• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
東大寺サミット2022 in 山口 〜時を超え未来へつなぐ先人の偉業〜 @ 山口市徳地文化ホール [2023年01月22日(Sun)]
今日1月22日(日)、山口市徳地文化ホールで、「東大寺サミット2022 in 山口 〜時を超え未来へつなぐ先人の偉業〜」が開催されますぴかぴか(新しい)

1EE3898D-DA8C-41BC-8BEC-40DED036F70F.jpeg DF2EBD98-C343-49BB-A848-3395A7BEF07B.jpeg

東大寺の造営や再建等で歴史的に関係の深い市町村が集い、構成市町村の友好と連携を深めるとともに、郷土の歴史と文化遺産を保護または活用した魅力ある個性豊かな地域づくりをすすめることを目的として「東大寺サミット2022 in 山口 〜時を超え未来へつなぐ先人の偉業〜」を開催します。

るんるん日時るんるん 2023年1月22日(日)9:30〜(開場:9:00)
るんるん場所るんるん 山口市徳地文化ホール(山口市徳地堀1527番地3)
るんるんスケジュールるんるん
 9:30〜 歓迎アトラクション
   重源太鼓(八坂小学校 児童)
   重源上人紙芝居(徳地中学校 生徒)
 10:15〜 セレモニー
 10:45〜 記念講演「重源上人の偉業を現在に伝える」
   講師 橋村公英(東大寺別当)
 11:25〜 シンポジウム「重源上人を語る」
   シンポジスト
      橋村公英(東大寺別当)
      松尾定俊(法光寺住職)
      吉松桂二(徳地史談会会員)
 12:15  閉会
るんるん入場料るんるん 無料
るんるん主催るんるん 東大寺建立にかかわった市町村サミット実行委員会
冬の工作企画「まちをつくろう!」 @ 山口情報芸術センター [2023年01月17日(Tue)]
2月11日(土・祝) ・12日(日)、山口情報芸術センターで、冬の工作企画「まちをつくろう!」が開催されますぴかぴか(新しい)

9CD31004-FAEB-4930-80AA-2231262569A1.jpeg B01CDBE2-E29A-4B4A-89F6-AC2CAB6766C7.jpeg

たかくのびる、ふしぎなまち。
このまちには、どんなひとやいきものがすんでる?
どんなおうちで、なにしてくらしてる?
まちには、いろんなくらしがうまれてる。
まちの物語をつくってね。


るんるん日にちるんるん 2023年2月11日(土・祝) ・12日(日) 
るんるん会場るんるん 山口情報芸術センター[YCAM]1階 コミュニティスペース

かわいい「たてものをつくろう!」※75分程度
どんなたてものをつくろう? どんなおうち? どんなお店? どんな工場?
段ボールなどをつかって、楽しいたてものをつくろう!

  2月11日(土・祝) @10:30 A13:00 B14:30
    12日(日) C10:30 D13:00

かわいい「くらしを工作しよう!」※90分程度
まちのくらしがはじまった。空き箱などをつかって、車や電車を走らせたり?
木を植えたり?…楽しいくらしを工作しよう。

  2月12日(日) ★14:30

るんるん講師るんるん 倉田美絵・佐々木範子
るんるん対象るんるん 高校生以下(小学3年生以下は保護者同伴)
るんるん定員るんるん 各回5家族(要申込・先着順)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん持参物るんるん
   ※空き箱(紙素材ならなんでもOK)をご持参ください。
   ※汚れてもいい服装でお越しください。
るんるん申込先るんるん https://www.ycfcp.or.jp/event_item.php?page=376 の申込フォーム
るんるん主催るんるん 公益財団法人山口市文化振興財団
   〒753-0075 山口市中園町7-7(山口情報芸術センター内)
   電話 083-901-2222  
   https://www.ycfcp.or.jp
るんるん後援るんるん 山口市、山口市数育委員会
ひろしまから生まれる音楽物語 〜お気軽昼コンサート〜 @ 広島市東区民文化センター  [2023年01月05日(Thu)]
2023年1月8日(日)、広島市東区民文化センター・ホール で、「ひろしまから生まれる音楽物語」が開催されますぴかぴか(新しい)

883024CF-3965-4E7F-BA1E-DC7D809F99CB.jpeg 66116 (2).jpg

広島にゆかりがある作家と作曲家による音楽物語をお届けします。これまで開催し、大きな反響があったアニメ「ちびまる子ちゃん」音楽物語や絵本「ドームがたり」をブラッシュアップし再演いたします。
新作として、詩人のアーサー・ビナードが創作する「みらいきらい」〜いわさきちひろと見つめる今〜に作曲家の中村暢之が音楽で彩を添えます。
アニメ、文学、音楽と映像のコラボレーションコンサート「ひろしまから生まれる音楽物語」をお楽しみください。


るんるん日時るんるん 2023年1月8日(日) 開場13時45分 開演14時30分
るんるん会場るんるん 広島市東区民文化センター・ホール  

るんるんプログラムるんるん

第1部 暮らしの物語

かわいいアニメ「ちびまる子ちゃん音楽物語」
原作/さくらももこ 集英社「りぼんマスコットコミックス」
脚本/熊谷那美
作曲・指揮/中村暢之
編曲/坪北紗綾香
まるこ(録音)/TARAKO 
ナレーション(録音) /キートン山田
選曲/本田保則
演奏/木村紗綾・宮崎真理子(ヴァイオリン)、松本麗(ヴィオラ)、向井真帆(チェロ)、守谷みさき(コントラバス)、大林恵美(フルート)、実重華奈(クラリネット)、土井嘉音(オーボエ)、福原恭平(トロンボーン)、重野友歌(ピアノ)、池上栄子(パーカッション)

