• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
夏休み子どもエコ講座「生ごみを自然にもどそう 〜生ごみを捨てない暮らし〜」を開催しました [2022年07月28日(Thu)]
7月23日(土)、山口市リサイクルプラザで、やまぐちエコ倶楽部夏休み子どもエコ講座「生ごみを自然にもどそう 〜生ごみを捨てない暮らし〜」を開催しましたぴかぴか(新しい)

夏休み子どもエコ講座2022 チラシ.PNG


@ごみの現状を知ろう

みんなの持参した朝出た生ごみを調べてみると、切りくず、野菜や果物の皮、野菜の芯、卵の殻で、いわゆる「調理くず」でした。
他にも、生ごみには、「食品ロス」(手つかず食品・食べ残し・過剰除去)、その他(コーヒーかす・茶がら)があります。

我が家の生ごみリサイクル観察日記.PNG

可燃ごみの30〜40%が生ごみで、生ごみの80%近くは水分で、生ごみを可燃ごみとして焼却すれば、たくさんのエネルギーが必要となり、たくさんの二酸化炭素を発生すること、
生ごみを堆肥にして野菜を育てる「食の循環」が何故大切なのかをみんなで考えました。

IMG_E5011.JPG

生ごみを堆肥にするのは、微生物が活躍している、と子どもからの発表もありました。

ダンボールコンポスト講座令和4年度チラシA.PNG


Aダンボールコンポストを作ろう

ダンボール箱の隙間をクラフトテープで貼って、ダンボールの底板を入れ込み、基材のピートモスともみ殻くん炭をしかっり混ぜ、ダンボールコンポストを作りました。

IMG_E5012.JPG

ピートモスは、「ピート=泥炭」+「モス=苔」、ミズゴケなどの植物が寒冷地の低湿地で長い年月の間堆積し腐植化したものを洗って、乾燥させた用土です。強い酸性(pH4)で、通気性・保水性に優れています。

もみ殻くん炭は、もみ殻を出来るだけ無酸素の状態で炭化(蒸し焼き)させたものです。多孔質なので土に混ぜて通気性を改善したり、有用微生物の繁殖を促す効果があります。

IMG_E5014.JPG

完成したダンボールコンポストに、早速、持参した生ごみを混ぜ込みました。
生ごみを調べた際に、大きい物は、切ったり、ちぎったりし、発酵が進みやすくしています。

IMG_E5013.JPG


B生ごみ堆肥で野菜ポットを作ろう

野菜ポット作りは、土に還るポットにサニーレタスを植えました。
土に混ぜた生ごみ堆肥が、臭いもなくサラサラなのにみんな感激揺れるハート
みんなも4ヶ月後にはこんな堆肥ができますよ。

IMG_E5073.JPG


直前のキャンセルが2組あり、4組の参加(内訳:小1 1名、小3 2名、小6 1名 + 保護者2名)でしたが、山口市リサイクルプラザからポット受け皿をプレゼントしてもらったり、自作のダンボールコンポスト、野菜ポット、観察日記帳などを抱えて嬉しそうに帰って行きましたわーい(嬉しい顔)


来年も楽しく地球に優しいことをみんなで考え実践する講座が開けるといいですね。



かわいいやまぐちエコ倶楽部はこんな講座も開いています。

ダンボールコンポスト令和4年度講座チラシ.PNG

るんるん対 象るんるん 山口市民限定。2人以上のグループ
るんるん費 用るんるん 無料(基材代や講師派遣費等、費用は一切かかりません)
るんるん講 師るんるん やまぐちエコ倶楽部から派遣
るんるん期 間るんるん 2023年3月までに実施
るんるん申込先るんるん 山口市環境部資源循環推進課リサイクル担当 電話 083-941-2186
るんるん主 催るんるん 山口市・やまぐちエコ倶楽部
るんるん注意事項・お願いるんるん
 ※実施希望日をお知らせください。日程を調整し、開催日を決定します
 ※会場をご準備ください。準備できない場合、ご相談ください
 ※段ボール箱のご準備をお願いします
 ※開催日当日の朝の生ごみをご持参ください
| 次へ