• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
湯野・戸田の領主 堅田氏と徳地 〜高杉晋作を富海に送れ!〜 @ 第7回 徳地歴史講座 [2022年11月25日(Fri)]
11月27日(日)、山口市立徳地図書館で、第7回 徳地歴史講座「湯野・戸田の領主 堅田氏と徳地 〜高杉晋作を富海に送れ!〜」が開催されますぴかぴか(新しい) 

キャプチャ.PNG

島地と湯野とは、わずか10kmの距離である。
長州藩内で、血で血を洗う激しい権力闘争が始まる元治元年(1864年)の10月27日、 追っ手から逃れて高杉晋作は雨降りしきる闇夜、正慶院の山縣有朋を訪ねる。「武力蜂起を!」。しかし山縣は動かなかった…。

失意の中、高杉晋作は筑前(福岡)行きを論じて 富海へと姿をくらましていく。
その時山縣有朋は、奇兵隊士の一人”伊藤伝之助”を高杉晋作に付けてやったと自伝「懐旧記事」に記す。

湯野と隔ててわずかに10kmの島地は、湯野や戸田の生活圏内にある。
毛利家寄組筆 頭(トップ)の堅田氏が、ここ湯野・戸田の領主であったこと。石高6千石の小大名にも匹敵する毛利家の名門であったこと。幕末には、学問を重んじた堅田氏が家老以下26名の若者を吉田松陰の「松下村塾」で学ばせたことなどは、ほとんど語られることはない。

郷土史家の山田文雄氏に、堅田氏と徳地に係るこの謎を語ってもらいましょう。


るんるん日 時るんるん 2022年11月27日(日)10:00〜12:00
るんるん場 所るんるん 山口市立徳地図書館 視聴覚室
るんるん講 師るんるん 山田文雄(徳地史談会会長)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申 込るんるん 不要
るんるん問 合るんるん 山口市立徳地図書館 電話 0835-52-0043
| 次へ