かわいい「みらい きらい」
〜いわさき ちひろと見つめる今〜

詩・語り/アーサー・ビナード 
絵/いわさきちひろ
作曲・指揮/中村暢之
演奏/藤田真弓(ソプラノ)、木村紗綾・宮崎真理子(ヴァイオリン)、松本麗(ヴィオラ)、向井真帆(チェロ)、守谷みさき(コントラバス)、大林恵美(フルート)、実重華奈(クラリネット)、土井嘉音(オーボエ)、重野友歌(ピアノ)、池上栄子(パーカッション)

第2部 ヒロシマの物語

かわいい「おばあちゃんの詩」
〜児童文学作家 那須正幹が遺したヒロシマへのメッセージ〜

作/那須正幹
画/井上朝美
作曲/陣内一真 
朗読/アーサー・ビナード
演奏/実重華奈(クラリネット)、銅銀久弥(チェロ)、吉見友貴(ピアノ)

かわいい「兄ちゃん」と「ぼく」
原作/那須正幹
詩/アーサー・ビナード
画/井上朝美
作曲/坪北紗綾香
演奏/藤田真弓(ソプラノ)、溝辺恭子(ピアノ)

かわいい紙芝居「ちっちゃい こえ」
脚本・語り/アーサー・ビナード
絵/丸木俊、丸木位里「原爆の図」より
作曲/中村暢之
演奏/長原幸太(ヴァイオリン)、銅銀久弥(チェロ)、吉見友貴(ピアノ)

■ 紙芝居『ちっちゃい こえ』 
  (アーサー・ビナード/脚本 丸木俊・丸木位里/絵「原爆の図」より 童心社)
ちっちゃいこえ.jpg

7年を費やし完成した、どこにでもありそうで、なかった紙芝居。
体の中にあるいのちの源のかすかなこえに耳をすます。
ネコが語ります。家族のこと。命をつくりつづける、体の中のちっちゃい声のこと。ヒロシマのこと…。わたしたちはどうすれば生きていけるのか? 美しい絵から響いてくるそのこたえに、一人ひとり耳をすます紙芝居。


かわいい絵本「ドームがたり」
作・語り/アーサー・ビナード
画/スズキコージ
作曲/坪北紗綾香
演奏/長原幸太(ヴァイオリン)、銅銀久弥(チェロ)、吉見友貴(ピアノ)

■ 絵本『ドームがたり』
 (アーサー・ビナード/作 スズキコージ/画 玉川大学出版社)
ドームがたり.jpg

原子爆弾の本質を、被爆したドーム自身のことばで語り伝える物語絵本。「どうも、はじめまして。ぼくの名前は「ドーム」。あいにきてくれて、ありがとう」──1915年にできた「広島物産陳列館」は、100年以上も広島を、世界を見てきた。ドームとは何なのか、何を語りかけているのか。原爆ドームの声をきけ! アーサー・ビナードによるドームの語りと、スズキコージの絵が、未来へ記憶をつなぐ。
(玉川大学出版社HPより)

※曲目・曲順は変更になる場合があります。

るんるん 入場料るんるん 2,500 円(当日3,000円) ※全席自由・消費税込み
るんるん鑑賞券販売るんるん 広島市東区民文化センター
  電話予約 電話 082-264-5551
  オンライン予約 http://www.cf.city.hiroshima.jp/higashi-cs/yoyaku.htm
るんるん主催・問合るんるん 広島市東区民文化センター 
  電話 082-264-5551 
  mail to higashi-cs@cf.city.hiroshima.jp
るんるん後援るんるん 広島市教育委員会、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、ちゅピCOM、FMちゅーピー76.6MHz
るんるん協力るんるん さくらプロダクション、日本アニメーション、ちひろ美術館、童心社、玉川大学出版部

るんるんご来場のお客様へのお願いるんるん
●マスクのご着用および咳エチケットにご協力をお願いいたします。マスクを着用されていないお客様はご入場をお断りする場合がございます。
●新型コロナウイルス感染症の関連でコンサートの中止や延期する場合があり、その際はチケット代金の払い戻し等をいたします。
●公演のご参加にあたり、氏名や連絡先を確認いたします。新型コロナウイルス感染症の感染発生が疑われる場合には、これらの情報が保健所等の公的機関へ提供されることがあります。
●未就学児のお子様のご入場はお断りしております。

るんるん入場制限るんるん
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下に該当するお客様のご来場はお控えください。(チケットを購入済みの方は払戻しいたします。)
●37.5度以上の発熱や風邪症状があるお客様(入場時に検温いたします)
●新型コロナウイルス感染症陽性とされた人との濃厚接触があるお客様
講談師 神田京子「講談あれこれ〜お楽しみ〜」 @ 吉敷地区社協講演会 in 玄済寺 [2022年12月26日(Mon)]
2023年1月22日(日)、玄済寺で、講談師の神田京子さんをお迎えし、吉敷地区社協講演会「講談あれこれ〜お楽しみ〜」が開催されますぴかぴか(新しい)

96E861B1-22F6-4418-84DE-C2D18E602C04.jpeg 0A6B63FD-DCB1-436B-A887-1A1901146A1E.jpeg

