• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
三浦太郎展 絵本とタブロー @ 板橋区立美術館 [2022年10月30日(Sun)]
11月19日(土)〜2023年1月9日(月・祝)、板橋区立美術館で、「三浦太郎展 絵本とタブロー」が開催されますぴかぴか(新しい)

185D9D32-1073-4D16-85E7-B9CFCB9BDF78.jpeg

三浦太郎(1968年生まれ)は、2004年にヨーロッパで絵本作家としてデビューし、その後、日本国内でも『くっついた』や『ちいさなおうさま』など話題の絵本を次々に出版してきました。優れたデザイン感覚やアイデアあふれる展開で読者を魅了する絵本は、たくさんの国で翻訳出版されています。三浦が絵本作りを始めたのは、板橋区立美術館で「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」を観覧したことがきっかけでした。当館は、三浦の2001年のボローニャ展初入選から20年以上にわたり、その活動と変遷に伴走してきました。
2014年からは、ステンシルを使って描くタブロー(絵画作品)のシリーズを発表し始め、ボローニャ近代美術館で展覧会も開催しました。さらに近年は風景スケッチにも取り組んでいます。
三浦太郎の絵本とタブローの仕事を紹介する本展では、絵本原画、新作のタブロー、初公開となる風景スケッチなども展示し、その制作の全貌に迫ります。


るんるん会期るんるん 2022年11月19日(土)〜2023年1月9日(月・祝)
るんるん開館時間るんるん 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
るんるん休館日るんるん 月曜日(ただし1月9日(月)は祝日のため開館)、12月29日(木)〜1月3日(火)
るんるん観覧料るんるん 一般650円 高校・大学生450円 小・中学生200円
 *土曜日は小中高校生は無料
 *65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)
るんるん主催るんるん 板橋区立美術館、JBBY(一般社団法人日本国際児童図書評議会)


かわいい三浦太郎展 期間中のイベントかわいい

対談「三浦太郎さんとこれまでのこと」
 るんるん日時 2022年11月20日(日)14:00〜15:30
 るんるん講師 三浦太郎 × 松岡希代子(板橋区立美術館館長)
 るんるん定員 40名(先着順)
 るんるん参加費 無料
 るんるん申込開始 11月5日(土)9:00より
 るんるん申込先 03-3979-3251(1申込につき2名まで)

対談「三浦太郎さんと絵本のこと」
 るんるん日時 2022年12月25日(日)
 るんるん講師 三浦太郎 × 広松由希子(絵本評論家)
 るんるん定員 40名(先着順)
 るんるん参加費 無料
 るんるん申込開始 12月10日(土)9:00より
 るんるん申込先 03-3979-3251(1申込につき2名まで)

子どもアトリエ
 るんるん日時 2022年12月4日(日)10:00〜12:00・14:00〜16:00、各1回制
 るんるん講師 三浦太郎
 るんるん対象 3歳から小学生のお子さんとその保護者
 るんるん定員 各回12組(先着順)
 るんるん参加費 1組1000円
 るんるん申込開始 11月12日(土)9:00より電話で
 るんるん申込先 03-3979-3251(1申込につき2名まで)

絵本講座 「大人が出会うしかけ絵本〜2次元から4次元まで〜」
 るんるん日時 2022年11月26日・12月3日・10日(いずれも土)の3日制 午後1時30分〜4時30分
 るんるん講師 吉田稔美氏(絵本作家、イラストレーター)
 るんるん対象 高校生以上の方
 るんるん定員 20名(先着順)
 るんるん参加費 4800円
 るんるん申込開始 10月22日(土)9:00より電話で
 るんるん申込先 03-3979-3251(1申込につき2名まで)


かわいい三浦太郎かわいい
1968年、愛知県西尾市生まれ。大阪芸術大学美術学科で版画を専攻し、シルクスクリーンを学ぶ。10年ほどイラストレーターとして活動した後、2001年「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」に初入選し、2003年以降も連続入選を果たす。入選をきっかけに2004年にスイスで絵本作家としてデビュー、同年にイタリアでも絵本を出版。日本で初めて出版した絵本『くっついた』(こぐま社、2005年)は100万部を超える大ヒットとなる。2022年までに国内外で47冊の絵本を出版し、世界中で多数の翻訳版が刊行されている。
近年はステンシルを使って描くタブロー(絵画作品)の制作にも力を入れており、2014年の「ワークマンステンシル」シリーズや、2016年から始まった「こどもアイデンティティー」シリーズを国内外で発表している。
また2014年にボローニャで初めて子ども向けのワークショップを行い、その後も日本、台湾、スペイン、ポーランドなど世界各地で実施している。
| 次へ