• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
絵本ワールドinこまつしま [2022年12月21日(Wed)]
12月24日(土)、25日(日)、小松島市サウンドハウスホール周辺で、「絵本ワールドinこまつしま」が開催されますぴかぴか(新しい)

絵本ワールド小松島.PNG 絵本ワールド小松島 裏.PNG

6人(羽尻利門さん、弓削田健介さん、なばたとしたかさん、CANさん、有田奈央さん、真珠まりこさん)の人気絵本作家さんのトークショーやワークショップ等のお楽しみイベントが盛りだくさん!
メイン会場には1万冊の絵本がずらりと並びます。ぜひたくさんの本に触れてお気に入りの一冊を見つけてみてください。
他にも、キッチンカーやはしご消防車も登場します。
ご家族でも楽しめる内容となっておりますのでお子様も連れてぜひご参加ください。


るんるん日 時るんるん 2022年12月24日(土)、25日(日)10:00〜16:00
るんるん会 場るんるん 小松島市サウンドハウスホール周辺
       小松島市小松島町字新港9-10
るんるん入場料るんるん 無料

るんるんイベントるんるん

かわいい24日 小松島市立図書館3F 小松島市立図書館30周年記念イベント

『神社のえほん』原画展
神社って、何のためにあるの?鳥居って?手水を取るって?拝礼の作法は?どうして神輿をかつぐの?巫女は何をする人?神社にあるものは、一つ一つ意味がある。日本の伝統文化を知る絵本。

12:00〜 羽尻利門
 おはなしと絵本づくりに込める想い


かわいい24日 サウンドハウスホール

10:00〜 オープニングセレモニー

10:30〜 弓削田健介
 いのちの夢のコンサート

13:00〜 なばたとしたか
 「こびとづかん」トークショー

14:30〜 くすのきしげのり
 子どもも大人も絵本の世界を楽しみましょう


かわいい25日 サウンドハウスホール

10:30〜
 CANさんとLaQハカセの恐竜コラボショー

13:00〜 有田奈央
 パンでんしゃとちょっと怖い(こわい)絵本

14:30〜 真珠まりこ
 もったいないばあさんのおはなし会


かわいい24・25日両日 サウンドハウスホール

LaQフェスティバル
大人気LaQの体験コーナー!ハカセレッドもやってくる!
LaQで立体モデルを作ろう! ハカセのおまけモデル製作は必見!
作り方通りに作れた作品はプレゼント!(お子様のみ)
※保護者同伴でご参加ください。無くなり次第終了


のびのび読み
赤ちゃん絵本をお試し読み放題できるスペースをご用意。
親子でくつろぎながら、思う存分絵本に触れられます。
「こども」と「本」の出会いを応援する体験の部屋で、とっておきの一冊と出会いませんか。

可愛い(カワイイ)本づくりワークショップ
手のひらサイズのミニブックが誰でも簡単に作れます!

交通新聞社鉄道クイズコーナー
鉄道クイズ挑戦者を募集!参加してくれたお子さんにもれなくオリジナルグッズをプレゼント♪
楽しいクイズで、でんしゃはかせをめざそう!

つくろう!みんなのパンでんしゃ
自分だけの「パンでんしゃ」を作って、大な紙にペタペタ貼ろう!
みんなが作った「パンでんしゃ」で、大きな絵を完成させるワークショップ

絵本フォトスポット
『もったいないばあさん』『おべんとうバス』

真珠まりこ先生の大人気『もったいないばあさん』『おべんとうバス』の絵本フォトスポットを会場内に設置しています。
絵本ワールドinこまつしまへのご参加の記念に、ぜひご一緒に映える写真を撮影してくださいね。


好きなコビトを描いてもらえる!
なばたとしたかさんサイン会

開催時間 ●10:30〜12:00 ●14:30〜16:00
定員 各回25名ずつ
両日10時より整理券を配布
会場にかくれているコビトたちをさがして、プレゼントをもらおう!

出演作家サイン会
会場 サウンドハウスホール
弓削田健介、羽尻利門、くすのきしげのり、CAN、有田奈央、真珠まりこ
絵本作家さんが多数来場され、そ
れぞれの作家さんのブースを展示しております。ご出演のお時間以外にも、遊びに来てくれるかも!?出演の時間以外にも、遊びに来てくれるかも!



るんるん問 合るんるん 「絵本ワールドinとくしま実行委員会」事務局(徳島新聞社事業部)
   電話088-655-7331 平日9:30〜17:30 ※土・日・祝日は除く
るんるん主 催パスワード 小松島市、絵本ワールドinとくしま実行委員会


かわいい羽尻利門かわいい
1980年、兵庫生まれ、京都育ち。現在、阿南市在住。立命館大学国際関係学部卒。代表作に、『夏がきた』(あすなろ書房)、『やめろ、スカタン!』(くすのきしげのり/作 小学館)、『ごめんなさい』(サトシン/作 ポプラ社)など多数。日本児童出版美術家連盟会員。

かわいい弓削田健介かわいい
合唱作曲家・子どもミュージカル作家。 主に小中学生が歌う合唱曲を作曲。2020年より音楽の教科書に楽曲が掲載(小学校4年生・教育芸術社)。 キャンピングカーを拠点に合唱曲が歌われている日本全国の小中学校、海外日本人学校などで2000回を超えるスクールコンサートを行い、澄んだ歌声が特徴のピアノ&ギター弾き語りミュージシャンとしても活動。 旅から得た気づき、出会いと感動を元に作曲するスタイルで、4冊の楽譜集と絵本を出版。 NHK全国放送(おはよう日本)、国際ニュースNHKワールド、朝日系列テレメンタリー、TOYOTAコレカラプロジェクトなど、多数のテレビ出演をきっかけに、メディア登場時は「放浪の合唱作曲家」と呼ばれる。 福岡県出身。

かわいいなばたとしたかかわいい
1977年、石川県生まれ。イラストレーター。2006年に初の絵本『こびとづかん』を発表し、話題となる。主な作品に『みんなのこびと』、『こびと桃がたり』、『こびと大百科』、『こびと観察入門1』、『新種発見! こびと大研究』、『こびと大図鑑』、「日本のこびと大全」シリーズがある。また、その他の創作絵本に『いーとんの大冒険』、『犬闘士イヌタウロス』がある。現在、金沢に在住。本の制作を中心に、映像、キャラクター 制作と幅広く活動している。

