CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
「第16回山口市立中央図書館まつり」を開催しました [2019年11月25日(Mon)]
11月24日(日)、「第16回山口市立中央図書館まつり」を開催しましたぴかぴか(新しい)
山口市立中央図書館まつり2019.png 山口市立中央図書館まつり2019 裏.png

たくさんの人に来ていただき、本当にありがとうございました。
43115419-668F-49DF-A325-3D406246D60E.jpeg

今までは11月の土曜日に開催していましたが、今年初めて日曜日に開催してみました。
図書館まつり実行委員会としては、11月の第二土曜日を定例にしたいと希望しているのですが、山口情報芸術センターのイベントの都合で(開催場所の厳しい制約がありますexclamation×2)、他の山口市立図書館のように毎年同じ日に開催できません。
おかしな話ですふらふら 山口市立中央図書館は山口情報芸術センターの間借り人の扱いですexclamation&question 山口情報芸術センターまつりとして一緒にすればいいと思うのですが、そうはいかないようですがく〜(落胆した顔)

そんな愚痴はこれまでにして、今年もたくさんの人の笑顔に出会えたことに感謝します。

ジョイネットは、他の実行委員の団体さんと一緒にブックリサイクルを担当しました。
今年もどうにか、ブックリサイクルをYCAMのホワイエで開催することができました。

22日(金)に市民の皆様か寄附していただいた本の整理などをしました。
今年はチラシで「絵本を!」という呼びかけをしたのが功を奏したのか、市民の皆様のご協力で、たくさんの絵本が集まりました。
少ない人数で整理をしたので結構大変で、もう少し時間的な余裕があれば……と嬉しい悲鳴です。
DF43CCA0-009F-426B-A790-39BA7AF5CC7E.jpeg

そして、まつり当日は、こんなふうに絵本を並べてみました。
いい絵本がたくさんあります。
私もスタッフでなければ、持って帰りたい絵本が何冊もあります。
FC2EA901-CCC4-4AC2-95D7-A993CADF0B71.jpeg 3613E1FA-59E9-4235-AC83-A335DFEF9049.jpeg 23AACB78-E3CF-45E9-BADB-8BF6EDA28FD0.jpeg IMG_8192.JPG 1190F5AC-BB71-4FEA-98B9-2CFCE84140FC.jpeg

入場口。
E4CE2B14-9B39-4A37-9C4A-B03975D72B68.jpeg

出口。
募金箱を置きました。
7E212BC3-3323-41F1-89B8-184A31970FB0.jpeg

これが昨年度の皆様から寄せられた募金で買った大型絵本の貸出袋です。
65347809-907B-445E-A405-112F94D82D43.jpeg

全体。
D2F9028D-9E90-4785-B430-CCE442621B04.jpeg

開場の30分前には、たくさんの人が並び、最初は入場制限をするほどでした。

「この本、子どもの頃読んだよ。懐かしい。これにしよう。」「お父さん、僕にも見せてね。お父さんがいないときにも、絶対読むから!」など、楽しそうな親子の会話。

「怖い本ありませんか?」「2歳の子どもですが、どんな本がいいですか?」など、選書相談もたくさん受けました。ちょっとしたレファレンスサービスです。

これも、今年はたくさん絵本があったから。
昨年まではわれ先に、ただただ絵本を持って帰るという感じでしたもの。

また、ほとんどの皆さんが快く募金をしてくださいました。本当にありがとうございます。
募金は中央図書館のために使います。また、少しだけ、来年度の図書館まつりのイベントの材料を買うために使います。


1時間のお昼休みを利用して他のイベントにも参加しました。

「ブックカバーを作ってみよう!」
D3AFB8D9-1A09-4C95-8D21-61CC33F837D2.jpeg 0F988ED5-ADB4-4634-A666-70FE5451EA9B.jpeg B7127086-12E7-4E8D-B81F-D16CC78B4415.jpeg

私の作ったブックカバー。
60DEBF10-7362-4AD2-BE01-416DD2E5C7F1.jpeg BDCF17B1-154A-4D1C-AEE3-121DE6BF25B9.jpeg


図書館のお隣のコーヒー店の「コーヒーテイスティング」
いつもは緑色のエプロンですが、クリスマスバージョンということで、赤いエプロンです。
E9D1D980-AB8C-4BED-8357-8D3DAF87024E.jpeg


「こどもスタンプラリー」
D7E1AD09-BADB-416B-89AD-46BDAE4A1A2E.jpeg


「WANTED! この本を探して!」
E22300F0-EECD-4993-839C-398B31FF03D7.jpeg BC29D446-4481-452E-909D-A61283FD8D12.jpeg 9D6ED1BF-AE38-4E47-A6C6-C1A0C10FFB99.jpeg


映画「天使のいる図書館」上映会
82EB84BE-5C03-4A96-B78F-F8704520F803.jpeg 天使のいる図書館.png

ロケに使われた広陵町立図書館がとっても魅力的でした。蔵書数も多く、明るくゆったりとした空間で、すてきな時間が過ごせそうな図書館でした。本の特設展示スペースもとってもよく、こんな展示なら、わくわくして実際に手に取ってみたくなると思います。
反面、主人公の新人司書のさくらには、いろいろ突っ込みを入れたくなりました。ブッカーの貼り方がめちゃくちゃ(ひどい、本当にひどすぎる。)、本の扱い方がぞんざい、レファレンスと称し開館時間中に図書館を抜け出すというありえないレファレンスサービスを正当化する、受けているレファレンスの内容を他の利用者に勝手に開示するなど、司書として致命的な欠陥がある、としか言えず、どうしてこんな設定にしたんだろうと残念でした。
話題の横浜流星さんは、2年前に撮影した映画なのに、イメージが随分違っていました。出演場面が少ないけれど、重要な役どころではありました。


他にも「栗林和彦写真展「図書館周辺」」「図書色見本 みんなでつくる出会いの本棚」などにも参加しましたが、写真を撮ることができませんでしたちっ(怒った顔)

「栗林和彦写真展「図書館周辺」」は、新しくできた展示スペースを活用しました。
写真展はジョイネットが立案した企画ですひらめき
ただし、『そして、ぼくは旅に出た。はじまりの森 ノースウッズ』(あすなろ書房 2017.3)で第7回 梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞された写真家 大竹英洋さんの写真展を企画し提案したのですが、実行委員会で検討した結果、地域情報誌「サンデー山口」に連載されていた写真家 栗林和彦さんの写真エッセイ「栗林和彦の山口周辺」の中から中央図書館周辺の写真をセレクトして展示することになりました。
こうして展示した写真を観ると、とってもいいですね(自画自賛)。

また、「図書色見本 みんなでつくる出会いの本棚」は、秀逸な企画だと思いました。しばらく展示して欲しいし(図書館入口に展示することになりました。見られましたか?)、来年も続けて欲しい企画ですひらめきひらめき


来年度の「第17回山口市立中央図書館まつり」もご協力、ご参加、よろしくお願いいたします揺れるハート


※こどもと本ジョイントネット21・山口は山口市立中央図書館まつり実行委員です。
| 次へ