• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
山口祇園祭の前夜祭・御神輿遷霊祭 [2022年07月24日(Sun)]
7月19日(火)20:00より山口市上竪小路の八坂神社において執り行われた山口祇園祭前夜祭・御神輿遷霊祭に氏子総代の皆様と参列させていただきましたぴかぴか(新しい)

IMG_E4994.JPG

前夜祭・御神輿遷霊祭は、提灯の炎だけがほのかに揺らめく浄闇の中、本殿から御神霊を四角、六角、八角の三基の御神輿に遷(うつ)す神事です。

IMG_E4998.JPG

小方宮司以下神職の方5人でご奉仕されていました。

IMG_E4997.JPG

まず、祝詞が奏上されました。

IMG_E4996.JPG

「低頭(ていとう)ください。」と言われ、参列者は眼を閉じ、頭を深く下げました。
目を閉じていても暗くなったのが分かります。
笙の音色が響く中、「ぎぃ〜」と神殿の扉が開くような音がし、宮司が「おぉぉ〜」という声を発します。これは、「神おろし」というものではなく、「警蹕(けいひつ)」といって、神殿から御神輿へ神様の分霊がお遷りになるとき、神様が自らお出ましになりますよ、神様がお通りになられますよ、ということをお伝えする蹕(さきばらい)です。
こうして、本殿から、神輿庫に並べてある「六角神輿」に出雲で八岐大蛇を退治した「素盞嗚尊(スサノオノミコト)」、「四角神輿」に素盞嗚尊の妻「稲田姫命(イナダヒメノミコト))」、「八角神輿」に 素盞嗚尊の両親「手名槌命(テナヅチノミコト)・足名槌命(アシナヅチノミコト」の分霊がお遷りになられました・・・・・・。
そうして、また、扉が閉じられるよう音がしました。
そして「頭」を上げてください、と言われました。

IMG_E4999.JPG

最後に、榊を供えて、神事は終わりました。

IMG_E5001.JPG

その後、直会(なおらい)がありました。 直会は神様にお供えした神饌を神様と共に頂くのですが、コロナ禍でもあり、お茶をいただくだけで済ませました。

祭りは20日から27日まで続きますが、今年も新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、縮小して開催されます。御神幸行列・御還幸行列・鷺替(福引き)及び市民総踊りなどは中止となります。

山口祇園祭は、室町時代に大内弘世が京都から勧請した八坂神社(もともとは祇園社)の例祭で約600年続いている伝統ある祭りです。
祇園祭はそもそも疫病を鎮めるために始まったもので、疫病退散の本義があるとし、神事は通常通り行われますが、御神輿はトラックにて御旅所に運搬されます。

来年こそはコロナ禍以前のお祭りに戻したいですね、とみんなで話しました。
| 次へ