CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
詩の創作ワークショップ「中也の言葉、わたしの言葉」 @ 中原中也記念館開館25周年記念 [2020年01月31日(Fri)]
2月15日(日)、中原中也記念館開館25周年記念として、第4回中原中也賞や第27回萩原朔太郎賞受賞の詩人 和合亮一さんを講師に詩の創作ワークショップ「中也の言葉、わたしの言葉」が開催されますぴかぴか(新しい)

和合亮一ワークショップ.jpg

中也の帽子をかぶれば、ハット言葉が!
・・・和合さんと楽しく詩を書いてみましょう・・・

中原中也記念館にてテーマ展示「教科書で読んだ中也の詩 ―― 思い出の一篇」を見学後、バスで吉敷地域交流センターに移動し、詩人の和合亮一さんと詩の創作をおこないます。
詩に興味はあるけど書いたことがない方、中也の詩が好きな方、詩の創作にチャレンジしてみませんか。


るんるん日時るんるん 2020年2月15日(土)13:30〜17:00
るんるん会場るんるん 中原中也記念館(集合)、吉敷地域交流センター
るんるん講師るんるん 和合亮一(詩人)
るんるん日程るんるん 
   13:30 集合 中原中也記念館 見学 ―― バス移動 ――
   14:20 吉敷地域交流センターにて詩の創作ワークショップ ――
   17:00 バス移動 ―― 至 中原中也記念館 解散
るんるん定員るんるん 20名(高校生以上)(要予約、先着順)
るんるん参加費るんるん 入館料として 一般330円、学生220円
るんるん予約・問合るんるん 中原中也記念館 
   電話 083-932-6430
   fax to 083-932-6431


かわいい和合亮一かわいい
1968年、福島市生まれ。詩人。国語教師。福島大学卒。
福島県教育復興大使。NHK復興サポーター。「ふたば未来学園」教育復興応援団。
1999年、第一詩集『AFTER』(思潮社 1998)で第4回中原中也賞受賞。2006年、第四詩集『地球頭脳詩篇』(思潮社 2005)で第47回晩翠賞受賞。みんゆう県民大賞受賞。2013年、NHK東北放送文化賞受賞。福島県文学賞などを受賞。
2011年、東日本大震災直後の福島からTwitterで連作詩『詩の礫』を発表し続け、同年5月、世界三大コンサートホールであるオランダのコンセルヘボウに招致、朗読にて福島の想いを発信するなど、国内外から注目を集める。
詩集やエッセイ集、絵本など多数刊行、特に震災後の著作は20冊を超え、これらはフランス、ドイツ、ブラジルなど世界各国で翻訳、出版された。
新聞各紙にてエッセイ、時評などを連載。
国語や音楽の教科書・準教科書に、作品が掲載。
最新刊は、新書『詩の寺子屋』(岩波書店)、詩集『昨日ヨリモ優シクナリタイ』(徳間書店 2016)など。
2017年7月、小説家・村上春樹氏のフランス語版名訳で知られるコリーヌ・アトラン氏により、詩集『詩の礫』(徳間書店 2011)がフランスにて翻訳・出版され、第一回ニュンク・レビュー・ポエトリー賞を受賞。フランスでの詩集賞の受賞は日本文壇史上初となり、国内外で大きな話題を集めた。
2019年、詩集『QQQ』(思潮社 2018)で第27回萩原朔太郎賞受賞。
| 次へ