CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
山口祇園祭が終りました [2019年07月28日(Sun)]
山口祇園祭が27日で終わりましたぴかぴか(新しい)
山口にも本格的な夏が訪れます晴れ

27日の御還幸は、晴天に恵まれ、
女神輿を見るためにたくさんの人が集まっていましたかわいい
218FCD8B-9CDE-4D3C-8ED6-79B1FCBEC5D8.jpeg

女性が担ぐのは女の神様(稲田姫命(イナダヒメノミコト))を遷した四角神輿です。
揃いの鉢巻と法被を着け、重量が1トン近い神輿を担ぎます揺れるハート
745FCB9F-309D-439C-9627-41627B239771.jpeg
山口祇園祭の鷺替 [2019年07月26日(Fri)]
山口祇園祭の期間中、駅通り(今市)のお旅所で「鷺替」が行われていますが、これは明治43年に始まったものですぴかぴか(新しい)

「防長新聞」明治43年7月3日の記事に

【 ●祇園会の鷺替 】
 山口祇園祭の余興として鷺替の賑ひあるべきことは前号に記せしが初日より廿七日まで今市に事務所をおき鷺壱個を五銭に売出し廿八日上竪小路本社境内に於て午後八時より十一時まで鷺替を為す筈にて当選者へ渡すは第一金鷺壱個、第二銀鷺壱個宛二人、第三鏡餅宝付にして一個宛五人なりと聞く

「防長新聞」明治44年7月7日にも

【 ●山口祇園会 】
 有名なる当地八坂神社例祭は来二十日より廿七日迄執行する事なるが廿八日夜上立小路本社に於て鷺換の奉納あり
 鷺籤は祭事期間中今市町にて希望者に頒つべしと


「防長新聞」明治45年7月6日に

【 山口祇園会鷺替 】
 山口祇園祭は来る二十日より二十七日迄執行し同期間は今市事務所に於て木製鷺三千個を限り壱個五銭にて売出し(其買上金は八坂神社へ寄附す)廿八日午後八時より十時迄上立小路八坂神社境内に於て鷺替を行ひ神官御籤を上げ其番号に符号せしものは金製鷺壱個銀製鷺十三個御鏡餅二重を其翌日八坂神社に於て神授し番号に該当せざるものゝ木製鷺は神前に奉納するをよしとす 右は今市町藤井判四郎中河原町大島安治郎御局小路中村利介外七名の発起に係るものにて午後十時より抽籤に移り左の順序に依り当籤者を発表すべしと云ふ
 御籤順序   神授品
 第一御籤上  御鏡餅一重
 第二同    銀製大判一個
 第三同    同 中判一個
 第四同    同 同 一個
 第五同    同 同 一個
 第六同    同 同 一個
 第七同    同 同 一個
 第八同    同 大判一個
 第九御籤上  銀製中判一個
 第十同    同 同 一個
 第十一同   同 同 一個
 第十二同   同 同 一個
 第十三同   同 同 一個
 第十四同   同 大判一個
 第十五同   金製小判一個
 第十六同   御鏡餅一重


「防長新聞」明治45年7月30日に

【 ◎祇園の鷺替 】
 例年の通り当地八坂神社境内にて廿八日夜八時過より鷺替を始め同九時より抽籤を開始し同十時三十分終了したり
 参詣者約四千余名境内に充満し上り籤を今や遅しと待つ内に紋付羽織袴掛の世話人は扇子に恭しく籤を乗せて群衆の前に現はれ片手に籤を取り上げて番外一番(二、四六五号)と大声に読み上げたるを初め以下十六の籤を抽き最後に第十六番札二、二三九号を読み終るや一同鯨波をあげ籤外れの鷺札は雨霰の如く拝殿に向つて飛び乱れ同夜十一時に全く解散せり
 今当籤札の番号及び当籤者を挙ぐれば左の如し
 尚当籤者不明の者四個あり
 昨年不明の二個は番外として本年再び抽籤に附したるが若し今年の分にして申出でざる時は来年廻しとなるべきも第十六番上り札の鏡餅は処分凝議中なり
 因に今回の当籤者当地石原小路久保作太郎は昨年も当籤せし由
 幸運者と云ふべし


とあります。
当時の鷺替は、木製の鷺を買った人のなかから抽選で金鷺・銀鷺などが当たる一種の福御籤で、祭時期間中、御旅所で鷺籤を販売し、祭の終わった28日に八坂神社で抽籤(ちゅうせん)していたようです。
現在の鷺替とは少し違いますね。

鷺替のところに鷺の人形が2種類、飾ってありました揺れるハート
昔の景品だそうです。

8E576AAC-28F8-4579-804B-20955AF4008A.jpeg

98357907-C0FF-4BAB-9BF0-443DE17891DA.jpeg

触らせていただきましたが、金属(青銅?)でできているようでとても重いです。
いつ頃の景品なのか関係者の方もわからないようです。
ただ、上の写真の鷺の方が古いとのことでした。

そんな人形も飾ってある山口祇園祭、いよいよ今日と明日になりました。
夕涼みがてら、おいでませ。
「京都の祇園祭と山口の祇園祭」 @ 大内氏遺跡指定60周年記念講演会 [2019年07月20日(Sat)]
山口の守護大名大内氏が京都から勧請した山口祇園祭の初日 御神幸にあわせ、大内氏遺跡指定60周年記念講演会「京都の祇園祭と山口の祇園祭」が開催されますぴかぴか(新しい)

京都の祇園祭と山口の祇園まつり.jpg

るんるん日 時るんるん 2019年7月20日(土)13:30〜16:00(開場13:00)
るんるん場 所るんるん 山口県立山口図書館レクチャールーム(山口市後河原150-1)
るんるん講 師るんるん 河内将芳氏(奈良大学文学部史学科教授)
るんるん聴講料るんるん 無料
るんるん申 込るんるん 不要 ※手話通訳・要約筆記有
るんるん問合先るんるん 山口市教育委員会文化財保護課
       電話083-920-4111
       fax to083-920-4112
       mail tobunkazai@city.yamaguchi.lg.jp
るんるん主 催るんるん 山口市教育委員会文化財保護課


山口祇園祭の初日今日 7月20日は「御神幸」@が行われます。

18:00〜 例祭御神幸本殿祭浦安の舞奉納A) <八坂神社>
18:30〜 御神輿発輿祭 のち鷺の舞奉納B <八坂神社>
19:00〜 御神幸式御神輿出発C <八坂神社>
21:00〜 御神幸お旅所祭(鷺の舞・浦安の舞奉納)D <お旅所>

@「御神幸」とは、神の行幸のことで、祭事や遷宮などのとき、ご神体がその鎮座する神社から他所へ赴くことです。
A「浦安の舞」は、扇の舞、鈴の舞の2部からなります。
B「鷺の舞神事」は、鷺に見立てた頭と羽をつけて雌雄の鷺に扮した成人男性2人が優美に舞います。鷺舞が現在も伝承される例は少なく、弥栄神社(島根県津和野町)に伝わる鷺舞いも、山口から伝えられたものです。京都から伝わった当時のままといわれる演舞を地元住民が代々守り伝えてきています。山口県指定無形民俗文化財です。鷺の舞の初舞は、17:00からの萬福寺(堂の前町1)黒地蔵前の舞です。続いて頭屋前、札の辻で披露され、八坂神社は4回目の舞になります。
C祇園囃子をのせた眞車山(しんぐりやま)と菊水鉾(きくすいぼこ)を露払いに、裸坊(はだかぼう)と呼ばれる上半身裸に晒を巻いた男衆が担ぐ三基の神輿が、八坂神社から御旅所まで練り歩きます。
D神輿がお旅所に渡御すると、鷺の舞と浦安の舞が奉納されます。
山口祇園祭 [2019年07月19日(Fri)]
京都の祇園祭・前祭(さきまつり)の山鉾巡行が17日ありましたぴかぴか(新しい)
7月1日の各山鉾町「吉符入」に始まり、31日の境内摂社「疫神社夏越祭」で幕を閉じるまで、1ヶ月にわたって各種の神事・行事が繰り広げられます。
E499FB78-E2D2-4D45-A1C3-1C8D075AEA57.jpeg
(▲7月18日付読売新聞)

