CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
まちの本屋 @ 本をめぐる映画特集B [2021年09月05日(Sun)]
9月15日(水)・9月18日(土)〜20日(月)11月4日(木)〜6日(土)・10日(水)・12日(金)〜13日(土)、山口情報芸術センターで、中原中也記念館 特別企画展「書物の在る処 ― 中也詩集とブックデザイン」関連イベント「本をめぐる映画特集」として、映画『まちの本屋』の上映がありますぴかぴか(新しい)
9月18日(土)・19日(日)11月13日(土)「大小田直貴(『まちの本屋』監督)+小林由美子(小林書店店主)トークイベント」が開催されますぴかぴか(新しい)
※9月26日まで会場が臨時休館のため延期です。
 11月の実施に向けて調整中です。


D16C99C1-66DC-4501-97A2-FDD8C8B59D32.jpeg

もっと本屋さんと本と人が好きになる

兵庫県尼崎市の商店街にある小さな本屋、小林書店を題材にしたドキュメンタリー。小さな本屋を取り巻く環境は厳しさを増しているが、現店主の小林由美子さんは地元客を大事にする商売で店を続けてきた。しかしある日突然夫が病気で倒れ、店を続けるべきか悩む中で、改めて書店という商売と向き合うことになる―。


まちの本屋コピーライトマークRakuda Films「まちの本屋」
2020年/日本/107分
監督・撮影・編集・製作:大小田直貴
出演:小林由美子、小林昌弘、渡邉愛

るんるん上映日程るんるん
 2021年9月15日(水)12:50〜14:37
 9月18日(土)15:25〜17:12
 9月19日(日)13:00〜14:47
 9月20日(月)16:30〜18:17
 11月3日(水)14:30〜16:17
 11月4日(木)10:30〜12:17
 11月5日(金)12:30〜14:17
 11月6日(土)15:00〜16:47
 11月10日(水)12:35〜14:22
 11月12日(金)12:30〜14:17
 11月13日(土)12:30〜14:17
 
るんるん場 所るんるん 山口情報芸術センター 2F スタジオC
るんるん料 金るんるん 一般1,300円、any会員800円、特別割引800円、25歳以下800円



かわいい大小田直貴(『まちの本屋』監督)+小林由美子トークイベントかわいい

 るんるん日 時 2021年9月18日(土)17:15〜
       9月19日(日)14:50〜
       11月13日(土)14:20〜
 るんるん登壇者 大小田直貴(映画監督)、小林由美子(小林書店店主)
 るんるん参加費 無料


かわいい小林書店かわいい
1952年、小林由美子さんの両親が尼崎市内で創業。幼少から商売の大変さを見てきた由美子さんは本屋はやらないと決めていたが、会社員で夫の昌弘さんの一言で店を継ぐことを決意する。
2020年12月、小林書店の実話から生まれた小説『仕事で大切なことはすべて尼崎の小さな本屋で学んだ』(川上徹也/著 ポプラ社)が発売された。
兵庫県尼崎市立花町2丁目3−17

かわいい大小田直貴かわいい
映画監督。大阪芸術大学映像学科卒業後、テレビのドキュメンタリー番組を演出。本作がドキュメンタリー映画の初監督作品。
| 次へ