長引くコロナ禍での生活。なかなか収束の見通しも立ちません。
そのような中でも、明るく元気になれるような、また、前向きに生きがいを持って生きられるような気持ちになりたいと思い、この度、山口市を拠点にご活躍の講談師 神田京子さんをお迎えすることになりました。
皆さまに楽しんで笑顔になっていただければ幸せます。


るんるん日 時るんるん 2023年1月22日(日)10:00〜12:00
るんるん場 所るんるん 玄済寺
       山口市吉敷佐畑4丁目10-20
るんるん講 師るんるん 神田京子(講談師)
るんるん演 目るんるん 講談あれこれ〜お楽しみ〜
るんるん対 象るんるん 吉敷在住の方(要事前申込)
るんるん定 員るんるん 先着70名
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申込受付期間るんるん 2023年1月10日(火)〜1月17日(火)8:30〜17:15(平日のみ)
  ※1回の申し込みにつき2名まで
るんるん申込・問合先るんるん 電話 083-922-3344(吉敷地区社会福祉協議会)
るんるん主 催るんるん 吉敷地区社会福祉協議会


かわいい神田京子さんプロフィールかわいい
岐阜県美濃市出身。
日本大学芸術学部放送学科卒業。
在学中の1999年7月、二代目神田山陽に入門。
山陽他界後は神田陽子に師事。
2014年日本講談協会・公益社団法人落語芸術協会にて真打昇進。
連続講談「清水次郎長伝」、「明治白浪女天一坊」、「安政三組盃」の他、「怪談噺」、「赤穂義士伝」などスタンダードな講談会を重ねる一方で、「講談+α」の公演(ジャズ音楽と「三文オペラ」、クラシック音楽と「カルメン」「蝶々夫人」、長唄と「勧進帳」、マイムと「レ・ミゼラブル」、俗曲・津軽三味線・打ち物と「番町皿屋敷」等)も各地で展開!講談の可能性を広げ続けている。
令和三年度(第76回)文化庁芸術祭賞優秀賞受賞。
令和三年度岐阜県芸術文化奨励受賞。
テレビ・ラジオ出演多数。近年出演番組…NHK-Eテレ「クラシックTV」、NHK–FM「オペラ寄席すぱげっ亭」等、東海ラジオ「よみがえる話芸 節談説教(ふしだんせっきょう)」ナレーション案内役<2012年度文化庁芸術祭ラジオ部門大賞受賞、第39回放送文化基金賞本賞受賞>等。文化庁短編映画「敬語おもしろ相談室」案内役。長良川鉄道広報大使。
夫は詩人 桑原滝弥。一児の母。2020年2月より山口へ移住。山口にて地域プロジェクトを開始。東京・山口と拠点を持つ。現在、テレビ山口 tys「mix」、KRY山口放送「お昼はZETTAIラジTIME」レギュラー出演中。
http://www.kandakyoko.com
端材で作る小鳥の巣箱 @ 新光産業きらら浜自然観察公園 ふれあいまつり [2022年10月17日(Mon)]
10月30日(日)、新光産業きらら浜自然観察公園で、「ふれあいまつり」特別プログラム「端材で作る小鳥の巣箱」が開催されますぴかぴか(新しい)

9888758B-53F4-45FF-BB40-896D6EEF9942.jpeg EC165AFD-956E-401C-A563-05860AF50F95.jpeg

積水ハウス様で不要となった木材が小鳥の巣箱として生まれ変わります!
端材利用で自然保護や“SDGs”の気持ちを育てましょう!


るんるん開催日るんるん 2022年10月30日(日)   ※荒天中止
るんるん作成開始時間るんるん ➀10:00 A11:00 B13:00 C14:00
るんるん所要時間るんるん およそ1時間
るんるん集合場所るんるん 新光産業きらら浜自然観察公園ビジターセンター玄関前のテント
るんるん定員るんるん 40セット (先着順・事前申込者優先)
るんるん参加費るんるん 無料
   ※ビジターセンター入館には入館料 100円(通常 200円)が必要(18歳以下無料)
るんるん持参物るんるん 軍手
るんるん申込受付開始るんるん 10月15日(土)〜
るんるん申込方法るんるん メールで申込(電話、FAX、窓口での申込も可)
   参加者の氏名、年齢、住まいの市町村、電話番号(代表者のみ)
   希望の作成開始時間、この行事を知った媒体を知らせる
   ※空きがある場合は当日受付も可    
   ※当日は電話・窓口のみの受付
るんるん申込・問合先るんるん 新光産業きらら浜自然観察公園 担当:繁里(しげり)
   〒754-1277 山口市阿知須 509-53
   mail to kirara-m@gaea.ocn.ne.jp
   電話 0836-66-2030 fax to 0836-66-2031
   ホームページ https:// kirara-h.com/
るんるん主催るんるん きらら浜自然観察公園ボランティアグループ 葦の会
※このプログラムは【積水ハウス】様のご協力により実施されます。
四国一小さな徳島県上勝町から広がるゼロ・ウェイスト @ 市民のための環境公開講座2022 [2022年09月20日(Tue)]
9月21日(水)、市民のための環境公開講座2022「四国一小さな徳島県上勝町から広がるゼロ・ウェイスト」がオンライン開催されますぴかぴか(新しい)

