CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
築山大明神T @ 築山跡F [2021年06月30日(Wed)]
前回の続き

築山大明神とはなんでしょうかexclamation&question
築山跡の地に屋敷がおかれたのは、大内教弘が家督を政弘に譲った後に別々の居所を構えてから、教弘が亡くなるまでの間で、その後は、政弘が父・教弘を祀った築山大明神の祠が設けられたものとみられています。

政弘の家集である『拾塵和歌集』の巻九に、

 文明十八年八月亡父に贈三位の  (三字分空白) 宣旨(せんじ)・同位記などを送給しを 築山の廟にてよみ奉(たてまつ)るとて
花の咲おりもある世を朽はつる身ぞと思ひし椎柴の陰
 おなじ時よみ侍ける
くもりなく位の山の月影を今夜や苔の下に見る覧
 

巻十にも

 同じ(文明19年)四月三日亡父に大明神号の宣旨を下され侍りければ 築山の廟に奉納し侍とて
勅なれば光ことなるつき山のあきらけき神ぞいともかしこき
 

と「築山の廟」とあります。
宣旨ですから、朝廷から教弘に築山大明神の号が贈られたということです揺れるハート

『寛政重修諸家譜』「多々良氏系図」の「教弘」のところに

長亨(享)元年四月三日筑(築)山明神と崇む

『系図纂要』「多多良朝臣姓大内」の「教弘」のところにも

長享元年四ノ三宣築山明神

とあります。

『山口市史 通史編』(山口市 1955)にも、

寛正五年翺之恵鳳は教弘のために「大内氏亭下飛松の記」を作つている。後に築山館の西北隅に築山祠が建てられ、教弘を奉祀した。今の築山神社の地に相当している。文明十九年(長享元年)四月三日、後土御門天皇は築山祠に築山大明神の宣旨を賜つた。教弘の子政弘はこれを築山祠に奉告するとともに、次の如き和歌を詠じた。
  勅なれば光ことなるつき山の
   あきらけき神ぞいともかしこき


とあります。

『大内氏實録』(近藤清石/著 中元壮作、宮川臣吉 1885)巻第八「世家第八 教弘」にも、

また一社を創立して其(教弘の)霊を祀る。(社伝)後年社号築山大明神たるべき宣旨を賜ふ。(社伝)長享元年四月三日とす。

とあります。
(※文明19年7月20日に長享に改元したので、「長享元年」ではなく「文明十九年」が正確)


ところが、築山大明神の成立には別の説もありますひらめきひらめき
『大内氏實録』(近藤清石/著 中元壮作、宮川臣吉 1885)巻第八「世家第八 教弘」に、

大友家が大内を襲う、茲に因り、教弘卿の遺言が有り、甲胃、太刀・弓箭(や)・槍等の武器を揃え、築山御所に埋め、永しく大内家の守護と為し、築山大明神と号し、春秋に祭典を行い、時弘綱蒙が祭祀の職に蒙(こうむ)る。
(書き下し文に変えました)

とあり、教弘の遺言で築山館の敷地内に甲冑や武器を埋め、大内家の守護として「築山大明神」を祀ったというものです。


また、別の説もありますひらめきひらめきひらめき
『大内氏史研究』(御薗生翁甫/著 山口県地方史学会 1959)には、

教弘(略)築山館を大内氏衙(が)門の北続きに構築した。八坂・築山両社の境内外付属地に亘る。築山ありしによって名とした。廓内に築山大明神を建て、また闢雲院を創めた。剃髪して教弘法師といった。

とあり、教弘が築山館の敷地内に築山大明神を建てたというものです。


さらに、こんな説もありますひらめきひらめきひらめきひらめき
『山口市史 通史編』(山口市 1955)に、

教弘は兵部卿師成親王と歌道で師弟関係があり、交情極めて密なるものがあつた。それで築山大明神は表面、教弘の霊を祀ると称したが、実は教弘が生前、師成親王を祀つたとの説もある。

とあり、

『大内氏實録』(近藤清石/著 中元壮作、宮川臣吉 1885)巻第八「世家第八 教弘」には、

故人高橋延実は、実は兵部卿師成親王(が)法泉寺にて薨(こう)じたまへるも、教弘卿(は)築山館内に小社を創建し、其御霊を祀られたる社を、政弘卿が父の遺言にて宏壮に造替せられるしなり。されど当時は足利氏への聞を憚り、武器を埋めた等々と声高に唱へしなりとの云ひ伝ありとかたりき。