かわいいくすのきしげのりかわいい
1961年徳島県生まれ、鳴門市在住。児童文学作家。小学校教諭、鳴門市立図書館副館長などを経て、現在は児童文学を中心とする創作活動と講演活動を続けている。全国青少年読書感想文コンクール課題図書『おこだでませんように』『メガネをかけたら』(ともに小学館)、教科書掲載作品『ともだちやもんな、ぼくら』(えほんの杜)『ええところ』(学研)等をはじめ、『おかあしゃん。はぁい。』(佼成出版)『Lifeライフ』(瑞雲舎)など140タイトルを超える作品は、日本および海外において広く読まれている。

かわいいCANかわいい
恐竜画家・絵本作家でありカフェオーナー。恐竜研究家を目指し信州大学理学部を卒業したが諦め、方向転換して2017年にカフェ『創作空間caféアトリエ』を開業。現在は恐竜オタクの知識を活かしてユニークな恐竜の絵を描いている。勝浦町「町ふるさと恐竜大使」創設 第1号として恐竜をPRしている。恐竜絵本『6600万年前・・・・・・ぼくは恐竜だったのかもしれない』発売中!

かわいい有田奈央かわいい
1979年福岡県生まれ。『おっぱいちゃん』で絵本作家デビュー。文を担当した作品に『おならひめ』『パンでんしゃ』『すき』『おいで・・・』『帰り道』『じごくバス』など。『山のちょうじょうの木のてっぺん』(最上一平/作 有田奈央/絵 新日本出版社)で第66回青少年読書感想文全国コンクール課題図書低学年の部に選ばれる。

かわいい真珠まりこかわいい
神戸生まれ。大阪とニューヨークのデザイン学校で、絵本制作を学ぶ。 はじめての絵本『A Pumpkin Story』は、1998年アメリカで出版された (GreeneBark Press,USA)。2004年出版の絵本『もったいないばあさん』(講談社)でけんぶち絵本の里大賞、ようちえん絵本大賞を受賞。
もったいないばあさんはキャラクターが人気となり、毎日新聞、朝日小学生新聞などでも連載され、2020年アニメとなって6カ国語で公開されている。他の作品に『おべんとうバス』『なないろどうわ』など。
桂文我のおやこ寄席スペシャル えほん・落語・まつり @ 国立文楽劇場 [2022年12月16日(Fri)]
2023年2月11日(土・祝)、国立文楽劇場で、「桂文我の「おやこ寄席」スペシャル えほん・落語・まつり」が開催されますぴかぴか(新しい)

4E468A29-86E5-496F-8B62-C49DD4B914E7.jpeg


るんるん日 時るんるん 2023年2月11日(土・祝)11:00〜 (10:30 開場 )
るんるん場 所るんるん 国立文楽劇場
      〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1丁目12-10
るんるん出 演るんるん 桂文我(「平林」「お楽しみ」)・桂米平(「犬の目」)
るんるんゲストるんるん 長谷川義史・国松エリカ・荒戸里也子・きたあいり・増田喜昭

るんるん内 容るんるん
 ※「落語について」(〔出〕桂文我/桂米平)
 ※「絵本の魅力」(〔出〕桂文我/国松エリカ/荒戸里也子/きたあいり)
 ※「楽しい絵本作家」(〔出〕長谷川義史/増田喜昭)

るんるん前売るんるん 子ども(小学生)2000円 おとな(中学生以上)3000円 (全席指定)
るんるん当日るんるん 子ども(小学生)3000円 おとな(中学生以上)4000円
るんるん前売券発売所るんるん チケットぴあ Pコード:516−496
   https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2241332&rlsCd=001&lotRlsCd=
るんるん問 合るんるん 桂文我事務局 090-1414-9883
こんなことを考えながら、子どもの本を作ってきた @ JBBY 新・編集者講座 第8期2022 「子どもの本で何ができるのか?」 [2022年11月02日(Wed)]
11月24日(木)、JBBY 新・編集者講座 第8期2022 「子どもの本で何ができるのか?」B 「こんなことを考えながら、子どもの本を作ってきた」がオンラインで開催されますぴかぴか(新しい)

2D4D88EB-3005-42A4-BBBB-CC2DDD456A3A.jpeg

「こんなことを考えながら、子どもの本を作ってきた」
第8期のメインテーマは「子どもの本で何ができるのか?」。

 第3回目の講師は、子どもの本の編集者として数多くの名作に携わってきた、偕成社の広松健児さんです。
 担当の本には、荒井良二さんの『あさになったのでまどをあけますよ』、はたこうしろうさんの『なつのいちにち』、たむらしげるさんの『よるのおと』、田中清代さんの『くろいの』など、それぞれの作家を代表する作品が並びます。またそうした作品で、小学館児童出版文化賞3回、野間児童文芸賞2回、産経児童出版文化賞6回ほか、たくさんの賞を受賞されています。
 今回は、広松さんの長いご経験から「子どもの本を編集する面白さ」をテーマに、本作りの指針や、作家との関わり方など、広松流子どもの本の作り方をお話しいただきます。
 後半は特別ゲストに絵本作家の 堀川理万子さん をお迎えし、近刊『海のアトリエ』を中心に、対談形式でもお話をうかがいます。


るんるん日時るんるん 2022年11月24日(木)19:00〜20:30(開場15分前)
るんるん場所るんるん オンライン(Zoom)
るんるん講師るんるん 広松健児さん(偕成社編集部)
るんるん特別ゲストるんるん 堀川理万子さん(絵本作家)
るんるん参加費るんるん 一般 1,500円 JBBY個人正会員/法人会員 1,300円
るんるん申込方法るんるん Peatixから https://jbbyonline031.peatix.com/
るんるん主催るんるん JBBY(日本国際児童図書評議会)


