CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
西本喜美子展 Life & Work〜驚異の93歳!インスタおばあちゃんが撮る! @ 防府市制施行85周年・tys開局50周年記念 [2021年07月20日(Tue)]
7月3日(土)〜8月16日(月)、アスピラートで、防府市制施行85周年・tys開局50周年記念 「西本喜美子展 Life & Work〜驚異の93歳!インスタおばあちゃんが撮る!」が開催されますぴかぴか(新しい)

3F170C9E-065C-460D-8146-2FF4C2B88892.jpeg FD867B68-FBEE-4AF6-B0BE-DF7285F7737C.jpeg 3E4F1C39-477F-4783-89B3-A9FC4004C8F0.jpeg

フォロワー23万人のスーパーおばあちゃん93歳の自撮りが面白すぎる!

西本喜美子さんは1928(昭和3)年5月生まれの93歳。ブラジル生まれで小学2年生の時に帰国。美容師を経て22歳のとき思い立ってなんと競輪選手になります。女子競輪選手として活躍の後、27歳で結婚。それからは熊本で専業主婦として3人の子どもを育て上げてきました。
そんな喜美子さんが写真を始めたのは72歳のとき。写真家の息子さんが主宰する「遊美塾」に通い始め、74歳にしてMac講座でパソコンの使い方を学ぶと、自宅にスタジオを作りデジタル写真を撮って加工するようになります。82歳で発表したセルフポートレートが一躍話題となり、ユーモアあふれる自虐的な「自撮り」写真は、テレビやネットで大人気。現役フォトグラファーとして活躍中です。
今回はデジタルアート作品や、代名詞の自撮り写真約100点を展示。“何事も「うまい・へた」はある、だけど「いい・わるい」はない”―そんな自由奔放な喜美子ワールドが山口県に初上陸!


るんるん会 期るんるん 2021年7月3日(土)〜8月16日(月)10:00〜17:00(入場は16:30まで)
       ※火曜日休館
るんるん会 場るんるん 防府市地域交流センター(アスピラート) 2F 展示ホール
       防府市戎町1-1-28  電話 0835-26-5151
るんるん入場料るんるん 550円(前売 500円) 高校生以下無料

るんるん展示内容るんるん 

かわいい自宅のスタジオで制作する静物写真
4AFAF998-A19D-4713-8456-83BB7D1826EA.jpeg 西本喜美子展 nishimoto6-684x1024.jpg

かわいいおばあちゃんだってアートしちゃう!グラフィックアート作品
西本喜美子展 nishimoto7-719x1024.jpg

かわいい思わず笑っちゃう!自虐系セルフポートレート(自撮り写真)!
428A80B3-53B8-47B8-9EC8-6FB72A568B09.jpeg

かわいいおもしろ写真コーナー「撮ってあそぼ」!
西本喜美子展 0000-1024x724.jpg

※会場内の全ての作品は撮影・SNSもOK!

るんるん主 催るんるん (公財)防府市文化振興財団、tysテレビ山口


かわいい西本喜美子プロフィールかわいい
1928(昭和3)年ブラジル生まれ。
小学2年生の時に帰国。
美容師を経て22歳のとき競輪選手になる。
女子競輪選手として活躍ののち27歳で結婚、熊本で専業主婦として3の人の子どもを育て上げる。
72歳の歳のとき、息子でアートディレクターの西本和民氏が主宰する「遊美塾」にて写真を始める。
74歳で、Mac講座でパソコンの使い方を学び、自宅スタジオをで写真を撮り加工するようになる。
82歳で発表した「自虐系」のセルフポートレートがテレビやネットで一躍話題に。
現在93歳、現役フォトグラファーとして活躍中。
| 次へ