5B89F9E2-C083-411D-AE2D-3E3B0B7BBF6D.jpeg

徳島県上勝町は、2003年に日本の自治体としてはじめて「ゼロ・ウェイスト宣言」を発表し、住民による生ごみの堆肥化や中古品のリユース化、45分別に取り組みリサイクル率80%以上を達成しています。 2020年にはゴミステーション、ホテル、オフィスなどを併設した「上勝町ゼロ・ウェイストセンター”WHY”」を新たにオープン。「ごみ」を切り口に循環型社会の在り方やこれからの暮らしについて考えます。

「市民のための環境公開講座」は、(公財)SOMPO環境財団、損害保険ジャパン(株)、(公社)日本環境教育フォーラム(JEEF)の3者が協働で開催する、1993年に開講した歴史ある環境講座です。
市民の皆様と共にSDGsをはじめとする地球上の諸問題を理解し、それぞれの立場でサステナブルな未来に向けて具体的に行動することを目指します。
30年目を迎える本年は「認識から行動へー地球の未来を考える9つの視点」を全体テーマとし、さまざまな切り口で地球環境とわたしたちの暮らしのつながりを考えます。
2022年は無料のオンライン講座として全9回開催します。


るんるん日 時るんるん 2022年9月21日(水)18:00〜19:30
 ※申込者には、後日、期間限定で当日の録画を公開予定
  当日の視聴ができない場合、録画視聴可
るんるん講 師るんるん 大塚桃奈(株式会社BIG EYE COMPANY Chief Environmental Officer)
るんるん定 員るんるん 1,000名(定員に達し次第受付終了)
るんるん受講料るんるん 無料
るんるん参加申込るんるん 下記URLより、本講座の参加申込ボタンをクリックし、申込ページ(CISCO Webex)に移動後、画面下部の登録ボタンを押し、必要事項を入力
   https://www.sompo-ef.org/kouza/kouza2022/05-2022-09-21/
るんるん主 催るんるん 公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)、損害保険ジャパン株式会社、公益財団法人SOMPO環境財団
るんるん後 援るんるん 環境省・文部科学省・東京都・新宿区・経団連・日本環境教育学会


かわいい大塚桃奈かわいい
株式会社BIG EYE COMPANY Chief Environmental Officer(CEO)。
1997年生まれ、湘南育ち。「トビタテ!留学JAPAN」のファッション留学で渡英したことをきっかけに、服を取り巻く社会問題に課題意識を持ち、長く続く服作りとは何か見つめ直すようになる。
国際基督教大学卒業後、徳島県・上勝町へ移住し、2020年5月にオープンした「上勝町ゼロ・ウェイストセンター」に就職。現在、山あいにある人口1,500人ほどの小さな町で暮らし、ごみ問題を通じて循環型社会の実現を目指して同施設の運営に携わる。
併設するHOTEL WHYでは、宿泊を通じて上勝での暮らしを体験でき、チェックイン時にはスタディツアーを開催している。
わたしの出会った作家と編集者たち―まどさんの『どうぶつたち―THE ANIMALS』出版の秘話とその周辺から― @ JBBY国際アンデルセン賞と世界の子どもの本講座2022 [2022年09月18日(Sun)]
10月2日(日) 、JBBY国際アンデルセン賞と世界の子どもの本講座2022「わたしの出会った作家と編集者たち―まどさんの『どうぶつたち―THE ANIMALS』出版の秘話とその周辺から―」 がハイブリッド開催されますぴかぴか(新しい)

C4D4BF17-5525-41E2-A183-FA9E26603B49.jpeg 
8965CD78-F6E3-43A0-A2F8-DBF753F18FFA.jpeg EAC88D4F-2124-4A7B-BCA8-1303D31D3F1C.jpeg
https://jbby.org/news/domes-news/post-15467

 末盛さんは、至光社やすえもりブックスの編集者として、またIBBYの国際理事として、内外の作家や編集者たちと様々な交流を続けてこられました。そこで、日本初の国際アンデルセン賞作家賞を受賞した、まど・みちおさんの『どうぶつたち−THE ANIMALS』(上皇后美智子様/訳 すえもりブックス)を日米合同出版した時のエピソードを中心に、ターシャ・テューダー、ゴフスタイン、エリック・カール他、多くの絵本作家や現地の編集者たちとの交流を通して思ったこと考えたことなどをお話しいただきます。

るんるん日 時るんるん 2022年10月2日(日)14:00〜16:00

るんるん会 場るんるん @オンライン  A対面
@ オンライン(Zoom)
・Zoomミーティングを使用
・当日は、Peatixにログインのうえ、マイチケットのなかの「イベントに参加」ボタンからご視聴
・15分前に「イベントに参加」ボタンが有効になる
・見逃し配信の予定はない

A 対面:出版クラブビル会議室(東京都千代田区神田神保町1-32)
https://shuppan-club-hall.jp/access
・20分前から受付を開始

るんるん講 師るんるん 末盛千枝子(編集者)
るんるん参加費るんるん オンライン・対面とも 1,100円
るんるん申込先るんるん https://jbbyonline028.peatix.com/view
るんるん主 催るんるん 日本国際児童図書評議会(JBBY)
るんるん「子どもゆめ基金」助成活動