『あさになったのでまどをあけますよ』
(荒井良二/作 偕成社 2011.12)
【厚労省社会保障審議会推薦児童福祉文化財(2012)、日本子どもの本研究会選定図書(2012)、全国学校図書館協議会・選定図書(2012)、日本図書館協会選定図書(2012)、第59回産経児童出版文化賞・大賞(2012)、MOE絵本屋さん大賞1位(2012)】
あさになったのでまどをあけますよ.jpg


『なつのいちにち』
(はたこうしろう/作 偕成社 2004.7)
【日本図書館協会選定図書(2004)、児童福祉文化賞推薦作品(2005)、社会保障審議会推薦文化財(2004)、全国学校図書館協議会・選定図書(2004)】
96E68A9A-87D3-4494-A9A6-4C0E310CC360.jpeg


『よるのおと』
(たむらしげる/作 偕成社 2017.6)
【全国学校図書館協議会・選定図書(2017)、産経児童出版文化賞・大賞(2018)】
よるのおと.jpg


『くろいの』
(田中清代/作 偕成社 2018.10)
【ナミコンクール・パープルアイランド賞(2018)、全国学校図書館協議会・選定図書(2018)、小学館児童出版文化賞(2019)、日本絵本賞・大賞(2020)】
くろいの.jpg


『海のアトリエ』
(堀川理万子/作 偕成社 2021.5)
【Bunkamuraドゥマゴ文学賞(2021)、講談社絵本賞(2022)、小学館児童出版文化賞(2022)】
7D1B4E83-C428-4F1E-A6EF-EDA4CCBFEF08.jpeg


かわいい広松健児(ひろまつ・けんじ)かわいい
偕成社編集部。
光村図書出版、あかね書房編集長をへて、1999年偕成社入社。あかね書房時代の編集した作品に「わかったさんのおかしシリーズ」全10巻(寺村輝夫/作 永井郁子/絵)、『クヌギ林のザワザワ荘』(富安陽子/作 安永麻紀/絵)【小学館文学賞・日本児童文学者協会新人賞】、『ぼくの小鳥ちゃん』(江國香織/著 荒井良二/絵)【路傍の石文学賞】などがあり、偕成社では『ガラスのうま』(征矢清/作 林明子/絵)【野間児童文芸賞・新美南吉児童文学賞】、『金曜日の砂糖ちゃん』(酒井駒子/作)【ブラチスラバ世界絵本原画展金牌】、『あさになったのでまどをあけますよ』(荒井良二/作)【産経児童出版文化賞大賞】、『ぼくは川のように話す』(J. スコット/文 S. スミス/絵 原田勝/訳)【産経児童出版文化賞翻訳作品賞・やまねこ賞絵本部門】など多数の受賞作を生みだしている。
高槻で青春時代を過ごした絵本作家はたこうしろう氏来たる!! [2022年10月31日(Mon)]
11月23日(水・祝)、高槻市立生涯学習センターで、空とぶアヒル公開講座「高槻で青春時代を過ごした 絵本作家 はたこうしろう氏 来たる!!」が開催されますぴかぴか(新しい)

ADD690E2-471D-4DF9-89A0-68BA3E83985B.jpeg

幅広い表現方法で魅力的な作品の数々を生み出されている絵本作家はたこうしろうさんに絵本づくりにおけるこだわりや、読み聞かせの楽しみ方、制作秘話などについてお話していただきます。
絵本の販売、サイン会あります。


るんるん日時るんるん 2022年11月23日(水・祝)14:00〜15:30 (受付 13:30〜)
るんるん場所るんるん 高槻市立生涯学習センター 1階 展示ホール
      〒569-0067 高槻市桃園町2-1 高槻市役所 総合センター
      電話 072-674-7700
るんるん対象るんるん 絵本の好きな一般市民
るんるん定員るんるん 150名(申込順)
るんるん参加費るんるん 1,000円
るんるん申込方法るんるん 10月3日(月)〜11月15日(火)、電話、メールで空とぶアヒルへ
るんるん申込先るんるん 太田博美 070-5041-3357
       辻美帆子 miho-10.14@ymobile.ne.jp
るんるん主催るんるん 空とぶアヒル
るんるん後援るんるん 高槻市教育委員会
夢のだじゃれ競演 @ 『だじゃれむかしむかし』刊行記念 長谷川義史絵本ライブ [2022年10月27日(Thu)]
10月30日(日)、丸善ジュンク堂書店オンラインイベント『だじゃれむかしむかし』刊行記念 長谷川義史絵本ライブ「夢のだじゃれ競演」が、ハイブリッド開催されますぴかぴか(新しい)

4797E5A3-CE41-4530-B2B1-62EED1C3477A.jpeg

シリーズ累計35万部突破!長谷川義史のだじゃれシリーズ最新刊『だじゃれむかしむかし』(長谷川義史 /作 理論社)が遂に発売!「むかし むかし」で始まるお話のタイトルで、見開きごとにダジャレを楽しみます。浦島太郎×赤ずきんちゃん、こぶとりじいさん×花咲かじいさんなどなど、夢のだじゃれ競演。登場人物が、物語からちょっとぬけだして、笑いを届けます。
刊行を記念し、長谷川義史さんの絵本ライブを開催いたします。お子さまから大人の方まで楽しめるイベントです。みんなが幸せであってほしい平和と笑いを届けるだじゃれえほんご堪能ください!是非ご参加おまちしております。
*店舗での参加のお客様にはイベント終了後にサイン会にご参加いただけます。

https://online.maruzenjunkudo.co.jp/products/j70065-221030


るんるん日時るんるん 2022年10月30日(日)15:00〜16:00
るんるん場所るんるん MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 7F Salon de 7 
      〒530-0013 大阪市北区茶屋町7-20 チャスカ茶屋町 7階

るんるんチケットるんるん 
かわいい来店チケット+書籍付き 2,310円
  ※30分前開場
  ※オンライン視聴用URLもダウンロード可
  ※イベント後にサイン会を予定
  ※小学生未満1名までは同伴可。年齢にかかわらず2名以上は同伴不可。小学生未満2名の同伴を希望の場合は参加券を2枚購入のこと
かわいい視聴チケット 770円
かわいい書籍付き視聴チケット 2,090円
  ※書籍発送日:2022年10月5日より順次。
  ※発送から手元に届くまで一週間程度かかる
  ※書籍送料:370円
かわいいサイン本付き視聴チケット 2,090円