一方、山口祇園祭は、7月20日から27日までですぴかぴか(新しい)

実は、山口祇園祭は、1909(明治42)年まで6月7日から14日まで行われていました。
1910(明治43)年6月30日の防長新聞に

当地八坂神社例祭は陰暦六月七日より十四日まで執行し来りしが今年より陰暦廃止に付太陽暦七月二十日より同二十七日までに変更の認可あり

とあり、この年より今と同じになりました。
1873(明治6)年より太陽暦が公式に使用されるようになりましたが、庶民生活ではずっと太陰暦が使用されていました。それが1910(明治43)年より暦に太陰暦が掲載されないことになり、全般に太陽暦に切り替わることになりました。全国的にもこの年より祭礼は太陽暦にあわせて行うようになりました。

山車についても

尚ほ古式として山口各町より飾山奉納は神幸の道筋電話線架設のため本年より上竪小路八坂神社境内半分と今市町御旅所の前へ半分を造り奉納の上廿六日より三日間参拝者の観覧に供することゝなり

とあります。
また、鷺替え行事も

其外鷺替の賑も執行することゝなりし由

とあり、この年より始まったようです。

C2AA992C-FBE9-49B8-9405-8654AF194403.jpeg鷺替え行事

0480CBD8-4B38-4295-8A85-422959FF7F4F.jpeg真車山

495A9DA9-CB6C-4836-A0A0-CC83CA763340.jpeg菊水鉾

51D7E570-0B45-4B40-9C36-71E0F8A598F7.jpeg鷺の舞

FD521AFC-04B1-4DF7-BE9A-1D2311258D9E.jpeg浦安の舞 鈴の舞


今日、7月19日(金)20:00より山口市上竪小路の八坂神社において、神輿遷霊祭が行われます。
EDF24643-B556-4638-9A33-E08BA4177659.jpeg

提灯の炎だけがほのかに揺らめく浄闇の中、本殿から「四角 稲田姫命(イナダヒメノミコト))」「六角 素盞嗚尊(スサノオノミコト)」「八角 手名槌命(テナヅチノミコト)・足名槌命(アシナヅチノミコト」の神輿三基へ神様の分霊がお遷(うつ)りになられます。
87AC8497-1915-4F9A-99B8-C0E58669877D.jpeg


山口祇園祭 主要行事 日程表。
祇園祭_0019.jpg


(以上写真は昨年の山口祇園祭に撮影)
浦安の舞 鈴の舞が奉納されました @ 山口祇園祭J [2018年07月28日(Sat)]
【前回の続き】

檜扇を鈴に持ち替え、浦安の舞 鈴の舞が舞われましたぴかぴか(新しい)

この鈴は、「鉾鈴」と呼ばれ、柄に20cm程の鉾と鍔が付けられ、鍔の部位に6個、または8個の鈴が付いています。これは三種の神器を模したもので、鉾は天叢雲剣、鍔は八咫鏡、鈴は八尺瓊勾玉とされるそうです。柄の端には5尺ほどの五色の鈴緒が付けられています。

C931B17E-1FB2-498D-B515-DBD367F2F2C3.jpeg

7F43E390-E71D-41C2-82C6-01EDA1D49BCF.jpeg

D790340B-8091-4B9B-9E15-C588661BB059.jpeg

8207A5C8-22CC-450F-A371-A7AA0239550F.jpeg

FD521AFC-04B1-4DF7-BE9A-1D2311258D9E.jpeg

8E34E943-429B-4B5A-849D-4B66039BBB8B.jpeg

42D9DFDF-4AB5-45D8-B933-C232801CCCAA.jpeg

7689A2CE-0125-4D06-9F03-5E19C1365B19.jpeg

4844346F-96B2-472B-8BB1-65CE05FD2518.jpeg

0927350F-D07F-46CC-B987-AA774736DAF6.jpeg

9C2F7F97-E1FC-4AFD-BFA0-2F269E472E6A.jpeg

AA5F1E55-0803-4B50-A27C-D471C81A41BB.jpeg

A2176FAB-D4B6-4A5E-8C68-48AFB05E3BD7.jpeg

6CA75FF6-6494-476D-A001-2282FE7CA475.jpeg

5818FBE6-0175-455E-8E9A-FF2C2F48EF48.jpeg

0F6F4014-8E02-412E-9315-573CEC9C2631.jpeg

269DB282-0199-459F-B02B-1AF36D9B48B4.jpeg

407ECF1F-1659-4219-8FC1-7C8CA2B9F57B.jpeg

48E2B581-F58D-4127-834B-A2867E81C1CE.jpeg

C6D88A47-356E-4556-B900-FAAE61602811.jpeg

946D14AF-62FF-477C-8CBE-A7EFA46CB4F9.jpeg

F9360FCC-ABAA-46C9-8FF9-2F29D64C4E30.jpeg

9D5A7D4D-784B-4174-BC35-3AF6FD533F99.jpeg

D0CC5343-1BFB-4CEF-A81A-A9B83136DC24.jpeg

8F6D6711-BF36-4B31-902C-BC7C109EFF38.jpeg

6437F153-D711-4CC6-B9B3-E1ADD27FFBF7.jpeg

4974C26B-6536-4BFB-9DA2-F1974E373E83.jpeg

ABE255ED-E5A4-4562-89A6-7706355F30F9.jpeg

93239193-5DD6-4F61-9DD3-F131389843E5.jpeg

BECD2D4E-93D6-4FAD-BC2C-02A30B2E99E6.jpeg

BD007B54-0FEF-40A4-BCA0-E59706D75AD4.jpeg

EE0BACF7-F0D9-4E17-9E48-09B1211CE763.jpeg

8F6C3249-29B9-4DB0-9A3B-E47AA4B616F0.jpeg

「浦安の舞」は、1940(昭和15)年11月10日に開かれた「皇紀二千六百年奉祝会」に合わせ、全国の神社で奉祝臨時祭を行うに当たり、祭典中に奉奏する神楽舞として新たに作曲作舞された神楽舞です。

(2018年7月24日撮影)
御中日祭で浦安の舞が奉納されました @ 山口祇園祭I [2018年07月27日(Fri)]
24日御旅所で御中日祭がありましたぴかぴか(新しい)

