下上申絵図』(山口県文書館蔵)(1728(享保13)年成立)にも石垣が描かれています。
『山口市街古図』(山口県文書館蔵 毛利家文庫 58絵図320)(17世紀末成立)には、上竪小路に沿って石垣があります。

『幕末山口市街図』(袋入絵図178 慶応元年(1865)〜明治元年(1868)頃 山口県文書館蔵)になると、「築山 地方分」にはその石垣はもう見えず、西側に土塁を表すようなものが描いてあります。

85A8A851-480D-42F7-921C-3F510B7438E3.jpeg築山跡 4E041098-ED84-4688-8036-210D8BFA25D4.jpeg D7974223-0746-474A-9709-86D7C7B1B04F.jpeg

江戸末期に毛利氏が萩城から山口城(山口新御屋形)に居城を移したときに大石を運び出した為、現在の土塁のようになったといいます。

 宝暦末(1764頃)までは大内時代からの大松があり、天明2・3年(1782・83)頃には四方を竹藪に囲まれ、一部を切り開き池を埋めて畑にしたといいます。
 北西隅に残る築地(ついじ)跡は当初の形をとどめており、石垣の石は幕末、山口新御屋形(山口城)の石垣に転用されたと伝えられます。
「大内氏歴代当主と山口D 28 大内教弘 本拠山口から領国・海外を見据えた築山殿」(山口ふるさと伝承総合センター) より引用)

ツキ山(築山)
今の⼋坂神社・築⼭神社境内、料亭菜香亭跡地一帯は大内教弘(1420〜65)の頃に造営された別邸築山屋形の跡で、大規模な庭園があったと伝えられます。発掘調査により大内氏館跡につぐ規模の堀がみつかりました。宝暦末(1764頃)までは大内時代からの大松があり、天明2・3年(1782・83)頃には四⽅を⽵藪に囲まれ、⼀部を切り開き池を埋めて畑にしたといいます。築地の石垣は幕末、山口新御屋形(山口城)の石垣に転用されたと伝えられます。
古地図シリーズB「山口町村図(山口県文書館蔵)(江戸時代・幕末)」(山口ふるさと伝承総合センター)より引用)

『山口市史 史料編 大内文化』(山口市 平成22)P939〜940に

近藤清石が『山口県地理誌料』(山口県文書館、明治十八年以前)を著す。(略)幕末の藩庁移鎮の際し、築山跡の築地の石を崩し取り、その土をかき上げたものが、現在の築地跡であるとした記述である。現存する土塁状の高まりと、築地の石垣とが結びつく。

とあります。
「築地の石を崩し取り、その土をかき上げた」というのは、2m近くある現在の土塁を見ると、納得がいきます。

そして、山口御屋形の東稜塁の基礎石垣は大内氏の築山館跡にあったものを転用したようです。
それは、香山通りで見ることができまするんるん
1E2C56AD-45FB-49A0-A42A-4844EE959627.jpeg香山通り A3EC5865-950C-4E60-B115-2DF067ADB1AA.jpeg A1264A84-8268-4759-98BE-5E0D2678362F.jpeg D8DD00ED-6368-4EAD-874E-28EE5099456F.jpeg E2533B86-F842-4937-B3C4-6A29ADC9BED6.jpeg F8E4BCE3-EE3C-4E77-B695-1138927D765B.jpeg

中には1mを超える石もあります。
4F3B86E3-4B7A-47D6-8C31-C7316D550402.jpeg FFD59D78-0BFE-4EC1-B83A-D0AA9657CEC9.jpeg

石のお話でした。



参考文献:
『大内氏時代山口古図』(山口県文書館蔵)
『行程記』(山口県文書館蔵)
『地下上申絵図』(山口県文書館蔵)
『幕末山口市街図』(山口県文書館蔵)
『山口市史 史料編 大内文化』(山口市 平成22)佐藤力「大内氏遺跡築山跡」P938〜944



【次回に続く】
| 次へ