るんるんチケット販売期間るんるん 2022年10月1日(土)10:00〜2022年10月30日(日)14:00
るんるん申込先るんるん https://online.maruzenjunkudo.co.jp/products/j70065-221030?variant=41833499164858 


かわいい長谷川義史(はせがわ・よしふみ)かわいい
1961年大阪府藤井寺市生まれ。グラフィックデザイナーからイラストレーターを経て、現在絵本作家として活躍中。作品に『おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん』(BL出版)『だじゃれ世界一周』(理論社)『おおにしせんせい』(講談社)など多数。『おたまさんのおかいさん』(解放出版社)で第34回講談社出版文化賞絵本賞受賞。『おへそのあな』(BL出版)で第17回けんぶち絵本の里大賞、『いいからいいから3』(絵本館)で第19回けんぶち絵本の里大賞を受賞。『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)で、第13回日本絵本賞、第57回小学館児童出版文化賞を受賞。『あめだま』(ペク・ヒナ作)で第24回日本絵本賞翻訳絵本賞受賞。絵本作家として第2回やなせたかし文化賞受賞。『だじゃれ日本一周』(理論社)が第3回MOE絵本屋さん大賞第3位、『へいわってすてきだね』(ブロンズ新社)が第7回MOE絵本屋さん大賞第1位に。
絵本作家 長谷川義史 絵本ライブ @ 宇治市文化センター [2022年10月12日(Wed)]
11月13日(日)、宇治市文化センターで、「絵本作家 長谷川義史 絵本ライブ」が開催されますぴかぴか(新しい)

0709C365-5231-4E54-B97F-B5E4A9D1CF4B.jpeg

絵本読み聞かせや即興の描画で作る紙芝居、ウクレレ演奏など 小さいお子さんから大人まで家族で楽しめる絵本ライブ!
公演後は絵本の販売会・サイン会を行います♪


るんるん日時るんるん 11月13日(日) 13:30開場 14:00開演
るんるん場所るんるん 宇治市文化センター 小ホール
       京都府宇治市折居台1ー1
るんるんチケット料金るんるん 大人800円 子供(中学生以下)500円 2歳以下膝上無料(席が必要な場合は有料)
るんるん問合るんるん 宇治市文化センター  電話 0774-39-9333
るんるん主催るんるん 宇治市文化会館 指定管理者アクティオ株式会社
長谷川義史さん講演会 『絵本でこどもたちにつたえたいこと』 @ 海南nobinos [2022年10月11日(Tue)]
10月22日(土)、海南nobinosで、長谷川義史さん講演会 『絵本でこどもたちにつたえたいこと』が開催されますぴかぴか(新しい)

4F6F0131-C970-4F81-AD1D-742F3DE1B9EE.jpeg

海南nobinosに絵本作家の長谷川義史さんがご来館!
長谷川先生による絵本の読み聞かせやウクレレの演奏、ライブペインティングなどを行います。


るんるん日時るんるん 2022年10月22日(土)13:00〜14時30 (12:15 開場・受付開始)
るんるん場所るんるん 海南nobinos 2F ノビノスホール
      〒642-0002 和歌山県海南市日方1525-6
      電話 073-483-8739
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん募集人数るんるん 100名(先着順)
るんるん募集期間るんるん 9月23日(金)9:00〜 10月16日(日)21:00
るんるん申込るんるん 海南nobinosホームページ https://kainan-nobinos.jp/archives/1490 
    予約システム https://reserva.be/nobinos/
 ※予約は、一人ずつ。
 ※予約内容確認のため、海南nobinosから電話をする場合あり。
 ※予約受付メールからのキャンセルは「イベント開催日の前々日」。それ以降のキャンセルは海南nobinosに連絡。
るんるん主催るんるん 海南nobinos
絵本ワールド in ひょうご2022 [2022年10月08日(Sat)]
今日10月8日(土)、絵本ワールド in ひょうご2022が開催されますぴかぴか(新しい)

5100E564-C033-4B06-87AE-91BD7BC00D2F.jpeg DCBD5273-C5C3-4042-801E-28CB37B18918.jpeg

「絵本ワールド2022 in ひょうご」を、3年の時を経て 今秋開催!
楽しいワークショップが盛りだくさん!
山本孝先生と青山友美先生のサイン会も開催!(13:00〜)
おしりたんていや、ぞうのエルマーもやってくるよ!一緒に写真を撮ろう虹
みんな、くるんだぞう象


るんるん日 時るんるん 2022年10月8日(土)10:00〜16:30
るんるん場 所るんるん 須磨寺 青葉殿講堂
       〒654-0071 神戸市須磨区須磨寺町4-6-8
        山陽電鉄「須磨寺駅」下車、北へ徒歩5分
        JR「須磨駅」下車、北へ徒歩12分
        神戸市バス「天神下」下車、北へ12分

るんるんイベントるんるん

かわいい山本孝先生&青山友美先生のサイン会
 るんるん時間 13:00〜

かわいい原画展 山本孝『おばけのきもだめし』
(内田麟太郎/文 岩崎書店 2014)
F7FA1A73-4E5E-4B78-8C60-B32440492F9A.jpeg

かわいい原画展 かなざわまゆこ『さすらいのルーロット』
(出版ワークス 2020)
BDFE97AD-02D2-4ECA-851B-9CE91341831F.jpeg

かわいいくらのうさとこ先生の身近な紙で折方
 るんるん材料費 200円

かわいい絵本カバーで作るエコバッグ
 用意してある絵本のカバーでエコバッグを作ろう!

かわいい作ってみようクラフトブック
 どうぶつ、しょくぶつ、こんちゅう、きょうりゅうなど楽しく簡単にできる紙工作

かわいい手作りスクイーズ
 ぎゅーっと握っても、不思議ともとにもどる新感覚グッズ
 いろんなものを手作りしよう!

