CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
没後84年 中也忌 @ 中原中也記念館 [2021年10月22日(Fri)]
10月22日(金)は中原中也の84回目の命日ですぴかぴか(新しい)
1937年、30歳で夭折した中也は、現在、山口市吉敷の経塚(きょうづか)墓地で静かに眠っています。

789C99F2-FF36-463D-A41A-468CA947FEBB.jpeg2019「没後82年中也忌墓前祭」

中原中也記念館では、10月22日を「中也忌」とし、あわせて関連イベントを開催します。
中也に思いをはせながら、文学にひたる秋のひとときを過ごしてみませんか?

※今年の墓前祭は中止です。


かわいい中原中也を読む会
中原中也命日企画「蓄音器で聴く中也ゆかりの音楽」
かわいい

C11D6C1B-AF50-45C5-95B3-9A48A0DFDD7B.jpeg
▲2020年7月24日(祝・金)、中原中也を読む会「蓄音器で聴く中也ゆかりの音楽」にて

中也の時代・中也が聴いた、レコードを蓄音機でかけて鑑賞します。

るんるん日 時るんるん 2021年10月22日(金)13:30〜15:00
るんるん場 所るんるん 山口市湯田地域交流センター なんでも研修室
るんるん定 員るんるん 10名(要申込・先着順)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申込先るんるん 083-932-6430(中原中也記念館)

※中原中也を読む会は、学芸担当職員の解説とともに詩を読み深めたり中也の詩の世界を楽しく味わおう、という会です。詩にちょっと興味はあるけどなんか難しそう…という方に是非オススメです。
  

かわいい10月22日(木)中也命日
中原中也記念館入館料無料exclamation×2
※混雑時、入館制限あり
781AE995-B3BD-465F-BA56-57CA937E68CE.jpeg 4FBDFB3D-1707-4E8D-820C-43C26C26CCFC.jpeg

第18回テーマ展示 君に会ひたい。――中原中也の友情
君に会ひたい 中原中也記念館.PNG 君に会ひたい 裏 中原中也記念館.PNG

企画展U 雑誌「詩園」−中也・山頭火と山口の文学青年たち
るんるん日時るんるん 2021年9月29日(水)〜2022年4月17日(日)


かわいいメイシ交換 いろどりちゅうやわーるど  Zoom企画かわいい

るんるん日時るんるん
  @10月23日(土)11:00〜12:00 「北の海」について
  A10月24日(日)11:00〜12:00 「星とピエロ」について
るんるん内容るんるん 中原中也の詩「北の海」または「星とピエロ」について、貴方が詩から受け取ったイメージカラーを持ち寄って、語り合ってみませんか。参加者一人ひとりに色のイメージを聞き、なぜその色を選んだのか語りあいます。詩のイメージを含めてお話しながら、山口県立大学の学生が塗り絵に色をのせて、ひとつの絵を仕上げます。
るんるん詳細るんるん ・Zoomにて開催 ・カメラ ON/OFF 自由 ・途中退室可能 ・完成作品は後日メイシ交換会のSNSでアップ
るんるん問合先るんるん 083-932-6430(中原中也記念館)
るんるん共同企画るんるん 山口県立大学学生、中原中也記念館


 北の海

海にゐるのは、
あれは人魚ではないのです。
海にゐるのは、
あれは、浪ばかり。

曇つた北海の空の下、
浪はところどころ歯をむいて、
空を呪(のろ)つてゐるのです。
いつはてるとも知れない呪。

海にゐるのは、
あれは人魚ではないのです。
海にゐるのは、
あれは、浪ばかり。



 星とピエロ

何、あれはな、空に吊した銀紙ぢやよ
かう、ボール紙を剪(き)つて、それに銀紙を張る、
それを綱か何かで、空に吊し上げる、
するとそれが夜になつて、空の奥であのやうに
光るのぢや。分つたか、さもなけれあ空にあんなものはないのぢや

それあ学者共は、地球のほかにも地球があるなぞといふが
そんなことはみんなウソぢや、銀河系なぞといふのもあれは
女(をなご)共の帯に銀紙を擦(す)りつけたものに過ぎないのぢや
ぞろぞろと、だらしもない、遠くの方ぢやからええやうなものの
ぢやによつて、俺(わし)なんざあ、遠くの方はてんきりみんぢやて

見ればこそ腹も立つ、腹が立てば怒りたうなるわい
それを怒らいでジツと我慢してをれば、神秘だのとも云ひたくなる
もともと神秘だのと云ふ連中(やつ)は、例の八ツ当りも出来ぬ弱虫ぢやで
誰怒るすぢもないとて、あんまり始末がよすぎる程の輩(やから)どもが
あんなこと発明をしよつたのぢやわい、分つたらう

分らなければまだ教へてくれる、空の星が銀紙ぢやないというても
銀でないものが銀のやうに光りはせぬ、青光りがするつてか
それや青光りもするぢやらう、銀紙ぢやから喃(なう)
向きによつては青光りすることもあるぢや、いや遠いつてか
遠いには正に遠いいが、それや吊し上げる時綱を途方もなう長うしたからのことぢや
(一九三四・一二・一六)

| 次へ