CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
長門国一宮 住吉神社に行きましたA南参道・西参道・社叢 [2020年07月31日(Fri)]
前回の続き

南参道
南の大鳥居。
44BD2E18-50E6-489E-BBB0-80CA929AFF87.jpeg


厳島神社。
DC244FA6-E003-4459-99A2-D7269EE43F2F.jpeg


説明板「国宝「本殿」造営・寄進六五十年」。
7B7EF5EA-7A3F-45BE-A6A9-EB532B3CF551.jpeg 5239A134-EE4B-4B53-8EBB-ECCB9035852E.jpeg


説明板「長門一の宮住吉神社社叢」。
735281EC-ED3C-45B5-8AD8-1025546987C3.jpeg


由緒書。
209E9DFA-B4B8-4935-8C3F-2326E49DE552.jpeg


楼門。
FCE99052-D6A3-42AC-BBDF-701942CDBF71.jpeg

国登録有形文化財です。
住吉神社 楼門.jpg

1901(明治34)年に建てられました。
住吉神社 楼門2 (2).jpg


狛犬。
マスクをしています。
8453AD53-A095-4395-88C0-BB20CD79DACF.jpeg 06B75EC5-7D42-4888-A5CF-DDAA3AAC22EF.jpeg



西参道
鳥居(明和六年(1769))、灯籠(寛政十一年(1799))、社号「住吉神社」、手水鉢(文化十一年甲戌(1814))。
67DB4702-88FC-4EFE-A2B3-EEFE80D02E3C.jpeg


あちらこちらに幡「守護大名 大内弘世公 本殿造営・寄進六五〇年」が立てられています。
88BCB6BD-735D-4E64-A474-61241B7B5BA2.jpeg


神庫。
神紋の水巴がついています。
6EF85B33-74D7-49F3-980E-FA8B5EAD5890.jpeg


神籠石(こうごいし)。
06A0BCEC-EC7B-4D97-8380-97B91370D36A.jpeg 28D66697-2691-4357-AC1A-B8D74D3B2667.jpeg 
B210F09F-6D8A-429F-9CCE-41B2A774795A.jpeg

宮地築(きづき)始(はじめ)紀念碑
東の斎宮(いわいのみや)の旧跡と相応ずるもの
東に祀る祭りの庭のしるしである



検非違使社。
FC0516CC-2050-438E-B4AD-713B5F0B59BB.jpeg


鐘楼。
FB7DD63D-47B4-476C-802C-E3DB57B75A36.jpeg

銅鐘は新羅時代のもので、重要文化財ですが、ここにはさげられておらず、宝物館に収蔵されています。
26A82141-3EE2-4AD2-A2FF-DC61859405E0.jpeg

この建物は、四方囲いの吊鐘堂で垂直に立つ四本の太柱は豪壮、古記録に天文八年(一五三九)毛利元就が拝殿・鐘楼を修造とある。
四隅に突出た挙鼻の刳形文様に室町時代の古式様相をとどめている。なお、古鐘(重要文化財・銅鐘は高麗時代初期・約九百年前)宝物殿収蔵 
高さ 一四二、二センチ 口径 七八、五センチ 厚さ 五センチ 重さ 八〇〇キロ 
渡来された銅鐘では巨大なもの。



西神門。
A5F5C8F7-D35A-46C9-BE4D-1EB85741962D.jpeg



東社叢
厄割玉お祓い所。
厄割玉を厄割石に投げて割ることにより厄を落とします。
投げる場所は、「厄」により、地面の石版で決められています。
D87A37F5-6F4E-47F2-87F8-E494602298D9.jpeg


鳥居。
蛭子神」の神額があり、「天保十三年(1842)四月吉日  奉寄進 一ノ宮氏子」と彫られています。
57A05901-6A7E-4713-8BFF-74B0861652B5.jpeg

田尻社・若宮神社、蛭子社、七社。
721F52FD-C9E0-4796-A544-AED8952A17DB.jpeg

高元社。
19121CB8-C2DB-4620-924A-ADD400E7C004.jpeg


稲荷神社。
5AC67B1F-244C-4F88-9FF1-CAB755837BFD.jpeg B466F35C-7D9D-48FD-B2E3-68AD4EEFF701.jpeg


御神霊樹 大楠。
案内板「御神霊樹 大楠」。
C54C8E69-1F07-4705-8DE0-2D79D83F46C1.jpeg

石柱「武内大臣手植楠」。
2D2FA387-6FB6-4CF5-B8A3-481832FBB9CA.jpeg

今は立っていませんが、以前はこのような説明板が立っていたようです。
武内宿禰命は孝元天皇(人皇第八代)の曽孫で、景行、成務、仲哀、応神、仁徳の五朝に仕えたといわれる。仲哀天皇の従って熊襲を征ち、天皇が崩御になると、神功皇后をたすけて、新羅を服えるなどの偉功があった。本社では第三殿に祀られている。その手植の楠の古株から新根が生え、根廻りは六〇メートル余にも及ぶ大木となっている。

47D5D9FA-A208-42EB-8F65-A61B2260C4D8.jpeg 777DC084-7CA2-4DA4-8396-66AB2AD6F450.jpeg



東神門の辺りにありました。
誰を祀っているのでしょうか?
1962F69E-CF53-477F-99FF-E917AB4A99F4.jpeg


次回に続く
| 次へ