CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
「絵本作家 きたむらさとし 紙芝居&トークライブWeb配信」に参加しましたF『スマイルショップ』 [2020年09月23日(Wed)]
前回の続き

中南米のブックフェアは、読者のためのフェアです。
招待されて行く機会が何度もあり、その際には学校でワークショップをするそうです。
(中南米のブックフェアについては、Mさんの講演会でも聴いたことがあったので、とても興味深いお話でした。)


紙芝居『The Bird of Passage』
紙芝居『The Cave』の実演をされました。
巻物のような紙芝居です。


質問。
「何故外国に行ったか?」
「今日実演した紙芝居の出版予定は?」
「巻物の紙芝居は外国では言葉を添えて実演するのか?」
などの質問があり、今後の抱負について、

「この国でなければ、日本語でなければ通じない面白さではなく、誰が、どういう背景の人が見ても楽しいもの、笑えるものを描きたい。」

と言われていました。

「絵本は音楽的要素がある。ページをめくる時間的要素。一冊で1枚の絵とも言える。
 才能があったら作曲家・演奏家になりたかった。」

「人と出会ったことで、作品が広がった。」と言われていましたが、今日のお話を聴いて、本当に納得です。


最新刊『The Smile Shop』(Scallywag Press 2020.8)は8月にイギリスで出版されました。
The Smile Shop.jpg

長年住み、10年前に離れざるをえなかった、自分の好きだったイギリス、特に、ロンドンへの気持ち・・・・・・センチメンタルな気持ちを描いたものだそうです。

日本では、『スマイルショップ』として、
スマイルショップ.jpg

岩波書店から10月6日(火)に発売されます。


かわいい『きたむらさとし展』かわいい
るんるん期間るんるん 2020年10月10日(土)〜10月21日(水)
るんるん会場るんるん ギャラリー島田1階 deux& trois
    〒650-0003 兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F・1F
    電話&fax to 078-262-8058
るんるん内容るんるん
 満月『The Smile Shop』の原画。
 満月他にも絵本の原画何点か。
 満月朝日新聞の土曜日に連載されている「悩みのるつぼ」の挿絵を10年担当していて、その原画。
 満月立体的な作品も。

「原画のすばらしさを味わって欲しい。」とは、ストレージ・ブックスの店長のお話です。


今回のブログ掲載にあたって、きたむらさとしさんの関係者のM様より許諾を得ています。
また、好評につき、ウェブ配信期間が延長されたため、途中でブログ掲載を中断し、配信終了後に掲載ました。
内容も、話されたままではなく、前後を変えたりして、本を中心にまとめました。
日本で手に入りにくい本もありますが、ぜひ、きたむらさんの本を手に取って、面白さを実感していただけたらと思います。
| 次へ