CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
山口県立美術館開館40周年記念「ヨーロッパ絵画 美の400年 珠玉の東京富士美術館コレクション」を観に行きました [2019年10月24日(Thu)]
10月22日(火・祝)、山口県立美術館開館40周年記念「ヨーロッパ絵画 美の400年 珠玉の東京富士美術館コレクション」を観に行きましたぴかぴか(新しい)
6D42A38A-3F03-4B07-A5D2-F2DF83801D64.jpeg

東京富士美術館のヨーロッパ絵画コレクションは、16世紀のイタリア・ルネサンス絵画から20世紀の現代絵画まで、400年にわたる西洋絵画史をほぼ一望できるきわめて充実したものとして、日本はもとより国外でも広く知られています。本展では、そのなかから厳選した珠玉の作品約80点によって、16世紀後半から20世紀までの西洋絵画の流れを紹介いたします。世界の美術ファンを魅了するモネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、シャガールなど近現代の人気作家に加え、それ以前の歴史をたどるために、ティントレット、フランス・ハルス、アントニー・ヴァン・ダイクなど、日本ではあまり見る機会のない巨匠たちの作品もご紹介します。ぜひこの機会に、ヨーロッパ絵画400年の流れを通覧する醍醐味を味わい、個々の作品の魅力にも触れていただきたいと思います。(チラシより)

最終日なのでそれなりに混んでいましたが、東京富士美術館コレクションの展覧会にしては少ない気がしました。
皆さん、今日はテレビに釘付け?
でも、7万人目がでたようです。
23977959-8481-496A-907D-FD1CDC547965.jpeg

展示は『第1章 歴史と神話』、『第2章 ポートレート 古代エジプトにまでさかのぼる』、『第3章 人々の暮らし』、『第4章 静物』、『第5章 風景−自然と都市』に分かれていました。
D87544EA-9794-43BF-BC6E-CF649085078A.jpeg FD42F0F7-FA13-4A24-ACB0-C75D27000079.jpeg

「ヨーロッパ絵画 美の400年」ということで、確かに有名画家の作品のオンパレードでした。
16世紀
52CDBD5A-C261-481D-90AD-9D84BDF327AB.jpeg

17世紀 アントニー・ヴァン・ダイク
BE365D91-18EB-44B9-A79B-7CB9C414085E.jpeg F856E4E4-6A5C-4F9B-9C29-DE5CF6D307BC.jpeg

18世紀 フランソワ・ブーシュ
CDE1E65C-1FB2-48E0-A00B-EE8E1DB99819.jpeg

19世紀 ウィリアム・ターナー、ジャン=フランソワ・ミレー、ウジェーヌ・ドラクロワ、ジャン=バティスト・カミーユ・コロー、ギュスターヴ・クールベ、ポール・セザンヌ、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーガン、キューターヴ・カイユボット、ピエール‐=オーギュスト・ルノワール、アルフレッド・シスレー
4A42144E-28F2-44C9-B97E-35BCAE66D283.jpeg

20世紀 マリー・ローランサン、カミーユ・ピサロ、ピエール・ボナール、クロード・モネ、アメデオ・モディリアーニ、モーリス・ド・ヴラマンク、モーリス・ユトリロ、ホアン・ミロ、ジョルジョ・デ・キリコ、ルネ・マグリット、マルク・シャガール
C56564E8-9477-4F0E-81F7-9C9C6FE3A2EC.jpeg

などなど綺羅星の如く……。
F8D242B9-51D6-44FA-BF3E-D578AD3F5C6E.jpeg

スロープを上がった展示室に写真OKのコーナーがありました。
こういうのすごく嬉しいです揺れるハート
E17E29F7-CF39-40F8-800F-E325DA9D5E51.jpeg 7526A8FC-2948-4A8C-ACF0-D1749A015682.jpeg 56AAECD6-A8F5-4D68-8118-AD8ADF34622C.jpeg 410CAD8F-1E07-4DC9-947D-83B69FAECEF9.jpeg

96FEA02F-C4DB-4175-978D-9F7A18BDADFB.jpeg 25D30CF5-F304-45B3-8690-8F3ACF55D636.jpeg 94E2F33A-1E42-4EA2-88B6-F16AA80805F1.jpeg A328492F-19B7-40F2-A20B-3B5088BCD319.jpeg

コレクション展の「吉村芳生展」、「松田正平展」は、すごくよかったですかわいい
よく知っている絵ばかりでとても懐かしかったです。

外に今までの展覧会のポスターが展示してありました。
全ての展覧会へ行ったわけではありませんが、感慨深いです。
035EC232-B340-429E-BBA0-6AF1C9645B3F.jpeg 64BE07E2-48F3-4902-9CC4-091D3CA8CDCF.jpeg FB44FBD9-D97B-4032-A3E5-2FB5299F043B.jpeg 6BCCDFBD-A486-417F-8F67-F8F2AE846CAF.jpeg 07C77B58-7AE8-462E-B423-65BB34D776B0.jpeg BB99117C-A3A1-4F47-B16B-4DDBCE7B973B.jpeg 78A645BE-7071-4A7E-99F3-EA6A03A6BDEF.jpeg
| 次へ