CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
「荒地」派の詩人たちと中原中也 @ 中原中也の会第25回研究集会(オンライン開催) [2022年05月18日(Wed)]
5月22日(日)、中原中也の会第25回研究集会「「荒地」派の詩人たちと中原中也」がオンライン開催されますぴかぴか(新しい)

中原中也の会大会 第25回研究集会.PNG

戦後の詩を切り拓いた鮎川信夫、田村隆一らの「荒地」派詩人たちは、戦争と死に直面した世代である。彼らは、中原中也および戦前の詩にどのように反発し、一方で何を引き継いだのだろうか。「荒地」派の詩人たちの中原中也への眼差しを通じて、両者の詩や思想について検討したい。それは、戦後における中原中也の受容を問うことでもある。

るんるん日時るんるん 2022年5月22日(日)13:00〜16:30

るんるんタイムテーブルるんるん

13:00〜13:10 開会の挨拶 
 阿毛久芳(中原中也の会会長、都留文科大学名誉教授)

13:10〜13:50 報告@
 北川透(詩人、批評家)
 「詩(人)の個性、連続性、切断について」

14:00〜14:40 報告A
 宮崎真素美(愛知県立大学教授)
 「鮎川信夫と中原中也―「生命の倦怠」は「地球最後の日まで止むことがない」―」

15:00〜16:00 対談 

16:00〜16:20 質疑応答 

16:20〜16:30 閉会の挨拶
 中原豊(中原中也の会副会長、中原中也記念館館長)
(総合司会)佐藤元紀(千葉大学教育学部准教授、中原中也の会理事)

るんるん報告(概要・報告者プロフィール)るんるん

かわいい北川透「詩(人)の個性、連続性、切断について」(13:10-13:50)
〇概要
 この概要では詩人の〈個性〉について一瞥しておく。まず、《ダダ、つてんだよ/木馬、つてんだ/原始人のドモリ、でも好い》というような詩を、まだ十六歳の少年中也が、たくさん書いていることに注目すべきだ。高橋新吉の『ダダイスト新吉の詩』から学んだダダの語法は、後に消えるが、文体、言い換えれば、詩の思想としては、中也から、生涯、消えることがなかった。《ホラホラ、これが僕の骨だ、生きてゐた時の苦労にみちた/あのけがらはしい肉を破つて、しらじらと雨に洗はれ、ヌックと出た、骨の尖。》(「骨」)。まさしく、後年になっても、中也は《原始人のドモリ》を語ってやまない。これを詩人の個性と言っていいだろう。戦後詩の世界を代表する「荒地」派の詩人からは、田村隆一に焦点を当ててみたい。なぜなら、このグループの理念を代表するのは鮎川信夫だが、戦後詩人としての個性が、もっとも際立つのは田村だからだ。戦後いち早く書かれた田村の詩は、《一篇の詩を生むためには、/われわれはいとしいものを殺さなければならない/これは死者を甦らせるただ一つの道であり、/われわれはその道を行かなければならない》(「四千の日と夜」)だった。この《死者》とは、田村と同世代の戦死者のことだ。《ぼくの骨》に魅入る中也と、自分の身代わりのように戦いで死んだ者を甦らせるためには、愛しいものを殺さねばならないという田村。この二人のアイロニーは、どこで連続し切断されているのか。

〇北川透プロフィール
1935年 愛知県碧南市に生まれる。1962年、詩と批評誌「あんかるわ」を創刊し、1990年に84号をもって終刊。1991年山口県下関に移住。山本哲也と隔月刊の詩と批評誌「九」を創刊。その他、「菊屋」、「耳空」、「KYO(峡)」「鯨々」など多くの詩誌にかかわる。著書に『中原中也の世界』、『中原中也わが展開』、『中原中也論集成』、『荒地論』、『現代詩論集成 鮎川信夫と「荒地」の世界』等がある。

