CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
第3回やまぐち物語・絵本ライブ2019「ももんちゃんとあそぼう in 山口」を開催しました@ [2020年02月13日(Thu)]
1月26日(日)、パルトピアやまぐち(防長青年館)中ホールで、第3回やまぐち物語・絵本ライブ2019「ももんちゃんとあそぼう in 山口」を開催しましたぴかぴか(新しい)

まずとよたかずひこさんのご紹介。
始まる前に子ども達とすっかり仲好しに。
250EA2F6-4775-4884-8605-0A1C88FEB527.jpeg


@まずは、『はい、タッチ』(童心社 2011.6)ですが、
C5F5281A-EA84-4F2A-9A1F-6C923ABCC4D2.jpeg

その『はい、タッチ』の紙芝居が、大きな紙芝居になって、大喜び。
1544560E-8085-49E3-B731-8729BD586C60.jpeg

とよたさんは、紙芝居を演ずるとき必ず舞台を使われます。
舞台の扉を開けているとき、「これから何がはじまるんだろう……」と目を輝かせて見ている子どもたちの様子を強く感じることができるからだそうです。
そして、講演会の時、大型紙芝居の舞台と普通の舞台と2つ用意するように指示があります。
初めに小さい舞台を置いておいて、黒い幕で隠しておいた大きな舞台で演ずるという単純の仕掛けですが、傍で見ていても、会場の期待感がMAXとなるのをいつも感じます。


A紙芝居『でんしゃがくるよ』(童心社 2001.2)。
娘さんたちが小さい頃、毎日のように一緒に見に行った、西武新宿線の線路がモデルになっているそうです。
D641023A-B2A1-4FB8-9C3E-372C6A793368.jpeg 
364698A6-721D-4A26-BF4D-82723A43113C.jpeg


B絵本『でんしゃにのって』(アリス館 1997.6)。
62FD03B2-0B6C-465A-9A53-1DCFAF320BEE.jpeg 483E7887-4EEB-449E-8921-F819F411CEC2.jpeg

「子どもの頃、冬になるとよく仙山線の電車に乗って父とスキーに行きました」そのときの思い出が絵本になったそうです。

東北線の駅弁売りのお話。
うららちゃんのおばあちゃんが待つ「ここだ駅」は、東北線の小牛田(こごた)駅が由来だそうです。
5ADC70DD-92D2-45DB-8F98-9E6A7B6F4574.jpeg

「『でんしゃにのって』はこれまでつくった絵本の中でも特に思い入れが強く、
 50歳のときに自分が自分のためにつくったような作品です」ととよたさん。
767DC845-03DF-4A45-B6B3-D3252B3C4A85.jpeg


C絵本『バルボンさんのおでかけ』(アリス館 1998.10)。
バルボンさんのおでかけ.jpg 
A94D2F01-0402-4504-B8FA-E6A2EFE049B5.jpeg 

「バルボン」という名前は、阪神の選手の名前から。
ECFF8129-F686-47DC-A53B-0AAE698483DD.jpeg

「ワニのバルボン」シリーズの『バルボンさんのおうち』(1999.1)、『バルボンさんのおしごと』(1999.7)、『バルボンさんとさくらさん』(1999.11)、『バルボンさんのおさんぽ』(2000.3)も紹介されました。
ワニのバルボン.jpg 
369614B9-CBBC-4B08-B283-6D5CC66D4460.jpeg 
0DC8DC61-8FED-40F2-BBD9-40C0DA8ED6C4.jpeg


【次回に続く】
| 次へ