祝詞の奏上、大祓いなどの神事があり、

437B7D85-03E2-432E-845E-131623FEE4A8.jpeg

7060C19B-D01B-4256-83DC-7658601B1369.jpeg

そして、浦安の舞が奉納されました揺れるハート

浦安の舞を舞うのは、白石小学校5年の4名の巫女さんです。
7A3844A3-F0AB-464E-9B42-49DEB0EC915A.jpeg

まず、扇の舞るんるん

609D5D77-F2FA-4881-8ACF-2B79B1C07400.jpeg

3BE8A8E3-B75E-494B-88F4-C8337A2D7D80.jpeg

399531E2-746A-49CC-818C-0955948E4FEC.jpeg

34F641CF-11DD-4960-BC93-F8701DA108B7.jpeg

739DE6FA-F123-4E6D-A0BB-7690B2400643.jpeg

36634386-F2EC-4796-9A4C-4A07CC5C14DA.jpeg

A352EE81-90C8-4D51-887C-9EADA8971D17.jpeg

75F291DC-65C5-4ADD-91E6-812D2D617153.jpeg

D2CC2FDF-C337-4E52-8A9A-F95F115542E6.jpeg

F3A5FEC2-ECC8-42C2-9AEF-B78B7CBB7301.jpeg

0D3CA073-5650-4741-B9F5-90C03F1287B8.jpeg

631CDF9F-A513-4855-8739-DFAD63074AE6.jpeg

32B27AAE-1CAE-4162-9D6B-04D74D637D3D.jpeg

A7F0C6CA-E339-48CE-92C5-54905141F748.jpeg

B0D98993-0B94-496C-AA02-6F48F178349C.jpeg

37B3B7AC-73A7-41BC-8498-40096F2EA09B.jpeg

5DF2E311-133B-44CC-BF0D-A18CCC5943C7.jpeg

18B8713F-1EEB-4098-A823-54C8251405D6.jpeg

E43A0CD0-19AD-4B31-B5F8-00092E3E8CBA.jpeg

6BA3028A-557B-45F2-942B-8CFA725A54B3.jpeg

FE51DF55-6531-4214-886F-73145C070DCC.jpeg

442DA6F0-2CD7-4928-B1CC-8878C8030BFB.jpeg

7B5AFB01-9D97-4BE7-8E69-86573D6CA9D3.jpeg

70C16BEC-8E23-455D-B099-DC5ECEA4933F.jpeg

F51875C6-5B14-41C7-93B8-5F1514109F97.jpeg

31DC216C-14F6-4B69-9EA9-2FF54F7F2EC0.jpeg

D780466C-C3A7-4214-9BD6-1C9EAA3145F2.jpeg

1109AC03-6D9B-49DB-A633-2C5B46146B63.jpeg


鈴の舞は次回。


今日27日は、いよいよ最終日。
御還幸るんるん

19:00〜 御還幸御旅所祭
浦安の舞が奉納されます。

19:30〜 御還幸式。御神輿出発
女神輿も練り歩きます揺れるハート

21:00〜 御還幸本殿祭 八坂神社


(2018年7月24日撮影)
御神幸御旅所祭で鷺の舞が奉納されました @ 山口祇園祭H [2018年07月26日(Thu)]
7月20日、山口祇園祭の御神幸御旅所祭で鷺の舞を初めてみましたぴかぴか(新しい)
古式ゆかしい舞に感動しました揺れるハート

雌雄のに扮装した二人が、白帷子の長着に白襦袢、白帯、白袴で白脛巾をあて、鷺の頭の作り物を被り、背と両腕に羽翼をつけ、笛太鼓の囃に合わせながら、片翼を開いたまま大きく円形に左回り、雌雄向かい合って止まれば両翼をバタバタと羽ばたかせて、また、回ります。

その2羽の鷺を追って、それぞれの鷺の後へ赤熊髪(シャグマ)が二人、赤毛の頭を被り、濃浅黄色の麻地の鷺定紋入白貫染長着に縦縞袴および白帯、浅黄白段染の襷をかけ、釣太刀を佩(は)き、長い楉(しもと)を持ち、横に構えながら鷺の後をつけて円形に回ります。

かんこという二人の少年が、濃浅黄色の麻地に鷺の定紋入白貫染長着に、薄青色袴および紅白段染の襷をかけ、白黒段付烏帽子を被り、鼓を前方に吊るし、これを打つ短い棒を両手に持ち、腰鼓をトントンと打ってはねます。
596DA694-6F88-47FF-AC09-B620415EE71D.jpeg AEA2E22D-5E63-4EC9-8761-604858C94631.jpeg

その傍らで、上下袴をつけた太鼓一人、二人が囃し立てます。

簡単にいうとそんなような舞です。


70B99B9B-041E-44DB-9294-5CAD2ED7801F.jpeg


EF341A57-74D0-4725-ABA9-54671D0ABC65.jpeg

7A46BA8B-C0FF-41D9-8C52-483FDF1F5730.jpeg


4680305D-9C09-4084-B990-D2E2F282D5B6.jpeg

AB110FD3-5291-408B-9F7E-01D70BCE1E16.jpeg

F335421D-36B3-4F4E-87CF-974F3C0360E2.jpeg

633075E0-1452-4834-802B-25B1D74B8D7B.jpeg

B3B5C364-5660-41D2-8B47-B45E0A92E948.jpeg

B837AE35-5C91-44FD-B16B-4542F86B977E.jpeg

386488B4-1B30-44BE-A93B-AC4F57BBE0CC.jpeg

EB404757-92F6-4BA7-BAF9-CE4BDD7B76A4.jpeg

329074A2-1E1D-4DE0-A5E2-FC681C751790.jpeg

8430BC6C-3B97-4D38-BCBA-AE2D934CEFDE.jpeg

F472F6B7-AB34-47D5-8561-F0143A4792D3.jpeg

1442EFA1-44AF-454B-928B-813FA65C9E31.jpeg

51D7E570-0B45-4B40-9C36-71E0F8A598F7.jpeg

F9B63970-EF79-42E3-8C3C-A85350AF0EA8.jpeg

F098A10E-161A-457E-B95F-8961466824EA.jpeg

80E6913B-6543-440F-B7EE-CD27A93D16F4.jpeg

FE711A4D-7CE2-4434-AE8A-09E002B69C53.jpeg


(2018年7月20日撮影)
続きを読む...
御神幸があり、御旅所に御神輿が御鎮座されました @ 山口祇園祭G [2018年07月25日(Wed)]
7月20日、山口祇園祭の初日、御神幸がつつがなく行われましたぴかぴか(新しい)

私は、御旅所で、御神幸を見せていただきました。
まず、子ども神輿が来ました。
子ども達が元気よく御神輿を担いでいます。

真車山(しんぐりやま)がきました!
囃子の笛と太鼓がのっています。
この真車山は戦後に作られたものですが、車輪が松の木で出来ています。
松の幹を輪切りにしたものです。
0480CBD8-4B38-4295-8A85-422959FF7F4F.jpeg

菊水鉾
こちらには囃子の鉦が乗っています。
菊水鉾をひくのは地元の小学生たちです。
495A9DA9-CB6C-4836-A0A0-CC83CA763340.jpeg

鼻高」と呼ばれています。
猿田彦の神の面です。
御神輿に乗った神様に順路を示す役割があり、怖い顔をしているのは道中の不心得者を威嚇するためです。
084A3D18-7567-48D3-8EAF-C95499C70F4D.jpeg

鷺の舞と浦安舞の巫女さん。
神輿が来るまで、巫女さんたちは神主さんの代わりにご奉仕。
157D410C-04C3-416E-9AC5-37528B0D65A8.jpeg

鷺の舞の人たちは休憩タイム。
39565B6D-C1DF-4C4C-AF4A-4E606C7FACCA.jpeg B9FA707F-9E64-48A1-8FC3-6C964A483132.jpeg

95693DCD-35DC-44CA-96D3-0CE973E72D8A.jpeg

横屋六右衛門栄徳の1714(正徳4)年の『周防国山口祇園絵鷺之一巻』に

当代迄御座候鷺のかしら同羽の儀ハ、其昔雲谷の家中興等顔(俗名原次郎兵衛年代慶長年中ノ頃)堂の前町内に住宅ニて御座候時、右雲谷等顔の自作ニて候

また、1844(天保15)年に書かれた『風土注進案 山口宰判 上宇野令之二 廿一(周防国吉敷郡 上宇野令志 弐)』の「祇園社」の記事にも、

今の鷺の頭ハ慶長の頃等顔(雲谷家俗称原次兵衛尉)堂の前町に居(スミ)し時畫(エ)模(カタ)せし彫刻なりといへり

と「等顔」とあったので、マジマジと観察。

9B4B5CE7-5D07-4642-964A-D155B27DA0A8.jpeg 085747E2-6C6C-4600-ADD0-8DA57B02AC64.jpeg

5D705774-4DC4-4D64-8DB2-426A2E42E6B6.jpeg B0FA66CF-3D7C-4BDC-AB6A-1FE80A23E3DF.jpeg

