CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
『知らなかった、ぼくらの戦争』 @ アーサー・ビナードが下竪小路にやってくる!@ [2020年08月05日(Wed)]
7月20日(月)、山口市児童館で行われたアーサー・ビナード研究会主催の「アーサー・ビナードが下竪小路にやってくる!」に参加し、スタッフとしてお手伝いしました。

私は、Nさんと書籍の担当。
密を避けるため、アーサーの控室としてお借りしていた部屋に本を並べました。
アーサーは私たちのところに、ちゃんと挨拶に来てくれました。人柄の良さが伝わります揺れるハート

事前申込みされた方とスタッフ40名が参加し、三密にならないように椅子と椅子の間をあけ、換気、消毒の徹底、マスクの着用、検温をしての実施ですひらめき

最初に、林事務局長からアーサー・ビナード研究会についてのお話。
B0C9DAC7-A3B4-4186-827B-8432261BCCED.jpeg

今日のメニューの紹介。
95E93346-8BE5-4EA1-B8CA-84FB3509A8F2.jpeg

アーサーの挨拶。
7847A86F-2C6A-4130-83CE-F56FBC9753FE.jpeg

2015年4月から2016年3月に放送された「文化放送・戦後70周年特別企画「アーサー・ビナード『探しています』」」のお話からです。

アーサーは、番組で、戦後70年、薄れゆく戦争の記憶を探して訪ね歩きました。
51回の放送で、47人の戦争体験を聞いたそうです。

その中から23人の証言を採録し、それぞれに小エッセイを添えて構成したのが『知らなかった、ぼくらの戦争』(アーサー・ビナード/編著 小学館 2017.3)です。
知らなかったぼくらの戦争.jpg

いつまで知らないでいるつもり!?
アメリカ出身の詩人アーサー・ビナード氏(1967年生まれ)が、日本人の太平洋戦争体験者たちを訪ね歩き、戦争の実態と、個人が争いから “生き延びる知恵” を探ります。
登場する語り手は、真珠湾攻撃に参加したゼロ戦の元パイロット、「毒ガス島」で働いた元女子学徒、戦後GHQで働いた元事務員など、実にさまざま。日本人以上に日本社会に詳しいビナード氏が、自身の受けたアメリカの教育とも照らし合わせながら戦争に対する考察を深めます。日本民間放送連盟賞・2016年番組部門[ラジオ報道番組]最優秀賞を受賞した、文化放送「アーサー・ビナード『探しています』」を採録して再構成した書籍です。

小学館HP

文化放送に番組ゲストとして吉永小百合を呼んだ時のお話など、掴みはOK。

日本に対する深い知識、美しい日本語・・・・・・日本人以上に日本人らしいアーサーの話に引き込まれていきます。


次回に続く
| 次へ