かわいい末盛千枝子(すえもり・ちえこ)かわいい
東京に生まれる。慶應義塾大学卒業後、至光社に入社。ジーシープレスで初めて編集・出版を手がけた絵本『あさ−One morning』が1986年にボローニャ国際児童図書展グランプリを受賞。1988年に株式会社すえもりブックスを設立し、ターシャ・テューダーの『すばらしい季節』、ゴフスタインの『ゴールディーのお人形』などを翻訳出版。上皇后美智子様の『橋をかける―子供時代の読書の思い出』などの出版も手がけた。そのほか著書に『人生に大切なことはすべて絵本から教わった』(現代企画室)、『根っこと翼−皇后美智子さまという存在の輝き』(新潮社)、『「私」を受け容れて生きる―父と母の娘』(新潮社)など。現在は岩手県に在住。東日本大震災後には「3.11絵本プロジェクトいわて」を立ち上げ、子どもたちに絵本を届ける活動も行った。


『どうぶつたち―THE ANIMALS』
(まど・みちお/詩 美智子/選・訳 安野光雅/絵 すえもりブックス 1992.9)
2FEB4255-E549-4319-8ECF-EA09A2D75D83.jpeg

『橋をかける―子供時代の読書の思い出』
(美智子/著 すえもりブックス 1998.11)
2EB86C81-895E-4CBB-8BA1-908F4EC39FAF.jpeg

『すばらしい季節』
(ターシャ・テューダー/作 末盛千枝子/訳 すえもりブックス 2000.9)
B40A49EC-CE79-4ABF-9247-F0B60FBFCA80.jpeg

『ピアノ調律師』
(M.B.ゴフスタイン/作 末盛千枝子/訳 すえもりブックス 2005.8)
7DD93409-1CB8-4A6E-876C-B9FFAD148E55.jpeg

『ゴールディーのお人形』
(M.B.ゴフスタイン/作 末盛千枝子/訳 すえもりブックス 2003.10)
88CD444D-003D-47A3-A7A9-F913BBA8B955.jpeg

『人生に大切なことはすべて絵本から教わった』
(末盛千枝子/著 現代企画室)
0EE6E0FF-2E19-4E3F-B146-2EC1CAF82777.jpeg

『「私」を受け容れて生きる―父と母の娘―』
(末盛千枝子/著 新潮文庫)
4C2AF889-09D0-415B-AE79-3005DBE609BF.jpeg

『根っこと翼 皇后美智子さまという存在の輝き』
(末盛千枝子/著 新潮文庫)
7868354A-D69E-48AD-9FDD-436F3C6C7221.jpeg
第1回防長素人義太夫懸賞投票 〜明治33年防長新聞企画と地域〜 @ 令和4年度山口県文書館オンライン歴史講座 [2022年08月16日(Tue)]
8月20日(土)、令和4年度山口県文書館オンライン歴史講座「第1回防長素人義太夫懸賞投票 〜明治33年防長新聞企画と地域〜」がYouTubeでライブ配信されますぴかぴか(新しい)

C0993E0A-9225-4B56-AE2A-48175CEA6BFA.jpeg

山口県文書館では、所蔵資料を用いた山口県の歴史に関する話全4話を、YouTubeでライブ配信します。
令和4年度の日程
第1回:8月20日(土)10:00〜11:00  講師:重田香澄(山口県文書館職員)
第2回:10月1日(土)10:00〜11:00  講師:和田秀作(山口県文書館専門研究員)
第3回:12月3日(土)10:00〜11:00  講師:山ア一郎(山口県文書館副館長)
第4回:3月11日(土)10:00〜11:00  講師:山本明史(山口県文書館専門研究員)


るんるん日 時るんるん 2022年8月20日(土)10:00〜11:00
るんるん講 師るんるん 重田香澄(山口県文書館職員)

るんるんライブ配信へは https://www.youtube.com/watch?v=QCgqu7lQcNI から入る
るんるんレジュメ 8月17日にアップ

るんるん申 込るんるん 不要
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん主催・問合先るんるん 山口県文書館
  〒753-0083 山口県山口市後河原150-1
  電話 083-924-2116
  mail to 083-924-2117
  fax to a50703@pref.yamaguchi.lg.jp
おうちのごみをカンタン減量!エコな生ごみ処理器紹介します @ 周南市環境館主催セミナー [2022年05月29日(Sun)]
6月12日(日)、周南市環境館で、環境館主催セミナー「おうちのごみをカンタン減量!エコな生ごみ処理器紹介します」が開催されますぴかぴか(新しい)

周南市環境館主催セミナー.PNG

家庭から出る燃やせるごみの約30パーセントが生ごみです。生ごみの減量を目的に、家庭でできるいろいろな生ごみの処理方法を紹介します。
ダンボールコンポスト、キエーロなどの仕組みと使用方法を紹介します。
自分のライフスタイルに合った生ごみ処理方法を見つけてください。


るんるん日 時るんるん 2022年6月12日(日)10:00〜11:30
るんるん場 所るんるん 周南市環境館
       周南市臨海町5番地
るんるん講 師るんるん 山口智子(やまぐちエコ倶楽部)
るんるん対象・定員るんるん 周南市内に在住する人20名(申込多数の場合は抽選)
るんるん参加料るんるん 無料
るんるん持参物るんるん 筆記用具
るんるん申込方法るんるん 5月29日(日)までに電話またはメールで申込
   申込の際に氏名、住所、電話番号を
るんるん申込先るんるん 周南市環境館 電話0834-61-0302 mail torecycle@city.shunan.lg.jp
るんるん主 催るんるん 周南市環境館