そんなこんなしていたら、神輿がやっと来ましたexclamation×2

大殿地区の担ぐ四角です揺れるハート
07757DE5-2236-48F4-8DFB-65649039F349.jpeg

C86D1C8F-5187-44A4-A944-3F0D19A6D666.jpeg

FA083C28-266E-479B-B1BB-D3F53764229F.jpeg

EBC55415-49AD-4087-A0D1-3A5DDD6A7F60.jpeg

5B15F508-3201-424D-ACDE-4B7532DF0D5B.jpeg

5DFD7ABD-85A1-4D4B-9AC5-5CDD0B860642.jpeg

A730C5AD-E1CC-4767-88B5-B6DA7CC83F32.jpeg

A1E6A9E0-68B7-481A-A84C-D4EA2D8B3E87.jpeg

CB5F1A30-113F-459A-82E9-1F168FA8E4CF.jpeg

2B581190-8081-4E6F-BB7E-D82FF5FC9DFE.jpeg

52F2C267-9734-405D-8EE7-9E8DEBC71887.jpeg

147D1728-DF2F-48E3-811E-42A2F4572824.jpeg

7BEA8A55-AE1C-4240-86FE-5D79E0EDDD38.jpeg

白石地区の人の担ぐ八角です揺れるハート
8BD7A15E-DFB9-43BC-BEC5-58454333043E.jpeg

507C7F5E-4DAA-4E5A-B83C-BCD2A3B304D5.jpeg

45FEFB2F-A7DA-4E56-8EB3-6D452D68D6B5.jpeg

A77ED4D6-088C-455B-AF8B-FF65F8E882D8.jpeg

宮野地区の人の担ぐ六角です揺れるハート
DBE11A13-BC89-4DBA-A811-B65DED69D52C.jpeg

37DA2BCA-C67C-452E-BEE2-162223BE4F27.jpeg

こうして、三基とも無事御旅所に鎮座されました。
ECC99567-321D-4B1F-9243-EF1275F23AEF.jpeg


時間が押していたので、すぐに、御神幸御旅所が執り行われました。
それは次回…


(2018年7月20日撮影)
御神輿遷霊祭が行われました @ 山口祇園祭F [2018年07月24日(Tue)]
7月20日から始まった山口祇園祭。

それに先立って、19日20:00〜八坂神社で御神輿遷霊祭が執り行われましたぴかぴか(新しい)

提灯の炎だけがほのかに揺らめく浄闇の中、本殿から三基の神輿に神様の分霊をお遷りになられました揺れるハート


八坂神社の社紋「五瓜に唐花」が描かれている赤い提灯に灯りがともっています。
22C3495C-4A33-4DB6-A3B4-479465EB873D.jpeg

八坂神社の総代など御神輿遷霊祭に参列する人が神社に集まって来ています。
12824583-8EFE-404C-8837-98834C3FE46E.jpeg

EDF24643-B556-4638-9A33-E08BA4177659.jpeg

社殿の中では、神職の方が準備をされています。
C9177264-45F9-47F4-841C-7B332A8EF0F3.jpeg

拝殿も明るく、飾り物が垣間見れます。
CBDE340D-70E5-4635-AA74-BF15ABF9C6DE.jpeg

本殿は、今日のお昼間に見た雪洞(ぼんぼり)にも灯りがともっています。
20286003-6120-45D3-9522-790C5E591844.jpeg

神倉の扉が開いており、三其の御神輿が見えます。
2A9C1A2E-4AB0-4BFC-9BE5-3A7B9AD07ACC.jpeg

ご神霊がお遷りになれるように御神輿の扉?が開いています。
初めてみました。
8F87D024-BDF4-45EF-A6F0-20A7CA5DBA22.jpeg
378FDA5D-3E28-4690-ABDA-379A113194BA.jpeg

神倉の提灯にも灯りがともりました。
664CB6C3-31D8-4008-B498-2C8748694A46.jpeg

手名槌命・足名槌命は8角へ、素盞嗚尊は6角へ、稲田姫命は4角へとそれぞれお遷りになられるのですね。
87AC8497-1915-4F9A-99B8-C0E58669877D.jpeg

その後の神事は、私は参加できませんので、参列された方からのお話です。

祝詞が奏上され、蝋燭の灯りのみとなりました。

参列者は眼を閉じ、低頭(ていとう)といって、頭を深く下げました。
宮司が「おぉぉ〜」という声を発します。
これは、「神おろし」というものではなく、「警蹕(けいひつ)」といって、神殿から御神輿へ神様の分霊がお遷りになるとき、神様が自らお出ましになりますよ、神様がお通りになられますよ、ということをお伝えする蹕(さきばらい)です。

その後、直会(なおらい)がありました。
直会は神様にお供えした神饌を神様と共に頂きます。

というような話でした。


(2018年7月19日撮影)
御中日祭・御還幸 @ 山口祇園祭E [2018年07月23日(Mon)]
20日から始まった山口祇園祭。

御旅所には三基の御神輿と
7CCA41D0-6BC8-4055-9AB1-81C1C1BC6186.jpeg
(左から、4角(稲田姫命)、6角(素盞嗚尊)、8角(手名槌命・足名槌命))

子ども神輿と
6C44C941-7121-4138-90AE-90D091ADCBFC.jpeg

猿田彦が祀られています
1DE9557E-3408-441A-9228-A2E2ED70A63D.jpeg


24日(火)は、御中日祭が行われますぴかぴか(新しい)

19:30〜20:45 市民総踊り
中心商店街を舞台に「大内の殿様」の曲に合わせ、28団体・約1400人が踊り歩きます。

るんるん大内の殿様 恋をして
 京の姫を 嫁にした
 恋に燃えてる 築山御殿 (略)

 大内の殿様 おもしろい
 祇園の夜に 町人と
 ごちそう食べて 愉快な踊り (略) るんるん

参加団体は次の通りです。
陸上自衛隊山口駐屯地(41人)・山口大(70人)・山口銀行(84人)・山口県庁(39人)・日本赤十字社県支部(27人)・山口赤十字病院(67人)・県赤十字血液センター(25人)・中国電力山口営業所(122人)・山口井筒屋(40人)・すまいるフラワーズ(46人)・萩山口信用金庫(86人)・青藍会(100人)・おおすみグループ「絆」(14人)・山口市役所(92人)・済生会山口地域ケアセンター(68人)・西京銀行(45人)・県立大地域共生演習(30人)・とっぱらっちゃい隊(20人)・市地域自立支援協議会「施設支援部会」 (20人)・みんなで踊り隊(30人)・山口民踊ほたる会(10人)・秋穂民謡同好会(9人)・中清水子ども会(25人)・西糸米子ども会(73人)・西白石子ども会(51人)・龍王子ども会(30人)・東糸米子ども会(28人)・チーム白石小(65人)  計1357人参加予定

今年初めて募った個人での参加者の方は、「みんなで踊り隊」のメンバーと踊ります。

20:00〜 浦安の舞奉納 御旅所
白石小5年生4名が優雅に舞います。
浦安の舞.jpg


26日 (木) 19:00〜 奉納演武 御旅所
山口西京道院のメンバーが少林寺拳法の演武を奉納します。


27日(金)は、最終日ですぴかぴか(新しい)
御還幸女神輿が登場します。

19:00〜 御還幸御旅所祭 御旅所
「浦安の舞」が奉納されます。

19:30〜 御還幸式 御旅所
1997(平9)年の初登場以来すっかり定着した女神輿が登場します。
法被姿の約100人の女性たちが4角(稲田姫命、600キロ)を担ぎ、8角(手名槌命・足名槌命、700キロ)、6角(素盞嗚尊、650キロ)とともに御旅所を出発し、
再び市中を練り歩き、八坂神社をめざします。

2B581190-8081-4E6F-BB7E-D82FF5FC9DFE.jpeg
4角(稲田姫命)(2018年7月20日御神幸にて)

45FEFB2F-A7DA-4E56-8EB3-6D452D68D6B5.jpeg
8角(手名槌命・足名槌命)(2018年7月20日御神幸にて)

37DA2BCA-C67C-452E-BEE2-162223BE4F27.jpeg
6角(素盞嗚尊)(2018年7月20日御神幸にて)

21:00〜 御還幸本殿祭 八坂神社
神輿三基から本殿に分霊を戻します。

08C5C08A-D12B-40B1-A440-F68384A1774E.jpeg
八坂神社(2018年7月19日前夜祭・御神輿遷霊祭にて)