かわいい宮崎真素美「鮎川信夫と中原中也―「生命の倦怠」は「地球最後の日まで止むことがない」―」(14:00-14:40)
〇概要
 「生命の倦怠をどこまでもひきずってゆき、地球最後の日まで止むことがないといった奇妙なイロニイを伴った悲哀の純粋持続が、そこにはある。そのような純粋持続の絶対性が、とりもなおさず彼にとっての詩であったように思われる。」(鮎川信夫「解説」『現代日本名詩集大成7』昭35・11)
 鮎川信夫は一抹のユーモアを交えながら、的確なことばで中原中也を射止めている。「荒地」の詩人たちのなかで、大真面目に中原の詩に対座したのは黒田三郎(「日本の詩に対するひとつの疑問」『荒地詩集1954』昭29・2)であり、「日本の私小説と殆ど異ることのない」「畳の上にねそべつた蒼白い孤独な男の独白」と断言した。鮎川、北村太郎、三好豊一郎らの論じ方には、そうした黒田に理解を示しながらも、中原に対して時に親しみの込もった素振りのあらわれるのが目を引く。「妙ちくりん」、「変な感じ」、「奇怪」……、「なんとも拙劣で、オッチョコチョイで、いい気な奴」(鮎川)、「中也なんか、もうたくさんだ」(北村)。
 彼らの「近代の倦怠をめぐる反語的座談会」(『ピオネ』昭23・6)を響かせたような、鮎川信夫「繋船ホテルの朝の歌」(『詩学』昭24・10)を読みながら、〈倦怠〉を軸に中原と鮎川とを照らしたい。


〇宮崎真素美プロフィール
1964年愛知県生まれ。著書に、『戦争のなかの詩人たち―「荒地」のまなざし』(単著)(2012年 学術出版会)、『鮎川信夫研究―精神の架橋―』(単著)(2002年 日本図書センター)、『言葉の文明開化―継承と変容―』(共著)(2007年 日本図書センター)、『コレクション・都市モダニズム詩誌30 戦後詩への架橋U』(編著)(2014年 ゆまに書房)、『青い馬』(復刻版・共編著)(2019年 三人社)ほか。


るんるん参加費るんるん 無料
るんるん参加方法るんるん ※要事前予約
るんるん事前準備
・Zoomウェビナーを使用
・パソコン、タブレット、スマートフォンいずれからも参加可能
・参加を申し込む前に、「Zoom ダウンロードセンター」で検索し、ご自身の環境に合わせてZoomアプリケーションをダウンロードすると、円滑に参加することがでる
・Zoomの使い方については、Zoomヘルプセンターなどで調べること
るんるん登録
・「Zoomウェビナーに登録する」リンクから、登録を行う
・登録画面では、「名」「姓」「メールアドレス」「メールアドレスを再入力」「会員/会員外」の入力
・情報を入力し、「登録」ボタンを押すと、参加のためのリンクとパスワードがメールで送信される。大会当日まで、所持
るんるん「報告」の資料
・あらかじめ「資料のダウンロードはこちらから」より、ダウンロードしておき、閲覧できるようにしておく
・ダウンロードに必要なパスワードは、ウェビナー登録後に送られるメールに記載
・資料は、印刷することも可能。ダウンロードや印刷した資料の複製や再配布は禁止
・資料へのアクセスは5月23日まで可能
るんるん大会当日
・大会当日は、登録時に送られてきたメールのリンクから参加
・メールに記載された「ここをクリックして参加」を押し、システムダイアログが表示されましたら「zoom.usを開く」ボタンを押す。すると、Zoomアプリケーションが立ち上がり、大会に参加できる。
・Zoomアプリケーションから直接参加することもでる。Zoomアプリケーションを起動しましたら「参加」ボタンを押し、ミーティングIDにはメールで送られてきたウェビナーID、パスワードを入力。
・大会には「視聴者」として参加することができる。Zoomウェビナーでは登壇者・司会者のみが表示され、「視聴者」は画面には表示されない。
・対談後の質疑は、音声により行なう。司会が質問を募ったら、Zoomの「手を挙げる」ボタンを押す。司会者が指名して「ミュートの解除」を求めるので、それを承認して音声で質問

るんるん申込先るんるん https://chuyakan.jp/ntsarticle/kenkyu25th/「Zoomウェビナーに登録する」から申し込む
るんるん問合先るんるん 中原中也の会
     山口市湯田温泉1-11-21 中原中也記念館内 中原中也の会事務局
     mail to nts[a]chuyakan.jp ※[a]を@に変えてください。
     電話 083-932-6430 fax to 083-932-6431
るんるん主催るんるん 中原中也の会  
るんるん共催るんるん (公財)山口市文化振興財団
| 次へ