 
かわいい缶バッチを作ろう!
 るんるん材料費 100円

かわいいありの観察会
 須磨寺さんでアリを採集して、アリを観察しよう

かわいい自分だけの「ぞうのエルマー」
 今年4月に亡くなられた「ぞうのエルマー」の著者デービッド・マッキーさん。
 みんなだけのぞうのエルマーをぬろう!


かわいい読み聞かせコーナー♪
 るんるん時間 11:30〜 13:30〜 14:30〜 15:30〜

ほかにも、かみしばい・さがし絵なども楽しめる!

同時開催
かわいい絵本テラピー
絵本が人の心と心をつなぐ架け橋であるという、絵本の力を借りて、絵本セラピーワークショップをお寺で開催するのが「えほん寺ピー」
 るんるん時間 10:00〜12:15
 るんるん前日20:00までに要申込

るんるん対 象るんるん どなたでも(事前申込不要)
るんるん入場料るんるん 無料
るんるん問 合るんるん 絵本ワールドinひょうご2022実行委員会事務局(三和書房内)
       電話 06-6413-1112
るんるん主 催るんるん 兵庫県書店商業組合


かわいい最寄りのJR須磨海岸ではファーマーズマーケットも開催中!
神戸市内を中心に、毎回いろんな農家さんやお店が参加!
土曜日の朝は神戸のまちなかで、ローカルの旬を楽しみませんか?
地産地消を体感する朝ごはんも好評です。

 るんるん時間 9:30~13:00
 https://eatlocalkobe.org/farmers-market/
池澤夏樹 × 黒田征太郎 トークイベント @ 絵本『旅のネコと神社のクスノキ』刊行記念 [2022年08月02日(Tue)]
8月5日(金)、絵本『旅のネコと神社のクスノキ』刊行記念「池澤夏樹 × 黒田征太郎 トークイベント」がハイブリット開催されますぴかぴか(新しい)

池澤夏樹×黒田征太郎トークイベント.jfif

池澤夏樹と黒田征太郎。日本を代表する2人の作家が広島市に残る被爆建物「旧広島陸軍被服支廠」をテーマに戦争と平和を伝える絵本を作りました。本書の刊行を記念しご両名によるトークイベントを開催いたします。絵本が生まれた背景と2人が語る戦争と平和とは。ご期待ください。

るんるん日時るんるん 2022年8月5日(金)19:00〜20:30

るんるん会場るんるん MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店 7F Salon de 7(※30分前開場)
      〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町7-20 電話 06-6292-7383
  ※会場への来店希望の場合「来店チケット」をご購入

るんるんオンライン視聴るんるん
  ※イベント開始の10分前より入室可能
  ※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴可能

るんるんチケットるんるん
 視聴チケット(オンラインセミナー視聴のみ} 1,100円 
 書籍付き視聴チケット(オンラインセミナーの視聴+池澤夏樹さん黒田征太郎さん共著『旅のネコと神社のクスノキ』(スイッチ・パブリッシング)を1冊)2,640円
 来店チケット+書籍(イベント来店者用チケット。『旅のネコと神社のクスノキ』(スイッチ・パブリッシング)を1冊、イベント当日に会場にて渡す)2,970円

るんるん購入先るんるん
https://online.maruzenjunkudo.co.jp/collections/j70065-220805?fbclid=IwAR1gxJgobVRO-HyRkuobikf67sMDGM-uQGxThcdcfI1-qYOpnPDncKUhAoA より購入


『旅のネコと神社のクスノキ』
(池澤夏樹・黒田征太郎/共著 スイッチパブリッシング 2022.8
旅のネコと神社のクスノキ.jpg


かわいい池澤夏樹(いけざわ なつき)かわいい
1945年北海道帯広市生まれ。詩人、小説家、翻訳家。1988年『スティル・ライフ』で芥川賞、1992(平成4)年『母なる自然のおっぱい』で読売文学賞、2021年フランス芸術文化勲章「オフィシエ」など受賞多数。そのほかの代表作に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』、『氷山の南』など。インタビューや寄稿、翻訳活動などを通じて、戦争や平和、原発問題など現代社会が抱えるさまざまな問題を一人ひとりが考えるきっかけを提供し続けている。

かわいい黒田征太郎(くろだ せいたろう)かわいい
1939年大阪府大阪市生まれ。画家、イラストレーター。出生後、兵庫県西宮市に移る。1945年の神戸市空襲から帰還途中のB29の爆弾で自宅が被災し、滋賀に疎開。1961年に早川良雄デザイン事務所勤務を経て、1966年渡米。帰国後の1969年に親友の長友啓典とケイツー(K2)を設立する。ライブペインティングやホスピタルアートをライフワークとする。野坂昭如の『戦争童話集』 に絵をつける「忘れてはイケナイ物語り」プロジェクトや核兵器廃絶を訴える「ピカドンプロジェクト」など平和に関する活動も積極的に行う。
那須さん、カムバーック!〜広島に原爆が落とされた日に〜 @ 児童文学作家 那須正幹さん 没後1周年記念 [2022年07月09日(Sat)]
8月6日(土)、KDDI維新ホールで、児童文学作家 那須正幹さん 没後1周年記念「那須さん、カムバーック!〜広島に原爆が落とされた日に〜」が開催されますぴかぴか(新しい)

那須さん、カムバック2 食事会あり2.PNG

るんるん日 時るんるん 2022年8月6日(土)14:00〜16:00
るんるん会 場るんるん KDDI維新ホール 会議室201 A
       JR新山口駅北口側  電話 083-902-6727
るんるん特別ゲストるんるん 西村繁男(絵本作家)
るんるんゲストるんるん 村中李衣(児童文学作家)、横山眞佐子(こどもの広場)
るんるん進行役るんるん 山本安彦(山口県子ども文庫連絡会)
るんるん定 員るんるん 50人(先着順・要申込)
るんるん会 費るんるん 1000円
るんるん申 込るんるん 電話 083-232-7956(こどもの広場)、phone to 090-2008-9467(山本)
るんるん主 催るんるん 山口県子ども文庫連絡会・こどもの広場
るんるん後 援るんるん こどもと本ジョイントネット21・山口


それいけズッコケ三人組.jpg
▲『それいけズッコケ三人組』(前川かずお/絵 ポプラ社 1978.2)