とあり、法泉寺で亡くなった師成親王を祀るために、教弘が築山館内に小さな社を建てたというものです。政弘が父の遺言に従って宏壮に造り替えたといいます。
(高橋家は山口の多賀社の大宮司の家系です。多賀社は、大内氏によって勧請されたと伝える山口五社の一つで、もとは宇野令にありましたが、現在は山口大神宮の境内地に遷座しています。高橋右延は大寧寺で大内義隆に殉じています。その息子 言延(ことのぶ)は毛利輝元の求めに応じて『大内様御家根本記』を著わしました。有文の代には、大内氏の故事、逸文、ならびに山口を中心とする文書記録を集め、文庫を形成しました。)

証なきことながら、李花集奥書に、此本先師兵部卿師成親王、出家号竺源恵梵(じくげんえぼん)也。教弘相伝之、時享徳改元仲冬日、多々良朝臣とあれば、その事なしともいひがたし。猶よく考ふべし。

師成親王(1361(正平16/康安元)〜?)は、後村上天皇の第五皇子で、南朝の親王で、出家して臨済宗仏光派に属し、竺源恵梵と号しました。
1399(応永6)年10月大内義弘が足利幕府軍と戦った「応永の乱」では、義弘と共に堺で戦いました。12月義弘は堺で討死し、翌1400(応永7)年2月山口に逃れ、法泉寺に入り、同寺に住した後、伊勢南陽寺に住し、後また、山口に帰り、薨去したといいます。
歌人としても優れていた師成親王は教弘の和歌の師となり、自分の叔父の宗良親王の遺した歌集『李花集』を自ら書写し、1452(享徳元)年に教弘(1420(応永27)〜1465(寛正6))が賜ったということが、『李花集』の奥書に書かれています。

此本書、先師兵部卿師成親王出家号恵梵筆跡也、教弘相伝之、
  旹享徳改元仲冬廿日
      多々良朝臣(大内教弘)印判


李花集 宗良親王 (2).png
『李花集 : 宗良親王御集』(宗良親王/著 紅玉堂書店/出版 昭和2)国立国会図書館蔵)


築山大明神址に立つと、北北西の方向に三角形の形の良い山が見えます。

54435FA1-F746-4382-B2EA-C1BC8A7C6D8D.jpeg ED806FE7-254F-41AB-A192-FC5F98810073.jpeg 3D0D5236-3D4C-4E73-813A-540F3BDB5A43.jpeg

この山こそ、政弘の墓師成親王の墓がある山です。
F442431C-5A70-449F-8277-CF7ED1F90B14.jpeg大内政弘の墓 
98C5DC64-801E-4BA0-9FA0-B6B2A26A4385.jpeg伝師成親王御廟

ここに立つと、訳あってこの場所に建てたと思えるのです。


築山大明神の成立について、ざっくとまとめてみます。
1政弘が教弘の霊を祀った祠を設けた。文明19年(長享元年)4月3日、後土御門天皇より社号を築山大明神の宣旨を賜った。
2教弘が築山館の敷地内に築山大明神を建てた。
3教弘の遺言で、政弘が築山館の敷地内に甲冑や武器を埋め、大内家の守護として築山大明神を祀った。
4法泉寺で亡くなった師成親王の霊を祀るために、教弘が築山館内に小さな社を建て、政弘が父の遺言に従って宏壮に造り替えた。 


参考文献:
『山口市史 史料編 大内文化』(山口市 2010.3)
  P412〜423『拾塵和歌集』
  P13「多々良氏系図」「●教弘」
  P52「多々良朝臣姓大内」「教弘」
  P617〜8「新葉和歌集富岡本」
  P618「李花集」
  P938〜944「大内氏遺跡築山跡」
『山口市史 通史編』(山口市 1955)
  P63〜64「築山祠に大明神の宣旨」
『大内氏實録』(近藤清石/著 中元壮作、宮川臣吉 1885)
  巻第八「世家第八 教弘」
  ※国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開(保護期間満了)されています
『大内氏史研究』(御薗生翁甫/著 山口県地方史学会 1959)
  「師成親王と崇光院三ノ宮法泉寺方丈」
  「伊予の動乱と大内教弘」 
「大内氏歴代当主と山口D 28 大内教弘」(山口ふるさと伝承総合センター)
『李花集 : 宗良親王御集』(宗良親王/著 紅玉堂書店/出版 昭和2)
  ※国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開(保護期間満了)されています
『山口市の石仏・石塔(2)大殿・白石・湯田』(山口の文化財を守る会/編 山口市教育委員会 2004)
  P103「大殿の塔」No.92「大内政弘墓(五十鈴ダム東)」
     No.93「伝師成親王御廟(五十鈴ダム東)」



次回に続く
| 次へ