期間中御旅所では、約110年続く伝統の鷺替え行事(福引き)もあります。
C2AA992C-FBE9-49B8-9405-8654AF194403.jpeg
黒地蔵と鷺の舞 @ 山口祇園祭D [2018年07月20日(Fri)]
今日20日から27日までいよいよ山口祇園祭です。

そこで、19日は、祭の準備をしているところに行ってみました。

まず、「鷺の舞」が出発する万福寺からぴかぴか(新しい)

場所がわからなかったので、大殿地域交流センターさんで聞きました。
センターにもちゃんと大内菱が揺れるハート
FE35FCC7-BABB-4E82-BC1C-05E83D3BCD64.jpeg

かわいい万福寺かわいい
小さなお寺で、石州街道に面しています。
何度も通ったことがあったのに、全く気づきませんでした。
龍福寺の末寺だそうです。
7ECD9B97-CEA4-4DE6-B2CD-F114ADAF91C\D.jpeg

るんるん堂の前町と鷺の舞の関わりについての説明版
74DB14B1-6B23-488C-B030-2D6E922F9EE3.jpeg

堂の前町にあります。
「堂の前」という町名の由来は、かって地蔵堂があったからだそうです。

笠鉾もと左義長の行列にハあらす抑堂の前町よりこれを出す事其謂れなきにしもあらす、京祇園会の笠鉾は壬生より出つれハなり大内弘世朝臣平安城の景勝を模されし時、此堂の前を京の壬生に準へ給ひしといへり、其は壬生に名たゝる地蔵あり堂の前町にも名地蔵あり、其堂の前という事より名つけしほどの所なれは壬生に準へしというも理りあるにちかからん歟
(1844(天保15)年に書かれた『風土注進案 山口宰判 上宇野令之二 廿一(周防国吉敷郡 上宇野令志 弐)』の「祇園社」の記事)

「笠鉾は鷺の行列のように考えられていますが、そうではありません。そもそも堂の前町から笠鉾を出す事は、これはいわれのないことではありません。京都の祇園会の笠鉾は壬生より出すことかららです。大内弘世公が平安の京を模されてまちづくりをされた時、この堂の前を京の壬生になぞらえられたといいます。それは壬生には名だたる地蔵があり、堂の前町にも名地蔵があり、その地蔵堂の前という事で「堂の前」と名づけれたほどの場所であるので、壬生になぞらえたとういのも理にかなっています。」

1714(正徳4)年4月に山口町人 横屋(難波)六右衛門永徳が堂の前間中のために書き残した『周防国山口祇園会鷺之一巻』に

鷺舞大市より譲り、堂之前町中より調出候、 最初ハ年號慶長之始ニて可有御座様ニ存候、 先年古老のものへも相尋候ても年代不極候、 然共前後之段諸事見合、宮ニ相考へ申候へハ右之分ニ可有御座候事。

とあり、鷺の舞はもともとは大市の人々が担当していたようです。
この文書の記された1714年から数えても300年になります。
300年以上もの間、堂の前の町の人々の力で継承されてきたことは、本当に頭がさがります揺れるハート

るんるん地蔵菩薩の説明版
6329C0EB-5132-4F11-9D81-45F4568C8654.jpeg

るんるん山門
8CDC122B-123B-4B06-B8DB-2EE90885A454.jpeg

るんるん山門の柱
059DB496-0C3B-4389-AC8E-9DBA75EE0BCF.jpeg 83D05D1B-591A-438E-8B57-1F7D7A69E831.jpeg

るんるん山門の扁額
E4D7AD9D-1386-490F-8C06-F10A87749B0F.jpeg

るんるん地蔵堂
32CEF9ED-C06A-4225-B9D2-E01FEAE5D942.jpeg

るんるん地蔵堂の扁額
FB7A1A68-83F8-4E7D-9042-0E35657AB567.jpeg

るんるん屋根瓦にはもちろん大内菱
8C53D54A-76C2-48ED-B630-EEAAB3C2B78F.jpeg 
B0ABAD87-0D3D-4F3E-AFFF-4009818CB4E5.jpeg

るんるん蟇股
毛利の沢瀉文があります。
FCA0A383-2030-4108-88A1-67B8A7244B28.jpeg

るんるん黒地蔵
檜材寄木造で全身に黒漆が施されていることから「黒地蔵」と呼ばれています。
本当に真っ黒です。
FB20F079-8F1A-4EFE-BA7D-B8004834AF45.jpeg

木造地蔵菩像の胎内には墨書があり、

(玉眼押木上方、額から頭頂にかけての部分の銘)
奉刻彫
  等身
  延命
地蔵像
右意趣
者衆病
悉除身心安楽
寿命長遠 
子孫繁昌 心中所願
皆令満足旨
如件
天文十九年庚戌三月九日
 従二位行兵部卿
 兼太宰第弐
 多々良朝臣
 義隆  

□□□加持
□□□闍梨
   法印大和尚
   位豪仁


(頚内孔内)
        一作之
一条源朝臣大仏師法印覚醒(花押)
  六十七歳作之


と入っていました。
(『山口市史 資料編 大内文化』(山口市 2010.9)P.876〜877「万福寺地蔵菩像胎内銘」より)
1550(天文19)年に、大内義隆(1507(永正4)〜1551(天文20))が願主となり、仏師 覚醒によって制作されたことがわかります。

な、なんと、鷺の被り物が準備してありました揺れるハート
この境内で最初の鷺の舞が奉納され、その後、当屋の前で舞われます。
072481C7-F1CB-4BEE-AE2D-969F3AD98919.jpeg


かわいいそして札の辻で舞われます。
札の辻は、石州街道と萩往還の合流地点で旧藩時代の高札場(法度・掟書を記した札を立てておく場)があったといわれています。
E649C465-16D9-45F9-BAF8-570B1B0F20D6.jpeg 9C374144-6AF0-4032-95CB-7D39556B1577.jpeg

そして、八坂神社まで竪小路を行列を組んで進みます。
竪小路は、街道らしい古い町並みが残っています。
C95D710C-0975-489B-A95C-2C3C033CBD44.jpeg

かわいい八坂神社
祇園祭の幟旗や赤いちょうちんが上がり、すっかり祭一色。
50E7999A-3521-481F-A8C8-3814F8D825DA.jpeg 1418C9F9-967F-443F-8C66-A91DDAC14618.jpeg

0CD00239-51C6-46F3-A663-3F1C616D1BCE.jpeg

C198DCE4-87A4-43E5-9BB7-C047A690D179.jpeg

332D2B66-ADB5-4DE9-99D8-7C048B7E6AD5.jpeg

本殿にはこの間はなかった灯明も準備されていました。わかりますか?
9E3EB2D7-EED2-40E3-AA6B-517CF1BCBE06.jpeg

鷺舞が奉納される扇形の芝も周りにロープが張られていました。
A4FA58CF-96B6-44B6-A2D3-A9B2A9DDAE9E.jpeg

かわいいそれから、御旅所まで神幸します。
A7A35805-B99E-4CD3-B088-1892038CC851.jpeg 
89F54951-A529-47B7-B811-DF69E2CB8BB3.jpeg 
FD747F17-119D-483A-B4C5-447EAC963B7C.jpeg

1EFF0EF7-9E7F-4291-ADBB-796338CAF618.jpeg

当然ですが、御旅所にはまだ何もありません。
ここの中で、鷺の舞が奉納されます。
CA376C4B-B35B-4928-A967-8FD4F1732ADB.jpeg

しばらくすると、ちょうちんが上げられました。
76671787-0B00-4701-95CD-BF45FA37ACF3.jpeg

鷺替えのちょうちんも上がっています。
C2AA992C-FBE9-49B8-9405-8654AF194403.jpeg

夕方、御神輿遷霊祭の準備の様子を見せていただきましたが、そのご報告はまたの機会に。

(2018年7月19日撮影)
鷺の舞 @ 山口祇園祭C [2018年07月19日(Thu)]
山口に夏の訪れを告げる山口祇園祭が、7月20日から27日まであります。

室町時代から560年の伝統を持つ山口祇園祭では、初日20日に鷺の舞が神社の社頭および神幸の途次、さらに御旅所で行われますぴかぴか(新しい)