ぼくらの地図旅行.jpg
▲『ぼくらの地図旅行』(西村繁男/絵 福音館書店 1989.1)

絵で読む広島の原爆.jpg
▲『絵で読む広島の原爆』(西村繁男/絵 福音館書店 1995.3)




かわいい那須美佐子夫人・西村繁男さんを囲む会かわいい

るんるん日時るんるん 2022年8月6日(土)17:00〜
るんるん会場るんるん 目利きの銀次・新山口新幹線口駅前店 電話 083-972-2188
るんるん定員るんるん 20人(先着順・要申込)
るんるん会費るんるん 4000円
るんるん申込るんるん 電話 083-232-7956(こどもの広場)、phone to 090-2008-9467(山本)



かわいい西村繁男さんプロフィールかわいい
高知市生まれ。絵本作家。主な作品に『やこうれっしゃ』『おふろやさん』『絵で見る日本の歴史』(絵本にっぽん賞受賞)『ぼくらの地図旅行』(絵本にっぽん賞受賞)『絵で読む広島の原爆』(産経児童出版文化賞受賞)など多数。
絵本表現の「いま」と「むかし」 @ JBBY国際アンデルセン賞と世界の子どもの本講座 2022 @ [2022年06月28日(Tue)]
7月17日(日)、JBBY国際アンデルセン賞と世界の子どもの本講座 2022 @「絵本表現の「いま」と「むかし」」が対面とオンラインのハイブリッド開催されますぴかぴか(新しい)

JBBY2022@ 絵本表現の「いま」と「むかし」.jpeg

絵本は、十数枚の紙が綴じられたモノであり、さまざまな要素がひとつになった表現媒体です。近刊『日本の絵本 100年100人100冊』で紹介している作品を中心に、20世紀初頭から現在までの「今」と「昔」の絵本をテーマにそって取り上げながら、いろいろな角度から見ていきます。先達が築いてきたこれまでの絵本表現を振り返りつつ、これからの絵本の可能性についてもいっしょに考えてみましょう。

るんるん日 時るんるん 2022年7月17日(日)14:00〜16:00
るんるん会 場るんるん @オンライン と A対面の両方で開催

@ オンライン(Zoom)
 当日は、Peatixにログインのうえ、視聴ページから
 15分前に「イベントに参加」ボタンが有効になる

A 対面:出版クラブビル4階会議室(東京都千代田区神田神保町1-32)
 https://shuppan-club-hall.jp/access
 20分前から受付を開始

るんるん講 師るんるん 広松由希子(絵本の評論、文、翻訳、展示企画)
るんるん参加費るんるん 1,100円
るんるん参加申込るんるん https://jbbyonline023.peatix.com/?fbclid=IwAR36Dugh0WkEP0pSf85MEyM9_k0j3FOcbYc6qrg5JMlPNUAYvjrFLAE7l-A


かわいい広松由希子かわいい
編集者、文庫主宰、ちひろ美術館学芸部長を経てフリーに。絵本の文、評論、翻訳、展示企画などを手がける。ボローニャ国際絵本原画展、ブラチスラバ世界絵本原画展(BIB)などの国際審査員を歴任。朝日新聞「子どもの本棚」や月刊「MOE」などで絵本記事を連載中。立教大学、武蔵野大学など兼任講師。83gocco共同主宰。JBBY副会長。
主な編著書に『日本の絵本 100年100人100冊』(玉川大学出版部)『茂田井武美術館 記憶ノカケラ』(玄光社)『瀬川康男画集 生きとし生けるもの』(講談社)、絵本の文に『おかえりたまご』(アリス館)『おめでとう』(講談社)「いまむかしえほん」シリーズ(全11冊、 岩崎書店)、翻訳に『ナイチンゲールのうた』(BL出版)『うるさく、しずかに、ひそひそと』(河出書房新社)『ヒキガエルがいく』(共訳、岩波書店)などがある。

『日本の絵本 100年100人100冊』
(広松由希子/著 玉川大学出版部 2021.12)
日本の絵本 100年100人100冊.jpg
日本の絵本 これまでとこれから @ 『日本の絵本 100年100人100冊 』広松由希子さんトークイベント・サイン会 [2022年06月03日(Fri)]
6月18日(土)、『日本の絵本 100年100人100冊』の著者 広松由希子さんトークイベント「日本の絵本 これまでとこれから」が会場参加・オンラインで開催されますぴかぴか(新しい)

日本の絵本これまでとこれから.PNG

昨年12月に刊行された『日本の絵本 100年100人100冊』(玉川大学出版部)の著者 広松由希子さんをお招きしトークイベントを開催します。
絵本大国、日本。毎年1000冊以上の新刊が出版される中、何十年と長く読み継がれ売れ続けてきた絵本もあります。
その日本で100年間に出版された100冊の絵本と100人の画家を選び、紹介された『日本の絵本 100年100人100冊』。
今回のトークイベントでは、著者の広松由希子さんに『日本の絵本 100年100人100冊』が誕生したきっかけをはじめ、日本の絵本の歴史とこれからのお話をお伺いします。
トークイベント終了後はサイン会を実施します。


るんるん日時るんるん 2022年6月18日(土)15:30〜16:30 受付 15:45〜 ・終了後サイン会
るんるん場所るんるん
@会場参加:奈良 蔦屋書店 1F 天平サロン
       奈良市三条大路1-691-1
Aオンライン参加

るんるん定員るんるん
@会場参加:20名 
Aオンライン参加:30名(書籍付き) 

るんるん参加費るんるん
@会場参加【イベント参加券】:1000円(税込)
A会場参加【イベント参加券+書籍】:8200円(税込)
      (内訳:参加券500円 + 書籍7700円)※書籍は会場渡し
  ※会場参加の方は、当日受付で申込時の受付メールを提示
Bオンライン参加(zoom)【イベント参加券】:1000円(税込)
Cオンライン参加(zoom)【イベント参加券 + 書籍(サイン本)】:8200円(税込)
      (内訳:参加券500円 + 書籍7700円 + 送料無料)
       ※サイン付きのため発送はイベント終了後

るんるん申込締切るんるん 2022年6月16日12:00まで
るんるん申込方法るんるん Peatixにて事前予約が必要
  次のリンクより申込 https://peatix.com/event/3251844/view


