CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
中原中也没後82年 中也忌 墓前祭に参加しました [2019年10月23日(Wed)]
10月22日(火)は中原中也82回目の命日です。
6961C676-B08A-4F7D-98B6-09FA468B0B47.jpeg

中原中也は1937(昭和12)年10月22日、30歳の若さで亡くなりました。
第二詩集『在りし日の歌』のための清書原稿を友人 小林秀雄に託し、故郷 山口に引き揚げる目前のことでした。
27F46CFC-3314-46C3-934C-FE33C732AA8A.jpeg

中也の眠る経塚墓地の「中原家累代之墓」での墓前祭に参加しましたぴかぴか(新しい)
07B6986F-EBC4-4A29-B6D8-4B5A1B3D2CB1.jpeg

中也の詩「蝉」にはこの墓地や吉敷川の風景がうたわれています。

  

蝉が鳴いてゐる、蝉が鳴いてゐる
蝉が鳴いてゐるほかになんにもない!
うつらうつらと僕はする
……風もある……
松林を透いて空が見える
うつらうつらと僕はする。

『いいや、さうぢやない、さうぢやない!』と彼が云ふ
『ちがつてゐるよ』と僕がいふ
『いいや、いいや!』と彼が云ふ
『ちがつてゐるよ』と僕が云ふ
と、目が覚める、と、彼はもうとつくに死んだ奴(やつ)なんだ
それから彼の永眠してゐる、墓場のことなぞ目に浮ぶ……

それは中国のとある田舎(ゐなか)の、水無河原(みづなしがはら)といふ
雨の日のほか水のない
伝説付の川のほとり、
藪蔭の砂土帯の小さな墓場、
――そこにも蝉は鳴いてゐるだろ
チラチラ夕陽も射してゐるだろ……

蝉が鳴いてゐる、蝉が鳴いてゐる
蝉が鳴いてゐるほかなんにもない!

僕の怠惰? 僕は『怠惰』か?
僕は僕を何とも思はぬ!



まず福田百合子名誉館長のお言葉がありました。
B6C5CFB6-23D8-4E5C-9018-113A7ADED2E0.jpeg

中原豊館長の進行で墓前祭は執り行われました。
C0DD6963-6862-45B4-9E81-EA0C12E76F3B.jpeg

来館者より寄せられた「中也へのメッセージ」を渡辺副館長がお供えしました。
7606152B-D95E-4BA4-86CB-9542DAB15153.jpeg 
5A0010B5-57B2-4312-8EE3-8E214C6F6A63.jpeg

参加者一人ひとりが献花しました。
7970748A-4A26-436E-B215-C4F6D9202B80.jpeg 8DE049A4-9176-4BEB-8DB8-2A849F3A6A34.jpeg 789C99F2-FF36-463D-A41A-468CA947FEBB.jpeg

参加者全員で「一つのメルヘン」を朗読しました。
EF6615E9-54EC-4F05-9652-5CFDE2264991.jpeg


  一つのメルヘン

秋の夜は、はるかの彼方に、
小石ばかりの、河原があつて、
それに陽は、さらさらと
さらさらと射してゐるのでありました。

陽といつても、まるで硅石か何かのやうで、
非常な個体の粉末のやうで、
さればこそ、さらさらと
かすかな音を立ててもゐるのでした。

さて小石の上に、今しも一つの蝶がとまり、
淡い、それでゐてくつきりとした
影を落としてゐるのでした。

やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、
今迄流れてもゐなかつた川床に、水は
さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……



最後に館長よりお話があり、墓前祭はつつがなく終わりました。
10月末というにはとても暑い日で、山口市は最高気温26.3℃ありました。


吉敷大橋から見た「一つのメルヘン」「蝉」「骨」の舞台 吉敷川です。
右側のマイクロバスが乗ってきたバス。
その奥に経塚墓地があります。
1A169EFF-6F3C-4C29-B4FC-458C51A11BC0.jpeg

墓前祭のパンフレットです。
14221BBA-55E2-4B2A-A7EC-90111F67EDD0.jpeg 0131C382-4B97-46ED-A521-07C08A483CC3.jpeg
| 次へ