CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
吉田朱理さん個展「ours ― akari yoshida exhibition」 @ ギャラリー・ナカノ [2020年10月20日(Tue)]
10月16日(金)〜25日(日)、ギャラリー・ナカノで 吉田朱理さん個展「ours ― akari yoshida exhibition」が開催されているというので、19日(月)に行ってみましたぴかぴか(新しい)

C5277405-136E-4371-A794-E10DEC990A37.jpeg

今年になって作られた瑞々しい作品が並んでいました揺れるハート
他にお客様もいらっしゃらなくて、吉田さんとの会話を楽しみながら鑑賞することができました。


「日の入り」(水彩)
32E0DD86-2E1B-4184-9EDD-227244EC4647.jpeg


「赤い花」(水彩)
30D66294-3337-42DF-AD8F-1C25E01B2C06.jpeg


「秋の実」(水彩)
68F9926D-FB6F-4456-9DD2-AF26271E138C.jpeg


「水辺」(水彩)
E71726A1-E6F1-4298-878F-69401534AD3A.jpeg


「4 seasons」(アクリル)
1C59AF38-47C5-4AEF-8885-9068990351F6.jpeg

左から、「春」「夏」「秋」「冬」。「春」は「花びら」、「夏」は「風鈴の短冊」、「秋」は「夕焼けの雲」、「冬」は「街灯」をイメージして描かれています。
黒い線は、後から線を引いたものではなく、下塗りの黒色の部分を塗り残したもので、めちゃくちゃ大変だったろうということは容易に想像できます。そのゆるぎなさが、作品に力強さを与えています。


「his life」(アクリル)
98A03A87-C975-4024-B754-5511DBE0758E.jpeg


「レイヤー」(アクリル)
C11338E3-84E9-464D-89E6-237F4A45EBAB.jpeg


「鈴」(アクリル)
5084C88D-917D-4F59-819C-ACF33F1335F5.jpeg


「2021」(アクリル)
6623E680-BB31-41E9-8C8D-D424A3138006.jpeg

2021年のカレンダーの原画です。
7,8月の絵の格子模様も「4 seasons」と同じようにして描かれています。


「芽」
1227E90A-A2C0-405C-9915-14ED011D169B.jpeg E0F205C1-FDF1-4C3F-9E96-19939B0165FC.jpeg


「family」
238CB945-E811-4FE3-B927-3CB0D2F55022.jpeg A3005FC9-CBE7-4883-AEA4-9AFE16246942.jpeg

大きい作品と小さい作品を別々に展示しようとしたら、どうもしっくりこなくて、そこで、一緒に並べてみると、なんと、「大人」と「小人」で、「親子」になりました。だからタイトルは「family」。
「大人」は、「お父さん」と「お母さん」。あなたには、どちらが「お父さん」「お母さん」に見えますか?


「カラ」
4D335629-4DE0-41DD-96B0-B0ECB9DEAF33.jpeg

中が空っぽな作品を作りたくて作ったものです。


「sunset」
CD3EBEF9-51EC-4718-8DF4-9B3C295D4FE5.jpeg 42AF4251-DBB0-4530-911A-FD6D1B0AF382.jpeg

ほのかに射した赤い色が、とてもキレイです。


「春を待つ」
E7539FD3-8A9B-4161-A29D-8CF750DA0B5E.jpeg

陶芸作品は想った通りにいかないところが好きだそうです。
窯から出して一番、化けたのはこの作品。
仕上げに掛けた白い釉薬が弾けて、白い雪のように見えたので、「春を待つ」というタイトルになりました。


「pleasure」
68F667E2-E01B-44BD-9945-ACB4DCC549D6.jpeg

この躍動感、見ていて楽しくなります。
どうやって立っているのだろう、って不思議です。ぜひ、実際にみてください。



46C3A55F-5D08-4BE1-A55B-6BB940988B94.jpeg BE62E18A-292F-4738-8DFF-C1D4B7997888.jpeg C7E32DEC-36AC-4934-8946-087A900AB44E.jpeg

船が動いているのではなく、島が船を引っぱっているのだそうです。
船を陶器で作ってみたりしたそうですが、島との違いを出すため、別素材で作られています。
じっと見ていると、動かないはずの重い島が微かに動いています・・・・・・。


「リングスタンド」
リング掛けですが、「人」だそうで、船に乗っているのは、この中の選ばれし人だそうですexclamation&question
76DED0BE-BD46-4631-B3DF-73018EEA1452.jpeg


「collection」
365009F2-CA07-4EE9-BFB2-3BFC30F3AB95.jpeg


アクセサリーの数々。
E3C76335-24DB-44E9-875A-A9FBB1F9E09D.jpeg


3B415A12-DF26-4764-B797-43312C4214B8.jpeg

るんるん日時るんるん 2020年10月16日(金)〜25日(日)11:00〜18:00 
      (21、22日は休み)(最終日は17:00)
るんるん場所るんるん ギャラリー・ナカノ
      山口市中央1-5-14 電話083-924-6648


かわいい吉田朱里さんプロフィールかわいい
2011年3月 山口芸術短期大学デザインアート学科卒業
2012年3月 同大学専攻科陶芸専攻卒業
2015年9月 自由美術協会展平面部新人賞受賞
2016年1月 個展「カオ to カオ」 宇部井筒屋画廊
2017年4月 アーツ・アンド・プロダクツ
2018年11月 個展「ゆくえその先」 ギャラリー・ナカノ
2019年11月 個展「Hello, Full moon 」 ギャラリー・ナカノ 
2020年1月 第73回山口県美術展覧会入選「Hello, Full moon 」
他、個展・グループ展等出展


※ブログへの掲載にあたっては、吉田朱里さんの許諾を得ています。
| 次へ