CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
観音堂 @ 清水寺に行きましたD [2020年06月12日(Fri)]
【前回の続き】

観音堂ぴかぴか(新しい)
432C69F7-E9A6-4C56-8A88-842EBA8E087C.jpeg

「観音堂」説明板。
CBCF410C-9C18-423C-817A-C6E4631C5F7B.jpeg

山口県指定有形文化財
清水寺観音堂
  昭和四二年一月一七日県指定
  山口市大字宮野下一一二七番地
清水寺は千手観音菩薩を本尊とする真言宗の寺院です。縁起によると、平城天皇の御代の創建と伝えられていますが、建久六年(一一九五)の国府文書には清水寺境内のことが書かれているので、すでに鎌倉時代には大寺であったことがわかります。
この観音堂の建立は、明応二年(一四九三)大内義興の時といわれていますが、江戸時代にたびたび大修理がされています。
建立当時は、九間四方の禅宗様式の大伽藍であったといわれていますが、今は縮小され、五間、四間となり内部もかなり修理のあとがみられます。しかし残っている細部の様式、とくに組物や木鼻の文様などに室町時代の禅宗様式の特色がよく出ていて貴重な建物です。
正面の階段の上の向拝は江戸時代に付したもので、手法は、全く江戸時代のものとなっています。


EAFA0A7C-1F35-4A30-B5A0-9E2776EF0CAE.jpeg

9113F8A9-4BE4-4C3D-B417-8CB3590E5CCF.jpeg 
BE4A4948-8F88-4A60-9800-FF2EA20AA08D.jpeg 
76EEA2B0-B6CD-4F0C-B8FA-B76BD41E6664.jpeg 
91697001-3F00-4980-8AE5-C5219A33DB75.jpeg 
EBBB4A2E-2579-45BE-9A3E-D1082035AA51.jpeg 
14B1BF77-0AB1-4D79-956B-E89CCA0A8D74.jpeg 0A1CBE93-964F-4482-9BAA-84ED8A33F6BD.jpeg 
0D772278-7C41-48F2-9A4C-DA2E3A26ED3E.jpeg 2A69FEE9-052D-4DA2-A7F6-5634A3570773.jpeg 757A131E-1CF4-476F-B597-3A07B70AD245.jpeg 
29BFF13E-63DE-4FE8-83D6-291166666F8F.jpeg 
6FB849B0-C609-4A4F-B692-0E2FE366CB34.jpeg 
40104768-2E19-4F4D-8A71-493E5CD71D25.jpeg


1698年に奉納された青銅製の鰐口が観音堂に掛かっています。
ED219867-274A-451A-8497-87527F18181B.jpeg

(外区)
防州吉敷郡山口宮野村清水寺観音堂
施主宮野村櫻畠之住徳田太兵衛敬白
鋳師三田尻河本甚佐衛門尉


(内区)
奉寄進鰐口
 元禄十一戊寅年
 四月吉祥月




参考文献:
『山口市史 史料編 民俗・金石文』(山口市 2015)
  P621〜22「清水寺鰐口」



【次回に続く】
| 次へ