CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
シャクヤクが咲きました [2020年05月19日(Tue)]
今年も我が家のシャクヤクが咲きましたぴかぴか(新しい)
A3F405B6-F4AE-48E5-9A1C-CECC4E68A391.jpeg 985C9087-8459-4AE4-9492-9AAEF28EC510.jpeg 8B832246-D5EA-4598-AA61-CD3ED29DE1F5.jpeg 48BE03BD-7EA7-45AD-9F3A-B68FA2198430.jpeg C17E7558-EB03-4A79-8CBA-E9B6017C485A.jpeg


2020年5月1日に維新百年記念公園で撮影したものです。
D24D7F33-B076-4D91-99EE-33313E91261C.jpeg 0C8884DD-87D6-48AC-BA82-3FE8F2500E17.jpeg CB86014A-CE40-4BA1-BE79-D16FBB618D21.jpeg


シベリア、中国、モンゴルの原産で、日本には古く中国から渡来しました。室町時代には大内氏館に植えられていました。(「大内氏館(12)ソテツとシャクヤク」参照)


小野小町の「百夜通い(ももよがよい)」伝説の一つに、小町を慕う深草少将に、毎晩芍薬を一株ずつ通い路に植えて百株になったら契りを交わす、と約束するものがあります。

『三十六歌仙像』「小野小町」(京都大学附属図書館蔵)
三十六歌仙像 小野小町 京都大学 (2).jpg 三十六歌仙像 小野小町 (2).jpg

『前賢故実』巻第4「小野小町」(国立国会図書館蔵)
前賢故実 巻第4 小野小町 (2).png

いろいろなバージョンのお話があるようですが、シャクヤクは、歌人としても絶世の美女としても知られる小野小町に相応しい気がします。


『畫本野山草』2巻「芍薬」(橘保國/畫圖 芸艸堂)(国立国会図書館蔵)
江戸時代の「絵本」は、画業志望者用の絵手本でした。この『畫本野山草』もその一つで、大坂の絵師橘保国(号、後素軒)(1715〜92)の描いた草木画集です。
図の脇に「花朱 生エンシ クマ」などと絵具の使用法があるものもありますが、「芍薬」のページには指示がありません。
絵本野山草 2巻芍薬. 倍率25% (2).png


『本草図譜』第1冊 巻9芳草類上之上「芍薬」(国立国会図書館蔵)
本草図譜 第1冊 巻9芳草類上之上 芍薬 (2).png


『梅園草木花譜夏之部』巻1「芍薬」(毛氏江元寿梅園直脚(毛利梅園)/書画并撰著)(国立国会図書館蔵)
「花譜」とは、花を、四季の順や分類などに従って記録した図譜です。
梅園草木花譜夏之部1 芍薬 54-15 (2).png 梅園草木花譜夏之部1 芍薬 54-16 (2).png

唐代に牡丹が愛好されるようになると「木芍薬」と言われていた牡丹は「花王」になり、芍薬は「花相」となり、草本なので「草牡丹」とも呼ばれました。

『梅園草木花譜春之部』巻3「草芍薬」(毛氏江元寿梅園直脚(毛利梅園)/書画并撰著)(国立国会図書館蔵)
「草芍薬」は「ヤマシャクヤク」のことです。
梅園草木花譜春之部3 草芍薬 53-36 (2).png


『あづまにしきゑ』「楳嶺花鳥画譜 芍薬・鸛」(楳嶺/作 明治16)(国立国会図書館蔵)
楳嶺花鳥画譜 芍薬・鸛 (2).png


『三十六花撰』「東京百花園芍薬」(喜斎立祥/作)(国立国会図書館蔵)
東京百花園芍薬 (2).png


『芍薬花譜』(賀集久太郎/編 朝陽園 明31.9)(国立国会図書館蔵)
本当は彩色の花譜で、すごく素敵な本なのですが、カラーではないのが残念です。
芍薬花譜 倍率100% (2).png



参考文献:
『三十六歌仙像』
 ※京都大学貴重資料デジタルアーカイブ でインターネット公開されています。
『前賢故実』(菊池容斎 (武保)/著 雲水無尽庵 1868(明治1) )
『畫本野山草』(橘保國/畫圖 芸艸堂)
『梅園草木花譜夏之部』『梅園草木花譜春之部』(毛氏江元寿梅園直脚(毛利梅園)/書画并撰著)
『本草図譜』(岩崎常正(潅園)/著)(巻5〜10 須原屋茂兵衛、山城屋佐兵衛/刊 1830(文政13) )(巻11〜96 筆彩の写本)
『あづまにしきゑ』
『三十六花撰』
『芍薬花譜』(賀集久太郎/編 朝陽園 明31.9)
 ※以上は国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されています。
| 次へ