祇園祭鷺の舞.jpg

八坂神社の扇形の芝の上で鷺の舞が奉納されます。
335487A9-773C-4D96-AE84-762E71F056F4.jpeg

奉納するのは堂の前の「鷺の舞保存会」の皆さんです。
鷺舞.jpg

山口大神宮所蔵の『高嶺太神宮御鎮坐伝記』(1520(永正17)年)には、祇園社の建立、御幸、神事の次第、鉾などのことが書かれているにもかかわらず「鷺の舞」につては一切記載がありません。

「鷺の舞」についての古文書での初出は、大市町の町人 横屋弥次郎昌信の1583(天正11年)の文書『山口祇園会毎年準員人数之事』(「多賀社文庫」山口県文書館蔵)で、

鷺舞事
さき【鷺】    二人    つえ【杖使い、赤熊】 二人
かつこ【鞨鼓】  二人    せうこ【鉦鼓】    二人
小つゝミ【小鼓】 一人    太子【太鼓】     一人
笛ふき【笛】   二人
天正十壱年六月吉日  (横屋弥次郎)昌信

とあります。
弥次郎の孫の横屋六右衛門栄徳の1714(正徳4)年の『周防国山口祇園絵鷺之一巻』にも

鷺舞事
さき 二人    つえ 二人
かつこ 二人   せうこ 二人
小つゝミ 一人  太子 一人
笛ふき 二人
正徳四申牛年卯月吉祥日  横屋六右衛門栄徳


とあります。
伴奏楽器は、もともとは鉦鼓、小鼓、太鼓、笛でしたが、現在では笛と太鼓のみです。

1844(天保15)年に書かれた『風土注進案 山口宰判 上宇野令之二 廿一(周防国吉敷郡 上宇野令志 弐)』の「祇園社」の記事には、

七日巳の上尅神幸なり、早朝左義長笠鉾の行列堂ノ前町を発し、祇園の本社にいたり楼門の前庭に舞ふ、 

とあり、
※この「左義長」は、赤熊やかつこのことを特に指していることが他の文章でわかります。
現代と時間は違いますが、

赤熊髪(シャクマ)を被り楉(シモト)もたるもの二人、次に烏帽子袴着たる少年二人、腰鼓をうちならしながらこれを逐ふ、次に肩衣袴着たるもの数輩連りて笛鼓もて拍子(ハヤ)す、今ハ鷺の頭を戴き、羽翼(うよく)をつけたる者二人、左義長にさきたてり、俗(ヨ)にハ鷺舞とそいふ

と、ほぼ現代と同じ芸態だったことがうかがえます。
また、

太市横屋か家に天文の比の筆記といふものありとて其寫しを観るに、鷺棒つかひ(按是ハ赤熊髪を被り楉もたるものをいふなり)等の名あり、今の鷺の頭ハ慶長の頃等顔(雲谷家俗称原次兵衛尉)堂の前町に居(スミ)し時畫(エ)模(カタ)せし彫刻なりといへり

とあり、鷺の頭は慶長の頃画家雲谷等顔が堂の前町に居住していたとき作った彫刻であると伝えられています。
等顔(1547〜1618)といえば、毛利輝元より雪舟筆の『山水長巻』と雪舟の旧居『雲谷庵』を与えられ、途絶えていた雪舟画の再興を命じられ、雪舟の正当な継承者として、雲谷派を立ち上げた毛利氏の御用絵師です揺れるハート
また、

左義長祇園楼門の前庭で舞てのち、大神宮直会殿(なほらひてん)のまへに舞ふ、畢て左義岩の上に鷺の頭と羽翼とを脱き、己か舍り所に休らひて神幸の時尅をまつ、

とあるように、祇園社が高嶺にあった時は、本社の楼門の前で舞い、次いで大神宮の直会殿の前で舞い、舞い終ると鷺岩の上に鷺の頭と翼を脱いで置くのが慣わしであったようです。

その次に左義長笠鉾 八竿 渡る 

とあるように、笠鉾は古くは八竿でした。

笠鉾もと左義長の行列にハあらす抑堂の前町よりこれを出す事其謂れなきにしもあらす、京祇園会の笠鉾は壬生より出つれハなり大内弘世朝臣平安城の景勝を模されし時、此堂の前を京の壬生に準へ給ひしといへり、其は壬生に名たゝる地蔵あり堂の前町にも名地蔵あり、其堂の前という事より名つけしほどの所なれは壬生に準へしというも理りあるにちかからん歟

この笠鉾は鷺の行列のように考えられていますが、それとは別で、やはり堂の前から出しますが、これは京都の祇園会の笠鉾を壬生より出すことにならい、堂の前の黒地蔵を壬生地蔵になぞらえて行ったものといわれています。

左義長路次のほと拍(ハヤ)して所々を舞つゝ行なり、かくて神輿今市宿院 (御旅宮なり) に御安座ありぬれは左義長彼所の神楽殿の前に舞ふこと本社に同し、七日より十四日にいたるまで神輿御滞座の間、社家あまた宿直し神楽を奏す、

とあり、御旅所で舞うのも現代と同じです。

近藤清石の『山口名勝旧蹟図誌』(1893.10)「巻第一 八坂神社」の中の鷺舞の図です。
明治時中期の様子がわかります、
演者は鷺2、赤熊2、かんこ2、お囃子は笛2、太鼓1です。
9FBEEB6E-1912-46E6-BCDF-9346157F3E80.jpeg
(『山口県指定無形民俗文化財 鷺の舞』(山口市教育委員会 1981.3)P.98〜99)



鷺は雌雄2羽であるといわれ、白帷子、長着、白襦袢、白帯、白袴で白脛巾をあて、鷺の頭の作り物を被り、翼の造り物を肩から腕にかけています。
FD187979-E355-4539-B65A-147CE07651BA.jpeg

赤熊髪(シャクマ)
赤熊髪は一名鷺棒つかいといいます。
赤毛の頭を被り、濃浅黄色麻地に鷺定紋入白貫染長着、縦縞袴、白帯、浅黄白段染の襷をかけ、釣太刀を佩(は)き、長い楉(しもと)を持っています。
8D41488C-E563-44B3-A265-5F2A88E702DF.jpeg

かんこ
濃浅黄色鷺定紋入白貫染長着、薄青色袴に、紅白段染襷をかけ、白黒段付烏帽子を被り、鼓を前方につけ、これを打つ短い棒を両手に持っています。
E1C7BE52-60DE-43BE-A8AE-B8594799B242.jpeg

この外に囃子をする太鼓が1人、笛2人がいます。
1998CFB8-1455-4E2D-8941-F15B84DCDD3C.jpeg



かわいい県指定無形民俗文化財「鷺の舞」のスケジュールかわいい
 るんるん17:45頃 万福寺境内にて「鷺の舞」
 るんるん18:00  万福寺出発
 るんるん18:05頃 札の辻にて「鷺の舞」
        頭屋へまわり、
        竪小路をとおって八坂神社へ。
 るんるん18:30  八坂神社扇形の芝にて「鷺の舞」奉納(「御神輿発輿祭」の後)
 るんるん18:50  八坂神社出発(「御神幸」
        米屋町交差点安部橋などで「鷺の舞」披露
 るんるん20:30頃 御旅所到着
 るんるん21:00頃 御旅所にて「鷺の舞」奉納(「御神幸御旅所祭」
続きを読む...
御神幸 @ 山口祇園祭B [2018年07月18日(Wed)]
山口に夏の訪れを告げる山口祇園祭が、7月20日から27日まであります。

室町時代から560年の伝統を持つ山口祇園祭では、初日20日に御神幸が行なわれますぴかぴか(新しい)

祇園祭_0019.jpg

るんるん19日20:00〜 前夜祭・御神輿遷霊祭  八坂神社
提灯の炎だけがほのかに揺らめく暗がりの中、本殿から三基の神輿に神様の分霊を移す「神輿遷霊祭」があります。

