• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
詩の翻訳・文学の翻訳 ― 中原中也英訳から出発して @ 中原中也の会第27回研究集会 [2024年05月25日(Sat)]
6月30日(日)、中原中也の会第27回研究集会「詩の翻訳・文学の翻訳 ― 中原中也英訳から出発して」がハイブリッド開催されますぴかぴか(新しい)

BCBF272A-7A4F-42B1-8ED9-4290D81A7F7F.jpeg 6543657B-B5B2-4367-9821-03A4E11AA022.jpeg

このたびの研究集会は対面開催で実施いたします。また、研究集会の様子をオンライン(Zoom)で配信します。
対面参加の場合もオンライン配信を視聴する場合も、中原中也の会ウェブサイトで最新情報を随時ご確認ください。

https://chuyakan.jp/ntsarticle/kenkyu_27/


るんるん日 時るんるん 2024年6月30日(日)14:00〜17:10  オンライン配信あり
るんるん会 場るんるん 國學院大學院友会館 
   〒150-0011 東京都渋谷区東4-12-8
   電話 03-3400-7781

るんるん出演るんるん
  ジェフリー・アングルス(西ミシガン州立大学教授、詩人)
  栩木伸明(早稲田大学文学学術院教授、翻訳家)
  鴻巣友季子(翻訳家、文芸評論家)
  四元康祐(詩人、中原中也の会理事)

るんるんタイムテーブルるんるん
  総合司会:四元康祐

開場 13:30

開会の挨拶 14:00〜14:10 
  阿毛久芳(都留文科大学名誉教授、中原中也の会会長)

講演 14:10〜15:10 
  講師:ジェフリー・アングルス 
  演題:「中原中也を英訳する」

パネルディスカッション 15:30〜17:00 
  パネリスト:ジェフリー・アングルス
        栩木伸明
        鴻巣友季子
    (司会)四元康祐
  題目:「詩の翻訳・文学の翻訳」

閉会の挨拶 17:00〜17:10 
  たかとう匡子(詩人、中原中也の会副会長)

閉会 17:10

るんるん対象るんるん 会員以外一般参加可
るんるん参加費るんるん 対面 500円 
     オンライン配信 無料(要事前登録)
るんるんオンライン視聴についてるんるん
  Zoomウェビナーを使用
  6月16日(日)に視聴受付を開始
   https://chuyakan.jp/ntsarticle/kenkyu_27/
るんるん問合るんるん 中原中也の会事務局(中原中也記念館内)
  mail to nts[a]chuyakan.jp ※[a]を@に変えてください。
  電話 083-932-6430 fax to 083-932-6431                
るんるん主催るんるん 中原中也の会 


かわいいジェフリー・アングルス(Jeffrey Angles) かわいい
西ミシガン州立大学教授、詩人。
1971年、米国オハイオ州生まれ、現在ミシガン州カラマズー市在住。20世紀前半の作家、江戸川乱歩と折口信夫をはじめ、現代詩人の伊藤比呂美と高橋睦郎まで、日本文学の英訳が多数ある。多田智満子の英訳詩集により、日米友好基金の日本文学翻訳賞とアメリカ詩人アカデミーのランドン翻訳賞を受賞、折口信夫の『死者の書』の英訳により、スカグリオネ文学翻訳賞と三好翻訳賞をダブル受賞。2016年の日本語詩集『わたしの日付変更線』により、読売文学賞を受賞。現在、中原中也を英訳するプロジェクトを実行している。

かわいい栩木伸明(とちぎ・のぶあき)かわいい
早稲田大学文学学術院教授、翻訳家。
専門はアイルランド文学・文化。著書に『アイルランドモノ語り』(読売文学賞(随筆・紀行賞)受賞)、『ダブリンからダブリンへ』、『ポール・サイモン全詞集を読む』、訳書にJ・M・シング『アラン島』、W・B・イェイツ『ジョン・シャーマンとサーカスの動物たち』、キアラン・カーソン『琥珀捕り』、サイモン・アーミテージ『キッド』(四元康祐と共訳)、『ポール・サイモン全詞集』などがある。

かわいい鴻巣友季子(こうのす・ゆきこ)かわいい
翻訳家、文芸評論家。
英語圏の現代文学の翻訳紹介とともに、古典の新訳にも力を傾注する。主訳書に、ブロンテ『嵐が丘』、ミッチェル『風と共に去りぬ』、ウルフ『灯台へ』、クッツェー『恥辱』、アトウッド『昏き目の暗殺者』『誓願』『獄中シェイクスピア劇団』、ゴーマン『わたしたちの登る丘』『(仮)わたしたちの担うもの』(6月刊)他多数。主著書に、『謎とき『風と共に去りぬ』』『文学は予言する』(以上新潮選書)、『翻訳教室はじめの一歩』(ちくま文庫)、『翻訳ってなんだろう?』、(ちくまプリマー新書)など。共著に『みんなで読む源氏物語』(ハヤカワ新書)など。各紙の書評委員や文芸時評を担当。日本ペンクラブ女性作家委員、獄中作家・人権委員、日本文藝家協会理事。

かわいい四元康祐(よつもと・やすひろ)かわいい
詩人、中原中也の会理事。
詩集『世界中年会議』で山本健吉賞、『噤みの午後』で萩原朔太郎賞、『日本語の虜囚』で鮎川信夫賞を受賞。翻訳に『ホモサピエンス詩集―四元康祐翻訳集現代詩篇』、『月の光がクジラの背中を洗うとき 48か国108名の詩人によるパンデミック時代の連歌』、『ダンテ、李白に会う 四元康祐翻訳集古典詩篇』など。近著に『龍に呑まれる、龍を呑む 詩人のヨーロッパ体験』、『シ小説・鮸膠』、『ソングレイン』などがある。
| 次へ