2003年から18年間、やまぐちエコ倶楽部で取り組んできた生ごみ処理についてお話しします。

ダンボールコンポスト
ダンボールコンポスト.PNG ダンボールコンポストA.PNG


キエーロ
158E4FC8-E6C5-47EE-BB00-6EEA51B3BFFA.jpeg 7EB44C41-DADC-4824-9FF7-7D77DBC76FB4.jpeg


EM菌生ごみ発酵容器
EM菌生ごみ発酵容器 .PNG


設置型コンポスト
設置型コンポスト.jpg


電動生ごみ処理機器(バイオ式)
電動生ごみ処理機器 バイオ式.jpg


電動生ごみ処理機器(乾燥型)
電動生ごみ処理機器 乾燥型_.jpg


紙パックコンポスト
9F34C848-54E2-465B-A1CF-AEF00C972CE0.jpeg
ドキュメンタリー映画『発酵する民』 @ 山口情報芸術センター [2022年05月25日(Wed)]
6月1日(水)〜5日(日)、山口情報芸術センターで、ドキュメンタリー映画『発酵する民』が上映されますぴかぴか(新しい)
6月1日(水)、6月2日(木)上映後に、平野隆章(『発酵する民』監督)トークイベントが開催されますぴかぴか(新しい)

ferment01.jpg

海と山に囲まれた古都・鎌倉。
2011年、このまちを「脱原発パレード」で歩いた女性たちが
「イマジン盆踊り部」を結成した。

彼女たちは、日々の生活の中で浮かび上がってくる思いを唄にして踊り始める。

お酒や味噌、パンづくりから生まれた「発酵盆唄」
海水を汲み、薪で火を炊いて塩をつくる「塩炊きまつり」
やがて、風変わりな唄と踊りが人びとをつなげ「平和」の輪を描いてゆく。

この映画は、3.11 後の鎌倉や葉山での「生活」を描きながら、
個性溢れるパン屋や酒蔵も取材。

微生物たちの「発酵」の世界や、太陽系の惑星の動きが交差する。
そして、人や地域文化がゆっくりと変化していく様子を
まるで「発酵」していくかのように映し出す。

東日本大震災・原発事故から11年。あの時に生まれたものは、今も確かに続いている。
音楽やアート、 ジャーナリズムなど異なるジャンルが
映画の中に入り込んだ鎌倉発「発酵」ドキュメンタリー!


るんるんドキュメンタリー映画『発酵する民』
公式サイト https://fermentfilm.com/
予告編 https://www.youtube.com/watch?v=1W4vK1SsWUE

るんるんクレジットるんるん
出演 瀬能笛里子、大嶋櫻子、山口愛、川崎直美、やまもとゆうすけ、高橋彩、勝見淳平(パラダイスアレイ)、寺田優(寺田本家)、杉山開知(地球暦)
音楽 イマジン盆踊り部、pass into silence
協力 土屋豊 OurPlanetTV 平野由里子
配給 福々映像
監督 平野隆章

るんるん上映場所るんるん 山口情報芸術センター 2階 スタジオC
        山口市中園町7-7

るんるん上映日時るんるん
6月1日(水)12:10〜13:42 ※舞台挨拶あり
6月2日(木)10:30〜12:02 ※舞台挨拶あり
6月3日(金)12:10〜13:42
6月4日(土)14:10〜15:42
6月5日(日)18:45〜20:17
詳細は劇場の公式サイトへ。
https://www.ycam.jp/cinema/2022/break-free-from-the-obvious/

るんるん上映時間るんるん 92分

るんるん料金るんるん
一般 1,300円
any会員・特別割引(シニア(65歳以上)と障がい者および同行の介護者)・25歳以下 800円

チケットは当日券のみ
山口情報芸術センター 2階 スタジオC 受付にて販売

るんるん映画『発酵する民』公式サイトにて、鶴田真由さん(女優)、栗原康さん(政治学者)、小熊英二さん (社会学者)、藤井光さん(アーティスト)の映画評が読める
https://fermentfilm.com/

るんるんメディア掲載るんるん
greenz https://greenz.jp/2021/03/02/film_hakkosurutami/
東京新聞 https://tokyo-np.co.jp/article/123216


かわいい舞台挨拶、監督トーク
るんるん日 時 2022年6月1日(水)13:50〜14:30、6月2日(木)12:10〜12:50 
るんるんゲスト 平野隆章 監督
るんるん料 金 映画鑑賞料金のみ
るんるん詳 細 https://www.ycam.jp/cinema/2022/break-free-from-the-obvious/


かわいい平野隆章(ひらの・たかあき)かわいい
1981年、神奈川県生まれ。鎌倉在住の映像作家。2010年、 取材・撮影・編集を担当したドキュメンタリー『宮下公園』(制作 OurPlanet-TV)が、地方の時代映像祭で優秀賞受賞。2013年、編集を担当した報道ドキュメント『東電テレビ会議 49時間の記録』(制作OurPlanet-TV)が 科学ジャーナリスト賞大賞を受賞。 山形や福島、東京の映画館で上映される。福島の被災者に言われた「原発事故がいつの間にか福島のことだけにされている」という言葉を胸に、 鎌倉で出会った女性たちにカメラを向け、長編ドキュメンタリー初監督作品となる『発酵する民』を発表した。
子育てをする鳥を探そう @ きらら浜自然観察公園 ぶち楽しいバードウォッチングA [2022年05月05日(Thu)]
5月8日(日)、きらら浜自然観察公園で、「ぶち楽しいバードウォッチングA 〜子育てをする鳥を探そう〜」が開催されますぴかぴか(新しい)

