CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
声に出して読みたい中也の詩「サーカス」「一つのメルヘン」 @ 鉢の子文学講座 [2022年05月26日(Thu)]
6月11日(土)、山口市立小郡図書館で、鉢の子文学講座「声に出して読みたい中也の詩」が開催されますぴかぴか(新しい)

667047D0-DCCF-480E-A476-5B4C518F207C.jpeg

みんなで中也の詩を読みつなぎませんか。
こんな時代だからこそ中也の詩を音読して、詩を味わい元気になりましょう!


るんるん日 時るんるん 2022年6月11日(土)13:30〜15:00
るんるん場 所るんるん 山口市立小郡図書館 2階 会議室
るんるんゲストるんるん 中原豊(中原中也記念館 館長) 
るんるん内 容るんるん 中也の代表的な詩「サーカス」と「一つのメルヘン」を数人で数行ずつ分けて音読します。音読後、中原中也記念館の中原館長に解説していただきます。
るんるん対 象るんるん 子ども〜大人(中也の詩を声に出して音読することができる方)
るんるん定 員るんるん 
  中也の詩を音読する人 8名
  イベント観覧者 10名程度
るんるん申込・問合るんるん 
  山口市立小郡図書館 電話 083-973-0098
  小郡図書館友の会 鉢の子 中原 phone to 090-7978-1132
るんるん主 催るんるん 小郡図書館友の会 鉢の子
るんるん共 催るんるん 山口市立小郡図書館



  サーカス  

幾時代かがありまして
  茶色い戦争ありました

幾時代かがありまして
  冬は疾風吹きました

幾時代かがありまして
  今夜此処(ここ)での一(ひ)と殷盛(さか)り
    今夜此処での一と殷盛り

サーカス小屋は高い梁(はり)
  そこに一つのブランコだ
見えるともないブランコだ

頭倒(さかさ)に手を垂れて
  汚れ木綿の屋蓋(やね)のもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

それの近くの白い灯が
  安値(やす)いリボンと息を吐き

観客様はみな鰯
  咽喉(のんど)が鳴ります牡蠣殻(かきがら)と
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん


     屋外(やぐわい)は真ッ闇(くら) 闇(くらの)闇(くら)
     夜は劫々(こふこふ)と更けまする
     落下傘奴(らくかがさめ)のノスタルヂアと
     ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん




  一つのメルヘン

秋の夜は、はるかの彼方(かなた)に、
小石ばかりの、河原があつて、
それに陽は、さらさらと
さらさらと射してゐるのでありました。

陽といつても、まるで硅石(けいせき)か何かのやうで、
非常な個体の粉末のやうで、
さればこそ、さらさらと
かすかな音を立ててもゐるのでした。

さて小石の上に、今しも一つの蝶がとまり、
淡い、それでゐてくつきりとした
影を落としてゐるのでした。

やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、
今迄流れてもゐなかつた川床に、水は
さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……


| 次へ