『日本の絵本 100年100人100冊』
(広松由希子/著 玉川大学出版部 2021.12)
日本の絵本 100年100人100冊.jpg
サイズ A4判 224ページ
値 段 7700円(税込)



かわいい 広松由希子さんプロフィールかわいい  
編集者、文庫主宰、ちひろ美術館学芸部長を経てフリーランスとなり、絵本の文、評論、翻訳、展示企画、新聞・雑誌で絵本の記事執筆などを手がけている。ボローニャ国際絵本原画展、ブラチスラバ世界絵本原画展(BIB)などの国際審査員を歴任。立教大学、武蔵野大学、横浜美術大学講師。JBBY副会長。著書に『きょうの絵本、あしたの絵本』(文化出版局)など、絵本の作家として『おかえりたまご』(アリス館)『おめでとう』(講談社)など、絵本翻訳に『ナイチンゲールのうた』(BL出版)『うるさく、しずかに、ひそひそと』(河出書房新社)など。2020年より新宿区市ヶ谷で絵本の読めるそうざい屋83goccoを共同主宰。
「スージー・リー See You Someday Soon 〜アンデルセン賞によせて、絵を通して息づく物語」「葉祥明・絵本が育む心の世界」「長谷川義史+あおきひろえ 夫婦トークほほほ絵本」 @ 第25回絵本学会大会「共生の時代と絵本のゆくえ」 [2022年05月31日(Tue)]
6月11日(土)・12日(日)、第25回絵本学会大会「共生の時代と絵本のゆくえ」がオンラインで開催されますぴかぴか(新しい)

第25回絵本会大会.PNG 第25回絵本会大会 裏.PNG

るんるん期日るんるん 2022年6月11日(土)・12日(日)
るんるん会場るんるん 小田原短期大学
      〒250-0045 神奈川県小田原市城山4-5-1
      ※オンライン開催のため、会場へ集まる必要はない

るんるん大会テーマるんるん
「共生の時代と絵本のゆくえ」
新型コロナウィルスの蔓延や環境汚染、自然災害の頻発、国家間の感情的な対立や難民問題、貧富の差など、私たち人類は歴史上かつてなかったような地球規模の課題を抱えています。本大会では、そのような時代を見据えつつ、絵本を通して私たちにできることを考えてみたいと思います。


るんるんプログラムるんるん
○第1日目 6月11日(土)
かわいい13:00 〜 開会式
挨拶「第25回絵本学会大会を迎えて」 藤本朝巳(絵本学会会長)

かわいい13:10〜 基調講演 スージー・リー
「See You Someday Soon 〜アンデルセン賞によせて、絵を通して息づく物語」
(オンデマンド配信:11日、この時間以降に限り、随時視聴可能)

かわいい14:30〜 研究発表(A・B)
かわいい16:00〜 総会

○第2日目 6月12日(日)
かわいい10:00〜 絵本学会25周年記念企画
「葉祥明・絵本が育む心の世界」
(オンデマンド配信:この時間以降、6月19日まで随時視聴可能)

かわいい10:00〜 研究発表(C・D)
かわいい13:00〜 作品発表

かわいい14:30〜 ラウンドテーブル
「長谷川義史+あおきひろえ 夫婦(めおと)トークほほほ絵本」
  (ライブ配信:この時間に限り視聴)
  話題提供:長谷川義史(絵本作家)・あおきひろえ(絵本作家)
  コーディネーター:尹惠貞(一橋大学大学院博士研究員)・赤羽尚美(小田原短期大学)

かわいい16:00〜 閉会式(状況により時間が変わることがあり)


るんるん参加費るんるん 会員・準会員(院生など)1000円、一般1500円、学生500円
      ※1日の参加でも2日間の参加でも、費用は同じ

るんるん申込方法るんるん https://ehon25.peatix.com の申込フォームで

るんるん申込締切るんるん 2022年6月5日(日) ※好評につき申込締切を延長
  ※申込フォームから申込と支払が可能
  ※また申込フォームには「総会の委任状」の項目もあり
  ※詳細は同封の大会案内チラシ
  ※申込の方には、後日、大会プログラムを配信

るんるん問合先るんるん 第25回絵本学会大会実行委員会事務局
  mail toehongakkai25@gmail.com
  馬見塚 昭久(小田原短期大学)
るんるん主催るんるん 絵本学会
石川えりこさんを囲む会 〜ランチ&朗読&お話会〜 [2022年05月07日(Sat)]
前回の続き

5月17日(火)、ブックハウスカフェのギャラリーガリバーで、「石川えりこさんを囲む会 〜ランチ&朗読&お話会〜」が開催されますぴかぴか(新しい)

ほんやねこ.png
▲『ほんやねこ』(石川えりこ/作 講談社 2021.10)

ブックハウスカフェ左奥のギャラリーガリバーで開催中の『ほんやねこ』原画展の最終日の5月17日(火)、著者の石川えりこさんを囲んでランチやお茶をいただき、作品紹介・作者や参加者と交流を楽しみましょう!

るんるん日時るんるん 2022年5月17日(火)12:30〜16:00
    ・ランチ 12:30〜14:00  (都合の良い時間に)
    ・朗読&お話会 14:00〜16:00
    ※ランチ・朗読会、どちらかだけの参加でもOK♪

るんるん場所るんるん ブックハウスカフェ ガリバー(左奥ギャラリー)
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2丁目5−3 北沢ビル 1階
 電話 03-6261-6177
  https://bookhousecafe.jp/#top-access

るんるんプログラムるんるん
12:30〜14:00 石川えりこさんを囲んで、ランチ(お茶)会

14:00〜 絵本ハープ朗読会
 石川えりこさんの作品を数冊紹介
 作者との交流会(創作エピソードや質疑応答など)

15:30〜 「チョコレートひとつ」(未公開作品紹介)
 中国国内で課題図書に選定され、様々な部門で賞をいただいています。
 出版までの道程や中国国内での反響など、興味深いお話を伺います。


