• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
坂口安吾と中原中也――風と空と @ 中原中也記念館 特別企画展 [2022年06月29日(Wed)]
7月28日(火)〜10月2日(日)、中原中也記念館で、特別企画展「坂口安吾と中原中也――風と空と」が開催されますぴかぴか(新しい)

坂口安吾と中原中也.PNG 坂口安吾と中原中也 裏.PNG

諸君、偉大なる博士はとなつたのである。(坂口安吾「風博士」)

これが私の故里だ
さやかにも吹いてゐる
(中原中也「帰郷」)

あとに花びらと、冷めたい虚がはりつめてゐるばかりでした。(坂口安吾「桜の森の満開の下」)

あゝ の奥、の奥。(中原中也「憔悴」)

坂口安吾と中原中也は、昭和7年に出会い、間もなく交友を深めました。二人はともに雑誌「紀元」の創刊に携わり、また、中也の訳詩集を通じて安吾がランボーを論じるなど、文学活動においても近しい存在でした。
本展では、語学学校アテネ・フランセ、酒場ウィンゾアー、雑誌「紀元」、作家の牧野信一や檀一雄など、安吾と中也の接点となる場所・雑誌・人物を基点にして、二人の交友を紹介します。また、「風」や「空」などのキーワードから、作品の共通点や相違点を浮き彫りにすることで、私たちの心に響く二人の文学の魅力に迫ります


るんるん日時るんるん 2022年7月28日(火)〜10月2日(日)9:00〜18:00 (入館17:30まで)
るんるん休館るんるん 毎週月曜日(8月15日、9月19日は開館)、8月30日、9月20日、9月27日
るんるん場所るんるん 中原中也記念館
るんるん入館料るんるん 一般330円(275円) 大学生・高等専門学校生220円(165円) 
      ※( )内は20名以上の団体
      18歳以下・70歳以上は無料[要証明書]
るんるん協力るんるん 新潟市「安吾 風の館」
るんるん主催るんるん 公益財団法人山口市文化振興財団


かわいい公開対談かわいい 

三潴末雄〈みづますえお〉(ミヅマアートギャラリーエグゼクティブ・ディレクター)
× 坂口綱男〈さかぐちつなお〉(坂口安吾の長男、新潟市「安吾 風の館」館長、写真家、エッセイスト)

F22150E4-86D4-43D7-9CBF-9649C4511ACB.jpeg

坂口安吾と中原中也を起点にして、芸術のこと、お二人のエピソードなど、ざっくばらんにお話しいただきます。文学に限らず、アート全般に興味のある方にもおすすめです。

るんるん日時 8月6日(土)18:00〜19:00予定(開場17:30)
るんるん会場 山口市菜香亭(山口県山口市天花1-2-7)
るんるん定員 50名(要予約・先着順)
るんるん申込方法 電話または下記申し込みフォーム
      電話 083-932-6430 
      https://forms.gle/E6J3nA58KwwTDMHS7
るんるん締切 8月4日(木)または定員に達した場合
 

かわいいプロムナード・トーク(展示解説)かわいい

展示担当職員による展示解説です。

るんるん日時 7月31日(日)・8月20日(土)・9月25日(日)14:00〜14:45(予約不要)
るんるん会場 中原中也記念館


かわいいワイカムシネマ連携上映 坂口安吾原作映画特集<第一弾>かわいい

作家・坂口安吾の作品に関連した映画の上映を行います。

るんるん日時 8月3日(水)〜8月7日(日)
るんるん会場 山口情報芸術センター[YCAM](山口市中園町7-7)

「白痴」(1999年/日本/146分)
監督・脚色:手塚眞
出演:浅野忠信、甲田益也子、橋本麗香、草刈正雄、藤村俊二、江波杏子




かわいい坂口安吾かわいい(1906〜1955)
新潟市生まれ。作家。本名炳五〈へいご〉。東洋大学印度哲学倫理学科卒。大学在学中よりアテネ・フランセでフランス語を学ぶ。昭和6(1931)年、小説「風博士」などにより文壇の注目を浴びる。戦後は流行作家として活躍し、多彩な作品で知られる。代表作に「日本文化私観」「白痴」「堕落論」「桜の森の満開の下」など。
| 次へ