• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2023年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
フォーラム「子ども読書活動のきのう・きょう・あす〜子ども読書活動120周年にちなんで〜」 [2023年11月25日(Sat)]
こどもと本ジョイントネット21・山口は、2024年1月13日(土)、ルルサス防府で、岩瀬成子(児童文学作家)さん、武田美穂(絵本作家)さん、長野ヒデ子さん(紙芝居・絵本作家)、松田もとこさん(童話作家)、横山眞佐子(児童書専門店代表)さんをお迎えして、フォーラム「子ども読書活動のきのう・きょう・あす〜子ども読書活動120周年にちなんで〜」を開催しますぴかぴか(新しい)

フォーラム4.png

るんるん日 時るんるん 2024年1月13日(土)13:30〜16:00 (開場 13:00)
るんるん場 所るんるん ルルサス防府 2F 多目的ホール
   防府市栄町1-5-1  
   電話 0835-27-4959

るんるんプログラムるんるん
第1部 この本がい・ち・ば・ん 〜ビブリオバトル風に
 るんるん時間 13:30〜15:00 (開場 13:00)     
 るんるん出演 岩瀬成子、武田美穂、松田もとこ、横山眞佐子

第2部 絶賛!児童文学作家・那須正幹の世界
 るんるん時間 15:10〜16:00
 るんるん出演 岩瀬成子、武田美穂、長野ヒデ子、松田もとこ、横山眞佐子

るんるん対 象るんるん 小学生〜大人
るんるん定 員るんるん 80名 (要予約・先着順)    
るんるん参加費るんるん 大人2000円(※当日500円アップ) 高校生以下無料
るんるん申込方法るんるん 電話かメールで以下をお知らせください。
 @代表者氏名 A参加者全員の氏名(高校生以下は学年も) B電話番号 C住所
 ●メールの場合には、件名を「フォーラム」とし、PCからの返信が受信できるように設定してください。
るんるん申込先るんるん 090-3636-2617 (山口)、090-7594-6250(山本)
  jointnet2000@gmail.com
るんるん主 催るんるん こどもと本ジョイントネット21・山口
るんるん後 援るんるん 防府市教育委員会・児童書専門店こどもの広場、山口県子ども文庫連絡会、森のくまさん、手づくり絵本の会

るんるん子どもゆめ基金助成活動

るんるん注意事項るんるん
団体広報用や子どもゆめ基金への報告用にフォーラム中の写真や動画撮影を行います。広報用に、HPやSNS・刊行物に掲載することがあります。それ以外の目的では使用しません。なお、子どもゆめ基金への報告用に提出した個人情報(写真)は「(独)国立青少年教育推進機構が保有する個人情報の適切な管理に関する規定」に基づき、子どもゆめ基金助成業務以外の目的には使用されません。あらかじめご了承ください。


かわいい岩瀬成子かわいい 
1977年『朝はだんだん見えてくる』でデビュー、この作品で日本児童文学者協会新人賞、『「うそじゃないよ」と谷川くんはいった』で小学館文学賞、『ステゴザウルス』『迷い鳥飛ぶ』の2作で路傍の石文学賞、『そのぬくもりはきえない』で日本児童文学者協会賞、『きみは知らないほうがいい』で産経児童出版文化賞大賞、『あたらしい子がきて』で野間児童文芸賞・JBBY賞を受賞。2020年には、日本国際児童図書評議会により「2022年国際アンデルセン賞」作家賞候補に推挙された。

かわいい武田美穗かわいい  
『となりのせきのますだくん』で絵本にっぽん賞、講談社出版文化賞・絵本賞受賞、『ふしぎのおうちはドキドキなのだ』で絵本にっぽん賞、『すみっこのおばけ』で日本絵本賞読者賞、けんぶち絵本賞グランプリを受賞。

かわいい長野ヒデ子かわいい  
1976年に『とうさんかあさん』で日本絵本賞手づくり絵本部門文部大臣奨励賞、『おかあさんがおかあさんになった日』で1994年サンケイ児童出版文化賞、『せとうちたいこさんデパートいきタイ』で1996年日本絵本賞、2017年久留島武彦文化賞・個人賞受賞。紙芝居文化推進協議会会長。

かわいい松田もとこかわいい 
岩国市美和町の歯科医院待合室に「まつたけ文庫」を開設。山里の自然を題材にした童話、世代をつなぐ命の絵本を多く発表。『おばあちゃんがいるといいのにな』で95年日本絵本賞、けんぶち絵本大賞を受賞。

かわいい横山眞佐子かわいい 
29歳のときに児童書専門店「こどもの広場」を下関市に開店。子どもの読書推進を地域から支えてきた長年の活動に対し、第53回(2013)久留島武彦文化賞を授与された。
| 次へ