ぶち楽しいバードウォッチング 2022年5月.PNG

春から夏は鳥たちの子育ての季節です。
夏鳥・留鳥で子育てのために園内を利用する鳥を探してみましょう。


るんるん日 時るんるん 2022年5月8日(日)10:00〜12:00
  雨天の場合は、館内から野鳥観察やビデオ上映  
るんるん受 付るんるん 9:30〜10:00
るんるん集合場所るんるん 新光産業きらら浜自然観察公園 ビジターセンター
るんるん講 師るんるん 日本野鳥の会山口県支部 スタッフ
るんるん定 員るんるん 30名(要申込・先着順)
るんるん参加費るんるん 無料
  ビジターセンター入館料 200円が必要(18歳以下無料)
  双眼鏡・望遠鏡は無料で貸出
るんるん申込受付開始るんるん 2022年4月24日(日)〜
るんるん申込方法るんるん 基本的にメールで受付(電話、FAX、窓口での申込も可)
  参加者の氏名、年齢、居住地の市町村、電話番号(代表者のみ) を知らせる
  行事当日は電話のみの受付
るんるん問 合るんるん 新光産業きらら浜自然観察公園  担当:信木(のぶき)
  〒754-1277 山口市阿知須 509-53
  mail to kirara-m@gaea.ocn.ne.jp  電話 0836-66-2030 fax to 0836-66-2031
るんるんホームページるんるん https://www.kirara-h.com/cms/2022042017025997.html
るんるん主 催るんるん (公財)日本鳥類保護連盟山口県支部、新光産業きらら浜自然観察公園
るんるん共 催るんるん 日本野鳥の会山口県支部
もったいないだけじゃない!「食品ロス」の本当 経済とSDGsは両立できるのか? @ 東洋経済Brand Lab Live [2022年04月14日(Thu)]
4月15日(金)、YouTube Liveで、東洋経済Brand Lab Live 「もったいないだけじゃない!「食品ロス」の本当 経済とSDGsは両立できるのか?」がライブ配信されますぴかぴか(新しい)

14AA8BA9-4BA4-4DF0-9877-7D7CC1B92B01.jpeg

【企画概要】
私たちの生活に密着した社会課題「食品ロス」。SDGsや食育などの文脈からも広く注目され、改善に向けた取り組みが進められています。単に「もったいない」以上の問題点と解決策はどこにあるのか。第一線で活躍する2名の有識者、井出留美氏、川越一磨氏をお迎えし、「食品ロスの本当」を探っていきます。


るんるん日時るんるん 2022年4月15日(金)14:00〜15:30

るんるん配信るんるん 「YouTube Live」にて配信

るんるん内容るんるん ◇トークトピック◇

1、「食品ロス」の現在地、トレンド、コロナ禍で起きた変化

2、実際に官民で行われている取り組み

3、今後の展開、解決すべき課題

4、Q&A(皆様からの質問にお答えします)

5、クロージング・総括

※トークトピック内容は変更になる場合があり。

るんるん出演るんるん
<GUEST>
食品ロス問題ジャーナリスト 株式会社 office 3.11 代表取締役
 井出 留美 氏

株式会社コークッキング 代表取締役CEO
 川越 一磨 氏

<Facilitator>
株式会社東洋経済新報社 ビジネスプロモーション局 ブランドスタジオ・メディア制作部
 齋藤 萌

るんるん対象るんるん 食品、卸売、流通・小売、外食業、地方自治体、教育関連、企業の広報・IR・CSRご担当者様など

るんるん参加費るんるん 無料(事前登録制)

るんるん申込方法るんるん 申込フォームにて
  https://toyokeizai.smartseminar.jp/public/seminar/view/7819
  申し込者には視聴リンク(URL)を通知
  視聴リンク(URL)をクリックして、接続
  事前にアカウントなどの登録・設定手続きは不要

るんるん主催るんるん 東洋経済新報社
続きを読む...
耳も使って鳥探し! @ きらら浜自然観察公園 ぶち楽しいバードウォッチング@ [2022年03月31日(Thu)]
4月10日(日)、きらら浜自然観察公園で、ぶち楽しいバードウォッチング@「耳も使って鳥探し!」が開催されますぴかぴか(新しい)

ぶち楽しいバードウォッチング 2022年4月.PNG

4月の公園は 留鳥たちの“さえずり=Love Song”で賑やかな季節です。
バードウォッチングを始めてみたいと考えている方のために
基本アイテムの双眼鏡と望遠鏡の使い方を知ってもらうと同時に
本当に必要な最高級アイテム(?)“自分の耳”の素晴らしさも教えちゃいます。
♪バードリスニング♪で「野鳥“感”察」を楽しみましょう!