チョコレートひとつ.png
▲『一块巧克力』

るんるん参加費るんるん
 ・飲食代実費
 ・朗読&お話会・・1,000円

るんるん予約るんるん 朗読&お話会のみ、以下のURLから、事前申し込み
 https://bookhousecafe.stores.jp/items/626b96f88d26fa63d05266b2
 ※ランチ(お茶)は、予約不要。直接ガリバーに(12:30〜14:00の間に)


かわいい石川えりこかわいい
1955年、福岡県生まれ。神奈川県横浜市在住。広告代理店でデザイナーを経てフリーのイラストレーターへ。絵本・児童書挿絵をはじめ、書籍装画、雑誌・広告など多方面で活躍中。
幼少期の体験をもとに描いた『ボタ山であそんだころ』(福音館書店)で第46回(2015)講談社文化賞絵本賞及び2017年に台湾Openbook最佳童賞受賞。『あららのはたけ』(村中季/文 偕成社 2019)で第35回坪田譲治文学賞受賞。『こくん』(村中季衣/文 童心社 2019)で2021年IBBYバリアフリー児童図書選定、第7回JBBY賞・バリアフリー図書部門受賞。
著書は他に『あひる』(くもん出版)、『てんきのいい日はつくしとり』『ことしのセーター』(以上福音館書店)、『またおこられてん』(小西貴士/文 童心社)、『しぶがき ほしがき あまいかき』(福音館書店)、『流木のいえ』(小学館)、『かんけり』(アリス館)、『おれ、よびだしになる』(中川ひろたか/文 アリス館 2019.12)、『とどけ、サルハシ!』(葦原かも/文 小峰書店)、「うさぎとハリネズミ」(はらまさかず/文 ひだまり舎)、『ほんやねこ』(講談社 2021.10)などがある。読売新聞連載小説「ばあさんは15歳」(阿川佐和子/文)の絵を担当、中央公論新社より書籍化された。
〈有田川ライブラリー〉スペシャル対談イベント「おれ、よびだしになる」 & 石川えりこライブペインティング [2022年05月04日(Wed)]
5月5日(木)、絵本のまち 有田川で、〈有田川ライブラリー〉スペシャル対談イベント「おれ、よびだしになる」「石川えりこライブペインティング」が同時開催されますぴかぴか(新しい)

有田川ライブラリー スペシャル対談 おれ、よびだしになる.jpg

〈有田川ライブラリー〉
かわいいスペシャル対談イベント「おれ、よびだしになる」

るんるん日 時るんるん 2022年5月5日(木)10:30〜
るんるん場 所るんるん 有田川町地域交流センター(ALEC)多目的ステージ
       〒643-0021 和歌山県有田郡有田川町下津野704
るんるん駐車場るんるん 有(70台、障害者用3台、無料)
るんるん出 演るんるん 中川ひろたか(シンガーソング絵本ライター)、石川えりこ(絵本作家)
るんるん対 象るんるん 一般
るんるん定 員るんるん 50名  
るんるん応募方法るんるん 下記のURLより申込
  https://logoform.jp/form/aJfk/79965
るんるん応募期間るんるん 2020年3月30日(水) 〜好評につき期間を延長
  ※応募者多数の場合は抽選
  ※当選者にイベント前日までに参加証メールを送信


かわいい石川えりこライブペインティング

るんるん日 時るんるん 2022年5月5日(木)13:00〜16:00
るんるん場 所るんるん 有田川町地域交流センター(ALEC)水の公園
るんるん申 込るんるん 不要

るんるん主催るんるん 有田川町教育委員会
るんるん後援るんるん 有田南ロータリークラブ


『おれ、よびだしになる』
(中川ひろたか/文 石川えりこ/絵 アリス館 2019.12)
おれ、よびだしになる.jpg おれ、よびだしになる 裏.jpg


かわいい中川ひろたかかわいい
1954年、埼玉県生まれ。シンガーソング絵本ライター。大学を中退し日本で初めての保育士として5年間保育園に勤務。1987年、みんなのバンド「トラや帽子店」のリーダーとして活躍、コンサート活動のほか、子どものための遊び歌などを多数発表。1995年、『さつまのおいも』(童心社)で絵本デビュー。『ないた』(長新太/絵 金の星社 2004.9)で日本絵本賞大賞受賞。
歌に『みんなともだち』『世界中のこどもたちが』『にじ』など、およそ2600曲。
絵本に「ピーマン村」シリーズ(童心社)の他、「だじゃれ」シリーズ(絵本館)、「おたんじょう月おめでとう」シリーズ(自由国民社)、『いのちのたべもの』(加藤休ミ/絵 おむすび舎 2017.4)など、およそ275冊出版。
2019年、バンド「ヒネるズ」結成。2020年、YouTube「見えるラジオ」開始。


かわいい石川えりこかわいい
1955年、福岡県生まれ。神奈川県横浜市在住。広告代理店でデザイナーを経てフリーのイラストレーターへ。絵本・児童書挿絵をはじめ、書籍装画、雑誌・広告など多方面で活躍中。
幼少期の体験をもとに描いた『ボタ山であそんだころ』(福音館書店)で第46回(2015)講談社文化賞絵本賞及び2017年に台湾Openbook最佳童賞受賞。『あららのはたけ』(村中季/文 偕成社 2019)で第35回坪田譲治文学賞受賞。『こくん』(村中季衣/文 童心社 2019)で2021年IBBYバリアフリー児童図書選定、第7回JBBY賞・バリアフリー図書部門受賞。
著書は他に『あひる』(くもん出版)、『てんきのいい日はつくしとり』『ことしのセーター』(以上福音館書店)、『またおこられてん』(小西貴士/文 童心社)、『しぶがき ほしがき あまいかき』(福音館書店)、『流木のいえ』(小学館)、『かんけり』(アリス館)、『おれ、よびだしになる』(中川ひろたか/文 アリス館 2019.12)、『とどけ、サルハシ!』(葦原かも/文 小峰書店)、「うさぎとハリネズミ」(はらまさかず/文 ひだまり舎)、『ほんやねこ』(講談社 2021.10)などがある。読売新聞連載小説「ばあさんは15歳」(阿川佐和子/文)の絵を担当、中央公論新社より書籍化された。
| 次へ