るんるん20日17:00〜 鷺の舞  萬福寺(堂の前町1)黒地蔵前等

るんるん20日18:00〜 例祭(御神幸本殿祭・「浦安の舞」奉納)  八坂神社
扇の舞と鈴の舞との二部で構成される「浦安の舞」が奉納されます。
大殿小と白石小の5年生4名が1年交替で舞を受持ちます。
今年は白石小の子ども達が努めます。

るんるん20日18:30〜 御神輿発輿祭 のち「鷺の舞」奉納  八坂神社
県指定無形民俗文化財「鷺の舞」が「鷺の舞保存会」により奉納されます。

るんるん20日18:30〜 子ども神輿出発  札の辻
5基の子ども神輿が、札の辻から西門前で折返し、新町から駅通りを通過してお旅所までを練り歩きます。

るんるん20日19:00〜 御神幸式・御神輿出発
三基の“暴れ”神輿が八坂神社を出発。白いサラシに白い半パン、白足袋姿の「男衆」が担ぎ、中心商店街など約2キロの市中を、御旅所目指して練り歩きます。
8角(手名槌命・足名槌命、700キロ)、6角(素盞嗚尊、650キロ)、4角(稲田姫命、600キロ)を、大殿、白石、宮野各地区の町内有志のほか、市内事業所・個人・団体の有志たち約400人が担ぎます。
神輿の露払いは、1990(平2)年に復活した祇園囃子を奏でる2基の山車、菊水鉾真車山(しんぐりやま)、30人からなる備立行列と鷺の舞が務めます。八坂神社から御旅所を通り、西門前商店街までを一緒に巡行します。
クライマックスでもある3基の神輿による“回し競演”は、21:00前後になります。

るんるん20日21:30頃 御神幸御旅所祭(「鷺の舞」・「浦安の舞」奉納)  御旅所
御旅所には献灯ちょうちん約50個が門型に飾られています。
神輿三基とも御旅所に到着し、鷺の舞と浦安の舞が奉納されます。


期間中御旅所では、約110年続く伝統の鷺替え行事(福引き)もあります。


美術館地下道には、20日の御神幸の様子がタイル画として描かれています。

9B254893-89EE-44C7-B1AA-B1B58B7862CF.jpeg

77856F76-58DF-4371-8E57-93BD1707874C.jpeg

D3E385DE-758A-4151-B344-0CEC494B8EF3.jpeg

1AA52596-3ABA-4956-A90E-1B61DBDA73F2.jpeg

E1C7BE52-60DE-43BE-A8AE-B8594799B242.jpeg

FD187979-E355-4539-B65A-147CE07651BA.jpeg

C938B2F9-D95A-4B70-B060-DF96B04C2AF3.jpeg

86CF27F4-F552-46AA-84DE-58D181E3FCD8.jpeg

8FF7FB57-8E74-4238-BF0E-D71B02E8005E.jpeg

9A5DA851-0D3C-455D-80DB-1317247CFDCE.jpeg

245C2785-B469-46AD-A186-1C3AB840CBF3.jpeg

19E5C6CF-7302-4FF6-AD7E-EA82FA34402E.jpeg

AFBF0669-1DC0-489F-AEED-C455163545E3.jpeg

78CBDA8D-13C4-456C-BF88-EEE70C4042A8.jpeg

12F36C29-432F-4730-B6E5-82A8590C8CE8.jpeg

 

御神幸
@真車山
A菊水鉾
B神職  
 沿道で拝む人をお祓いするために歩かれます。
C幟旗(のぼりばた)
D提灯  
 「五瓜に唐花」という、八坂神社の社紋が描かれています。
E太鼓  
 打ちながら歩くことで沿道の人々に今から神様が通りになるということを知らせます。
F猿田彦  
 猿田彦の神をあらわす天狗面です。
 神輿にのった神様に順路を示す役割があります。
 また道中の不心得者を威嚇する目的があります。
G唐櫃(からひつ) 
 調度品を入れて運ぶ木箱です。
 装束や烏帽子、舞姫の扇などが入っています。
H巫女  
 浦安の舞を舞う巫女たちです。
I(きぬがさ)
J鷺の舞の御一行
K 
 枝除けのためです。
L神輿
山車 @ 山口祇園祭A [2018年07月17日(Tue)]
山口に夏の訪れを告げる山口祇園祭が、7月20日から27日まであります。

祇園祭_0003.jpg祇園祭_0005.jpg

山口祇園祭は、1369(応安2)(正平24)年に大内弘世公が京都の祇園社(現在の八坂神社)を竪小路に勧請した後、水の上に社地を移した大内教弘の代、1459(長録3)年6月14日に始まると『祇園由来記』に記されています。

京都の祇園会に倣った560年続く伝統的な祭礼です。

向暑の疫病退散と、地域住民の繁栄を旨としています。

祇園祭.jpg

室町時代の1492(延徳4)年の『大内家壁書』に、

於築山築地之上、祇園会、其外自然之見物、被加制止訖。
(祇園会の時築山に上っての見物は禁止する)

とあります。 すでにその頃には、大がかりでにぎやかな祭礼であったと思われます。
さらに、

諸人群集剰於右築地之上構棧敷事、堅固御禁制也
(築地の上に桟敷(見物席)を構えること固く禁ずる)

とありますので、桟敷を構えて見物するに値するほど魅力的な祭だったことがわかります。

また、1520(永正17)年6月の『高嶺大神宮御鎮坐伝記』に

当年(永正17)より前々の地拍子を停止せられ、長刀ほこ(鉾)一、三日月ぼこ一、もゝのほこ一、己上三なり。大町より勤之。其外作物ハ如先例之、右御幸次第、御旅所儀、ほこ三の次第、いつれも当年よりはしまる也。

とあり、その頃、盛に種々の飾山等があったのがわかります。

毛利家文書『毛利隆元山口滞在日記』に

天文七年六月七日に、立売之すミに二階を御かり候て、御見物候、

とあり、
江戸天保期の文書『風土注進案』(1842(天保13)年に萩藩が作った地誌)にも、

天文七年毛利隆元朝臣山口に御座遊ばし、六月七日立売のすみに二階を御かり(中略)祇園会の山鉾をご覧ありしなるべし。

とあります。
※天文七年は1538年
※立売とは、今の太刀売町のことです。

江戸・明治時代を通じて祭礼には各町内から山車が出て、その豪華絢爛な様子は西国随一と称されていました。

祇園祭山車.jpg

藩の公費で作った御上山の人形は福禄寿布袋とが隔年に飾られることになって居り、福禄寿は鶴と鹿と桜、布袋の時は唐子と梅花とに定まっていました。

上掲の『鴻城九図「祇園祭山ノ図」』には、

高サ九尺余   (約2.7m)
太サ弐間四方  (約3.6m)
棒長サ六間半  (約11.7m)
名和長サ百六十間
同回リ弐尺余

と記されており、その大きさがうかがえます。

往時の例です。

一番 御上の山、二番 西後河原、三番 東後河原、四番 中川原、五番 御局小路・北野小路(猩々、隔年)、六番 今市・鰐石町、七番 下立小路・久保小路、八番 上金小曽町、九番 相物小路(恵比寿)、十番 錢湯小路(大黒)、十一番 荒高・西門前町、十二番 道場門前、十三番 馬場殿小路、十四番 今小路・松木町、十五番 石観音・道祖町、十六番 下金小曽町、十七番 圓政寺前、十八番 大市(車)、十九番 中市(車)、二十番 米屋町(車)
以上十七山 三車

(『山口市史』(山口市史編纂調査会/編 山口市役所 1933.11))

しかしながら、近年は、諸事情により祭礼も縮小を余儀なくされました。

しかるに時代の変遷と共に祭祀行事等も変遷し、一時有名であった丈高き人形山(例令は、宇治川合戦、川中島合戦、佐野常世等を作り出したるもの)も市街の電線架設其の他の関係によって昔日の如き壮観を見ることが出来ぬやうになった。
(山口市史』(山口市史編纂調査会/編 山口市役所 1933.11))