るんるん日 時るんるん 2022年4月10日(日)10:00〜12:00
  雨天の場合は、館内から野鳥観察やビデオ上映  
るんるん受 付るんるん 9:30〜10:00
るんるん集合場所るんるん きらら浜自然観察公園 ビジターセンター
るんるん定 員るんるん 30名(要申込・先着順)
るんるん参加費るんるん 無料
  ビジターセンター入館料 200円が必要(18歳以下無料)
  双眼鏡・望遠鏡は無料で貸出
るんるん申込受付開始るんるん 2022年3月27日(日)〜
るんるん申込方法るんるん 基本的にメールで受付(電話、FAX、窓口での申込も可)
  参加者の氏名、年齢、居住地の市町村、電話番号(代表者のみ) を知らせる
  行事当日は電話のみの受付
るんるん問 合るんるん きらら浜自然観察公園
  〒754-1277 山口市阿知須 509-53
  mail to kirara-m@gaea.ocn.ne.jp  電話 0836-66-2030 fax to 0836-66-2031
るんるんホームページるんるん http://kirara-h.com/
Cleansui 水会議 水から未来を考える2022 [2022年03月17日(Thu)]
3月22日(火)、佐藤卓(グラフィクデザイナー)さんと竹村眞一(文化人類学者)さんをゲストスピーカーに、 オンライントーク「Cleansui 水会議 水から未来を考える2022」が開催されますぴかぴか(新しい)

F4B9E908-8FB9-415E-A570-69DF87D6D4E7.jpeg

三菱ケミカル・クリンスイ株式会社は、新聞広告「もう一度、水道水を飲もう。」の文脈から、 水と環境をテーマにしたオンライントーク「Cleansui 水会議 水から未来を考える2022」を、 世界水の日(World Water Day)である2022年3月22日(火)に開催いたします。

飲(衣)食住と生活のあらゆる側面に関係する「水」は、 人々の命を、直接的にも間接的にも支えているとても重要な資源です。
本イベントでは、水や水環境についての知識や知恵を様々な視点からお伝えする目的で、クリンスイのロゴをはじめ新聞広告のクリエイティブディレションを手がけたグラフィクデザイナー・佐藤卓氏と、人類学的な視点から地球環境問題を論じ、独自の取り組みを行う文化人類学者・竹村眞一氏をゲストにお迎えします。

水を通して、これからの社会を変えるアイデアやヒントを探り、 持続可能な未来を考えるきっかけにできたらと考えております。


るんるん日時るんるん 2022年3月22日(火) 20:00〜21:30
るんるん配信先るんるん クリンスイ公式YouTubeチャンネル
     https://m.youtube.com/c/cleansuichannel

るんるんゲストスピーカーるんるん
 佐藤卓(グラフィックデザイナー)
 竹村眞一(文化人類学者)
るんるんファシリテーターるんるん
 山田泰巨(編集者)

るんるん参加費るんるん 無料
  ※視聴者プレゼント(抽選) VISON 宿泊券・ポット型浄水器「お茶のためのクリンスイ」
るんるん申込先るんるん https://www.cleansui.com/shop/everyform/form.aspx?questionnaire=mizukaigi_20220322
るんるん主催るんるん 三菱ケミカル・クリンスイ株式会社


かわいい佐藤卓(さとう・たく)かわいい
1955年生まれ。1979年東京藝術大学デザイン科卒業、1981年同大学院修了。株式会社電通を経て、1984年佐藤卓デザイン事務所(現 株式会社TSDO)設立。2017年3月に21_21 DESIGN SIGHT館長、2018年6月にJAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイン協会)会長に就任。
毎日デザイン賞、東京ADC賞、JAGDA 新人賞、東京TDC賞、ニューヨークADC賞、日本パッケージデザイン大賞金賞、Gマーク大賞、デザインフォーラム金賞、原弘賞、2018年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2021年紫綬褒章受章。
「ニッカ・ピュアモルト」の商品開発、「ロッテ・ミントガムシリーズ」「ロッテ・キシリトールガム」「明治おいしい牛乳」などのパッケージデザイン、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」のグラフィックデザイン、「金沢21世紀美術館」「国立科学博物館」のシンボルマークなどを手掛けるほか、展覧会も多数企画・開催し、大量生産品をデザインの視点から探究した展覧会『デザインの解剖』プロジェクトなども手掛ける。著書に『クジラは潮を吹いていた。』(トランスアート)など。また、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」アートディレクター、「デザインあ」総合指導。

かわいい竹村眞一かわいい
文化人類学者。
1959年大阪生まれ。竹村健一の長男。
東京大学文学部哲学科卒、東京大学大学院・文化人類学博士課程修了。(財)アジアクラブ主任研究員、東北芸術工科大学教授などを経て現在、京都造形芸術大学教授。
人類学的な視点から地球環境問題やIT社会を論じつつ、「触れる地球」などIT技術を活用した地球環境問題への独自な取組みを進める。その活動母体としてNPO法人ELP(Earth Literacy Program)を設立運営、代表理事を務める。
http://www.elp.or.jp/
野鳥の教室 @ 山口市環境政策課 [2022年03月15日(Tue)]
3月26日(土)、きらら浜自然観察公園 で、山口市環境政策課による 野鳥の教室が開催されますぴかぴか(新しい)

きらら浜自然観察公園 01.jpg きらら浜自然観察公園_05.jpg

双眼鏡で野鳥を観察したり、自然の素材を使った工作を行います

るんるん日時るんるん 2022年3月26日(土)10:00〜12:00
るんるん場所るんるん きらら浜自然観察公園
        山口市阿知須509-53
るんるん対象るんるん 小学生とその保護者
るんるん定員るんるん 30名(先着順)
るんるん参加費るんるん 保護者の方のみ、ビジターセンター入館料の100円が必要
るんるん申込るんるん 3月22日(火)までに、フォームから
        https://logoform.jp/form/XCim/64198r
るんるん主催るんるん 山口市環境政策課
| 次へ