パークロードの美術館地下道には、その往時の山口祇園祭の様子がタイル画にしてあります。

F1DC131D-A18D-4BED-940A-A97BEDA1A4F5.jpeg

0B0F14AB-4974-4188-BA70-0D737B704D37.jpeg

E39DC3A5-F951-4FE0-94F5-8905D3F66590.jpeg

2155CDD9-0090-41F6-93D1-E0DB68D30760.jpeg

BF08D165-79A2-4EE3-A211-DB9B9FDB7755.jpeg

B69E037F-FC11-425F-8000-D7412459E4DB.jpeg

347AD0B7-27F0-47BE-A780-31C59070709A.jpeg

18492C8F-4A49-41F7-A0E0-81A3CA8509C3.jpeg

A8CF111C-122D-4DE0-89A2-A9144674DD6E.jpeg

9FF18AB7-E4D2-4FE8-96B6-F656E8661887.jpeg

265E9C7B-FE94-4572-94CB-3697D4090095.jpeg

82D1D56B-CC28-42BB-8737-CB61ACE9DBA4.jpeg

(2018年7月14日撮影)
続きを読む...
八坂神社 @ 山口祇園祭@ [2018年07月16日(Mon)]
山口に夏の訪れを告げる山口祇園祭が、7月20日から27日まであります。

7月になると、「山口祇園祭」のポスターを山口市内のいたるところで目にします。
DDC9B1FC-A482-42EB-BA5D-57899E726B88.jpeg

「山口祇園祭」は、山口で京を模した街づくりを行なっていた大内弘世が、京都から勧請建立した祇園社、現在の八坂神社の祭礼で、560年の歴史があります。

BDB8123E-E1E0-4C8A-8680-D627D9EF7595.jpeg 

1369(応安2)年大内弘世は京都の祇園社(現在の八坂神社)を勧請し、1370(応安3)年に竪小路に祇園社を建立しました。
鎮座地は上竪小路であったといいますが、旧址不詳です。

その後、1459(長録3)年大内教弘の代に水の上に社地を移しました。
香積寺門前・一の坂川の木町橋から下流右岸一帯にかってエノキの森があり、そこが祇園社の古跡だったといいます。

1519(永正16)年大内義興が高嶺太神宮(現在の山口大神宮)の創建にあたり、祇園社も11月9日に同地に移し、翌1520(永正17)年に社殿を新築(一部は従前のものを移設)しました(『高嶺太神宮御鎮坐伝記』)。
※現在の本殿はその当時のもので、国の需要文化財に指定されています。
※義興が伊勢皇太神宮のご分霊を勧請したのは、1520(永正17)年

幕末の1864(元治元)年毛利敬親が萩より山口に藩庁を移すにあたり、警備上の問題から移設の必要が生じました。
1868(明治元)年社殿を高嶺太神宮境内から、旧築山館の跡地で当時畑となっていた現在地に遷座されました。
本殿は永正年間(1504〜1521年)に建立されたままを解体移設し、三間社流造で屋根は檜皮葺です。
拝殿と楼門はこのとき新築されました。

1917(大正6)年特別保護建造物に編入され、1929(昭和4)年国宝建造物となり、1950(昭和25)年国指定重要文化財となりました。

御最祭神は、素盞嗚尊(すさのおのみこと)(天照大御神 の弟)、稲田姫命(いなだひめのみこと)(素盞嗚尊の妻)、 足名槌命(あしなつちのみこと)(稲田姫命の父)、手名槌命(てなつちのみこと)(稲田姫命の母) です。

かわいい八坂神社のパンフレットかわいい
祇園祭_0001.jpg
祇園祭_0002.jpg



かわいい境内を見てみましょうかわいい
八坂神社境内図.jpg

るんるん大鳥居(竪小路側)
D0962263-13AF-4CA2-93B0-3BD2B7D79452.jpeg 
1202BAF7-CF2C-4509-AD55-032508F8EBCD.jpeg

るんるん常夜大灯籠
A8784200-1190-4224-BA15-D660938F05F0.jpeg

るんるん常夜灯籠
87AAD3DE-C382-4B2D-952E-42F9A16235D9.jpeg

685D4C9D-130D-4592-AB5C-621553C843A6.jpeg

るんるん鳥居(築山小路側)
7ED376A6-4214-45DD-A825-796EC6A0DDC4.jpeg 
2B66E1F3-F19D-49E8-AE64-3BBB1008AB99.jpeg

るんるん灯籠
A7A46D73-DAFB-4E3F-9B55-9089EA028324.jpeg

るんるん鳥居(御幸小路)
9F6763B4-B21C-4545-A3F7-8DA5600CBDF6.jpeg

るんるん手水舎
B7A455B8-0042-4774-BB54-61F219E76DE8.jpeg

るんるん豊後立石
CE617513-342B-4E69-9C5B-B9237F4113BC.jpeg

るんるん灯籠
8E45A391-9A37-498A-B853-1AC9CFB0C169.jpeg

3971525F-327F-4775-94EE-00D643E4F6BE.jpeg

るんるん灯籠
173A56C6-40C8-49DF-9A68-E8F9846FB59E.jpeg

432076D5-9A7E-4D1B-ABD1-5AC30B9D374B.jpeg

るんるん狛犬(阿)
B424241C-45CC-4D65-A261-27CDC9B0DBC6.jpeg 
E6520D1A-47D7-4873-8621-D799EA099EFB.jpeg 
EEA998A5-1114-4421-B1FE-542A481DD455.jpeg

るんるん狛犬(吽)
FE372B01-0253-448F-A82D-0A43F8EE0299.jpeg 
E9F44D87-17D3-4074-897F-2FE295A80042.jpeg 
CAA93701-40A7-454A-A313-A618D472016D.jpeg

るんるん由緒書
八坂神社由緒沿革.jpg

ACD9B628-9026-4139-8B4B-34581AF24A13.jpeg

452BF173-1554-4109-B6CE-B9E858FD6EF5.jpeg

るんるん扇の芝
335487A9-773C-4D96-AE84-762E71F056F4.jpeg

7月20日にここで鷺の舞が奉納されます。

るんるん社殿
八坂神社社殿.jpg

●楼門
4B747E44-43AE-402F-A8C0-5925ADF3644F.jpeg

●扁額
26B2598A-E0F4-43E3-AFFE-82783FAB7808.jpeg

40782AFD-89D0-40C8-8EAC-2A33F66D40E9.jpeg

●奉納された絵
E713CAD9-316A-4A56-A13A-BBB14447AF81.jpeg

05F07C51-A2A8-44D6-94DB-FF8BDAB449A5.jpeg

●拝殿と本殿
C601D4AD-4AE6-4DE8-8A63-5BB161DC201D.jpeg

●本殿
53943F1B-F6D5-477C-B032-3BE9DA1B0513.jpeg 
0322490B-009E-4D75-A2F5-71184EBA4E95.jpeg

●蟇股
八坂神社蟇股 (2).jpg

81D32DFA-6AB2-4434-9C62-16F29106B72B.jpeg 
722F8F58-C97D-4C71-8197-1724F964BF85.jpeg

室町時代特融の建築様式を伝える本殿には、随所に当代一流の見事な技術が施されています。
特に蟇股の彫刻などは形が優美であることや、他に類例の少ない珍しい図柄、花や果物、雲などが彫刻されているということで注目されます。 
正面の大内菱は後に完成された文様とは異なる最初期の素朴なものとして資料的価値に優れています。

るんるん賽銭箱の神紋「五瓜に唐花(ごかにからはな)」(「木瓜(もっこう)」)
AFB24F28-48CA-4F34-A476-D91545DCCE9F.jpeg

るんるん絵馬
4030BED4-0973-443E-9B90-C09E588BDBED.jpeg


毛利の紋が八坂神社の神紋と一緒にありました。
蟇股に「大内菱」はあるようですが、他は全て毛利の紋です。

●楼門
CE09A287-D0CE-43AA-B496-80D22D69098D.jpeg

●本殿
036FFC57-E20D-4096-8F3C-63F07D499E5F.jpeg



(2018年7月15日撮影)